2018年01月15日

めし工房 Ren-ya@那須 さすがに黒磯のれんの系列。すばらしいランチになりました。

訪問日時:2018/01/08 11:35

黒磯のれん。
行く度にファン度が増していきます。
今日はその れん の系列になる、
那須街道沿いのめし工房 Ren-yaに来ました。

こちらでは自家製の汲み上げ湯葉や
おそばが楽しめます。
同じく自家製のドレッシングも楽しみの一つ。


私は肉そば膳、嫁はれんや膳をお願いしました。

すべての料理に生湯葉が付きます。


これがおかわり自由。
タレをかけていただくととても美味しいです。
1回だけおかわりしました。
料理を待つ間にとても良いアイデアです。

きました。

きんぴら大根、卵焼き、おからサラダ、サラダが付いてます。

これには 

ラー油で食べる高原そば

という副題が付いています。

そう。
これは港屋@新橋インスパイアと思われます。

そばの上には甘からに味付けされた牛肉と海苔とねぎ。
生玉子も付いています。
ラー油は自分で入れる方式です。

まずはそのままおそばを、
次はラー油を入れて、
次は生玉子を溶いてそばつゆに少しずつ入れながら、

と説明がありましたが、
好きなようにさせてもらいました(^^;

https://lh3.googleusercontent.com/gJFz3bc117K3i34NE4DfGz1VEDZWaPOEU92xx9CWOzE6JTclgDH013vxLQpI34aPUAen3fCykcdvEF7kdMvrP17vIA8FCNQ5FjE7C0mi0Fw4lCILnDZg3cevIenY0M9qs5tnBrut0l700DPk5_rArKtVMKwF7u4DHoREbuwKIvC8SE7JQGlmiFa1Mh4qsPPVHy4KxPTk3PMBT3n6sl3-ybdOxGGoYYGcQo1pwzMxrp_Pr4_WXP1stRt12-EAFp3aqyAQf8LUlxAvAmRPwe0ZYWak_9T2uqzMRS7QiVwxOflUwP830aELrLdmINCOvFG4OeoWiEyZmm5B5T8wZbx29sv0VShHY7DLMycqEBudfkhaRzVlO_VGKnYykxq0V_EeLDLOC0wdWH_mKJWICwoVCjuuFTS1LJ7cg_E8CHtt7LD6BzCpMEouITqBS6kO0A2viat1V2f1UL4TDjZI2JQ7-ANlV9TbdY2LO-GGECy9X8XT0SZpbkTXen2bbw60mvF_8L4U8JQ4fic4BS0Rv6ltbxNElggAYmK_4KJ94S_7spn1ykdiAIv6Q4yn1zoAlGAJTgsHEhjDxU56XZvJw2NRBrx3x_dA1-FgxWJ_HDkV=w420-h560-no

このあとはラー油を入れ、
玉子はここに注がず、そばにからませたりしました。

これ、


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



港屋ほどジャンクではないのですが、
高原のおそば、という括りでおいしくいただけます。
ラー油が邪魔でしたら入れなければ良い話で。。

そうそう、サラダも楽しみの一つ。


我が家御用達のやつが並ぶので、
新鮮味はないのですが、
どれもすごくおいしいのです。
一番右は湯葉のタレです。

嫁のれんや膳です。


ヘルシーでありながら、楽しい膳です。

今度は夜に来てみます。



店情報など
ラベル:ren-ya
posted by ぼぶ at 16:50| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あざぶ一期@麻布十番 上品なおでんが最高です。

訪問日時:2017/12/19 20:00

銀座一期に行ったとき、
再訪問を誓ったはずなのになかなか行く機会がなく・・
そんなこんなしているうちに
あざぶ一期に来ることになったのでした。


銀座より、こちらの方が先にできています。
いつの間にか、ミシュラン☆だそうです。
おでんを含めた懐石のスタイルは一緒です。
今日もコースでよろしくお願いします。


エビス生うまし。

先附 寄せ小鉢

光陰矢のごとし

もう12月だからでしょうか。
ほんとに一年は早い。。。

あん肝、海老芋唐揚げなど普通のものが、
とても繊細です。

早々にお酒に呼ばれました。


刺身

ぶり大根のイメージだそうです。
おろし大根と昆布の佃煮。

刺身

鯵、鯛、いか。
新鮮です。

次はすき焼き鍋だそうです。


きました。


一人用です。
これ、抜群です!


専門店にもひけをとりません。

焼物

甘鯛炭火焼きです。
ふわふわですね。

いよいよおでんです。


一人5種選べます。


ロールキャベツ、つくね。
ああ、やっぱりこのお出汁はすばらしい。


白子。
まったりした白子が
お出汁で生き返るよう。


下仁田つき糸こんにゃく お出汁付き。


すっぽん。
今夜、元気になります!


はまぐり。
大きくて味が濃いです。


一期たまご。
名物らしいです。
半熟の玉子はおでんには珍しいですね。


玉ねぎも普通に合います。

御食事

玉子丼です。
めっちゃおいしい!
出汁茶漬けとの2択でした。

水菓子

クールダウン。

ゆっくりと時間が流れ、
気がつけば3時間を超えてました。

またゆっくりしに来たいです。





ラベル:あざぶ一期
posted by ぼぶ at 16:28| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月22日

自由が丘 間人@自由が丘 黒豚しゃぶしゃぶが絶品!リーズナブルで静かで素敵な店です。

訪問日時:2017/12/14 18:30

先日、自由が丘の間人で
つけ香麺をいただいたとき、
豚しゃぶのあまりの美味しさに
夜に来て黒豚しゃぶしゃぶを食べる!
と個人的に誓ってました。

ってことで。


杯を合わせて
お品書きを見て、


しゃぶしゃぶコースをお願いしました。

先附

薬味京豆腐。
ねぎ、茗荷、かつお節、生姜、などのお薬味。
ポン酢がおいしいです。

串物1

マッシュルームアンチョビ焼き。
これ、うまいす!
香りが最高。

串物2

ささみ彩り焼き。
ささみにご飯用のふりかけをまぶしたんだそうです。
蛋白なささみが旨さ増大です。

焼物

本日はお好み焼き風さつま揚げではなく、
エビパン。
いやいや、これで良かった!
これ素晴らしい!

日本酒にしますかね。


あまり種類がないのですが、
伝心と八海山をいただきました。

そして、鍋タイム。


きれいです。


野菜はねぎとレタス。

つけダレは熱々のそばつゆ。
つけ香麺のものと同様です。


先に野菜から。


頃合いを見て豚肉をしゃぶしゃぶして、


つけダレに野菜と共にくぐらせて、



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


やはり最高!
柔らかで、甘みのある豚肉はホントに美味しいです。
そばつゆでいただくしゃぶしゃぶ。
本場を思い出します(ーー)。。

豚しゃぶは個人的に、
塩胡椒でいただくのが好きなので、


やっちゃいますねー。
ウマウマ。

締めは当然つけ香麺。


そのままでも、
一度しゃぶしゃぶしてあつもり風でも。


これまた



ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!



いやー、いい麺ですね。
しこしこで香りがよくて。。

やっぱり来てみて正解でした。
これから気軽に使いたいと思います。



店情報など
ラベル:間人
posted by ぼぶ at 15:53| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

銀座くどう@銀座 個室でゆっくりと懐石料理。落ち着きます。

訪問日時:2017/12/04 19:00

銀座くどうに行きました。
銀座うち山の流れをくむ、徳うち山。
それが現在改装に伴い移転中で、
銀座くどう になっているようです。
うち山の流れでは銀座志もお気に入りです。
楽しみです。

今日は接待。
でも、写真は撮ります!


素敵なグラスでビールから。


香箱蟹

いきなり香箱蟹ですぜ。
ほぐしてあるので、食べやすいです。
そして蟹味噌のソースが秀逸。
これはうなりました。

海老芋と白子の餡寄せ

あはー。
これめっちゃ好きです!

穴子寿司

穴子は大好きな食材。
寿司屋では最後に必ず頼みます。
これは蒲焼き風なので、香ばしくてすばらしい。

お客様はワインがお好きなので、
カロン・セギュールでも。


椀物

甘鯛と蕪のお吸い物。
器が見事です。

焼物

平目にあん肝のソース。
やばい美味しさです。

お鍋

すっぽんです!


元気になります。

この後、山形牛のステーキが出ました。
写真は忘れましたが、柔らかい極上でした。

食事

うち山名物。
鯛茶漬け。
最初はゴマダレに浮かんだ鯛で
白いご飯をそのままいきますと、、、
なんと美味しい。。。
言葉を失います。。。

炊きたてのご飯もいい感じです。

そして、お出汁をかけます。


これ、マジで美味しい・・・
ずっと食べていられますよ。。。

自家製ふりかけ、鯛そぼろもナイスです。


水菓子

長野パープルというぶどう。
甘くてさわやかな酸味。
クールダウンしますね。


さてさて、すばらしい店ですね。
料理は店主工藤さんがほぼサーブしてくれて、
説明も丁寧にしてくれました。
噂通りの美味しさで、
心から堪能しました。


銀座くどう


ラベル:銀座くどう
posted by ぼぶ at 15:24| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

食彩 きく直@武蔵小山 道場六三郎のDNAはしっかりと受け継がれています。

訪問日時:2017/11/18 18:30

やき鳥まさ吉に行くときにずっと気になっていたお店です。
2015年10月にオープンしたと思ったら、
店先には道場六三郎の文字が!
お弟子さんが武蔵小山に出すとは大歓迎であります。

行く時をねらっていたのですが、
ある日LUXAにチケットが出たので即買いしました。
12960円のコースが7560円。

で、予約しての本日となりました。

店の扉を開けると、白木のカウンターのみ。
店主、菊池直美氏が包丁をふるっています。

前菜

きのこの白和えです。
とろっと美味しいです。

前菜2

帆立のサラダ。
ポテトサラダの中に帆立のほぐし身が詰まってます。
いくらのほのかな塩味も味を後押し。


お造り
https://lh3.googleusercontent.com/7h0uGKabBrlII07oysdM6fPkV06tw12nXJYlOehU4Kqz6p68pGF7X_VaI0H7fIb1y2b5ZPlzlBcbQ74e11mIuRzBuOr8VUyT6OKWlQQfluhKpRjrsIag8yIaTAs9XinEvyS6LSr4tzOqqIPeBKcWLzTv10yEX-MwIbBHR1n0ELpzFDdf--R9VKObyQk8bdJz4hpERk4dSO__m8D9bg0ngew1exNETHu2sOaW7rqk_sCfDESYmiyqgqD5q_xIJNyNd_uegikWILUtTC-pn84wSCk56TkFc11un6Lq-lXSW_v86KwCq3BQxj3PRaTqqaIhHpXp_6oGJcOg-vm3dyzDhSr4RbPTFT5dXN3blmuMUhjRX8dSNTilM8NR14I4AMeVjgNWhGyvW-_T2v1troOYyZ3Tn1d3n-FdP0IK68pnRR72lEzF_8ZgJDlhZNMwUMzozkq56lpxLMX49IVoqTintw_gpanFzvEuvJ0ilrMSLOUUlc1J71czoRVAr9lXb5pGQeuLmb1ky4CkzCQQ_X5orM6FjP4T2WhYJwRd4jUaP1-XqAnVJ4f1HqRB7evS_RH5ZVolcXoty2RrXBFQUww1VDAyGWGj4E6o6oKpbYxcFtM=w560-h420-no

赤ふぐの薄造り。
中皿ですが、一皿を一人でいただけるのはうれしいです。

目の前にはとてもかわいい女将さん。
お酒のお勧めを聞いてみます。


南からいきました。


焼物

ぶりの照り焼き。
甘からのタレが極上。
定番の料理とは言え、さすがの味です。

続いてときしらず。


蒸物

白子の茶碗蒸しです。
お出汁の餡がひいてあります。


うまいわー!

主菜

和風ローストビーフ。
柔らかで香りの良い肉はもちろんですが、
ソースが実に美味しいです。

珍味

あん肝が反則的にうまい・・・
この仕込みはなんか違います。。。

食事

へしこのお茶漬けです。

https://lh3.googleusercontent.com/zQ8pPqw6t8QlrB_dpC-aXixsFiqIftGc491wsr3HtSpRktT3gHz9EATwwTQpwX-VKypR_ZCLitA1ORl1TGgM83HzIr0w1jKnVhxdzhr_yy1luOAwkiNG11i75n6WfcPpz7lUpH0fhB3pshyVRy4j3Af5fhula5paSZ-MSKoC4NPFVeYXrKqvw62mIRRiV7FpnHOrWOo2Xwkb4dA6DDUlKeKvoI9wkHuKJyV3-uEQ1ieAm1khWFMcHNEJCKf9dp3_8BfVl3t5nupA53_izPZcjTYGP21E0hzq86_JTQDJf0aUiGQQ5g4yrGVo_bRrPmsC4wRr3bneqj7X_7ztJPU2lZWO-sNNWj7xmxrnTosmDYJupCTYT5VEi-NsSiTJZcCZA8Gl89ar9bAcmQbwtnH3Q1xhMF-4vbUity7lvYYoNdDutZ8txZGkiJBFCo2HpPnm4-4tMxjky3Dmb5n_1TAiyfVuWaGdwSKOAWcTieGQRzvZbe_pWpul1z3opxm-09F5JuLrpk0CGqPgGPJKYHPkFfrGokyPq2q10NeFDA6mqxzAtQaTnW5s1Km4pw1UM12NCkuK15naJHZ_kvpnzSRomjgbqjFQIIAO4gD5lA1VmwM=w560-h420-no

へしこの塩味が全体を引き立たせてます。
こりゃ絶品!

水菓子

洋梨のコンポート。
ヨーグルトがナイスです。
甘い洋梨ですこと。

以上でごちそうさま。

しっかりと日本料理の伝統を守りつつ、
抜群のバランス感のある料理の数々は
まだまだ可能性を秘めていると感じました。

かわいい女将さんにもお会いしたいし、
またくることにいたしましょう。


食彩 きく直




ラベル:きく直
posted by ぼぶ at 16:06| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

【閉店】キンパイトウキョウ@築地市場 お料理、お酒、感激の連続でした。

訪問日時:2017/10/31 19:00

昨年1月にできたお店ですが、
知り合いが絶賛していて、
絶対に行きたいと思っていました。
仕事仲間を誘い、予約しました。


ともすれば通りすぎてしまいそうなほど
控えめな店構えです。

扉を開けると、異空間。。
静かな空気が肌に合います。


15,000円のおまかせのみですが、
今日はおまかせコース+日本酒ペアリングで予約しています。

最初の一杯から入っています。

まずはいきなり渋い器がきました。

熟成金目鯛の出汁で春菊のすりながしです。

これはすごい・・・
確かに金目鯛がいて、そこに春菊のほろ苦さが
素晴らしくマッチしています。

お酒は料理一品一品に対して先に
供されます。


酒器も選ばせてくれます。


次の料理も蓋が。。


うにごはんです。

ごはんの下にはいくらの裏ごししたもの。
こんな料理は違反です。


今度はぬる燗で きました。

くじら刺し

高級部位と言われる「うねす」です。
独特の歯ごたえと甘さある味わい、
生姜の風味も素敵です。
ぬる燗が実に良い。。。


いやー、お酒のことをよくわかってらっしゃる。
くじら刺しにピッタリです。


たこ刺し

三重の真ダコです。


甘みがあり、美味しいですね〜
バジルソースがすばらしく合いますね。
それにしても経験したことのない食感です。
調理法を聞いてたまげました。


炒めもの

アカザエビの豆鼓ソース 木の芽の香り

この料理も違反です。
プリプリの海老ちゃん、豆鼓の熟した風味、
そこに木の芽ときたらもう・・・
すばらしい、の一言。


揚げもの

ボラのへそフライ。
初めていただきました。
食感が楽しいです。

https://lh3.googleusercontent.com/li0bz95q2q97wFoRdV5d1EceUBGS9vapI3mxtA0FLgTQJSp59fGYchH_1ZWYV5PsxTLx5wTwhG2nOo8B9ihtORVFxuummR8YflY6eQPzL--S7KWGHfB4PHANa3MmQlY2NhyFLs5O8lJ6-MjkQY-zhJfh9_uO4htA_igO9CwxSntLAZqpkokPLDYa_T9jvwzwhtURdan470zaw7iDsSRfuB3BQJSGjO8WlwLAF1wa9vRat0LBLZIGAv2Ea5g9yDhBmDaRoDLnEDApRu53Boybo0vW-k77sq9LBuW3TTRxoxdCyyOc1S2oqvxuSYLJ5CAMz-91Y6WitSfV21_n58i0KzqO_uSGawoPHwheCwoheT5D7ROMszyCprJXSWXBh3jLLprIKADQxcF9ZQhZrZzAc82L_JeN5J0jIKsnYtSBmR7L53AnYFUVW4aXymVh5yiwycN26Ic0tj0cOM7zJcJicmGL5b20H0AQWE7EjLg6o_dm6cAWoIyf4aMuNp6Kn95jNSH8nnqoT78_ym4vxK50chYentD6Kddbw8ExPMjfIHY4DlowtypEvqx6dAkK9ujxtNhBf3Ri10LJRrW15S1OSN79V2H-HB7aZrjd5FclROk=w560-h420-no

お口直し

なんとマッシュポテトのシャーベット。
そのままの風味です。
放射状模様の器がきれいです。


八寸

12時より時計回りに、
生落花生おおまさり、コリンキー酢漬け、
塩うに、ほおずきトマト、鮎うるか2年熟成、
XO醤、ケジャン。

これはなんとテンションあがることでしょう。
楽しくて仕方ない。。。

中でもケジャンがうまいのなんの。



最中

フォアグラの西京漬け、奈良漬が仕込まれてます。
もう気絶寸前です・・


焼きもの

浜名湖の鰻白焼き


鰻好き だけにこれは嬉しいです。

お水を要求すると、


個人的にとても懐かしい水なのです。


貴醸酒です。
締めのお酒にピタリとはまる。

食事

白ごはんに麻婆豆腐です。

なんですか、この本格的なお味。


辛くて痺れて風味よし。
めちゃくちゃ美味しい!!

そしてもう一品。

カレーと麻婆、どちらにしますか、
なんて言われて選べないっす!
両方お願いしまっす。


桃と牛タンのカレーです。
甘くて辛い大好きなやつ。
桃のほのかな風味と甘みがナイス。
楽しいなあ〜〜〜

デザートはなしです。
これもまた私には歓迎。
それよりも濃いお茶でクールダウンしたいところです。


良いお茶です。
茶器も素敵です。


ご主人は大阪で居酒屋の金盃という店をやっていて、
東京で勝負したいと上京。
このスタイルを確立しました。

お酒のチョイスは美人の女将さん。
いちいちうなる選定でした。
やはり西のお酒が多いようです。

そして、こちらの店は1000日限定の開店。
あと2ヶ月ちょいで締めるそうですよ。
次の展開も楽しみですが、
その前に何回も足を運ぶことにしましょう。





店情報など
posted by ぼぶ at 15:21| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

鳥と手打ち蕎麦 とり数寄 東急プラザ銀座店@銀座 焼鳥の締めに日本蕎麦。最高です。

訪問日時:2017/10/09 18:15

映画を見たあとに夕食です。
東急プラザを散策して、ここに決めました。
焼鳥とお蕎麦、いいじゃんってことで。


グランドメニューを見ると迷いに迷いましたが、
いくつかアラカルトで注文をすませ、
まずはビールを。


白富士地ビールです。


おいしいです。

季節野菜の胡麻クリーム

おろしはついてきます。
胡麻ソースがいいですね。

香味料などもわかりやすい。


焼鳥をはずす道具もあります。


おまかせおばんざい5種盛り

楽しい一皿です。

おつまみからすみ蕎麦

少量です。
確かにおつまみになります!
これはおいしい!!!

アズパラ焼き

大きいです。
ふっくらです。

つくね
奥久慈卵の黄身たれ付き

おいしいですね〜

比内地鶏の串焼きは
ねぎま、肝、はつ

これまたおいしい=。

連れのせいろ蕎麦

蕎麦、うまい!
香りが豊かです。

紀州梅鬼おろし蕎麦

冷たいそば。
これも香りがよく、つゆの出汁も重厚で
素敵でした。


季節によってジビエがあったり、
内容が少し変わるようですね。
またゆっくりと飲んでみたい店です。


鳥と手打ち蕎麦 とり数寄


店情報など
ラベル:とり数寄
posted by ぼぶ at 15:00| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

銀座 すが家@東銀座 地下の静かな料理屋は味もホスピタリティも器も最高でした。

訪問日時:2017/10/04 19:00

友人のお誘いで連れて行ってもらいました。


地下への階段を降りて行くと、
静かで凛とした空間が現れました。


店主、菅谷氏は加賀屋で総料理長を務めたお方。
間違いないのは折り紙つきです。

器も100年前の物とか、訳わかりませんでした(^^;

今宵は4人で楽しみます。


明治初期のお盆に乗って先附。


ズワイガニの味噌豆腐 割山椒の器で

少量のズワイガニの存在感がすごかった。。

お酒もいろいろ揃ってます。


酒器は錫。


前菜

昭和初期の器だそうです。
柿半分の上に柿の白和えが乗ってます。
そのまま残りの柿も食べられます。

お椀

渋いお椀です。
輪島塗の最高峰です。

岩手産松茸 海老真丈

素晴らしい香り。

松茸はこいつらだそうです。


八寸

いかにも秋です。

わさび菜漬け

砂糖で揉んでから漬けるそうです。
鮮烈な辛さがいいですね。

お造り

天然ふぐ刺し。


おいしい!!

いか塩辛

抜群ですね。
こういう濃厚なのが好きです。

いちいち器にもうなります。


焼物

のどぐろつけ焼き。


めっちゃおいしい!

さっきから気になっていた、
カウンター端の甕雫をもらいました。


大理石甕雫は初めて見ました。
甕雫極みという高級なやつ!
うまい!


炊合せ

もち米のおまんじゅう、生木耳。

食事

のどぐろと栗のごはん。


贅沢な味です。

最後は水菓子。


柿もぶどうも甘かった〜〜


菅谷さん、ごちそうさまでした。
堪能させていただきました。


すが家





店情報など
ラベル:すが家
posted by ぼぶ at 15:16| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

四季旬菜NAKANO@三軒茶屋 2回目も更に満足しました。

訪問日時:2017/09/13

初回訪問で感動し、早く再訪したかったけど、
いろいろ事情が重なり、今日になった。

日本酒メインにしたいので、
最初は軽く赤星から。


今日もお任せします。

先附

セロリとエリンギのお浸し、胡桃麩の田楽、
薩摩芋レモン煮、タコの柔らか煮、
すっぽんの煮凍り、新銀杏

一つ一つが、驚くほどおいしい。
そして、秋ですねー。

揚げ物

ハモの万願寺射込みと玉蜀黍の天ぷら。
万願寺は大好きな食材だけど、
それに鱧を入れ込むなんて、それは違反的に

旨!

とうもろこしも甘いな〜〜〜


酒いきますか。


あかぶ、うまし!

蒸し物

雲丹と赤茄子のプリン

冷たい茶碗蒸しですかね。
名前で感ずる以上の絶品です。

お造り

戻り鰹のたたき 藁燻製 辛子麹

目の前で藁で炙ります。
ほのかな薫製香が見事。

酒もお任せです。


酔鯨、全部好きです。

お造り2

天然真鯛 かんずり ポン酢 舞茸 オクラ

鯛にかんずりが合いますね!
すばらしい。

揚げ物2

毛蟹とマスカルポーネを詰めた花ズッキーニ パルミジャーノがけ

花ズッキーニの料理はリコッタチーズを詰めたフリットは
よくありますが、毛蟹を詰めるとは・・・
新感覚です。
めちゃうまい!

これ、ワインを呼びました。


お椀

蝦夷鹿のハリハリ仕立て

なんと、蝦夷鹿ですぜ。
これを椀物にする発想がすごいです。
悶絶。。

焼きもの

鰻蒲焼きとモロヘイヤ

シンプルですが、素晴らしい出来。
うなぎ好きとしては満足です。


お酒も進む。

食事

熊本あか牛と松茸の土鍋ご飯

これを混ぜますね。


柔らかくておいしい赤牛。
松茸風味と共にご飯を合わせると
異次元の味わい。


今日もすばらしかった。
時折来たい店になりました。

そういえば助手の櫻木さんが
お辞めになるのが残念です。
お店としても痛手でしょうが、
彼の旅立ちをお祝いします。



ラベル:nakano
posted by ぼぶ at 16:44| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

京橋 もと(酛)@京橋 素晴らしい日本酒バーです!

訪問日時:2017/07/31 19:30

飲み仲間に連れて行ってもらいました。
日本酒の楽しめる居酒屋?バー?で、
以前は新橋にあったそうですが、
京橋に移転して更にすばらしくなったと。。

着いてびっくりしました。


なんと素敵な外観でしょうか。


「京橋もと」
という名前で案内されましたが、
もと は 生酛 の 酛なのですね。
これは期待大です。

中へ入ると薄暗くも素敵な空間。
カウンターに席は予約されていました。
テーブル席もあるようです。


料理が美味しいとのことで、
楽しみです。


アサヒ熟選。
おいし・・・

今日はおまかせ8,000円?

突き出し

桃の酒蒸し 生ハムピュレとマスカルポーネ 
カンパチ握り。


このしょっぱ甘い味付けに感動します。

最初に一貫いただけるのは
お腹のためにもうれしいです。


三人なのでいろいろいきます。


日本酒は小さいめのグラスに(1/5合くらいでしょうか)、
少ない量なのでガンガンいきました。

お造り

鰹のわさび醤油漬けにイシガレイ、コチ、アジ。
生海苔と自家製ゴマ塩でいただきますが、
ゴマ塩が美味しすぎます。


焼きもの

鱧の山椒焼きウニのせ 石川いものマッシュ
マッシュが敷いてあり斬新です。


このラベルはわざとレトロ調にしているんだそうです。


この七田はなかなかないです。

蒸し物

甘鯛と南高梅の茶碗蒸 茗荷餡


茗荷の餡が最高です。


色っぽいラベルがいいですよね。


もずく酢

沖縄もずく。
さっぱりと美味しいです。


いしのまき
と読んでしまいました(^^;
岐阜の百春ですね。
おいしいですね。


鴨のロースト 賀茂茄子 山椒オイルがけ

抜群に美味しい!


なめこといぶりがっこ

まだまだいきます。


秋田の有名な両関のRZ プロトタイプ 純米55 Dry-Evolution

RZは両関のことだそうで、
古いいろいろ酒蔵も大変ですよね。

そろそろ御食事です。


鱧と枝豆の炊き込みご飯。
木の芽の香りが爽やか。



デザート

ほうじ茶のブランマンジェ。


いやはや、楽しかったです。
料理長の腕がすさまじくたちますね。
どれも異次元の美味しさ言っても過言ではないです。

@14000円くらいしましたが、
心から楽しみました。
また来たいですよ。


京橋 酛
ラベル:
posted by ぼぶ at 17:52| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

銀座 波奈@銀座 料理長は変わりましたが、料理は変わらず美味しいです。

訪問日時:2017/07/28 18:00

久しぶりに波奈に行ってみたくなったので、
行きました。

そうしたら、料理長が変わっていて、
少しショックでした。
かなり私と相性が良かっただけに。。。。


何はともあれ、乾杯。

先附

八寸が先に出るようになりましたか。
ちょっと違和感。。。

うざく

もろこし豆腐

毛蟹酢

タコ柔らか、京都しろ菜のお浸し唐墨がけ、いわし梅煮

それぞれきれいだし、美味しいのですが、
先付けは何か自慢の一品であってほしいです。

お椀

金目鯛、冬瓜、椎茸です。
よく脂の乗ったキンメがナイス。

お造り

ツマの切り方は変わらず素敵です。
天草鱧、福岡くえ、すずき。
欲を言えば、鱧は梅がほしかったです。

冷菜

いつもの三宝蒸しが今日は夏バージョン。
冷たく楽しい一皿です。


手前イセエビ黄身包み、蒸しあわび、
賀茂茄子梅風味、うに、ししとう。

この日は熱かったので冷たくていいです。

豆腐の味噌漬けをサービスでくれましした。


お酒進みます。

焼きもの

鮎風干しうるか焼き、飛騨牛ミスジ、煮あなご。
どれも絶品。

御食事

のどぐろの炊き込みご飯。


のどぐろの脂の甘みと香りが充満。
すばらしい〆です。

水菓子

宮崎マンゴー、キウイ、シャインマスカット、桃。

満足して宴を終えました。


公式サイト 銀座 波奈
食べログ 銀座 波奈



ラベル:波奈
posted by ぼぶ at 16:55| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

銀座うち山@銀座1丁目 独特の空気が流れる店内。料理の美味しさを期待させます。

訪問日時:2017/05/08 18:00

仕事の打ち合わせが終わり、
そのまま会食へご招待。


銀座うち山。
一度来たかった名店です。
ここから派生した、銀座志には何度もおじゃましています。

最初は穂紫蘇の汲み出しから
始まりました。
紫蘇の香りが素晴らしいアミューズ、、、でしょうか。

このグラス、好きです。


前菜

焼き胡麻豆腐。
お弟子さんの店でも必ず出るやつです。
本家本元はやはり美味しいです。

お造り

すずき、鱧 梅肉醤油
絶品。うなります。

熱燗もらいました。


若波でした。

お椀

皐月鱒と鴨茄子のお椀です。
すばらしいお出汁です。

冷菜

フルーツトマトのウニのせ。
こりゃやばい食べ物です。
昆布出汁のジュレも旨味の相乗効果です。


アスパラ 鰹の酒盗餡。
これ、すごいです。
発想がすごすぎます。


カニのからすみがけ オクラ餡のせ
なんだか複雑な。。。
味の想像をはるかに超える美味しさです。

焼きもの

甘鯛とよもぎ麩のはさみ焼き。
ただただ、うなります。

煮物

子持ち鮎です。
当然美味しいです。

食事

名物の鯛茶漬けです。
これが楽しみでした。

お出汁も同時に到着。


ゴマダレに浸かった鯛の身を
最初はそのまま。


あとはお出汁をかけます。


お腹が一杯でも
食べたい逸品です。

水菓子

くずきりを黒蜜にて。
好きですねー、これ。

かなり素敵な食事会でした。
また来てみたいです。


銀座うち山
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

【閉店】和処 星里@那須 一日一組のディナーは本格懐石。

訪問日時:2017/01/08 18:00

昨年春にオープンした和処 星里(きらり)。
一度ランチで利用しましたが、
そのふぐ天丼のおいしさに
すぐに再訪問もしています。

こちらは2日前までに予約すれば、
一日一組限定で夕食がいただけます。

あの天ぷらなら間違いない、
と期待して行ってみました。

ランチでは手前のホールがテーブル席で、
奥の個室はお座敷でしたが、
今宵はテーブルが個室にしつらえてあります。


この重厚なテーブル、とっても良いです。

料理はおまかせ4000円のみ。


他にはふぐのコース10000円〜もやるそうです。
オーナー店主さんは赤坂のふぐ料理屋「い津み」で長年勤めたそうな。
那須に住みたくて独立移住をしてきたそうです。

はじまりはじまり。

前菜

湯葉の白和え、くわいゴマ揚げ、鱚飾りあげ、
ゆり根まんじゅう、菜の花、サーモンチーズ。

美しく美味しい。

お造り

赤貝、カンパチ。
山の中ですが、新鮮です。

焼物

カマスの幽庵焼き。
ほくほくの身がたまりません。

日本酒の酒器もきれいです。


煮物

椎茸海老真丈詰め、里芋など
なんと上品なお出汁でしょうか。

揚物

海老巻き揚げ。
やはり揚物の腕は秀逸です。


食事

きのこ雑炊。
優しいお味。

水菓子

すっきり食事を終えられるデザートですね。


さて、やはりこちらはすごい店です。
ランチを経験したなら、
一度はディナーを経験していただきたいです。


和処 星里
店情報など
ラベル:星里
posted by ぼぶ at 08:45| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

salle de Makino@西麻布 古民家一軒家での斬新的な和食は独特の世界観。

2016/11/20 18:00

ちょっとした記念日需要でこちらに来ました。
2013年9月に開店した、salle de Makino。
サル・ドゥ・マキノと読み、「牧野の部屋」という意味だそうな。
オーナーシェフは牧野さん。
「NOBU TOKYO」にいらしたのですね。

1階はカウンター席で、楽しそうですが、
今日は大人数なので、2階のテーブル席をとりました。

民家だったのが良くわかります。
落ち着く空間です。
セットが可愛い。


乾杯のドリンクが付くプランです。


乾杯!

料理が楽しみです。

まずはアミューズから。

デザートです!

とか言ってサーブされました。
茶目っ気ありのスタッフさん。


名物となっている、パフェスタイルのアミューズ。
月替りで11月のパフェです。
レモンアイスが頂上に、ナッツベーコン、ポテサラ、揚げ野菜、ゆりの根など
実に楽しいです。


椀物
松茸と蟹真丈のお吸物

お吸い物ですが、
小さなストーブに入っているので、
ずっと熱々。
いつまでも熱い、松茸の土瓶蒸しのイメージでしょうか。

ハウスワインは種類もいろいろ。
リースリングをもらいましょう。



次は八寸的な位置づけですかね。

・カマンベールの最中山椒のせ
・ミルクで練った蕎麦がき
・自家製イクラ醤油漬け、山芋、おかゆ

どれもうなってしまうほど美味しく、
もうここまでで店のファンになりました。

カマンベールを最中にするなんて、
なんて斬新。


赤ワインにします。


コート・デュ・ローヌです。
和食にちょうどいいです。

お造り
鯖の燻製 クスクス ポテトグリル 揚げ野菜など

いいです。
話も盛り上がります。

肉料理
ローストビーフすき焼き風 エミリアロマーニャのトリュフ添え

器、変わってます。

柔らかいローストビーフをすき焼き風にアレンジした
とのことで、それじゃ卵黄乗っけちゃいましょ。


うまいな〜〜〜〜。
すばらしいな〜〜〜〜〜。
ご飯がほしくなる味つけですぞ。

それにしてもすき焼きにトリュフ。
贅沢です。。。

食事

ご飯でなく、お粥です。


ホタテが入ってます。
海苔、青ねぎが添えられ、
くず餡のお粥になってます。
これがびっくりするほど美味しい!!
ポン酢、もみじおろしも効果的です。

デザートは5種類からいくつでも選べます。


私はピスタチオのアイスクリーム
キャラメルソース。

こんなサプライズを用意してもらいました。


コーヒーもおいし。。。
事あるごとに来たい店になってしまいました。

お店のスタッフの皆様、
ありがとうございました。




店情報など
ラベル:salle de Makino
posted by ぼぶ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

【閉店】和処 星里@那須 那須の新しい和カフェ。ふぐ天丼が名物。

訪問日時:2016/08/03

那須の一軒家がある日突然、看板を掲げました。
和処 星里(KIRARI)。
小さく 「ふく天丼」 と書いてあり、
なんのこっちゃわかりませんでしたが、
お盆休みで那須滞在中に行ってみました。

ひゃー、中はなんと気持ちがいい空間でしょう。
窓の外はせせらぎの音も聞こえ、
すばらしいです。



山口からふぐを空輸しているそうです。
なので、ふく なのですね。
ふく天丼を単品で頼みました。

夜は予約でコースをいただけます。


ランチタイムを過ぎれば、
和のカフェとして使えます。
夜は会席コースもやってくれるのですね。


混んでいたので、出てくるまで1時間かかりました。


うは。
いい色あいですぞ!


ふぐのほかは茄子、ししとう。

裏からも。


ふぐの身がいっぱいです。

ものすごく美味しく、
ガツガツと食べました。
夜も含めてまた来てみたいです。




店情報など
posted by ぼぶ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

なだ万高輪プライム@品川 新たななだ万の味が楽しめます。

訪問日時:2016/07/20

ザ・プリンスさくらタワーに七軒茶屋という
比較的リーズナブルな居酒屋風なレストランがありました。
ザ・プリンスなのに些か安っぽいな、
とは前から思っていましたが、
この度リニューアルし、6月23日に新たになだ万がオープン。
ようやく相応しい空間になったと思います。

今回は大勢で会食です。


通常の和食はテーブル席とカウンター席があります。
ほかには個室も寿司コーナー、バーコーナもあって、
いろいろな用途で楽しめます。

本日はバンケットルームでの開催。

乾杯はシャンパンです。


旬菜。

小松菜 京揚げ 煮浸し
白胡麻豆腐 生雲丹
鱒の燻製小袖すし イクラ

ここでいきなり なだ万の実力を垣間見ました。
全ておいしい・・・

吸物替り。

海老スープ蒸し ビスクあん。

これ最高です!
エビ風味の茶碗蒸しにビスクのソース。
とってもおいしいです。

造り。

本鮪 鯛焼霜 勘八
どれも新鮮。

煮物。

穴子と賀茂茄子揚げ出し 梅あん

うなります。。。
茄子がかなりのおいしさでした。

焼き物。

むつ西京杉板焼


杉の香りが素晴らしいです。

食事。

玉蜀黍炊き込み御飯

甘いとうもろこしが何とも言えないですね。
大好きな料理だけにお代わりしましたよ。

デザート。

季節の果物コワントローゼリー

冷たくて素敵なデザートです。

とても満ち足りた気持ちになりました。
今度使うこともあるでしょう。




posted by ぼぶ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

銀座一期@銀座 上品なおでんも美味しい割烹料理屋です。

訪問日時:2016/02/02

打ち合わせを兼ねて料理屋でお話を。。。

こちらはおでんを含めた懐石料理が味わえる
カウンタ割烹のお店です。
前々から行ってみたのです。

料理は15000円のおまかせのみです。

前菜 お浸し

しはこごみ、菜の花、うるい、京人参、帆立。
どれも洗練された味付け。
やっぱり来て良かったと思いました。

お椀

胡麻豆腐、揚げ蕗の薹 山芋のすりながしです。


はんなりしますよ・・・

「最後におでんが出ますので
先に選んでおいてください。」

とおでんメニューが置かれました。


ふわー、たくさんあるんですね。
ここから五種類だそうです。
迷います〜〜〜

浜防風のかき揚げ

初めて食す食材です。
香りが春っぽくていいですねえ。

握り 雲丹、平目おろしポン酢

おや。これは神戸の紀茂登のお皿と一緒ではないですか!
ガラスが本当にきれいな器ですよね。

で、握りがおいしいのなんのって。

ふぐ 皮、身、白子焼き

皮と身と白子焼きを一度に味わえる
贅沢な一品です。
お酒も進みます。


牛石焼き鍋

グツグツの状態で運ばれます。
すき焼き風の味付けになります。
ふわっと柔らかい牛肉が最高です。


そして、おでんの登場。
一皿一皿出て参ります。

たまご

驚きました。
玉子はなんと半熟!
なんか、感動しちゃいました。

こんにゃく

出汁節が乗せられていて、
なんともいいですねえ。
お出汁がとってもおいしいです。

牛すじ

アキレス腱だそうですが、とろとろです。
すばらしいです。

白子

ひゃー、白子のおでんなんて初めてです。
参りました。

たこ

軽く火を通した状態なのでしょうか。
半生な感じがいいですね。

かき

これは同行のお客様のもの。
撮らせてもらいました。
しかし、ぷっくりと大きいです。

食事

これまた鮮烈に驚きます。
ごはんにとろろ乗せて、おでんだしをかけてくれます。
ごはんの量は選べますが、これは少しでお願いしました。
三口くらいでなくなってしまいますが、
これがもう、、、涙もののおいしさでした。。。

水菓子

甘夏ゼリーとブランマンジェ。

お茶もすばらしい上物です。



いい店ですね〜
また絶対来ます!


-
posted by ぼぶ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

麻布 かどわき@麻布十番 初めてのカウンター席。ライブ感がたまりません。そして、いちいち美味しい料理に唸りっぱなしでした。

訪問日時:2016/01/22 18:00

過日、その凄さは味わいましたが、
改めてカウンター席に行ってきました。


目の前には門脇さん。
やっぱり雰囲気ありますね。
よろしくお願いします。

今夜は業界の重鎮と情報交換。
重々しい話もたくさんしましたが、
料理が出てくるたび、その美味しさに話が
止まってしまうのが面白かったです。

先付け せいこがに、菜の花の酢の物

なんと繊細な味付けでしょう。
のっけから門脇ワールドに引きこまれます。

鯛の白子豆腐 鮑の肝味噌田楽

すっごい料理。。。
表面はカリッと丁寧に焼かれて、
中身は白子のねっとり感。
アワビの肝が全体の味をまとめてます。
うなる。。。

揚げ物盛り合わせ
そら豆、鹿児島タケノコ、牛タン

鹿児島の早稲筍が香ばしいです。
見事な揚げ方です。
牛タンがコンビーフのような風味で美味です。

平目お造り

肝ポン酢と普通のポン酢が用意されます。
生のり、山芋昆布締め、浅葱、みょうがを
適当に巻いていただくのですが、
肝ポン酢がめっちゃ美味しいです。

器がいいですよね。


蕪蒸し

ほんとにきれいな器の連続。


茶碗蒸し

カニ味噌の茶碗蒸しです。
ああ、また食べたい。。

金目鯛しゃぶしゃぶ

しゃぶしゃぶしてくれます。


すだちをしぼって、
塩ごま油でいただきます。
ナイスなアイデアですね〜〜

極上お出汁でもいただきます。


大根がよく煮えてますし、
せりが風味が良いですねえ。
もう春なのか、と感じます。

そろそろお食事です。


例によってトリュフご飯。


お腹は一杯でもこれは食べなくてはいけません。
おいしいおいしい!

デザートはチーズアイス。


ざくろがおいしいです。

今宵もびっくりの連続でした。
ワインはシャトー・プピーユ2010をいだきました。
和食にも合う、大好きなワインの一つです。


店情報など
posted by ぼぶ at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

四季旬菜NAKANO@三軒茶屋 新進気鋭の若手料理人が作る和食の数々にいちいちうなります。

訪問日時:2015/12/02

友達に連れて行ってもらいました。
今年の6月にオープンしたそうです。

三軒茶屋駅から茶沢通りを歩いて、
住宅街に入って行くとありました。


清楚でいい雰囲気ですね。
店内は明るく、清潔感あふれてます。

カウンターに座り、
8000円のおまかせでお願いしました。
若い中野店主さんと話をしながら
食を進めていきます。

まずはサッポロラガーで
杯を合わせてスタート。

前菜盛り合わせ

あん肝揚げ、つぶ貝とか
なかなかに楽しい一皿です。

季節の一品

いくらの醤油漬けおいしいです。
やはりご飯と相性ばっちりですね。

酒は喜久酔から。

蒸し物

生うにと赤茄子の冷製茶碗蒸し
和梨と柚子ジュレ

うなります。
すごい食べ物です。

炊合せ

焼き白子とタケノコの銀餡かけ

白子は焼くか、揚げるか、
軽く火を通した方がおいしいですよね。
これもおいしい!

造り

せいこ蟹の香箱です!
おいしくて感激!!


造り2

マグロの炙り 藁薫製 あけがらし
絶品です。

焼き物

はまぐりの真っ黒炭火焼。
これはカース外で頼んでみました。
このメニュー、五反田のヌキテパで食べたことがあります。
聞いてみたら、参考にしたそうですよ。
はまぐりを一番美味しく食べる方法だと思います。

こちらはワインも豊富に揃ってます。


ピノはいいですね。

揚げ物

牡蠣の天ぷら 梅山葵で

磯辺揚げの風味がいいですねえ。。
梅山葵もやけに合います。


甘鯛のウロコ焼き 煎り酒をかけて

目の前で丁寧に焼いていました。
うろこがパリパリです。
なんとおいしい。


シャラン鴨のすき煮 温泉玉子がけ

甘辛の味が温玉で少しマイルドに。

お食事

鯖の棒寿司

海苔巻きですぜ。


海苔と合います。
これはナイスです!

デザート

忘れました。
おいしかったことは覚えてます。

とっても楽しい店です。
今度、パーティをお願いしようと思います。



_
posted by ぼぶ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

六雁@銀座 ライブ感が楽しい和食の名店。

訪問日時:2015/08/20

以前から行ってみたかったお店です。
カウンターだけのオープンキッチン、
というところに惹かれました。

目の前には秋山シェフ!
すばらしい眺めであります。。


まるでショーの始まりのような
わくわく感です。

実際、和食のショーですけど。

前菜

江戸崎南瓜のスープ。
じゅんさい、キャビア、米粉のせんべい
などが入ってます。


のっけからのけぞるほどおいしいです。


前菜

桃のフライ。
食べてみて ぶっとびました。
桃を揚げる、という発想にびっくりします。

前菜

3つ目の前菜は胡麻豆腐。

サンセールいきましょう。


一口の手巻き

コハダの握りです。
自分で海苔を巻いていただきます。
コハダが海苔と合うのを実感しました。

個性的な穴あきの蓋がされて、
お椀が来ました。


煮物椀

鱧の葛打ち椀。
お出汁のスペシャル感がすごいです。
抜群においしいです。

お造り

星鰈とマグロ赤身。
ポン酢と醤油のムースが添えられます。


赤身がおいしいですねー。

お酒は写楽から。


お造りに秋刀魚が突然追加されました。


これがめっちゃ旨!

焼き物

若鮎の炭火焼き。
クレソンが添えてあるのが驚き。
また、オリーブオイル風味も新鮮で面白いです。

酸味と香り

なんと美しい。。。。


胡麻ソースがかなり合います。

ポン酢のジュレも可愛い形。


肉料理

黒毛和牛のスキヤキ。
シュクリーヌとトマト、温泉玉子の黄身添え。

これ、すごくおいしかった。。
温玉の黄身をからめると至極。。

黒龍も。


お食事

じゃこ五目ご飯。
赤だしも相当おいしいし、
これは満足の締めです。

デザート

六雁名物と言われる
かき氷です。
まずはソースから来ました。


あずき、抹茶、練乳、ほうじ茶、生姜、マンゴー。

そして、本体がきます。


こりゃすごい!!
ふわふわです。

マンゴーおいしかった!


抹茶あずき練乳は王道のおいしさでした。


かき氷はお代わりできます。
私はしませんでしたが。。

最後は求肥餅。


自家製で ドライフルーツ ココナッツミルク入り
だそうです。
求肥は好きですが、こんなのは初めて。


一品一品の料理に興奮しながら、
また秋山シェフとの会話も楽しみつつ、
満足の夕食になりました。




-
店情報など
posted by ぼぶ at 17:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする