2017年08月29日

CHEF'S(シェフス)@新宿御苑前 やっと行かれた上海料理の名店はシンプルながらも極上の味でした。

訪問日時:2017/08/28 19:30

前から気になっていた中華料理店が
新宿御苑前駅近くにありました。

私はいろいろな新しい店を日々チェックしますが、
これは と思う中華料理の新店を調べると、
シェフス出身ということが多かったのですよね。

ここから派生した店は時間がかかっても行くつもりですが、
まずはこちらから調査しようかなと。
先日dancyuにも乗っていたし、行くには頃合いかなと。

店に着いてドアを開けると、すごいやかましさ。
対面に座った友の声がよく聞こえないほど。
後ろの6人客が一人ひとりが100m先まで届くような
大きな声で話してます。
もう少し静かにしてくれてもいいと思うです。。

ま、いいです。

お品書きを眺めます。


予習はしてきていますが、
品の良いマダムに少し相談しながら注文を決めました。

乾杯。
後、一口飲んで撮影(^^;


暑かったからね。
ビールおいしいよね。

前菜の中からマダムが3種チョイスしてくれました。

赤ピーマンのマリネ

赤ピーマンは皮を丁寧に向いて、
恐らく蒸してマリネしたもの。
フワッとした食感で品の良い酸味が絶妙。
これはすごい。。。

小アジ素揚げアニスソース

サクッと揚がった小アジはそのままでも美味ですが、
アニスソースがまた抜群。
これでご飯2杯はいけますね。

上海ソーセージ

腸詰めはあまり欲しないのですが、
これはびっくりしました。
こんなにおいしい腸詰めは初めて。

うにシューマイが欲しかったのですが、今日は売り切れ。
なのでマダムだ勧めてくれた春巻きを。


海老の大きな身が入っていて、
パリ グニャ の食感ではなくて、
パリ プリ という食感。
これは斬新。
世の全ての春巻きがこれならいいのに。

黄ニラ干糸炒め

これは予習していたやつ。
想像を超える味に黙ってしまいます。
塩味はどちらかというと薄味なのですが、
素材の美味しさなのか、全くボケた感じがない。。。
いつまでも食べていたい感じです。

車海老香り蒸し

これはdancyuにも載っていたやつで、
一番いただきたかったもの。

取り分けてくれました。


残ったタレにご飯をいれてもらうのが
楽しみだったのですが、すでに装ってあります♪

そしてこの料理。
香り蒸し という名前に納得しました。
海老の香りがすばらしいです。
殻をむきながら、むさぼりました。

そして、追い飯が昇天しそうなほど美味しいです。
これはここに来たら必須ですね。

黒酢豚

黒酢を使ったもの。
豚肉が美味しいのか調理なのか。
うなり続けです。

最後はもちろん、ねぎラーメン。

Sサイズでお願いしました
シンプルながら、凄みを感ずる味です。
これも塩味は薄いし、出汁感も上品すぎるのですが、
一口目から引き込まれます。

麺も食感をしっかり残した仕上がりで、
文句なしの美味しさ。

これがrengeの味となり、
曳いてはwine&mastard A のラーメンへと通ずるのか、
と一人勝手に納得しました。。

ここでお腹は満タン。
デザートは割愛して、店をあとにしました。
ビール1,紹興酒ポット2種類で、二人で23000円。
常識的なお値段だと思います。

また来たいなー、と心から思いました。

CHEF'S

ラベル:シェフス CHEF'S
posted by ぼぶ at 17:21| Comment(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

星のや界 出雲 これ以上ないようなホスピタリティ。やり過ぎでないところも素晴らしい。

訪問日時:2017/08/20〜21

出雲への一泊の旅。
出雲大社にお参りし、
スーッと落ち着いた気分になりました。


その後は、今回の宿、星のや界 にやってきました。

y度への入り口を曲がるとすぐに女性が走ってきて、
駐車場に案内してくれます。
早速のお出迎えに感激。

チェックインして部屋に行きますが、
そこかしこに無料サービスの嵐。

コーヒーマシンです。
飲み放題です。


レモン水とお茶は常に置いてあります。


右の冷凍庫にはアイスキャンディーが。
バニラ、抹茶、いちごと3種の味が
食べ放題。


また、大風呂に行く手前のコーナーには、


このときの写真にはありませんが、
日本酒が置いてあります。
いくら飲んでもいいし、
パックが置いてあって、
女性は酒パックし放題。


部屋は全部で24室。
全部に部屋付きの露天風呂があります。
ふやけるくらい入りましたよ。

夕食です。


窓の外は竹が効果的に植えられた中庭。


竹筒に火が入り、暗くなると幻想的です。

日本酒スパークリング、いただきます。


先付け

のどぐろの炙り ゆず大根
出ました島根名物、のどぐろ。
おろし酢のせいか、身がしまって香ばしくて美味です。

八寸

苦瓜とうすいえんどうの和え物
川海老唐揚げ
丸十おかき揚げ
合鴨ロース オレンジ酢味噌がけ
まぐろとアボカドの酢ゼリー
とうもろこしの葛豆腐
海老とブロッコリの松風

もうここでひきこまれました。
食事もかなりのクオリティです。

お椀

おくら 翡翠豆腐 蜀黍つくね


とうもろこしのつくねが美味しいですね。

お造り

丁寧に説明書付き。


器は瓦に見立ててオリジナルで製作したもの。
瓦もこの辺は名産なのですね。

界出雲 オリジナル純米酒

おいし・・・

揚げ物

鶏と根菜とフォアグラの東寺揚げ


湯葉で巻いて揚げたものですが、
フォアグラの美味しさが際立つ料理ですね。
これはうなりました。

煮物

穴子と湯葉の炊合せ
優しいお味でほっこりします。

台のもの

しじみと白身魚の加太婦羅那
ポルトガルのカタプラーナという蒸し鍋料理を
星のや風にアレンジしたものです。

あけると、


大きな大和蜆、鯛、海老など。


こりゃすんばらしい。
出汁が決めてですね。
穏やかな塩味もまたこの料理には抜群。

食事

お米が美味しいです。

デザート

3種類から選べます。
これはほうじ茶のクレームブリュレ。
満腹になりました。

ふと外を見ると、
室内灯がガラスに光って、外の竹林と重なって美しい。。。


夜になり、9:15からお神楽を楽しませてもらいました。
スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治するというくだり。
いいものを見せてもらいました。



みぞれ酒500円をいただきながら、鑑賞。



夜が明けて朝ごはんです。



アゴ野焼き という蒲鉾がいいですね。

鱸の奉書蒸し

宍道湖七珍、しじみの他にやっと出てきました。
すずき、美味しいですね。


量がちょうどよくて、上品な朝食です。
すばらしくいい目覚めになりました。

星のや、やはり素晴らしい。
全国を回るお客も多いというのも納得です。


このあとは松江城などを見学しました。

出雲、松江、いいところです。
また旅行したいです。



店情報など
ラベル:星のや
posted by ぼぶ at 17:17| Comment(0) | 旅館・ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

京橋 もと(酛)@京橋 素晴らしい日本酒バーです!

訪問日時:2017/07/31 19:30

飲み仲間に連れて行ってもらいました。
日本酒の楽しめる居酒屋?バー?で、
以前は新橋にあったそうですが、
京橋に移転して更にすばらしくなったと。。

着いてびっくりしました。


なんと素敵な外観でしょうか。


「京橋もと」
という名前で案内されましたが、
もと は 生酛 の 酛なのですね。
これは期待大です。

中へ入ると薄暗くも素敵な空間。
カウンターに席は予約されていました。
テーブル席もあるようです。


料理が美味しいとのことで、
楽しみです。


アサヒ熟選。
おいし・・・

今日はおまかせ8,000円?

突き出し

桃の酒蒸し 生ハムピュレとマスカルポーネ 
カンパチ握り。


このしょっぱ甘い味付けに感動します。

最初に一貫いただけるのは
お腹のためにもうれしいです。


三人なのでいろいろいきます。


日本酒は小さいめのグラスに(1/5合くらいでしょうか)、
少ない量なのでガンガンいきました。

お造り

鰹のわさび醤油漬けにイシガレイ、コチ、アジ。
生海苔と自家製ゴマ塩でいただきますが、
ゴマ塩が美味しすぎます。


焼きもの

鱧の山椒焼きウニのせ 石川いものマッシュ
マッシュが敷いてあり斬新です。


このラベルはわざとレトロ調にしているんだそうです。


この七田はなかなかないです。

蒸し物

甘鯛と南高梅の茶碗蒸 茗荷餡


茗荷の餡が最高です。


色っぽいラベルがいいですよね。


もずく酢

沖縄もずく。
さっぱりと美味しいです。


いしのまき
と読んでしまいました(^^;
岐阜の百春ですね。
おいしいですね。


鴨のロースト 賀茂茄子 山椒オイルがけ

抜群に美味しい!


なめこといぶりがっこ

まだまだいきます。


秋田の有名な両関のRZ プロトタイプ 純米55 Dry-Evolution

RZは両関のことだそうで、
古いいろいろ酒蔵も大変ですよね。

そろそろ御食事です。


鱧と枝豆の炊き込みご飯。
木の芽の香りが爽やか。



デザート

ほうじ茶のブランマンジェ。


いやはや、楽しかったです。
料理長の腕がすさまじくたちますね。
どれも異次元の美味しさ言っても過言ではないです。

@14000円くらいしましたが、
心から楽しみました。
また来たいですよ。


京橋 酛
ラベル:
posted by ぼぶ at 17:52| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Forest Dining Hinomoto@那須 移転して本当にFORESTになりました。朝昼晩と美味しい料理がそろいます。

訪問日時:2017/08/13 11:40

那須街道の上の方、一軒茶屋交差点にあった、
Forest Dining Hinomotoというレストランが
7月12日に移転しました。
新しい住所は栃木県那須郡那須町大字高久乙802-143
前は 木古里 という開店休業のカフェでした。


ほぼ居抜きで開店したようです。

この日は試しにランチに来てみました。

店内はいかにも自分たちでDIYしたような風情です。


欄間も活かしていて、
前はどんな部屋だったのか気になります。


ランチメニューを見ます。


ドリンクもそれなりに豊富です。


ビーフシチューにしてみました。


お冷やはワインボトルでやってきました。


那須は水が美味しいのは当然ですが、
水道水も美味しいのです。

すべてにサラダとスープが付いてきます。


やがて到着です。


パンもきました。


あまり塩分の濃くないシチューです。
肉の味わいがよくわかる美味しいやつです!


パンははっきり言って好きではないです。
もっと固いハード系が合うと思います。

連れは桜姫鶏の竜田揚げ。


肉質豊かで、良い味付けの竜田揚げです。
これも美味しい!

最後はコーヒーでおしまい。


こちらは朝8時からモーニング、
11時からランチ、
20時ころまでディナーと
頑張って営業しています。
今度は夜に来てみたいです。



Forest Dining Hinomoto

店情報など
posted by ぼぶ at 17:08| Comment(0) | 洋食屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

お好み焼き いまり 恵比寿店@恵比寿 今、勢いのある尼崎から進出したお好み焼き屋さん。

訪問日時:2017/08/18 18:45


友と恵比寿で待ち合わせ。
どこへ行くか決めるのはは私の役目なので、
この日突然食べたくなったお好み焼きの店にしようかと。

そう言えば最近、五反田に支店を出して気になっていた、
「いまり」という店の恵比寿店にしてみるか、
ということで予約しておきました。

結果、とってもいい店でしょっちゅう行きたい店になりました。

恵比寿から渋谷方面に歩き、
五差路を過ぎたあたりに店はあります。
背を屈めて潜り戸から店に入ると、
とっても暗い空間。
なんか落ち着きます。

大きな鉄板のついたカウンターと
テーブル席が5卓。
それぞれに鉄板がありますが、
料理は全て焼いて持ってきてくれます。


杯を合わせて、いろいろと打ち合わせをしたかったので、
料理は「いまりのマル投げ」というお任せでお願いしました。

突き出しは生ザーサイとピリ辛もやし。


青ザーサイは薄切りにすることが多いけど、
このくらいのサイコロ切りはいいね。

あごすじとニンニクの芽炒め

あごのところのすじ肉だそうです。
それほど硬くなく、おいしいもんですね。
これはビールのいいアテです。

いまりの豚平焼き

目の前で焼かれるのを見るのは楽しいです。
そして、どの焼物もかなり時間をかけて
じっくり焼くんですね。

この豚平焼きもゆっくり作っていました。
そして、バカウマです。

日本酒の種類がたくさんあったので、
2杯めからは日本酒。


酒器はピューターですね。
いいすね。


まつもとと紀土を楽しみました。

おかんねぎ焼き

ねぎがたっぷり過ぎます。
皮が薄く仕上げてあって、これはおいしい。
醤油風味の味付けが絶妙です。

昔ながらの大阪モダン

中華そばが入って分厚いです。
じゃこもいい出汁になっています。
これも絶品。

ここまででお腹いっぱいになりました。
二人で9000円しませんでした。

今日は粉もんが多かったですが、
おつまみ系もたくさんあるし、
今度来たら、アラカルトでいろいろ頼んでみたいです。




店情報など
ラベル:いまり
posted by ぼぶ at 19:09| Comment(0) | 鉄板焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

銀座 波奈@銀座 料理長は変わりましたが、料理は変わらず美味しいです。

訪問日時:2017/07/28 18:00

久しぶりに波奈に行ってみたくなったので、
行きました。

そうしたら、料理長が変わっていて、
少しショックでした。
かなり私と相性が良かっただけに。。。。


何はともあれ、乾杯。

先附

八寸が先に出るようになりましたか。
ちょっと違和感。。。

うざく

もろこし豆腐

毛蟹酢

タコ柔らか、京都しろ菜のお浸し唐墨がけ、いわし梅煮

それぞれきれいだし、美味しいのですが、
先付けは何か自慢の一品であってほしいです。

お椀

金目鯛、冬瓜、椎茸です。
よく脂の乗ったキンメがナイス。

お造り

ツマの切り方は変わらず素敵です。
天草鱧、福岡くえ、すずき。
欲を言えば、鱧は梅がほしかったです。

冷菜

いつもの三宝蒸しが今日は夏バージョン。
冷たく楽しい一皿です。


手前イセエビ黄身包み、蒸しあわび、
賀茂茄子梅風味、うに、ししとう。

この日は熱かったので冷たくていいです。

豆腐の味噌漬けをサービスでくれましした。


お酒進みます。

焼きもの

鮎風干しうるか焼き、飛騨牛ミスジ、煮あなご。
どれも絶品。

御食事

のどぐろの炊き込みご飯。


のどぐろの脂の甘みと香りが充満。
すばらしい〆です。

水菓子

宮崎マンゴー、キウイ、シャインマスカット、桃。

満足して宴を終えました。


公式サイト 銀座 波奈
食べログ 銀座 波奈



ラベル:波奈
posted by ぼぶ at 16:55| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

コンチネンタルサファリ@六本木 洋風の居酒屋的なお店です。

訪問日時:2017/08/19 19:00

テレビ、噂の東京マガジンで
こちらの治田シェフの料理を見たんです。
ドライカレーとピーマンの肉詰めの会を見ました。

独創的でとても美味しそうで、
この人の料理を食べたい!と思いました。

ある日、LUXAでコンチネンタルサファリのチケットを見つけ、
即座に買っていました。
で、行ってみました。

LUXAのチケットはメニューが決まっています。


飲み放題も付いてます。


箸置き可愛いです。


グリーンサラダ。

さわやかドレッシングです。

パテドカンパーニュ

丁寧な作りだと感じました。
美味しいです。

白ワイン

少し甘いやつ。

赤ワイン

普通に美味しいです。

スペアリブと野菜いろいろスープ

バジル風味のポトフ的、とでも言いましょうか。
スペアリブは柔らかくていい味付けです。

パンを浸していただくと
スープの美味しさが良くわかります。


鴨挽肉とマッシュポテトの重ね焼き

これ、ウマ〜〜〜!

ムサカみたいな料理ですが、
鴨の味わいが実にナイス。

リブアイステーキ クリームアンディーブ添え

地味なんですが、このリブアイはうまく焼けてます。
かなり美味しいです。
ソースも良いし、アンディーのクリームが合います。

デザート

フランボワーズのソルベ。

肉料理が続いたので、
さっぱりとリセットされました。


やはり、いい店でした。
1階はバーで使い勝手がよさそうだし、
VIPルームもあるし、
屋上のオープンエアテラスは
グランピング体験ができるBBQスペースとか。
全部利用してみたいです。


コンチネンタルサファリ
店情報など
posted by ぼぶ at 15:13| Comment(0) | 無国籍料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

すし処 浜谷@小樽 ランチが美味しくて、夜も来たいと思いました。

訪問日時:2017/07/09 11:30

今年も行って一晩過ごしたあと、
小樽に足を伸ばしました。
美味しいお寿司をいただいてから
空港に向かおうじゃないか、ということで。。

一番の目的の店は一杯だったので、
こちらを予約して4人で行きました。

ほかの3人は握りを頼んでいましたが、
私、ランチではちらし派なんですよね。

おまかせ海鮮丼3800円

大きなボタンエビが印象的です。


ほかには赤身、とろ、平目、ほたて、北寄貝、
数の子、毛蟹、ミズタコ、ウニ、イカがありました。
季節によって違うようです。


なぜ、ちらしがいいかと言うと、

・魚だけの味を味わえる
・ウニとイカなどのコンビネーションを味わえる
・器を持ってかきこめる

などなど、あります。

そして、これ、美味しいです!!
しゃりも美味しく、感動しました。

お味噌汁も絶品。


ここにしてよかったです。
できれば夜にゆっくりしてみたい・・・






店情報など
ラベル:浜谷
posted by ぼぶ at 14:09| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

囲炉裏料理 与一@那須 囲炉裏を囲んでなすべん、いただきました。

訪問日時:2017/07/03 12:00

那須には「なすべん」という那須の弁当のイベントがあります。
2011年以来毎年開催されていて、
7〜8ヶ所の飲食店で独自のアイデアで販売されてます。

コンセプトは

那須は米・野菜・肉・生乳などの生産が盛んな農業の町。
那須が食材の宝庫であると知っていただき、
おいしいランチを味わっていただくために開発したのが、
新・ご当地グルメ『那須の内弁当』なすべん。

定義は

・幕の内弁当のように、那須のおいしさがギュッと詰まった地産地消のご当地プレート
・九尾の狐伝説」にあやかって、9種類の食材を使い、9つの料理を、9個の器に盛りつけ
・テイクアウトではなくお店で食べるランチメニュー
・那須を代表する農畜産物を、那須の八溝杉を使った特製プレートにのせて提供

ということだそうです。


今年は7ヶ所で開催。
そのうちの一つ、囲炉裏料理 与一で体験してきました。


あは。
ほんとに9皿だ。
牛乳はどこでも必ず付くみたいですね。

「那須の牛乳」から右周りに、
「ブルーベリーの豆乳プリン」
「那須の蕪おひたし」
「酒粕入りオニオンスープ『な・すーぷ』」
「白美人ネギ入りだし巻き玉子」
「那須のコシヒカリ玄米と小豆のおにぎり」
「那須のニラいり大根餅」
「アスパラと彩り野菜のサラダ」
真ん中は「那須和牛の甘酒入りトマト煮」

楽しいです!

同行者は那須和牛のステーキ丼。


柔らかい牛肉はさすがに那須牛です。


美味しかった〜〜〜

那須はホントにいいところです!


囲炉裏料理 与一


posted by ぼぶ at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 囲炉裏焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラトリエ・ムッシュー@那須 森の中のモダンな一軒家フレンチ。ベテランシェフの腕が光ります。

訪問日時:2017/07/02 18:30

那須高原に2013年9月にできた店に行ってきました。
オープン以来気になっていたのです。


オーナーシェフの宮崎さんは御年68歳?
ホテル西洋銀座、パークハイアット東京、ヒルズクラブ、
などを渡り歩き、最後は那須の二期倶楽部で
その手腕を奮った方です。
そして、ついにオーナーシェフに。

黒磯インターのそば、
森の中にモダン、と言うか前衛的な建物が目立ちます。


今日は10000円のコースを予約してあります。


お皿類は全てムッシュのデザインとか。
「美味礼賛」ですか。。

コの字型のカウンターの前には
きれいなオープンキッチン。


お絞りはスダレに巻かれてやってきました。
開くと、


なんとローズマリーで香り付け。。。
なかなか思いつかないけど、
これでつかまれましたね、実際。

まずは那須高原ビールで喉を潤す。


食前に小さなお愉しみを

す、す、すごい。
きれいです。。。

梅山豚のスープロワイヤル グリンピースムースと玉ねぎのアイス

稚鮎のフリット

ジビエ三種の焼きラビオリ

びっくりです。
これがアミューズとは。。。
どれも素敵です。

那須高原と山海の幸の出会い・夏の野遊

美しいです。
まるで絵画のようです。

車海老、青森の帆立、田沢湖の紅鱒、岩魚の
ミルフィーユとでも言いますか。。。


上から順にいただいていきます。


岩魚は軽くスモークしてあります。

帆立もすばらしいです。


二皿目のお楽しみフォアグラ料理を

フォアグラのソテーです。
フレンチトーストの上に乗ってます!


参りました。
美味しすぎます。
フレンチトーストとの相性、ベストです!

たまらずワインを。。。


グラスワインはピノノワールでした。

ムッシューおすすめ本日のお魚料理

仙台の真鯛 青のりソース
甘海老のフリット

海老の香ばしさと真鯛の優しい味わいの対比が楽しいです。


パンは蒸しパンです。


根菜類が入って面白い。

メインは
お肉とジビエ料理3種より
選ぶシステム。

茨城産平飼いの真鴨 低温ロースト

たまらぬ美味しさです。


連れは
梅山豚のロースト マスタードソース

梅山豚は猪八戒のモデルになった豚。
幻の豚だそうで、その件は数回聞かされました(^^;


脂身が甘いです。

もう一つの肉料理は
大田原黒毛和牛A5ランクのモモ肉の味わい深いステーキ
です。
これも強烈に惹かれましたけどね。。。

美食工房 本日の〆のお料理

これまたびっくりです。
うな丼ですぜ。。。。


地元那珂川で取れた鰻。
タレは醤油は使わず、バルサミコを煮詰めたもの。
こんなうな丼初めてです。
これだけを丼一杯食べたいです!

ムッシュとスーシェフが何かやり始めました。


夏のデザート・アンサンブル

ミルフィーユを分解して組み立てました。

と仰ってました。
軽い食感の生地が主役のように主張します。


カスタードが死ぬほど美味しい!!
おなか一杯だけど食べてしまいます。。

コーヒーカップも独創的で、
2重構造になったもの。


これもムッシュのアイデアだそうですよ。
持っても熱くないのですよ。
いいすね、これ。


はー、楽しかったです。
また来ますね。


ラトリエ・ムッシュー


店情報など
posted by ぼぶ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする