2017年05月26日

Wine & mustard A@新宿三丁目 9種類のマスタード合わせた料理、そこにオーストラリアワインが絶妙にマッチ。楽しい店です。

訪問日時:2017/05/25 18:30

1年前にオープンして以来、
ずっと行ってみたかったワインバーです。

オーストラリアワインが中心なのも惹かれるし、
私の好きな「マスタード」が色々楽しめるのが新しい、
と思っていました。

まずは1種類しかないビールをいただきます。


PIKES。
フルーティーな風味で苦味がある
私の好きなやつです。
元はビールを作っていたのが、
ワイン会社になり、
昔の製法でビールも復活させたとか。

PIKESはカマスのこと。
ラベルもカマスが描かれてますよ。

連れはグラススパークリング。


さわやかです。

さ、いろいろいただきましょう。


タスマニアマスタード9種のテイスティング。
この9種類です。


これを、


こうします。
これめっちゃ楽しいす!
タスマニア産のわさび風味とか。
トマト・オリーブ風味とか、
揚げた春巻きの皮もナイス。
これだけでワイン2杯飲んでしまいました。

リースリング

先程のPIKESのピノグリ。

双方少し変わった風味だけど、
とてもいいマスターのセレクトです。

色人参のキャロットラペ
https://lh3.googleusercontent.com/77qXYypIOSY-JHIcDHCXTcnK3egDrstx1ib_k8cLjFItjEWIRkDNVWFYmhDPZfxMbi9wnPyYAPcmGhf0kia0ELyx25I5JGFGohMfzVwhueKdjj4eIgxfqXJW96AboJB8psMMOGJ65Q0B6zDa_c6DOddYID5lg6QFvFXLuvEE65mLWG_G7LSERbs7w1tz1Rf_DZrKhaCJQMTLjEykKgVchOV1KtaIKGj71gre7WJxFH7SUxD5IMVeMhfKQvkjZ9WDAYWlXhZwTU4BZ7QaDaDzO3aImEy5P6ELOokNbnUxGp66kTsxYP8u_iRMvShEbycLD0OxcBXaTj7_yBw8MNlgA1jA7kHOSw4FTdC03uktoj5gNMqtlgrOjL2UbtBZ7CjccC-RqvapShSGnq6E1a5S0dPV7MVNejnQj08WoC7p2j-8O2xFz-Dg3u5NRa3YGeOgukmCjQXGjc9jzPByK5zLxw8rTJMPpsVH1DZrSNxxpPsrIWNSDWTSZdVVDAeOZG0MKhoiPp3VOJrjjLTI7PVYDBpYaDHVw4SIBodusqkPjLn7nTrOmSuuKr8iHlZFzt73C-JxAGHd59Cjt6_5n4RUrQjwCKnv0kdfirLAuLKagnTwlBA4HtCc7w=w560-h420-no

上に盛り付けたマスタードが崩れたので、


最初は こうなってました。
で、めっちゃうまい!
粒マスタードがいいですねー。

大人のポテトサラダ

スモーキーなポテトサラダに
ポテトチップスをぶっさし、
またまたマスタード。
楽しいなあ、おいしいなあ。

シャルドネいきます。

SMAAL FOREST=小林。
日本人の小林敦子さんがオーストラリアで作ったワイン。
今、注目のワイナリーです。
シャルドネとしてはまだ若い木の感じ。
これからどんどん良くなっていくのでしょう。

フランス産ホワイトアスパラ

オーブンで焼きましたか!
これは美味しい!
単に茹でてオランデーズソースをかけたものより、
格段に旨さがありますね。

で、赤を欲して、マスターに言ったら、

「ホワイトアスパラはロゼですよ!」


SMAAL FORESTがまた出ました。
シラーズだそうです。

PIKESも再び。なんとサンジョベーゼ。
PIKESは攻める醸造所みたいです。

右のmorning bride roseもシラーズ。
ラベルがきれいですね。

左右をいただきました。


シラーズ、やはりいいです。
同じシラーズでも違いますね。


シャルキュトリーの盛り合わせ

パテカンやいろいろな腸詰め。
マスタードが楽しくてたまらない。

赤ください。


ピノ・ノワールとシラーズ。
両方共好きなぶどうだけに色々飲んでますが、
この2つはすばらしい。

牛ほほ肉の煮込み


(゚∀゚)!!


なんと美味しいのでしょう。
ホロホロの肉、ワイン由来の甘さ。
幸せになります。

そろそろ終盤なのでスロージンをもらいます。


オーストラリアのジンもいいものあるのですね。
たくさん揃ってました。
これは大好きな食後酒的な味わい。
ベリーの風味がバランス良いです。

さて、最後に発注したは、
マスタードヌードル レンゲの出汁で。

https://lh3.googleusercontent.com/EEoN53N21WdAgWu456Pw8FxqT3VFVmbOf-0ubvs7JGmA3MnxXLP8fI4TUys8gbc5vsqKUDd5MdbVQg9_P8YigAe03xnj1inoGXHX_lkHbcYb9IL9840MobkA0aZCbX13TuL7jUkhbHQ01ILwE3H6MO0qeMGXMnZcJjkd-AY7oMsCdatNXGaGQS6GvgB9ZHokSwXUIZtZASd4-l3gwKZD3vYHq8OHhI6l_3Zt5GKqORLPGcPNQqv3lqB5jSaRPulqeaP69uwFTneV0UHeQ2vQqV4_5RHrQ-XJZB2TymiReFJMZL5-K5W-a-OQUahSK9eK04vVMva_SJFnqZ-mCZDiSoozmcO62zSo2dFAByQr4-ry8Sg8lWZmaetaFbzhn0KwFQhsLP7SZ1IAX9Jsps6CpBlqPgbCPMM_D3esp7BBro--Ldsg7YwVVyuYERRmABqE0tlSZUxOY4i8aKLxG9gykEMjHPwJRUEkvyec-hu3ucbjLGM5cClPEgo9ZIAa_y02KhlKIcMns1sY2y_1q17axYK-9cFo0IGnPrJLd28bmSLlVGaupwnnn1LRcTNN-2RLIS5PvfduQRqBVXM8c8NFnu_UzU_A0nKknkhHkosPBwe5w5a7IdbORg=w420-h560-no

ラーメンがあるのですよ。

実はこの店は中華の名店rengeの跡地。
rengeは銀座に移転しましたが、
いろいろあって、そのスープを使ってるらしいです。

マスタードが乗っただけの
シンプルな一品。


スープは魚がほのかに香る、
すばらしいもの。


びっくりの美味しさ。

麺はそうめん風の極細。


あはー。
こりゃ美味しい、美味しい、美味しい!

タラゴンが供されますが、
これをスプレーすると、
風味が変わりますが、
私はなくてもいいな。


文句なしにスープまで飲み干しました。
大満足だったなー。

この日は@11000円ほど。
マスターと名刺交換し、また絶対に来ることを
約束して店をあとにしました。




posted by ぼぶ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

KENZO ESTATE HIROO@広尾 落ち着いてワインをいただける空間。KENZOのワインはやはりおいしいです。

訪問日時:2016/01/15 20:00

1967を出たあと、一度来てみたかったKENZO EDTATEに来ました。
こんなところにあったのね、
ってくらい気がつかなかった場所。。

知り合いのスタッフさんが、
こちらに転職したので、
再会することも目的でした。


まずはロゼのYUIで乾杯。


ワインによって、
専用のグラスで提供されます。
で、このYUI、実にいいですね。
香りもいいし、どっしりしたボディで
飲み応えもあります。

合わせるのは、


ビーツとゴルゴンゾーラチーズのサラダ バルサミコヴィネグレット

ビーツを千切りにしてあり、生ハムで包んであります。
爽やかな酸味、生ハムの風味が実にすばらしい。
YUIによく合います。



全米でベスト オブ ソーヴィニヨンブランに選ばれたとか。
確かにすごいで、これ!

合わせるアテは、


広島産牡蠣 蕪 せり出汁のナージュ


ぷりぷりの蒸し牡蠣が最高。
一口食べて、その余韻を
ソーヴィニヨンブランで流す。
贅沢です。



ミディアムボディながら、
カベルネ・フランの深みが最大限活かされている感じ。
これ、かなり気に入りました。


サザエとマッシュルームのソテー 濃厚な肝のソース

これが、笑っちゃうほどおいしい。
お皿をなめつくしたい衝動にかられました。

そして、ASUKAとの相性もバッチリ。
双方を引き立てます。



これもすばらしい。
KENZOのフラッグシップのワインだそうで、
全てがパーフェクト。

最後の料理は少し軽めに、


塩茹でタン 葱のコンフィ 山葵の香り

おいしいなー!
葱のコンフィが絶妙の相性。
ワインが進みます。

デザートもいっておきましょう。


軽い甘さの優雅なデザートワイン。
楽しかった宴を締めるにはいいチョイスでした。

これで、7種類のワインのうち。
5種類制覇。
どれも個性的でおいしかったです。

いや、KENZOいいですね。
これで@12000円くらいなので、
それほど気にしないで来られます。

ワインは間違いないので、
料理がおいしいのはポイント高いですよね。




posted by ぼぶ at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

葡萄酒処 SCAD@中目黒 こじんまり落ち着けるワインバーです。

訪問日時:2015/06/22

中目黒でワインバーを探して
私のアンテナに引っかかったお店です。


葡萄酒処SCAD。
さてどんなお店でしょう。。。


階段を上がると、小さいけれど
雰囲気のいい空間が現れます。
カウンターと奥には3〜4人用の個室もあります。

個室空いてるのでどうぞ!

と案内されました。


半個室ですね。
空間は通じています。

ここは山下賢一さんとおっしゃるオーナーソムリエが
1人でやっているようです。

食事は多くはないです。


適当に頼みますか。。

まずは泡でグラス合わせ。


きりっとふわっと、
やさしいBRUTです。

こだわりトマトの2種盛り

このフルートトマトも甘くておいしいですが、


味も香りも
マイクロトマトの存在感がすごいです。

季節の焼き野菜

オクラ、ズッキーニ、パプリカなど。
軽い塩味がいいですね。

グラスワインはいろいろ好みを聞いてくれます。
リースリングを頼みました。


最近リースリングが恋しいです。
香りよく華やか。。

明石ダコのアヒージョ

タコがぷりっぷりですね。


劇的においしいです!

ラクレットチーズ焼き(野菜)

パンにもかけられますが、
今日は野菜にしました。

赤も当然。


ピノにカベルネに
いろいろ飲ませてもらいました。

牛テールの煮込み ポトフ仕立て

これはおいしい!
スープが牛のコンソメという感じ。
ローズマリーもいい仕事です。

最後はチーズを3種類もらいました。


うむー。
いい店ですな〜〜〜〜
山下オーナーがとても感じがいいし、
また是非ふらっと来てみたいです。



posted by ぼぶ at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月12日

ル・コルボオ@田町 ベルギービール、シングルモルト、ワイン、なんでもあり。食事もおいしいバールです。

訪問日時:2014/07/11

ビールでクールダウンしよう、ということに。
近くのこちらへ移動しました。


22時だというのに、店内はすごい賑わいです。
3人席が一つだけあいていました。


いえーい!
楽しいぞー!

左から
リーフマンス フルテッセ、アレクス・レ・ルジュ、エーデルピルス
うまい・・・・・


オリーブとドライトマトのピクルスなどをつまみに。


フライドポテトも。


このポテト、異常においしかったのは覚えてます。

シングルモルトのロック。


カリラをストレートで頼んだら、
蓋がついてきました。


いい感じ。

最後はスタウトで。


今宵はよく飲みました。

この店は食事もおいしいみたいです。
1軒目として来てみたいです。






posted by ぼぶ at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月21日

大衆ビストロ 煮ジル@学芸大学 確かに大衆的ですが、味は本格。あふれスパークリングが面白い。


目黒にある大衆ビストロのジル。
その2号店が学芸大学にできたのはチェック済み。
たまたま学大に行くので、友をこちらに誘導。。。

ジル本店は、安くておいしい料理で有名ですが、
それと共に名を馳せているのがこぼして注ぐスパークリングワイン。
こちら煮ジルにもそれはあります!


白と赤と2種類あります。
これはランブルスコ。
ほのかに甘くて、微発砲。
がぶがぶいっちゃいそうです。
枡で受けるところがミスマッチで面白いですねー。

季節野菜のムース。

今日はパプリカです。
上部にはコンソメジュレがかかっていて、
これは美味!

焼きパテカン。

パテカンをわざわざ焼くなんて手の込んだことを。。。
でも、前から思ってました。
パテドカンパーニュは焼き目を付けたらおいしいだろうに。


断面も美しく、やわらかに仕上げられた
パテカンはとってもおいしいです。
焼いたことでやはり美味しさが引き立ちます!
この料理、いろいろな店でもやればいいのに。

ピノグリージョを頼みました。

さわやかおいしいです。

ホタルイカのアヒージョ、パン付き。

ホタルイカ、そろそろ終わりですね。
今年はいつもより食べた気がします。
これもおいしいです。

赤はピノノワール。

これは次に出る牛肉ほほ肉の赤ワイン煮にあわせるため。


ほろほろ崩れて、
肉感もフレッシュでかなりおいしいです。
赤ワインが当然合いまくり。。。

もひとつお肉。。


厚切り牛タンの柔らか煮。
これもあっさりしておいしかったなー。

ジルグループ。
気に入りました。




大衆ビストロ 煮ジル
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ビストロ | 学芸大学駅祐天寺駅

posted by ぼぶ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月18日

三丁目バール@武蔵小山 築80年の洋館のワインバー。雰囲気最高です。

訪問日時:2013/12/12

焼き鳥でさんざん飲んだあとに
どうしても気になる新しい店に行ってみたくなり行きました。



一見入りづらい店構え・・・・

と書いてありますが、
店の中は見えないし、ドーンとした洋館だし、
確かに入りづらいですw

品川経済新聞によると、
叔母さまが住んでいたいた家で、
空き家になったので、借りたらしいです。

「戦前に質屋を営んでいた祖父が建てた土蔵作造り。照明や窓枠など、
当時のままのクラシカルな雰囲気を生かした」

とのことで、10月のオープン以来ずっと気になっていました。

恐る恐る重厚なドアを開けると、
明るい店内が広がります。

カウンターと奥に2人卓が3つ。

黒板に几帳面な字でワインとフードが
いろいろと書いてあります。



今日はすでに仕上がっているので、
ワインのみ。



アルゼンチンのシャルドネと、
スペインのテンプラ。

多分管理がすばらしいのだと思います。
グラスでもばっちりのおいしさ。

ここは改めて来たいです。
通い詰めたいです。



三丁目バール

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ワインバー | 武蔵小山駅西小山駅不動前駅


posted by ぼぶ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

UNDERGROUND Mr.ZOOGUNZOO@渋谷 お気に入りのオージーワインバー。

訪問日時:2013/02/07

久しぶりにズーガンズーに来ました。
今夜はワインだけでなく、
思い切りオージーとニュージーに染まってしまおうかと。。

ワインはグラスワイン基本でお願いすることに。
だいたいのブドウの種類は用意してるから安心。

5人でいろいろ飲み比べが今日のコンセプト。

まずはシラーズ発泡と軽い白発泡。



やはりシラーズの泡はいいですね〜
食前だけでなく、食中酒としても合うでしょうね。

お通し。



パンにオリーブオイルと、スパイシーソルト。

このスティック状のパンが香ばしくておいしい。



まずはサーモンのカルパッチョ。



全体像を撮り忘れ。。。

スパークリングによく合います。

塩バーニャカウダ。



ソースはアンチョビ未使用。
あっさりしたバーニャカウダになってます。




白はニュージーのリースリングとオーストラリアのシャルドネ。



双方それぞれの特徴通りのおいしさです。
野菜に合います。

ワニの串焼き。



鶏肉に似ています。
鶏肉よりもあっさり。。。

白ワインにちょうどいいですね。

冷たいカルボナーラ。



冷たいので、後味がさっぱりです。
これおいしい。。。

赤ワインに移行です。



シラーズとピノノワール。
やはり私はシラーズが好き。。。

カンガルー料理。



オーストラリアでは人口より多いカンガルー。
肉はみっちりしている感じ。
癖はないです。

グラスワインは卒業し、
シラーズをフルボトルで。



グラスの方が人気がありましたね。
これもおいしいですけどね。

ワニのグリル。



アルミホイルをはずすと、、、



・・・

ガメラのようなワニの手。

肉はまあまあおいしいです。



最後はパスタ。
煮込み風のソースがおいしい。

楽しい夜はあっという間にふけていきました。。



UNDERGROUND Mr.ZOOGUNZOO

UNDERGROUND Mr.ZOOGUNZOO オセアニア料理 / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

-
posted by ぼぶ at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

【閉店】Piquet(ピケ)@武蔵小山 メニューも豊富で気軽なビストロ。

訪問日時:2012/09/29 17:30

武蔵小山駅近くに今年7月28日にオープンしたビストロです。



晶太の串の手前をまがったところですね。

細長い店のカウンターに陣取り、
乾杯はビール(290円!)でもなく、スパークリングでもなく、
発泡日本酒のすず音をチョイス。



日本酒っぽくなく、さわやかな甘みもあり、
洋食系の店でもばっちりだと思います。

メニューはすべて黒板に。



いいね。
テンションあがる。
何にしよーかなー。。。

まず、クスクスのサラダ。



どうも最近、S100の調子が悪いな。
シャッターがすぐに切れない。
ぶれちった。。

クスクスは好きです。
サラダというか、まんまクスクスだけど、
クミンの香りなどもしておいしいですねー。

海老のアヒージョ。



陶器の器ですが、グツグツの状態で来ました。
プリッとした海老とパンの相性抜群。

丸ごとニンニクもほくっといい感じ。

白ワインください!



スペインのベルデホ。
きりっと冷えてさわやか。

トリッパの煮込み。



一切の臭みなく、これおいしい!

白レバーのパテ。



ああ、これいいなあ。。。
パンに塗って、ついでにアヒージョのオイルなんかも
かけたりして。
楽しい!

赤ワインください!



サンジョベーゼ。
重すぎないし、香りがよくてもう、、、

マグロのほほ肉のスパイス焼き。



くにっとした食感のほほ肉。
いろいろなスパイス香がします。
赤に合います!


と、ここまでで次の店へ移動することに。
100円の一口スプーンカレーも気になりましたけどね。。

いや、とてもいい店です。
また来ます!





関連ランキング:ダイニングバー | 武蔵小山駅西小山駅不動前駅


posted by ぼぶ at 16:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

22@銀座 おしゃれなフレンチワインバー。料理もワインもおいしく、そして驚愕の締めとは、、、

訪問日時:2012/02/27 19:00

和食の締めにラーメンを出すお店も多くなってきたけど、
銀座のフレンチ主体のあるワインバーでラーメンを出す、
という噂を聞いたのはずいぶん前のこと。。

んな、バカな。
と思いつつ、そこを知っている友人に連れて行ってもらいました、

場所は数寄屋橋交差点からほど近い、「22
トゥトゥと読みます。
同じく銀座にあるアンテリブルというお店の2号店。

外には「22」とだけ書かれた看板。
知っていればわかりやすいですが、
知らない人は入ってこないでしょうね。

変わったドアノブを引いてお店にると、途端に広い空間と喧噪が現れます。



カウンターの一番端に座りました。
後ろにはワインリストがリアルで並んでます。



これだけでにんまり。
2500円からなんて、安いじゃないですか。
しかもグラスワインは600円!

IMG_0029.JPG

さあ、楽しみになってきました。
まずはヴァンムスーで乾杯。



おお、ドラピエール社のブルット。
さわやかです。

食事はパテドカンパーニュから。



マスタードと粒マスタードが供されます。
パンも2種類きました。

なんときれいなパテ。



マスタードをたっぷり塗って、
パンと共に頬張るとテンションが一気にあがります。
なんとおいしい。。

すぐに白ワインにスイッチです。


ソーヴィニヨン・ブランですが、
かなり若いです。
香りは今ひとつと思いましたが、文句はないです。
引き続きパテに合います。

続いて、季節野菜のグリルアンチョビソース。



いろいろな野菜がグリルされたあとに、
小さなストーブに入って出てきます。

アンチョビソースはバーニャカウダ風ですね。



そのままでも甘くておいしい野菜達ですが、
ソースをつけると、表情が変わります。
かなりおいしいソースです。



ドメーヌ・アザンのアザン・ブラン
ヴィオニエ100%の果実味豊かなワイン。
ちょっと食中には合わないかな。。

自家製ブーダンブラン。



チーズを混ぜたマッシュポテトを敷き詰め乗せてあります。
すばらしくおいしいです。

こりゃ、赤だな、
ってことで、ピノをあけてもらいました。



若いですが、ぐいぐいいっちゃいます。
鴨もも肉のコンフィも頼みました。



あはは、なんすか、これ。
こんなコンフィ初めてです。
極限まで油で煮たのでしょうか。
身がほろほろで、すごい絶妙。
皮をパリッと仕上げてあります。
これは絶品ですね−。



シラーもいっちゃいました。
でもこれも若いです。
ちょと物足りない・・・

なので、メルロもいきました。



これで満足しました。

さて、
締めにお願いしたのは、、、




ラーメンです!!
料理に使う基本のブイヨンを使って作ったそうです。

仕上げにシェフが柚子皮を擦ってくれます。



レンゲがついてこないので、
そのまま器からスープをいただきます。


・・・・・


!!!

ぎょぎょ。
これはうまい。。。
ある意味驚愕の味わい。
ほんとに品のいいコンソメスープみたいです。

麺は細ストレート。



しこっとした麺はシェフ厳選でしょうね。
すっごくスープに合っています。
この麺を選ぶあたり、ただものではないですね。

具は鶏肉少々と白髪ねぎ。



このシンプルさがいいですね。
でも、具がなくても物足りなさはないです。
全てがスープに溶け込んでいる感じです。

すばらしいですねー。
フレンチワインバーで、このようなラーメンがいただけるとは。。

スープは鶏がらと野菜だけだそうです。
それが信じられないほど豊かな香りとコクです。

当然その極上スープは飲み干します。
そうなってしまいます。

おいしかったー。。

と、食後酒もちょこっと楽しみました。



ふー、大満足でした。
そして、お会計を聞いてまたびっくり。
全てグラスワインだったのですが、
これだけ食べて飲んで二人で10000円しませんでした。
よーし、また来るぞ!


なお、ここはワインバーです。
そしてこのラーメンは裏メニューです。
ラーメンだけの注文はできません。
こういうすばらしいメニューを守るために、
行かれる場合はお気をつけください。


-
posted by ぼぶ at 16:50| Comment(2) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

ちバル@千鳥町 街の小さなバルです。重宝してます。

訪問日時:2012/01/18 19:00

自宅近くに、2年前くらいにできたカウンターだけのワインバルです。
ソムリエとして、いろいろな店で働いていた女性の方が独立。
すでに街に溶け込んだ存在となっています。

美味しいフランスワインを吟味して揃えていて、
かなり安く提供してくれます。

今日は夕食にあぶれたので、一人バル。

DSC05912.JPG

ほっと一息。
おいしいシャンパーニュですなあ。。。

自家製ピクルス。

DSC05913.JPG

ごぼう、山芋、大根、人参、玉ねぎ。
酢っぱすぎなくてこれがおいしいのですー。

千葉の鯖と玉ねぎのマリネ。

DSC05914.JPG

寿司屋の鯖もいいけど、これもおいしいです。

DSC05917.JPG

アルザス、いってみましょう。

DSC05915.JPG

マリネ、ピクルスが合いまくり。
アルザスのワインは大好きです。

DSC05916.JPG

食べ物が安いのです。
で、おいしいのです。

レバーと砂肝のコンフィ。

DSC05918.JPG

そろそろ赤ワインですな。

DSC05920.JPG

うん。
うまい。
これはブルゴーニュのピノ・ノワール。
ピノは大好きなぶどうだけど、このピノは素晴らしい!
肝類がとっても合うです。

トリッパと豆のトマト煮。

DSC05921.JPG

赤ワイン、欲します。
続いてボルドーもいきましたさ。

最後は浅草呑呑のソーキソバ。

DSC05922.JPG

あはあ、おいしいですね〜〜〜〜!!
麺がむちっとしていて、
スープは軽い豚骨。

ソーキが異様においしい!

スープまで飲み干し、ごちそうさまでした。

これから通います。


ちバル日記

-
posted by ぼぶ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

ズーガンズー@渋谷 通い詰めているワインバー&レストランです

訪問日時:2010/08/11

私がワインに目覚めたターニングポイントはいくつかありますが、
その一つがオーストラリアで飲んだワインが安くておいしかったこと。

もう15年くらい前のことです。
そのころ日本ではおいしいワインは高いものしかありませんでした。
デイリーで飲むのに相応しいおいしいワインはそれほどなく、
やはりある程度の金額が必要でした。

そんな折、家族で行ったオーストラリア旅行。
酒屋で見つけた日本円600円の白ワインに衝撃を受けました。
世界にはこんなにおいしくて安いのがあるんだな、と思った瞬間でした。

それから日本で、安くておいしいワイン探しが始まりました。
時を同じくしてワインブームが訪れ、どんどんいろいろな國のワインが
入ってくるようになり、それはそれはいい時代になっていきました。


このズーガンズーは私がワインに目覚めるきっかけになったオーストラリアワインが
豊富においてあるお店です。
食事そのものはオーストラリアはちょっと・・・・・なんですが、
ここは大丈夫。
日本人の有能な方々が店を張っています。

DSC03556.JPGこの日は暑かったのでまずはビール。
タスマニア産。








そして、赤のスパークリングワイン。

DSC03559.JPG
DSC03560.JPG

シラーズ主体の重々しいタイプです。
あまり一般的でないですが、とってもおいしいんです。

DSC03561.JPGDSC03562.JPG

こんなのをつまみながら前菜を待ちます。

DSC03563.JPG

前菜盛り合わせ。豪華ですね〜
こういうの大好き。
ワインに最高です。

DSC03564.JPG
DSC03565.JPG

ニュージーランドのマタヒウィというワイナリーのソーヴィニヨンブラン。
評価が高いそうですが、その通りかなり上品な香りで、
きりりと冷えておいしかったなー。
どこか藁の香りを感ずるのがこのブドウの特徴。

DSC03559.JPGDSC03569.JPG

オーストラリアのMitolo jester McLaren Vale Shiraz。
どっしりしたシラーズ。
私の大好きなブドウです。
香りも深く、甘味がなんとも言えない。。

DSC03567.JPG

このサテがおいしかったです。

DSC03568.JPG

王道のペンネアラビアータで締め。

このあと薄暗いバーで飲み、友と語り明かしました。

DSC03570.JPG

次の日は昼までしんでました。。。。



UNDERGROUND Mr.ZOOGUNZOO オセアニア料理 / 渋谷駅表参道駅明治神宮前駅

posted by ぼぶ at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月24日

【閉店】渋谷ワヰン酒場@渋谷 ラベル不良などのワインが格安で!

飲み仲間と行ってきました。
ここはラベル不良などの市場では売ることのできない
ワインを格安で提供してくれるお店。
とは言っても、まずはビールで乾杯して、
壁を見ると、本日のワインがずらり。
DSC00615
赤が10種類、白が9種類、泡が4種類。
1杯300円からあるし、これは全部行くしかないでしょっ、
てことで4人でシェアし合うことに。
まずは泡。
DSC00613

2番のVOURVRAYが一番おいしかったです。
さすがシャンパーニュ。

揚げパスタが自動的についてきます。
DSC00618
結構これ好きです。
その後次から次へとワインが運ばれてきました。

ワインの画はいちいち載せません。
だって、画はみんな同じだし、23種類あるし。。。

唯一遊びで撮った一枚。

DSC00624
食べ物はワインに合うものばかり。
DSC00617
DSC00620
DSC00621
DSC00622
DSC00623
いや、よく飲みました。
これはおいしい、これはイマイチと楽しく語り合い、
しめて合計15000円。
とっても満足の夜でした。

渋谷ワヰン酒場
ぐるなび

posted by ぼぶ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする