2018年01月15日

めし工房 Ren-ya@那須 さすがに黒磯のれんの系列。すばらしいランチになりました。

訪問日時:2018/01/08 11:35

黒磯のれん。
行く度にファン度が増していきます。
今日はその れん の系列になる、
那須街道沿いのめし工房 Ren-yaに来ました。

こちらでは自家製の汲み上げ湯葉や
おそばが楽しめます。
同じく自家製のドレッシングも楽しみの一つ。


私は肉そば膳、嫁はれんや膳をお願いしました。

すべての料理に生湯葉が付きます。


これがおかわり自由。
タレをかけていただくととても美味しいです。
1回だけおかわりしました。
料理を待つ間にとても良いアイデアです。

きました。

きんぴら大根、卵焼き、おからサラダ、サラダが付いてます。

これには 

ラー油で食べる高原そば

という副題が付いています。

そう。
これは港屋@新橋インスパイアと思われます。

そばの上には甘からに味付けされた牛肉と海苔とねぎ。
生玉子も付いています。
ラー油は自分で入れる方式です。

まずはそのままおそばを、
次はラー油を入れて、
次は生玉子を溶いてそばつゆに少しずつ入れながら、

と説明がありましたが、
好きなようにさせてもらいました(^^;

https://lh3.googleusercontent.com/gJFz3bc117K3i34NE4DfGz1VEDZWaPOEU92xx9CWOzE6JTclgDH013vxLQpI34aPUAen3fCykcdvEF7kdMvrP17vIA8FCNQ5FjE7C0mi0Fw4lCILnDZg3cevIenY0M9qs5tnBrut0l700DPk5_rArKtVMKwF7u4DHoREbuwKIvC8SE7JQGlmiFa1Mh4qsPPVHy4KxPTk3PMBT3n6sl3-ybdOxGGoYYGcQo1pwzMxrp_Pr4_WXP1stRt12-EAFp3aqyAQf8LUlxAvAmRPwe0ZYWak_9T2uqzMRS7QiVwxOflUwP830aELrLdmINCOvFG4OeoWiEyZmm5B5T8wZbx29sv0VShHY7DLMycqEBudfkhaRzVlO_VGKnYykxq0V_EeLDLOC0wdWH_mKJWICwoVCjuuFTS1LJ7cg_E8CHtt7LD6BzCpMEouITqBS6kO0A2viat1V2f1UL4TDjZI2JQ7-ANlV9TbdY2LO-GGECy9X8XT0SZpbkTXen2bbw60mvF_8L4U8JQ4fic4BS0Rv6ltbxNElggAYmK_4KJ94S_7spn1ykdiAIv6Q4yn1zoAlGAJTgsHEhjDxU56XZvJw2NRBrx3x_dA1-FgxWJ_HDkV=w420-h560-no

このあとはラー油を入れ、
玉子はここに注がず、そばにからませたりしました。

これ、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



港屋ほどジャンクではないのですが、
高原のおそば、という括りでおいしくいただけます。
ラー油が邪魔でしたら入れなければ良い話で。。

そうそう、サラダも楽しみの一つ。


我が家御用達のやつが並ぶので、
新鮮味はないのですが、
どれもすごくおいしいのです。
一番右は湯葉のタレです。

嫁のれんや膳です。


ヘルシーでありながら、楽しい膳です。

今度は夜に来てみます。



店情報など
ラベル:ren-ya
posted by ぼぶ at 16:50| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あざぶ一期@麻布十番 上品なおでんが最高です。

訪問日時:2017/12/19 20:00

銀座一期に行ったとき、
再訪問を誓ったはずなのになかなか行く機会がなく・・
そんなこんなしているうちに
あざぶ一期に来ることになったのでした。


銀座より、こちらの方が先にできています。
いつの間にか、ミシュラン☆だそうです。
おでんを含めた懐石のスタイルは一緒です。
今日もコースでよろしくお願いします。


エビス生うまし。

先附 寄せ小鉢

光陰矢のごとし

もう12月だからでしょうか。
ほんとに一年は早い。。。

あん肝、海老芋唐揚げなど普通のものが、
とても繊細です。

早々にお酒に呼ばれました。


刺身

ぶり大根のイメージだそうです。
おろし大根と昆布の佃煮。

刺身

鯵、鯛、いか。
新鮮です。

次はすき焼き鍋だそうです。


きました。


一人用です。
これ、抜群です!


専門店にもひけをとりません。

焼物

甘鯛炭火焼きです。
ふわふわですね。

いよいよおでんです。


一人5種選べます。


ロールキャベツ、つくね。
ああ、やっぱりこのお出汁はすばらしい。


白子。
まったりした白子が
お出汁で生き返るよう。


下仁田つき糸こんにゃく お出汁付き。


すっぽん。
今夜、元気になります!


はまぐり。
大きくて味が濃いです。


一期たまご。
名物らしいです。
半熟の玉子はおでんには珍しいですね。


玉ねぎも普通に合います。

御食事

玉子丼です。
めっちゃおいしい!
出汁茶漬けとの2択でした。

水菓子

クールダウン。

ゆっくりと時間が流れ、
気がつけば3時間を超えてました。

またゆっくりしに来たいです。





ラベル:あざぶ一期
posted by ぼぶ at 16:28| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

グリルド エイジング・ビーフ TOKYO新宿三丁目店@新宿三丁目 熟成肉祭りです!すごい楽しい!

訪問日時:2017/12/13 19:00

合コンです。
嘘です。
肉好きの食事会です。

こちらは熟成肉専門の店。
エレベータを降りると、すごい喧騒。
楽しそうです。

今日は個室を借りました。


これを見ると、アメリカ大統領選挙を思い出します(^^;

40日間熟成。


5000円のエイジング・ビーフ カジュアルコースに、
飲み放題1800円をつけました。


みんな揃ってビールで乾杯。


フレーバーチップス、
熟成和牛のシャルキュトリー盛り合わせ

チーズチップスが面白いです。

肉はローストビーフに薫製肉。
レバーペーストもあり、わくわくします。

グリーンサラダ

トリュフドレッシング、焼きレモンの香り。

トリュフはそこはかとなく香る程度。
レモンが焼かれてますが、効果のほどはよくわかりません(^^;

熟成和牛すね肉のデミソースグラタン

これはうまいす。。。
赤ワインを呼びます。


このワイン、上等です。
飲み放題にしては満足です。

本日のスープ

クラムチャウダーです。
いい塩梅です。

そして、
ドン!

熟成和牛大判一枚肉。
私の両手のひらほどあります。

これを解体してもらいますと、
クラシタ、マクラ、ザブトンになりました。


焼き加減最高です。
これは楽しいったらない!

付け合せもきちんと。
2種のガルニチュール。

付属の和風ソースも抜群ですが、
胡椒、からし、ガーリックチップ、塩も装備。

いろいろな味で楽しみました。

最後は
熟成和牛の鉄板ガーリックライス

焦げてますぜ。。


混ぜてくれて、こうなりました。


これが、もうバカウマ!
おなかパンパンにになるまで止まりませんでした。

デザート

マンゴーソースのアイス。
クールダウンしましたが、
気分はまだまだ盛り上がってました。

また来て、騒ぎながら楽しみたいです。


グリルド エイジング・ビーフ TOKYO



店情報など
posted by ぼぶ at 17:05| Comment(0) | 牛肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自由が丘 間人@自由が丘 黒豚しゃぶしゃぶが絶品!リーズナブルで静かで素敵な店です。

訪問日時:2017/12/14 18:30

先日、自由が丘の間人で
つけ香麺をいただいたとき、
豚しゃぶのあまりの美味しさに
夜に来て黒豚しゃぶしゃぶを食べる!
と個人的に誓ってました。

ってことで。


杯を合わせて
お品書きを見て、


しゃぶしゃぶコースをお願いしました。

先附

薬味京豆腐。
ねぎ、茗荷、かつお節、生姜、などのお薬味。
ポン酢がおいしいです。

串物1

マッシュルームアンチョビ焼き。
これ、うまいす!
香りが最高。

串物2

ささみ彩り焼き。
ささみにご飯用のふりかけをまぶしたんだそうです。
蛋白なささみが旨さ増大です。

焼物

本日はお好み焼き風さつま揚げではなく、
エビパン。
いやいや、これで良かった!
これ素晴らしい!

日本酒にしますかね。


あまり種類がないのですが、
伝心と八海山をいただきました。

そして、鍋タイム。


きれいです。


野菜はねぎとレタス。

つけダレは熱々のそばつゆ。
つけ香麺のものと同様です。


先に野菜から。


頃合いを見て豚肉をしゃぶしゃぶして、


つけダレに野菜と共にくぐらせて、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


やはり最高!
柔らかで、甘みのある豚肉はホントに美味しいです。
そばつゆでいただくしゃぶしゃぶ。
本場を思い出します(ーー)。。

豚しゃぶは個人的に、
塩胡椒でいただくのが好きなので、


やっちゃいますねー。
ウマウマ。

締めは当然つけ香麺。


そのままでも、
一度しゃぶしゃぶしてあつもり風でも。


これまた



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



いやー、いい麺ですね。
しこしこで香りがよくて。。

やっぱり来てみて正解でした。
これから気軽に使いたいと思います。



店情報など
ラベル:間人
posted by ぼぶ at 15:53| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座くどう@銀座 個室でゆっくりと懐石料理。落ち着きます。

訪問日時:2017/12/04 19:00

銀座くどうに行きました。
銀座うち山の流れをくむ、徳うち山。
それが現在改装に伴い移転中で、
銀座くどう になっているようです。
うち山の流れでは銀座志もお気に入りです。
楽しみです。

今日は接待。
でも、写真は撮ります!


素敵なグラスでビールから。


香箱蟹

いきなり香箱蟹ですぜ。
ほぐしてあるので、食べやすいです。
そして蟹味噌のソースが秀逸。
これはうなりました。

海老芋と白子の餡寄せ

あはー。
これめっちゃ好きです!

穴子寿司

穴子は大好きな食材。
寿司屋では最後に必ず頼みます。
これは蒲焼き風なので、香ばしくてすばらしい。

お客様はワインがお好きなので、
カロン・セギュールでも。


椀物

甘鯛と蕪のお吸い物。
器が見事です。

焼物

平目にあん肝のソース。
やばい美味しさです。

お鍋

すっぽんです!


元気になります。

この後、山形牛のステーキが出ました。
写真は忘れましたが、柔らかい極上でした。

食事

うち山名物。
鯛茶漬け。
最初はゴマダレに浮かんだ鯛で
白いご飯をそのままいきますと、、、
なんと美味しい。。。
言葉を失います。。。

炊きたてのご飯もいい感じです。

そして、お出汁をかけます。


これ、マジで美味しい・・・
ずっと食べていられますよ。。。

自家製ふりかけ、鯛そぼろもナイスです。


水菓子

長野パープルというぶどう。
甘くてさわやかな酸味。
クールダウンしますね。


さてさて、すばらしい店ですね。
料理は店主工藤さんがほぼサーブしてくれて、
説明も丁寧にしてくれました。
噂通りの美味しさで、
心から堪能しました。


銀座くどう


ラベル:銀座くどう
posted by ぼぶ at 15:24| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

YPSILON Aoyama@表参道 私の好みに合う良い店だなあとつくづく思います。

訪問日時:2017/12/11 19:00

またまた来ました、イプシロン。


あまりお店の調子が良くないようなので、
店主応援の巻。


今日もブリュードッグから。
うまいね、IPA。

そして、感動の前菜盛り合わせ。


これで1,800円ってすごいと思うんだ。
これだけでワイン一本いけますぜ。

左から
富山湾直送鮮魚のカルパッチョ、
パテ・ド・カンパーニュ、
パルマ産生ハム、


オリーブ実、
タコとセロリ、赤玉ねぎの赤ワインビネガーマリネ、
ヤリイカの赤ワイン煮
カプレーゼ、
鶏レバーペースト。


もうたまらんす。
ワイン、と言いたいところだけど、
こちらはすごいお酒がたくさんあるので、


うまいな〜
ゴキゲンだね。

メカジキのカツレツ

これ、めっちゃ好き!


毎日食べたい。。。

店主はどんどん日本酒を出してくれる。


アルザスのワインも欲したので、、、

こんな状態に。。。


魚料理

香草パン粉焼き。
ソースがいいね。

パンでソース、ぬぐうね。


陸奥八仙も合うね。


肉もいきます。
宮崎赤牛の肩芯のグリル

これも最高だ。
柔らかな赤牛、好きだな。
わさびと塩がよかった。

赤ワインもね。



ああ、楽しかった。
ほんとに居心地いい店です。
オススメします!



店情報など
ラベル:YPSILON
posted by ぼぶ at 15:42| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

レストラン パッションPACHON@代官山 優雅な気分で古典フレンチです。

訪問日時:2017/11/23

家族のお祝いごとでPACHONです。
今日もマントルピースの暖かな炎に癒やされます。


私は10800円のMENU SAISONのコースにしました。

シャンパンで乾杯。

アミューズ・ブーシュ シェフからのプレオードブル

豚のゼリー寄せ ロックフォールのシュー

これが楽しいんですよ。
シュー生地にロックフォールが入っていて、
予想通りの味です。
豚肉も見事な風味です。

アミューズ2

サーモンと柿のマリネ 豆・帆立・コンソメジュレにほたての身

アミューズで引き込まれるのは
いつも同じ・・・

白ワインをもらいます。

やはりラングドック地方のやつにしました。

パンも普通以上に美味しい。


季節の一皿季節の食材を使った一品

エビのポタージュ

ビスクもいいですが、
こう言うオーソドックスなスープは落ち着きます。

ブイヤベースのゼリー寄せ サフラン風味 アイオリ クルトンとタプナード

ブイヤベースのゼリー寄せは
ピラミッド型になっていて楽しいです。

クルトンにはタプナードが乗っていてこれは嬉しい。
アンチョビも添えてあって素敵な一皿です。
アイオリソースもかなり効果的なアクセント。

蕪のポタージュ

きれいです。


ピンクは蕪から天然の色。

仔羊肉のローストハーブのクルートプロヴァンス風野菜の重ね焼き添えバジルソース

マントルピースでパッションさんが焼いてくれたものです。
なんと柔らかくで激旨なのでしょうか。。。

お腹一杯になりました。
食後にコーヒーをいただきましたが、
砂糖とミルクの容器はアンドレ・パッションさんのイニシャル入り。


デザート

リンゴの赤ワインコンポート、
バニラビーンズたっぷりのアイス。

その後、プティフールがワゴンでやってきます。
選び放題です。


最後の最後まで楽しませてくれる店です。
パッションさんの笑顔で和めるし、
スタッフ一人ひとりがすばらしい。

また何かの機会に来たいと思います。




ラベル:Pachon
posted by ぼぶ at 16:29| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食彩 きく直@武蔵小山 道場六三郎のDNAはしっかりと受け継がれています。

訪問日時:2017/11/18 18:30

やき鳥まさ吉に行くときにずっと気になっていたお店です。
2015年10月にオープンしたと思ったら、
店先には道場六三郎の文字が!
お弟子さんが武蔵小山に出すとは大歓迎であります。

行く時をねらっていたのですが、
ある日LUXAにチケットが出たので即買いしました。
12960円のコースが7560円。

で、予約しての本日となりました。

店の扉を開けると、白木のカウンターのみ。
店主、菊池直美氏が包丁をふるっています。

前菜

きのこの白和えです。
とろっと美味しいです。

前菜2

帆立のサラダ。
ポテトサラダの中に帆立のほぐし身が詰まってます。
いくらのほのかな塩味も味を後押し。


お造り
https://lh3.googleusercontent.com/7h0uGKabBrlII07oysdM6fPkV06tw12nXJYlOehU4Kqz6p68pGF7X_VaI0H7fIb1y2b5ZPlzlBcbQ74e11mIuRzBuOr8VUyT6OKWlQQfluhKpRjrsIag8yIaTAs9XinEvyS6LSr4tzOqqIPeBKcWLzTv10yEX-MwIbBHR1n0ELpzFDdf--R9VKObyQk8bdJz4hpERk4dSO__m8D9bg0ngew1exNETHu2sOaW7rqk_sCfDESYmiyqgqD5q_xIJNyNd_uegikWILUtTC-pn84wSCk56TkFc11un6Lq-lXSW_v86KwCq3BQxj3PRaTqqaIhHpXp_6oGJcOg-vm3dyzDhSr4RbPTFT5dXN3blmuMUhjRX8dSNTilM8NR14I4AMeVjgNWhGyvW-_T2v1troOYyZ3Tn1d3n-FdP0IK68pnRR72lEzF_8ZgJDlhZNMwUMzozkq56lpxLMX49IVoqTintw_gpanFzvEuvJ0ilrMSLOUUlc1J71czoRVAr9lXb5pGQeuLmb1ky4CkzCQQ_X5orM6FjP4T2WhYJwRd4jUaP1-XqAnVJ4f1HqRB7evS_RH5ZVolcXoty2RrXBFQUww1VDAyGWGj4E6o6oKpbYxcFtM=w560-h420-no

赤ふぐの薄造り。
中皿ですが、一皿を一人でいただけるのはうれしいです。

目の前にはとてもかわいい女将さん。
お酒のお勧めを聞いてみます。


南からいきました。


焼物

ぶりの照り焼き。
甘からのタレが極上。
定番の料理とは言え、さすがの味です。

続いてときしらず。


蒸物

白子の茶碗蒸しです。
お出汁の餡がひいてあります。


うまいわー!

主菜

和風ローストビーフ。
柔らかで香りの良い肉はもちろんですが、
ソースが実に美味しいです。

珍味

あん肝が反則的にうまい・・・
この仕込みはなんか違います。。。

食事

へしこのお茶漬けです。

https://lh3.googleusercontent.com/zQ8pPqw6t8QlrB_dpC-aXixsFiqIftGc491wsr3HtSpRktT3gHz9EATwwTQpwX-VKypR_ZCLitA1ORl1TGgM83HzIr0w1jKnVhxdzhr_yy1luOAwkiNG11i75n6WfcPpz7lUpH0fhB3pshyVRy4j3Af5fhula5paSZ-MSKoC4NPFVeYXrKqvw62mIRRiV7FpnHOrWOo2Xwkb4dA6DDUlKeKvoI9wkHuKJyV3-uEQ1ieAm1khWFMcHNEJCKf9dp3_8BfVl3t5nupA53_izPZcjTYGP21E0hzq86_JTQDJf0aUiGQQ5g4yrGVo_bRrPmsC4wRr3bneqj7X_7ztJPU2lZWO-sNNWj7xmxrnTosmDYJupCTYT5VEi-NsSiTJZcCZA8Gl89ar9bAcmQbwtnH3Q1xhMF-4vbUity7lvYYoNdDutZ8txZGkiJBFCo2HpPnm4-4tMxjky3Dmb5n_1TAiyfVuWaGdwSKOAWcTieGQRzvZbe_pWpul1z3opxm-09F5JuLrpk0CGqPgGPJKYHPkFfrGokyPq2q10NeFDA6mqxzAtQaTnW5s1Km4pw1UM12NCkuK15naJHZ_kvpnzSRomjgbqjFQIIAO4gD5lA1VmwM=w560-h420-no

へしこの塩味が全体を引き立たせてます。
こりゃ絶品!

水菓子

洋梨のコンポート。
ヨーグルトがナイスです。
甘い洋梨ですこと。

以上でごちそうさま。

しっかりと日本料理の伝統を守りつつ、
抜群のバランス感のある料理の数々は
まだまだ可能性を秘めていると感じました。

かわいい女将さんにもお会いしたいし、
またくることにいたしましょう。


食彩 きく直




ラベル:きく直
posted by ぼぶ at 16:06| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

上海小吃@新宿 毎度の忘年会。

訪問日時:2017/11/16 19:00

映画 不夜城の舞台ともなった、
上海小吃はもはや私たちの聖地。
今年も忘年会です。
4回目ですね。

ママ、こんにちは〜〜〜
今日もよろしく、
と挨拶をすませ、席に集まります。


この日は解禁日。
堪能しました。

お通しは春菊の和え物

ほろ苦くておいしいですね。

もうひとつは

もやしの炒めたものに何かの餡がけ・・・

泡も持ってきました。


さあ、どんどん食べましょう。

香菜拌干絲 【豆腐の細切り】

やはり美味しい。

葱油蛤蜊【蛤の甘辛炒め】

だいたい同じものを頼んでしまいます。
でもいつでも食べたいのです。

銀絲巻【揚げパン】

蛤にはこれが欠かせません。

酔蟹【酔っぱらい蟹】

むさぼり食います。
なんとうまい。。。

香吾笋【茎レタス】

茎だけでも香りが良くて
食感も良くておいしいですね〜

【上海蒸しどり】

これもお通しでした。
あとから出てきました(^^;

蒸蟹【蒸し上海蟹】

これまた無言で、、、
いや、女子たちはしゃべりながら
食べてましたね(^^;

干煎帯魚【太刀魚の揚げ物】

香ばしくてふわふわの身がナイスです。

避風塘茄子【茄子揚げ】

カリふわの茄子の食感がすばらしい。
茄子はこうやって食べるのがいいかも。

麻辣肚片【麻婆ガツ炒め】

これは初めて頼みました。
麻辣でいい感じです。
これからずっと頼みたいです。

花生将黄豆芽涼麺【落花生タレ冷麺】

これも初めて。
落花生油がとってもマッチしていて、
これはおいしい。

水芹菜炒旦【セロリ玉子炒め】

さわやか。
セロリっておいしい。

蟹肉炒飯【蟹チャーハン】

中国醤を使ってます。
色が濃くてもいい塩梅。
これもはずせません。

葱油面【ネギ油ソバ】

やっぱりこれも頼んでしまいます。
素朴でおいしいのです。

今年も堪能しました。
楽しかった〜〜〜


ママ、ありがとねー





店情報など
ラベル:上海小吃
posted by ぼぶ at 17:31| Comment(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

【閉店】キンパイトウキョウ@築地市場 お料理、お酒、感激の連続でした。

訪問日時:2017/10/31 19:00

昨年1月にできたお店ですが、
知り合いが絶賛していて、
絶対に行きたいと思っていました。
仕事仲間を誘い、予約しました。


ともすれば通りすぎてしまいそうなほど
控えめな店構えです。

扉を開けると、異空間。。
静かな空気が肌に合います。


15,000円のおまかせのみですが、
今日はおまかせコース+日本酒ペアリングで予約しています。

最初の一杯から入っています。

まずはいきなり渋い器がきました。

熟成金目鯛の出汁で春菊のすりながしです。

これはすごい・・・
確かに金目鯛がいて、そこに春菊のほろ苦さが
素晴らしくマッチしています。

お酒は料理一品一品に対して先に
供されます。


酒器も選ばせてくれます。


次の料理も蓋が。。


うにごはんです。

ごはんの下にはいくらの裏ごししたもの。
こんな料理は違反です。


今度はぬる燗で きました。

くじら刺し

高級部位と言われる「うねす」です。
独特の歯ごたえと甘さある味わい、
生姜の風味も素敵です。
ぬる燗が実に良い。。。


いやー、お酒のことをよくわかってらっしゃる。
くじら刺しにピッタリです。


たこ刺し

三重の真ダコです。


甘みがあり、美味しいですね〜
バジルソースがすばらしく合いますね。
それにしても経験したことのない食感です。
調理法を聞いてたまげました。


炒めもの

アカザエビの豆鼓ソース 木の芽の香り

この料理も違反です。
プリプリの海老ちゃん、豆鼓の熟した風味、
そこに木の芽ときたらもう・・・
すばらしい、の一言。


揚げもの

ボラのへそフライ。
初めていただきました。
食感が楽しいです。

https://lh3.googleusercontent.com/li0bz95q2q97wFoRdV5d1EceUBGS9vapI3mxtA0FLgTQJSp59fGYchH_1ZWYV5PsxTLx5wTwhG2nOo8B9ihtORVFxuummR8YflY6eQPzL--S7KWGHfB4PHANa3MmQlY2NhyFLs5O8lJ6-MjkQY-zhJfh9_uO4htA_igO9CwxSntLAZqpkokPLDYa_T9jvwzwhtURdan470zaw7iDsSRfuB3BQJSGjO8WlwLAF1wa9vRat0LBLZIGAv2Ea5g9yDhBmDaRoDLnEDApRu53Boybo0vW-k77sq9LBuW3TTRxoxdCyyOc1S2oqvxuSYLJ5CAMz-91Y6WitSfV21_n58i0KzqO_uSGawoPHwheCwoheT5D7ROMszyCprJXSWXBh3jLLprIKADQxcF9ZQhZrZzAc82L_JeN5J0jIKsnYtSBmR7L53AnYFUVW4aXymVh5yiwycN26Ic0tj0cOM7zJcJicmGL5b20H0AQWE7EjLg6o_dm6cAWoIyf4aMuNp6Kn95jNSH8nnqoT78_ym4vxK50chYentD6Kddbw8ExPMjfIHY4DlowtypEvqx6dAkK9ujxtNhBf3Ri10LJRrW15S1OSN79V2H-HB7aZrjd5FclROk=w560-h420-no

お口直し

なんとマッシュポテトのシャーベット。
そのままの風味です。
放射状模様の器がきれいです。


八寸

12時より時計回りに、
生落花生おおまさり、コリンキー酢漬け、
塩うに、ほおずきトマト、鮎うるか2年熟成、
XO醤、ケジャン。

これはなんとテンションあがることでしょう。
楽しくて仕方ない。。。

中でもケジャンがうまいのなんの。



最中

フォアグラの西京漬け、奈良漬が仕込まれてます。
もう気絶寸前です・・


焼きもの

浜名湖の鰻白焼き


鉱物だけにこれは嬉しいです。

お水を要求すると、


個人的にとても懐かしい水なのです。


貴醸酒です。
締めのお酒にピタリとはまる。

食事

白ごはんに麻婆豆腐です。

なんですか、この本格的なお味。


辛くて痺れて風味よし。
めちゃくちゃ美味しい!!

そしてもう一品。

カレーと麻婆、どちらにしますか、
なんて言われて選べないっす!
両方お願いしまっす。


桃と牛タンのカレーです。
甘くて辛い大好きなやつ。
桃のほのかな風味と甘みがナイス。
楽しいなあ〜〜〜

デザートはなしです。
これもまた私には歓迎。
それよりも濃いお茶でクールダウンしたいところです。


良いお茶です。
茶器も素敵です。


ご主人は大阪で居酒屋の金盃という店をやっていて、
東京で勝負したいと上京。
このスタイルを確立しました。

お酒のチョイスは美人の女将さん。
いちいちうなる選定でした。
やはり西のお酒が多いようです。

そして、こちらの店は1000日限定の開店。
あと2年ちょいで締めるそうですよ。
次の展開も楽しみですが、
その前に何回も足を運ぶことにしましょう。





店情報など
posted by ぼぶ at 15:21| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする