2016年06月25日

楽@名古屋 鶏の味噌鍋が抜群の美味しさです。

訪問日時:2016/06/02 18:00

名古屋で仕事の宴会です。
地元会社の方に設営を願いました。

歴史を感ずる一軒家。
まるで京都の料亭のようでした。


鳥料理が専門です。

先付け八寸

姫さざえ、ごり、じゅんさい。海老、鮎一夜干し、枝豆、サーモン燻製、煮ダコ。
全て抜かりなし。
どれもすばらしくおいしく、
一気にお酒が進みます。


お造り。

ささみ湯引き。
生姜でいただくとかなり美味でした。
家でもやってみたいです。

椀物。
https://lh3.googleusercontent.com/M3aMaH5G1VtbP8bcXVkSEk58kzFXwP9u89rPHcmFqnntw3_4C6PN8QLXquZOQJmZjjBREvvU6GEKzx4tcxOMgj9_ErwSwCN3fzVmyZ4kGBkfsrIPxrDggfNCkkCVI_5rxzfWfQn-IyyX-h2VWnvcNMMahhC7bAxmuHlYEpMu7Ea6l3o1zD7qt4scVnENsTPHyT9KE8KJclMRd3O0L7YXwvxFXhgYNqiezVTj2Lf673TMC9E2pixmOPVEp3WNI-00wtRN084AUkPjD2ImvLE-eVm6Py9CMBfrSzl0c3QRxSgRRjsRgzO3HmkTg0RJ0eRZdnAxjsPs2cDlMRoZA1yusvuBciiBpyC1FUma5AjdYG-8UTmhg-0rBVU4PSwZ2KjaVwQcRbiubHXJ13Gk1WlIT_QYjYDiIJz3GVcy19eqsXuO0gJ7HjMeRXNP4WEnDDO6BdGu2CZKPPi-D3UPzoBeINH1eiocUt4QukOT9pX96fVV5ZIJfrq_qvp1wTKO5XczbPP1gC5gnu3wBXyi7QTrtZsgMWTVqMziTPqxt2aMV2_83j2SCd6Ny0QKUQncI3XCePDFaOpeAYD9UxOg7dLFmNR_ifJ5ZmKx=w560-h421-no

鳥スープがベースですが、
少しとろみがあり、金沢の治部煮みたいなイメージです。
冬瓜、海老、鶏、全てよく合ってます。

続いて、年季のある石鍋がセットされました。


どん!


狂気しました。
鶏の部位、いくつ入ってるのん?


当然、ぐびぐびいってますよ。

鳥スープに赤味噌を溶いて、
具材を入れていきます。





ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



名古屋に縁のある私にはパーフェクトな味。
やや甘めの味噌スープがたまりません。
やはり鶏肉は味噌味が合うな、と思う一瞬です。

〆その1。

きしめんですか。
これは嬉しい。

〆その2。

具がなくなった鍋に生玉子を落としていきます。
そして、半熟になったとことでご飯にボトン。


参りました。
最高の〆です。
鶏肉、野菜、いろいろな旨味が詰まった
味噌味がすんばらしいです。

水菓子。

甘いスイカ!

かなり満足の宴会でした。






店情報など
posted by ぼぶ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

アワーズダイニング@那須

訪問日時:2016/05/03 11:30

一度ディナーに行って、
ここは是非、ランチを楽しみたいと思ったのです。

あずきちゃんは今日もカメラ目線くれません。

カモミールの花がきれいです。

こう言うの作るの楽しいでしょうねえ。。

昼間に見るとまた違った風景です。

旬:穀物とお野菜のランチコース
と言うコースで予約してあります。

まずは
グリンピースのムース、お出汁のジュレ、人参ムースのせ

ほんとに野菜だけ?
と言うほど美味しいのよね。

飲み物はビールを一杯いただいて、
その後は赤ルバーブのペリエを。

自然を吸いこんでいます。。。

前菜5種。
おから、湯葉と青菜のお浸し、生湯葉、手前味噌漬け玉子、人参のフリット。

人参のフリットが劇的に美味しいです。


玉ねぎ、さやえんどう、グリーンアスパラ 冷製フラン

おしゃれですねい。。。
心がとろけます。

主菜
大豆のコロッケ、野菜いろいろ

大豆のコロッケがいいんですよね。
これは慌てて食べずに、このあとに来るご飯の共に残しておきます。


玄米ご飯、食感を楽しみます。

デザート。

パンナコッタ、シフォンケーキ。
野菜だけでお腹を膨らますのは罪悪感ゼロでいい感じです。
って、この夜はBBQで肉をガッチリいただきましたけどね。。。(^^;


posted by ぼぶ at 16:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜レストラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

Teppan Bistro Ebis@恵比寿 肉に囲まれ、幸せな夜。

訪問日時:2016/04/25

テレビで見て、是非行きたい!と思った店です。
友人と、肉を食いたい、と言うことになり引き連れた次第。。


この地下になります。

店内は薄暗いですが、テーブルはスポットライトで
充分な明るさ。

おつかれちゃん!


メニューを眺めると、魅力的なネーミングが並んでいます。
鉄板で作る料理は肉のほかに、お好み焼きもあります。

スタッフさんと相談しながらいろいろ決めました。

蛸のマリネ 柚子胡椒仕立て

比較的すぐに出てきて助かります。
全体を通して、オペレーションも見事かも。

で、これは爽やかでいいですね。
ピリッとした柚子胡椒がいいアクセント。

そしてびっくり!
お通し

なんと松坂牛のステーキがお通しですと!
柔らかで香りがよくて、笑っちゃいます。


お通しだけで、ワイン2杯いけますね。

樽出し生ワインが赤・白・泡とあります。
赤のスパークリングから。


ランブルスコみたいな感じでおいしいですね。


エビとアボカドのサラダ仕立て

間違いない一品。

樽生白ワインが合います。


松阪豚の生ハムマリネ

これ、素晴らしいです。
松坂豚はあまりなじみがないですが、
甘みがナイス。

特選牛ヒレステーキ

わさびと柚子味噌と岩塩が添えられてます。
岩塩とわさびの組合せが良いです。

トマトとモッツアレラのアヒージョ

トマトとモッツァレラのアヒージョ、
って予想がつきませんでしたが、
鉄皿で熱々で来るとは驚き。
とろとろに溶けて、少し焦げたチーズと
トマトをバゲットに乗せると至福・・・・。

黒毛和牛の炙りトロ寿司(8貫)

これをいただきたかったのです。
目の前で炙ってくれます。


うまい・・・・
しはわせ・・・・

ハイボールもおいしく、


ロミロミサーモン

これでクールダウンしました。
デザート食べるよりこの方がいいと思ったのですが、
あつあつ鉄板フレンチトーストが美味しそうでした。。。(^^;

面白い店です。
また来たいです。


店情報など
posted by ぼぶ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

鮨処 金城@北新地 ネタ,おつまみ,握り,店主さんの気配り。クオリティの高さは非のうちどころがありません。通います。

訪問日時:2016/04/20 18:00

大阪出張の折、いいお寿司をいただきたくて検索。
一番心を惹かれたのがこちらでした。


会員制ですが、予約OKでした。
恐る恐る入ります。

すると恰幅のいい店主さんと
女将さんの優しいお出迎え。
緊張が氷解しましたよ。。。

白木のカウンター、店の香りが間違いないと物語ってます。


女将さんが丁寧に注いでくれた生ビール。


これほどクリーミーな泡は初めてかも。
癒やされるほどの美味しさです。

飲んでいると、突き出しが。


この突き出しは感激しました。
ホタルイカは軽く炙ってあります。
こごみ、キンカン白和え、白アスパラ、ふき、そら豆。
これだけでもう引き込まれました。

すると店主さんが、

「どうしましょう。おまかせでよろしいでしょうか?」

はい。
よろしくお願いいたします!

長芋とワカメがセットされました。


練り梅とわさびが供されます。
それでいただいても、ポン酢でも良い箸休めになります。

明石の鯛の湯霜と、  

真ゴチの焼き霜

どちらもシコシコ。
鯛は旨味充分で、昆布締めしたかのよう。
すばらしい。

ここで、お酒を頼むと、
純米酒か純米吟醸か聞かれました。

純米で!


雁木、おいしかったなー。

剣先イカ うに、

パリパリ食感の剣先がすごい。
ウニは笹に乗せて炙り入れ。
ふわふわでした!

トリ貝。

軽く炙ってます。
これほど甘いのは記憶がない。

わさび菜。

鰹たたき。

一枚ずつ漬けにして炙ります。
漬けはにんにく生姜醤油風味。
うなります。
先のわさび菜が合いまくりです。

次のお酒は篠峯です。


墨絵みたいなラベルがきれいです。

酒器もすずやか。


タイラ貝 磯辺焼き。

これも漬けにしてから焼いていました。
香ばしくて美味しくてもう。。。

中には生七味が忍ばせてあり、
その風味が絶妙に合います。


これ取り寄せます!

八寸。

大阪の筍、あわび、肝ソース、ばちこ、塩ウニ。
なんと楽しい一皿でしょう。

アワビに肝ソース、最高(≧∇≦)


マナガツオの焼き物。
下に敷かれた、ばってらおろしが最高。
普通の大根おろしに ばってらのサイコロ切りが和えてあります。


こここら握りです。

小鰭。

これまでの小鰭史上、最高かも。
めっちゃうまい!

剣先イカ。

シコシコなんですが、
シャリに合わせてもサクッと噛みきれます。
計算されてます。

のどぐろ。

皮を炙ってあります。
とろとろでした。

さより。

身が厚い!
生姜が利いてる!

中トロ。

大トロとの間くらいの部位だそうです。
食感をほどよく残しつつ、素晴らしい旨味。
熟成してはいないそうですが、熟成感を感じます。

鯵。

ここに来て気が付きましたが、
隠し包丁が見事です。

ミル貝。

サクッとした食感の次に
旨味の固まり。
貝っておいしいなあ〜〜〜

赤足海老。

頭の部分をかぶせ、
その下には肝。
笑っちゃいます。

漬けマグロ ねぎとろ乗せ。

なんたる組み合わせの妙。
それぞれいただいても美味しいはずが、
相乗効果で3倍位美味しいですよ。

玉子。


フワッと焼いてから、重しで静かに空気を忍ばせるそうです。
すごい技だと思いました。

穴子(小さめ) 塩とつめ。 
https://lh3.googleusercontent.com/RKUBqw6r71qk4yNZA39f714Y7DKEHRNOfXfpTmcWzBWsNBy3H6ZNOO2FrKR1A5JgOvkJEzocNugwGjF43iLPY9Obyq9fiwPNL4I9odaw-HmdyfS6Fb5w6eDxIoQvnq9kt_41cRAIo-jIYmDHMB0WitfxIhmdtnSZHg8lSk9OGMtxoyoV_Mh5IgFbjeahbvbZGNrbDfxmUkZThg8LEvr5ZgOHRLy82r-0SZHeBEN6N_xEy9TZ_jL_WJCXIvJxZ7pXrfk7KSNIP1MmA-5KUak5q6kWqKadGvyb761W2zzbvjw4Lz1UteNvyB6Radcm5W8lDNaaqCPMw5ue2weWnTRcwobO5uow3krTjFEW8-vwrMffQM8uNEsG4rxZh5kk2LRmidaQGbmASHa-BRpq1cenSe09vGo2-fssfTUPUIH_CmmiDLzy_pL1KigAxFsL8OWEC-zngbWrNZTRrWeOaLZHDmqkKy8RrBta35Yf5Jps4AJ4WMh53IkRwcsxEDJ6HUUM64sG0hpLZ9epp_O0JM4uRbI3zDVQeOMZGJhCntp3GnyiQlN2N815jWdrT91OZfI3Tl5nalPGSK1hhHwdMNEOoPoDgSG_3G9d=w560-h420-no

つめは3年目でまだまだと仰います。
確かに浅い気もしますが、
すばらしいことは確かです。

ここでお腹一杯になりました。
まだまだ用意があるようですが、残念ながら断念。
今度はもっとお腹をすかせて来ます。

大変ご馳走さまでした。

-

店情報など
posted by ぼぶ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

UGO by mosto@自由が丘 いちいち美味しいイタリアンベースな小皿料理。いい店見つけました。

訪問日時:2016/04/12

自由が丘の新しいお店に連れてってもらいました。
店の前は良く車で通っていて、気になっていた店です。
魚菜学園の線路を挟んではす向かい側の信号の交差点にあります。

こんにちは。
今日はよろしくお願いします。


窓際の席に案内されました。
こんなかわいい手作りっぽいゲームがあります。

流行りのエアプランツもありますね。


そもそも こちらは
クチネッタ イタリアーナ モストという実力店が
こちらに移転しUGO by MOSTOと改名したとのこと。


先に着いたので、オロロソを。


お品書きを眺めて待ちます。


ところどころ、ぶっこんできますね〜

・小林さんの切った美味しい生ハムとサラミ
  小林さんとはシェフの名前だそうで(^^;

・俺様ぐらいのヴルストソーセージ
  なにをか言わんや(o´_`o)

黒板メニューもあります。


魅力的なものいっぱい!

友も到着して、泡で乾杯。


本日の気まぐれピクルス

パプリカ、ヤーコン、ゴーヤ、黄人参、うど、きゅうり、カブ
すごく鮮烈な香りでおいしい!

前菜盛り合わせ

メニューには書いてないのですが、
オススメを盛り合わせてくれます。

レバームース、ハツ、空輸のモッツァレラのカプレーゼ、
生ハム、ピカンテ、白アスパラ、サーモン、いわし燻製。

厚く切ったサラミが抜群、ピカンテも美味しい!
空輸していると言うモッツァレラも確かに癖になる美味しさです。

グラスワインのセレクトも絶妙ですな。


3種の肉のロースト

これね、抜群ですよ。。。

牛、うまい!


豚は衝撃の柔らかさ。


馬ハラミすごい!


すばらしい!

ワインが進みます。


デザートはチーズにしますか。


素敵な店です。
シェフも楽しい人で、一人でも来たいです。




店情報など
posted by ぼぶ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

奥沢食堂 Ghiotto@奥沢 明るい雰囲気、おいしい料理、高いCP。いい店です。

訪問日時:2016/04/10


昨年9月に突然できた、奥沢のビストロ。
LUXAで安いプランがあったので即座に購入し、
家族で行ってきました。


なーんか、ゆるいような、
時間がゆっくり流れるような、
気持ち良い空間ですね。

かんぱいっ!


今日はコースで料理は決まってます。
ドリンク飲み放題も付いて2500円。
お値打ち〜〜〜


+500円で飲み放題の内容がよくなるので、そうしました。

まずは前菜。
■ 自家製スモーク3種盛り合わせ

鶏と豚とサーモンの燻製です。
どれもいい感じです。


■ 旬の野菜とシーフードのアーリオ・オーリオ パスタ

今日はしらすのパスタでした。

■ 石鍋のブイヤベース

ぐつぐつでした。
ブイヤベースもこういうスタイルは嬉しいですよね。
いつまでも熱々がいただけて。

ドリンクはグレードアップしてよかったです。
フランス赤ワインがおいしい!


あたたかなパンも抜かりなし。


■ 桜・香る 地鶏のコンフィ

これ、強烈においしかったな〜〜〜
地鶏を桜の塩漬けと一緒にコンフィしたのだそうです。
ワインがますます進んじゃいました。

デザート

おいしかったし、コストパフォーマンス高すぎです。

すでに奥沢の人気店になっているようでした。

奥沢食堂Ghiotto


*
店情報など
タグ:ghiotto
posted by ぼぶ at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋食屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

チョンギワ 本館@赤坂 はずさない本格韓国料理店です。

訪問日時:2016/03/28


9人で宴会です。




今度韓国に行くのです。



本場のように野菜がたくさん。
エゴマの葉、好きなんだよね。

キムチ


おいしいねー。

自家製だろうけど、かなり気に入った。



ニンニクはごま油で揚げて、
青唐辛子は生で、
焼いた肉と共に巻きますよ。

生ダコの刺身。


うにょうにょ動いてます。
これおいしいよね〜

海鮮チヂミ。


衝撃的においしかったです。
こちらの海鮮チヂミは名物なんだそうですよ。

タン


厚いです。
香りがいい!



うはは、

どんどん焼きましょう!


おお、ハラミもですか。


うまうま〜〜〜

ねぎの和え物


これも含めて葉っぱで肉を巻くと大満足。

骨付きカルビ


うまい!

久しぶりに50歳酒作りました。



このあと、いい気持ちで2次会に向かいました。


チョンギワ本館



店情報など
posted by ぼぶ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

ナチュラ マーケット ビアガーデン@武蔵小杉 4リットルのビアタワーが楽しいです。

訪問日時:2016/03/08

イタリアン、和食寿司、ビアガーデン、バーと
5種類のコーナーがあるナチュラマーケット。
今日はビアガーデンに来ましたよ。

ビアタワーが置いてありますねー。


これに生ビールを注いでくれて、
セットしてくれるわけか。


ふむふむ。
いろいろ種類があるのね。

ではまず、ハートランドで!


2リットルにして、種類を楽しみましょうね。

これはあくまでピッチャーなので、
泡は自分で作ります。


少し入れてカップを回すようにして
入れていくといい感じに泡がたちます。

食べ物はどうしましょうか。


まずは
5種の生ハム盛り合わせ

プロシュート、サラミピカンテ、モルタデッラ、
グランチャーレ、サラミミラノ。
どれもビールにぴったり。

砂肝とハツのコンフィのパクチーサラダ

思ったよりパクチーは多くないけど、
バランス的には適度ですな。
砂肝もハツもいい感じ。

加藤ポークと白レバーのパテドカンパーニュ

ナチュラの食べ物は間違いがない。
レンコンのマリネ、斬新。。。

馬肉のタルタル仕立て

パルミジャーノレッジャーノを擦ってくれます。


できあがり。


うまし!

本白子と鮟鱇 ゴルゴンゾラソース

尿酸値が高くなくて良かった〜
心からおいしくいただけます。


すばらしい料理だと思います。

ネクストビアはバスペールエール。


いやー楽しい楽しい♪

ガーリックトーストも必需。


シラスとブラックオリーブのピッツァ

パスタと違って、常識的な量のシラス。
この暗いが塩分もちょうどよくていいっすね。
シラスのピッツァ、うまい!

生ハムと燻製リコッタチーズ ワイルドルッコラのピッツァ

これも絶品。
リコッタの燻製香があとを引きます。

骨付き大山鶏コンフィ&牛ホホ肉の赤ワイン煮込み

ウマウマ!

ホタルイカと蕪のアヒージョ

熱々でパンに乗せると至福のとき訪れたり。。。


楽しい宴でした。
と、次の店に向かうのでした。



-
NATURA MARKET
posted by ぼぶ at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

Cinq Sens@六本木 和の要素も盛り込んだビストロ。リーズナブルに楽しめます!

訪問日時:2016/03/24 20:30

今年の3月5日にオープンしたこちらの店。
サンクサンス と読みます。
なんと3月いっぱいは料理が0円で提供されます。
それを知り得て、仲間を誘って予約しましたよ。
(3月分の予約は終了)

六本木の裏の新しいビルの2階に店はありますが、
時間が早いので、目の前の「一億」で腹ごしらえしてから、
店に入りました。


しっかりとフルコース。
これが無料とは嬉しい限り。

ワインは泡1.白2.赤2のペアリングコース4300円でお願いしました。
料理に合わせて出してくれるそうです。

アミューズ

シュー生地にチーズとベーコンが練り込まれてます。
下には蕎麦の実を揚げたものが敷いてあります。

前菜
グリーンアスパラのムースと
そのサラダ、生ウニとヤリイカ

ムースは豚足とグリーンアスパラだそうです。
底にはウニとイカが沈んでます。

いろいろな味と香りが楽しい一品です。
ナイフ・フォーク類は引き出しに。

中村屋エッセンスやMISTを思い出します。
最初のスパークリングはジュラのシャンパンでした。

白の1番目。

オーストラリアのシャルドネ。
これがかなり評判良かったですね。
しっかりしたシャルドネの濃い味が抜群です。

温かいパン、おいしいです。

フォアグラのロースト トンカ豆とマニゲット 蜂蜜風味

豆のムースが添えられてます。
めちゃくちゃおいしい!

白2番目はアルザス。

フルーティ〜〜〜
最近リースリングが好きです。

鰆 春香るフキノトウのブルーテ
山菜のマリニエール レモングラスの香り

鰆そのものがおいしいのですが、
フキノトウを使ったソースが絶妙。
レモングラスの香りも手伝って、
多国籍な味わいです。

赤1番目。

ボルドーらしい飲み口。

国産和牛イチボのロースト
藁とナッツ エッセンスで

ほのかに藁を炊いた香りがついてます。
大変おいしく、これはすばらしいです。

赤2番目。

こちらはブルゴーニュ。
ピノの香りが浅いですが、悪くないです。

デザートはいろいろ。

チョコレートのフリット、ココナッツアイス、
パッションフルーツのボール、砕いたチョコレートクッキー、
楽しくもおいしい一皿でした。

コーヒーをゆっくりいただいて、フィニッシュ。

ワインの品揃えがリーズナブルですし、
料理はおいしいですし、
いい店になると思います。
次回は厨房を囲むオープンカウンターで
楽しみたいです。

今日のコースは7500円らしいですが、
4月もサービス月間として半額でいただけるそうです。
ランチも半額だそうですよ。


店情報など
posted by ぼぶ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

六本木 一億@六本木 トーフステーキが有名な老舗の洋風居酒屋です。

2016/3/24

ビストロでの食事会の前に準備運動です。
もう学生のころから通っている、
六本木 一億があいていたので入りました。
その昔、トーフステーキで有名になった店です。

かなり久しぶりにきましたよ。

若いマダムがお出迎えしてくれましたが、
あのマダムのお嬢様なのかなー。。。

席について、ビールとーフステーキを注文します。


自分で伝票を書くシステムは変わってない。
なんかとてつもない安心感に襲われました。
懐かしの我が家に帰ってきたみたいな。


お品書きはテーブルに貼られています。


この他、元祖トーフステーキ、洋風餃子、
特製和牛大根おろしステーキの写真があります。

昔、良くいただいたのは
トーフステーキ、洋風餃子、まぐろの生姜焼き、いくらご飯かな。
私の くいどうらく歴史にも大きな印象をもたらした店なのです。

そして、ジュージュー言いながら、
元祖トーフステーキ到着。


ああ、これだよ、これ。。。。


豆腐に粉をつけてカリッと焼き、
鰹節を掛けただけ。
これを特製のポン酢でいただくと、
一気にあの頃にフラッシュバック。

これを真似て家で作るんだけど、
絶対同じ味にはならないです。

そして、会食の時間になり、店を離脱。
今度はゆっくりきます。


そう言えば、こちらはもうすぐ50周年になるそうです。
六本木の歴史を、変わらぬ姿でずっと見続けて来たのですね。




posted by ぼぶ at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする