2016年12月20日

salle de Makino@西麻布 古民家一軒家での斬新的な和食は独特の世界観。

2016/11/20 18:00

ちょっとした記念日需要でこちらに来ました。
2013年9月に開店した、salle de Makino。
サル・ドゥ・マキノと読み、「牧野の部屋」という意味だそうな。
オーナーシェフは牧野さん。
「NOBU TOKYO」にいらしたのですね。

1階はカウンター席で、楽しそうですが、
今日は大人数なので、2階のテーブル席をとりました。

民家だったのが良くわかります。
落ち着く空間です。
セットが可愛い。


乾杯のドリンクが付くプランです。


乾杯!

料理が楽しみです。

まずはアミューズから。

デザートです!

とか言ってサーブされました。
茶目っ気ありのスタッフさん。


名物となっている、パフェスタイルのアミューズ。
月替りで11月のパフェです。
レモンアイスが頂上に、ナッツベーコン、ポテサラ、揚げ野菜、ゆりの根など
実に楽しいです。


椀物
松茸と蟹真丈のお吸物

お吸い物ですが、
小さなストーブに入っているので、
ずっと熱々。
いつまでも熱い、松茸の土瓶蒸しのイメージでしょうか。

ハウスワインは種類もいろいろ。
リースリングをもらいましょう。



次は八寸的な位置づけですかね。

・カマンベールの最中山椒のせ
・ミルクで練った蕎麦がき
・自家製イクラ醤油漬け、山芋、おかゆ

どれもうなってしまうほど美味しく、
もうここまでで店のファンになりました。

カマンベールを最中にするなんて、
なんて斬新。


赤ワインにします。


コート・デュ・ローヌです。
和食にちょうどいいです。

お造り
鯖の燻製 クスクス ポテトグリル 揚げ野菜など

いいです。
話も盛り上がります。

肉料理
ローストビーフすき焼き風 エミリアロマーニャのトリュフ添え

器、変わってます。

柔らかいローストビーフをすき焼き風にアレンジした
とのことで、それじゃ卵黄乗っけちゃいましょ。


うまいな〜〜〜〜。
すばらしいな〜〜〜〜〜。
ご飯がほしくなる味つけですぞ。

それにしてもすき焼きにトリュフ。
贅沢です。。。

食事

ご飯でなく、お粥です。


ホタテが入ってます。
海苔、青ねぎが添えられ、
くず餡のお粥になってます。
これがびっくりするほど美味しい!!
ポン酢、もみじおろしも効果的です。

デザートは5種類からいくつでも選べます。


私はピスタチオのアイスクリーム
キャラメルソース。

こんなサプライズを用意してもらいました。


コーヒーもおいし。。。
事あるごとに来たい店になってしまいました。

お店のスタッフの皆様、
ありがとうございました。




店情報など
タグ:salle de Makino
posted by ぼぶ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

和処 星里@那須 那須の新しい和カフェ。ふぐ天丼が名物。

訪問日時:2016/08/03

那須の一軒家がある日突然、看板を掲げました。
和処 星里(KIRARI)。
小さく ふく天丼 と書いてあり、
なんのこっちゃわかりませんでしたが、
お盆休みで那須滞在中に行ってみました。

ひゃー、中はなんと気持ちがいい空間でしょう。
窓の外はせせらぎの音も聞こえ、
すばらしいです。



山口からふぐを空輸しているそうです。
なので、ふく なのですね。
ふく天丼を単品で頼みました。

夜は予約でコースをいただけます。


ランチタイムを過ぎれば、
和のカフェとして使えます。


混んでいたので、出てくるまで1時間かかりました。


うは。
いい色あいですぞ!


ふぐのほかは茄子、ししとう。

裏からも。


ふぐの身がいっぱいです。

ものすごく美味しく、
ガツガツと食べました。
夜も含めてまた来てみたいです。




posted by ぼぶ at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

なだ万高輪プライム@品川 新たななだ万の味が楽しめます。

訪問日時:2016/07/20

ザ・プリンスさくらタワーに七軒茶屋という
比較的リーズナブルな居酒屋風なレストランがありました。
ザ・プリンスなのに些か安っぽいな、
とは前から思っていましたが、
この度リニューアルし、6月23日に新たになだ万がオープン。
ようやく相応しい空間になったと思います。

今回は大勢で会食です。


通常の和食はテーブル席とカウンター席があります。
ほかには個室も寿司コーナー、バーコーナもあって、
いろいろな用途で楽しめます。

本日はバンケットルームでの開催。

乾杯はシャンパンです。


旬菜。

小松菜 京揚げ 煮浸し
白胡麻豆腐 生雲丹
鱒の燻製小袖すし イクラ

ここでいきなり なだ万の実力を垣間見ました。
全ておいしい・・・

吸物替り。

海老スープ蒸し ビスクあん。

これ最高です!
エビ風味の茶碗蒸しにビスクのソース。
とってもおいしいです。

造り。

本鮪 鯛焼霜 勘八
どれも新鮮。

煮物。

穴子と賀茂茄子揚げ出し 梅あん

うなります。。。
茄子がかなりのおいしさでした。

焼き物。

むつ西京杉板焼


杉の香りが素晴らしいです。

食事。

玉蜀黍炊き込み御飯

甘いとうもろこしが何とも言えないですね。
大好きな料理だけにお代わりしましたよ。

デザート。

季節の果物コワントローゼリー

冷たくて素敵なデザートです。

とても満ち足りた気持ちになりました。
今度使うこともあるでしょう。




posted by ぼぶ at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月25日

銀座一期@銀座 上品なおでんも美味しい割烹料理屋です。

訪問日時:2016/02/02

打ち合わせを兼ねて料理屋でお話を。。。

こちらはおでんを含めた懐石料理が味わえる
カウンタ割烹のお店です。
前々から行ってみたのです。

料理は15000円のおまかせのみです。

前菜 お浸し

しはこごみ、菜の花、うるい、京人参、帆立。
どれも洗練された味付け。
やっぱり来て良かったと思いました。

お椀

胡麻豆腐、揚げ蕗の薹 山芋のすりながしです。


はんなりしますよ・・・

「最後におでんが出ますので
先に選んでおいてください。」

とおでんメニューが置かれました。


ふわー、たくさんあるんですね。
ここから五種類だそうです。
迷います〜〜〜

浜防風のかき揚げ

初めて食す食材です。
香りが春っぽくていいですねえ。

握り 雲丹、平目おろしポン酢

おや。これは神戸の紀茂登のお皿と一緒ではないですか!
ガラスが本当にきれいな器ですよね。

で、握りがおいしいのなんのって。

ふぐ 皮、身、白子焼き

皮と身と白子焼きを一度に味わえる
贅沢な一品です。
お酒も進みます。


牛石焼き鍋

グツグツの状態で運ばれます。
すき焼き風の味付けになります。
ふわっと柔らかい牛肉が最高です。


そして、おでんの登場。
一皿一皿出て参ります。

たまご

驚きました。
玉子はなんと半熟!
なんか、感動しちゃいました。

こんにゃく

出汁節が乗せられていて、
なんともいいですねえ。
お出汁がとってもおいしいです。

牛すじ

アキレス腱だそうですが、とろとろです。
すばらしいです。

白子

ひゃー、白子のおでんなんて初めてです。
参りました。

たこ

軽く火を通した状態なのでしょうか。
半生な感じがいいですね。

かき

これは同行のお客様のもの。
撮らせてもらいました。
しかし、ぷっくりと大きいです。

食事

これまた鮮烈に驚きます。
ごはんにとろろ乗せて、おでんだしをかけてくれます。
ごはんの量は選べますが、これは少しでお願いしました。
三口くらいでなくなってしまいますが、
これがもう、、、涙もののおいしさでした。。。

水菓子

甘夏ゼリーとブランマンジェ。

お茶もすばらしい上物です。



いい店ですね〜
また絶対来ます!


-
posted by ぼぶ at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

四季旬菜NAKANO@三軒茶屋 新進気鋭の若手料理人が作る和食の数々にいちいちうなります。

訪問日時:2015/12/02

友達に連れて行ってもらいました。
今年の6月にオープンしたそうです。

三軒茶屋駅から茶沢通りを歩いて、
住宅街に入って行くとありました。


清楚でいい雰囲気ですね。
店内は明るく、清潔感あふれてます。

カウンターに座り、
8000円のおまかせでお願いしました。
若い中野店主さんと話をしながら
食を進めていきます。

まずはサッポロラガーで
杯を合わせてスタート。

前菜盛り合わせ

あん肝揚げ、つぶ貝とか
なかなかに楽しい一皿です。

季節の一品

いくらの醤油漬けおいしいです。
やはりご飯と相性ばっちりですね。

酒は喜久酔から。

蒸し物

生うにと赤茄子の冷製茶碗蒸し
和梨と柚子ジュレ

うなります。
すごい食べ物です。

炊合せ

焼き白子とタケノコの銀餡かけ

白子は焼くか、揚げるか、
軽く火を通した方がおいしいですよね。
これもおいしい!

造り

せいこ蟹の香箱です!
おいしくて感激!!


造り2

マグロの炙り 藁薫製 あけがらし
絶品です。

焼き物

はまぐりの真っ黒炭火焼。
これはカース外で頼んでみました。
このメニュー、五反田のヌキテパで食べたことがあります。
聞いてみたら、参考にしたそうですよ。
はまぐりを一番美味しく食べる方法だと思います。

こちらはワインも豊富に揃ってます。


ピノはいいですね。

揚げ物

牡蠣の天ぷら 梅山葵で

磯辺揚げの風味がいいですねえ。。
梅山葵もやけに合います。


甘鯛のウロコ焼き 煎り酒をかけて

目の前で丁寧に焼いていました。
うろこがパリパリです。
なんとおいしい。


シャラン鴨のすき煮 温泉玉子がけ

甘辛の味が温玉で少しマイルドに。

お食事

鯖の棒寿司

海苔巻きですぜ。


海苔と合います。
これはナイスです!

デザート

忘れました。
おいしかったことは覚えてます。

とっても楽しい店です。
今度、パーティをお願いしようと思います。



_
posted by ぼぶ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

寿海@富士吉田 河口湖に来たら、すき焼きとお寿司。

訪問日時:2015/07/12

河口湖にて仲間とのお泊りゴルフ。
夕食は御用達の寿海へお連れしました。

元はお寿司屋さんだったのですが、
息子夫婦がいろいろ勉強して戻ってきて、
肉料理と寿司の店になりました。

なおかつ、お嫁さんがソムリエ&利き酒師で、
かなりいい具合に発展をとげた飲食店だと思います。
2011年4月にはNYに支店をオープンしました。

すばらいしことだと思いますが、
個人的に残念なのは、ワインとお酒を一番わかっていた
息子さん夫婦はそちらにいってしまったこと。。。


明日の健闘を祈って!

今日もお決まりのすき焼きコースです。
ちょっと値上げして4500円。
これでも安すぎだと思います。

前菜盛り合わせ

鶏クリーム煮、鴨、姫サザエ、蟹じゅんさい、川海老卵焼き、ブルスケッタ。
どれもおいしくて楽しいです。

写楽、いきましょう。


ピューターの器でいただきます。


スープ

冷たいコーンスープです。
採れたてのコーンかな?
甘くておいしい。

刺し身

白身中心です。
新鮮!

生ハムサラダ

魚料理

銀だら粕漬けです。

お酒おかわり!


そして、すき焼きタイム。


これがおいしいんですよー。
全部作ってくれます。

昔は生玉子入れない派でしたが、
今では必須。


今日は女将さんが作ってくれました。


うまい!

自分たちで作ると、
遠慮の塊が残りますが、
作って、よそってもらうと、あっという間に
なくなりました。

そして、寿司

まぐろ、イカ、鯵、穴子。
前よりおいしいと思いました。
仕入れを変えたのかな?

デザート

クレームブリュレが
すこぶるおいしいです。

またきます。
今度はしゃぶしゃぶにしようかな。。


posted by ぼぶ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

銀座 志@銀座 やはりこの店いいです。私の感性に合います。

訪問日時:2015/05/15

とっても気に入ったのでもう一度来たいと思っていました。


ビアグラスがかっこいいんだ。。

先付け

魚そうめん じゅんさい うに
冷たいお出しに浸っています。
スターターとして最高。
今日は暑かったのでなおさらです。

前菜

焼き胡麻豆腐。
絶品の名物。

向付

まこがれい うに、クレソン、みょうが

まこがれいの食感がいいですねー。
また、マスカルポーネポン酢が最高に合います。


これは真似できますね。
白身の魚なら合いそうですよ。

お酒はしらたき どから から。


おちょこがきれいですね。

チェイサーに赤ワインも(^^;


だって、どちらにも合わせてみたい
料理が続くので。。。


御椀

すっぽんの茶碗蒸し!

すっぽんがみじん切りできれいです。
料理長は

「まんまだと美しくないでしょ」

と仰ります。
なるほど。。


抜群においしいです。

焼き物

甘鯛です。
皮には油をかけて、うろこがパリパリ。

また、炙り酢漬けのセロリがいいですね。


凌ぎ

毛蟹の一皿。
ホワイトアスパラ、土佐酢ジュレ、生クリームと
和洋折衷の味わいが合うんですよね。

魚料理

稚鮎の唐揚げ。
季節ですねー。
ほろ苦さも適度で稚鮎は好きです。

食べ終わって気がつきました。


このお皿ほしい・・・・・

小鍋

うほ。
ぐつぐつで曇ります。


牛、トマト、茄子がお出汁で
煮てあります。
絶妙の組み合わせです。

お食事

え。
今日はご飯?
ラーメンじゃないのか〜〜〜

いや、いいんです。
炊き込みご飯大好きですから。

タケノコとホタテのご飯です。


おいしいです。
香の物も抜かりなし。
赤だしも最高。

甘味

メロンシャーベット、すいか、グレープフルーツのブランデー漬け。
さっぱりとリセット。

今日も幸せな時間をありがとうございました。


posted by ぼぶ at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月30日

麻布 かどわき@麻布十番 ミシュラン☆☆はすごかった・・・

訪問日時:2015/04/13

接待をお手伝いしてきました(謎)
さすがにミシュラン2つ星でした。


ちょっと狭い個室でした。
落ち着きはしますが、
5人だと、配膳が大変です。
奥の方に配膳するときは客が手伝います。。。


カンピャイ><

きれいな器から登場です。


桜海老の飯蒸し

桜海老だけに桜の葉の香りを付けるとは。。
すばらしいセンスで、
ちょこっとの飯蒸しでお腹が落ち着きます。

煮物

イイダコ、たけのこ、山椒、わらび
すごいです。

お酒は大七の古酒です。


これ、ぶっとぶほどおいしかった!
後日ネット購入しました。

揚げ物

朝鮮人参、鮎の天ぷら。
クミン塩でいただきます。


朝鮮人参で元気になります。

ワインも行きましょう。


KENZOエステートのあさつゆ。
これ、おいしいですよねー。

お造り

ひらめ 白菜とねぎを巻いて あん肝ソースで

お造りも普通の姿形ではないです。


あん肝ソースがバカ旨!!!


これ、いつまでも食べていたい感じです。
このソースは最後まで取っておいて、
箸先でちょこっとずつ楽しみました。

焼き物

琵琶湖の鱒 あゆのうるかを添えて

笑っちゃいます。
すごくおいしくて言葉を失います。

蒸し物

あさりとフォアグラの茶碗蒸し トリュフ


いました、トリュフ。
フォアグラとトリュフの茶碗蒸し、、、なんと贅沢な。
そしてあさりの食感がすばらしいアクセントです。

赤ワインだっていっちゃいます。


メインは金目鯛の花山椒しゃぶしゃぶ


こんなに花山椒使っていいんですか!
いいんです!


仲居さんがしゃぶしゃぶしてくれます。


ああ、夢のような
香りとビジュアル。


意を決して



ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!


花山椒、最高。
金目鯛も脂がのって、最高!

余った花山椒は私にください。

写真

へへ。

お野菜と湯葉もおいしいです。
いいお出汁です。


最後は土鍋炊きのご飯がきましたが。
うやうやしく店主が現れて、
これでもかとトリュフを削ってくれます。


ひゃー、こんなにですか!

お食事

トリュフごはん。

早くよそってください!


ほ。
なんとおいしい。
なんと贅沢な。。。

香の物も多種。


水菓子

キウイ、イチゴ、トリュフの蜂蜜漬け リコッタソースで。
甘くて香りが豊潤で、もう。

花山椒とトリュフにやられた夜でした。

すばらしい時間を味わいました。
そうそう来られる店ではないですが、
是非また来たいものです。




posted by ぼぶ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

紀茂登@元町 ミシュラン★★はすごかった・・・

訪問日時:2015/03/26 

おこがれの紀茂登に行ってきました。
一応一見はお断りなのですが、
カード会社に取ってもらえば予約可能とのことで、
MUFGにお願いしました。


落ち着いた外観です。
しずしずと扉をあけると、素敵な空間が広がります。

カウンター6席のみ。
料理はおまかせのみ。


写真は音の出ないデジカメならOKとのことでした。
以前、携帯でカシャカシャやっていた客が
常連ともめたことがあったそうです。
確かにこちらのような静かな店内ではうるさいですよね。

心落ち着けて乾杯。


こちらはワインの品揃えが豊富です。
まずはシャンパンを勧められたので素直に。

先付け

ホタテとトマトの酢の物

ディルの香りがさわやかで、料理名以上の驚きがあります。


そして、ガラスの器の見事さに息をのみます。
何でも器だけで、マンションの一部屋を借りているとか。。

すぐにお酒にスイッチです。


篠峯の純米大吟醸。
大変おいしいです。

前菜

器、すばらしいです。


鮑と鮑の肝のリゾット

鮑のなんとおいしいことか。。
ふっくらと火を通してあります。
そして、リゾットが笑っちゃうくらい美味。
塩は一切使っていないそうです。

お椀

きちんと霧吹きしています。


筍と蕗

ぶ厚い蛤の出汁が味わえます。
これも塩は使っていないそうです。
ラーメンゼロを連想しますね。

お造り

明石の鯛 赤貝 わさび菜

左は鯛のこ醤油、右は藻塩。


上品な器の上でいきいきとしてるように見えます。
鯛のこを溶いた醤油が面白いです。

焼き物

まながつおの燻製

藁で炙って、あとは煙で長時間いぶしていました。
これは一口食べて、びっくりするほどのおいしさでした。

燻製塩も見事。


おしのぎ

のれそれをお出汁でいただきます。
穂紫蘇がいいアクセント。

赤ワインをもらいましょう。


蒸し物

フォアグラと季節の野菜スープ

椎茸入り餡がかかってます。


トリュフオイルも使って香り豊か。

蒸し物

野菜がおいしいです。

先ほどの篠峯をワイングラスでもらいました。


うん、この方が香りが生きます。

練り物

卵と魚のすり身をクリーム状にしてあります。
甘くてカスタードみたいでした。

揚げ物

おこぜ なまこの卵巣の塩漬け揚げ

おこぜの唐揚げは想像通りにおいしかったですが、
驚いたのがなまこの卵巣、いわゆるくちこの唐揚げ。

なまこは100匹以上使っているそうで、衝撃的なおいしさ!
いや、まいった。。。


芝エビ スナップえんどうのジュレ

見た目もきれいながら、
すごい料理です。

この海老の頭は揚げて出してくれました。


さくっとおいしいですねー。

煮物

またまた見事な器。

甘鯛 菜の花餡

ぐじがおいしいです。
菜の花で春を感じます。

肉料理

山形牛シャトーブリアン 炭火炙り焼き

味噌ソースでいただきますが、
生胡椒の塩漬けと共にほおばると
すばらしい香りが広がります。


ふきのとうの素揚げもいい脇役です。


ごはんも出されました。


お肉がいいおかずです。
味噌ソースがまたごはんに合います。
もう最高です!

お漬け物もおいしい。


もうかなりおなか一杯ですが、

「雑炊食べます?」

と言われつい。。


白魚と卵の雑炊です。
とってもおいしくて、ぺろりと入ってしまいました。

塩昆布も上質。


ほうじ茶で一息ついていると、


きれいな磁器のカップが出てきた・・・


マンゴー、パイナップルなど7種のジュースだそうです。


口直しだそうですが、
いちいちすごいです。

デザート

ああ、デザートがありましたね。
ブランマンジェ メイプルソース

相方はイチゴソース。


ブランマンジェのおいしさが際立ちます。
甲乙付けがたい・・

お抹茶をたててくれました。



今度こそ終わりだろうと
ほっとしていると、


「あずきとチーズを揚げました」

ひえー、まだ出るのか!
しかし、これ甘くておいしいねえ。。。

これもどうぞ


塩金平糖ですって。
もう勘弁してください。
おいしいのはわかりました〜〜(^^;

はちきれんばかりです
と言ったら

「お腹いっぱいでお帰りになってほしいんです。
このあと、締めに何かを食べに行かれるのが嫌で・・・」

と木本さんはいたずらっぽく笑います。
確かにそれは気分悪いですよね。

そして、会計をすませると帰り際にお土産までくれました。
牛肉はいいところしか料理に使わないので、
端の方を使って作ったカレーです。
ほぼ全てのお客さまに差し上げているようです。
(後日いただきましたが、めちゃくちゃおいしかったです)

本当に大満足の夜でした。
是非また来たいです。


店情報など
posted by ぼぶ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月28日

銀座 志@銀座 創作和食とは言え,決して王道の域を超えない料理の数々。久しぶりにうなりました。

訪問日時:2015/02/27 18:00

食べログをチェックしていて、見つけました。
うち山出身ともあればおいしいに違いない、と思い、
行ってきました。

店の中は長いカウンター席が圧倒的な存在感。
テーブル席も個室もいくつかあるので、
いろいろな用途で使えますね。

今日は一休で予約していきました。


大将の目の前の特等席だ。
まずはプレモル生樽で乾杯。


陶器のカップがきれい。
小さいグラスもきれい。


先附

ほたるいか、酢味噌、土佐酢のジュレ、うるい。

すべてが一体となって、
すばらしい味わい。
これでもうこの店の力がわかりました。

すぐに日本酒を欲しました。


作 恵の智。
先日も飲んで大変気に入った酒です。
富士山型のお猪口がかわいいです。

前菜

焼き胡麻豆腐。
うち山から伝わる人気の一品。
確かにふわっとおいしく、
胡麻の香りがすごい。。


ごまのソースがいいですねー。
お箸の先でずっとなめていたいです。

向付

炙り金目鯛、芽葱、わさび菜。

旬の金目鯛がおいしいのなんの!
すっきりしたポン酢がまたいい感じです。
芽葱もわさび菜もよく合います。

御椀

きれいな形のお椀。
蓋をあけると、ふわーっと白菜の香り。


白菜のポタージュでした。
白菜を最もおいしく味わう方法の一つではないか。。

焼き物

合鴨、焼き野菜(キャベツ、庄内浅葱)。
最後に凍らせて固めたフォアグラのテリーヌを
削ってふりかけます。

大将曰く、合鴨にフォアグラをかけると、
真鴨の味わいになると。。

えー、まじでs

ほんとだ!

うまい・・・
キャベツも浅葱も相性バッチリ。

凌ぎ

焼き鯖のばってら。

しゃりと鯖の間には
にんにく味噌が塗ってあります。
これがアクセントになり、めちゃくちゃおいしい!

魚料理

あいなめの唐揚げ、ふきのとう、タケノコ。

全部おいしいけど、
鹿児島のタケノコが特に香りがよくておいしかったです。

蒸し物

ここは器がすごいね。
気品がある焼き物が続き、
それだけでもうっとりします。


さわらの蕪蒸し。

上品なおいしさ。
さわらももちろんおいしいけど、


ジャンボ椎茸が特にすばらしい。


肉厚で香りが良くて、もう。。。
この料理もすごい。。

全部

ウ(◎◎)マ〜〜〜!!!

お食事

なんとラーメンです!


と驚いたふりは嘘。
もちろん知ってました。
これが目当ての一つでもありました。



白バイ貝でスープをとったそうです。
コクの深い旨みと
恐らくは白醤油の味付けが見事。

麺もしこしこでこだわってます。


とってもナイスな〆です。
あっという間になくなりました。


甘味

ゆり根のプリン、チーズケーキ。

意外なものがでてきましたが、
やはり和食です。
ゆり根のプリン、忘れられません。


湯呑もすてきです。


かなり満足しました。
また来たいと思います。




店情報など
posted by ぼぶ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月30日

ナチュラ マーケット@武蔵小杉 イタリアンに和食、寿司、バー、ビアガーデン。ナチュラの新たな展開です。

その新たな店(4号店?)が5月28日にオープンしました。
場所は武蔵小杉駅北口の東横線の高架下。
北口右手の横断歩道を渡るとすぐに
入り口が見える。

ここは寿司コーナーの入り口。


向こうへ回り込むと、
派手な壁。


入り口は二つあるけど、
全て向かって左側のこちらでコントロールしているようです。


ここで5つのコーナーのどこが希望か聞かれます。
今日は和食にしてみました。

18時の時点ですぐに入れました。
またこちらでは席のみの予約もできるそうです。

和食コーナーでは炭火が迎えてくれて、
今日のお勧めの魚を見せてくれます。

座ってまずはビール。


イタリアンのコーナーでは
たくさんのビールが選べますが、
こちらでは生はスーパードライのみ。


日本酒は山形の磐城寿がたくさんあって、
その他にもいいものがあるぞ。

お通しは穴子?の煮こごり。


ほやー、、、、
おいしいですね〜〜〜〜。
いい出汁ですぞ。

お品書きはこんな感じ。


まずはお造り盛り合わせ。


日によって昆布締め3種が違うようです。
今日はカンパチ、サーモン、平目でした。
これは面白いですね。
だいたい昆布〆って1種類ですからね。
それぞれおいしかったです。

刺身はまぐろ、鯛、水蛸、いくら。
新鮮でいい感じです。

日本酒は磐城寿の浜の福興酒を選びました。
1合580円と一番安いですが、
テーブル担当の男子がイチオシしてくれたので。


とってもおいしくて気に入りました。

穴子の天ぷら盛り合わせ。


さっくり揚がっていて、
ほくほくの穴子。
最高です。
他には野菜の天ぷらも豊富。

かますの焼き物。


本日のお勧め焼き魚からこいつを選びました。
柔らかい身がなんともおいしい。

鮪のホルモン煮込み。


八丁味噌味です。
まぐろのホルモンもおいしいもんですね。

豆富。


締め代わりに頼みました。
温かいです。
作りたてです。
何もつけなくてもおいしいです。

これでフィニッシュ。

いや、さすがはナチュラ。
やることが普通と違います。
今度は別のコーナーに行きますが、
そのうち全部制覇することでしょう!



-
NATURA MARKET
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:イタリアン | 武蔵小杉駅新丸子駅向河原駅

posted by ぼぶ at 14:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月08日

銀座 波奈@銀座 全ての空気感が私の琴線に触れます。お気に入りの和食。

訪問日時:2012/12/26 18:30

暮れも迫った昨年末、
接待で利用させてもらいました。

少しなじみになってきたので、
仕事用には使い勝手がとても良いお店です。



杯を交わして懇親とお仕事のスタート。

先付け


ほたて、牡蠣、あまーい空豆。
牡蠣は何度もゆがいて、タレに漬けたもの。
これ抜群においしいですね。




波奈名物の「三宝蒸し」です。
いわゆる茶碗蒸しですが、
中にはなんと、アワビ、鯛、伊勢エビが入っています。



そして、一番上層には青のりの餡。
贅沢なお椀ですね〜〜

お造り


ひらすずき、カワハギ・・・
カワハギの胆が激うまでした。

酒肴八寸


私はこの八寸という膳がとっても楽しみなのです。
色とりどりで何ともわくわくします。

2時間以上ことこと炊いたタコ、揚げ海老芋、あん肝、干し柿チーズ
海老に干していないカラスミをかけたもの
せいこがにすだちジュレ添え

お酒が進んでしまうのは道理。。

焼き物


千葉の黒毛和牛、氷見の鰤の塩焼き。
添えてあるのは、へしこを使ったバーニャカウダ風ソースですって。
これはすごい。。
鰤の風味をひきたてますね。
柚子のジュレもすばらしいアイデア。

食事


大間産本マグロの赤身と長崎産クエの握り。
なんと幸せなんでしょう。
日本人で本当によかった。。。

止め椀


焼き白子入り蕪のすり流し。
すっきり食事を終えることができます。
実に芳醇なお出汁に焼き白子が抜群に合います。

水菓子


店長さんが並んで買ってきた堂島ロールに
いちご、オレンジ、洋梨が乗せられています。
もうお腹いっぱいでしたが、
堂島ロールのおいしさについつい完食してしまいました。


今日も大満足でした。


公式サイト 銀座 波奈
食べログ 銀座 波奈


-
posted by ぼぶ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月15日

和心 すだち@雪谷大塚 小さな和食の実力店。素材へのこだわりがすばらしい。

訪問日時:2012/08/04 19:00

今年、4月3日にオープンした和食のお店です。
よく前を通るのですが、その店構えのきれいが気になっていました。
店主さんのブログも探し当てましたが、
それによると、素材のこだわり、器の執着がハンパないと感じます。

ある日思いたち、夕方電話をすると、
テーブル席なら開いているとのこと。
できればカウンターでご主人の所作を拝見したかったけど、
まあ初めてなので、テーブルで妥協。



今日は店主のおまかせコースでお願いしました。
なんと

先付    二種
お造り   三種
焼物    お魚 または 熟成豚肉
煮物
お食事  炭火焼きおにぎり、お椀、香の物付  または  店主の手打ちそば
デザート 

という構成で3990円!

先付2種


イワシ煮と黒豆の枝豆。

黒いです!



風味があり、おいしいですねー。

お造り


いさき、かつお、さば。
醤油は生姜とわさび用に二皿きました。

どれも新鮮でおいしい。
ここまででさすが、と思いました。

冷酒を頼みました。
おちょこを選びます。



こういうサービスってうれしいけど、
焼き物が好きな私にとっては、選ぶのに一苦労。

こんな感じにしました。



うへへ、おいし・・・

煮物


夏野菜の煮物、冷製。
茄子のおいしいこと!

焼き物は熟成豚肉と魚が選べます。
二人だったので、両方選びました。



豚は脂が多いですが、その脂身の甘さが際立ちます。
自家製すだち胡椒が抜群の香り。



魚はかます。




ふっくら、丁寧に焼いてます。
脂の適度なのりがいいですね。

お食事は焼きおにぎりと手打ちそばが選べますが、
これも両方で!



かなり時間をかけて焼いていました。
王道のおいしさですね。

付属のおつゆもおいし。



おそばもかなりのもの。
そばの香りが強く、食感もいいですね。



デザートです。


ゆずシャーベットにごまのアイス。
さっぱりと口直しになりました。


このお店いいですね。
ご主人と奥様のリズムもいいです。
近くだし、また一人ででも来てみたいです。


和心 すだち


posted by ぼぶ at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月27日

阿部商店のいかめし

「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ」の
5月25日放送分でやっていた、いろいろないかめし。

そこで出てきたホタルイカのいかめしこそ、
私が考え、望んでいたものだったのですよ。

いかめしって大好きなのですが、
ホタルイカで作れば、いい酒の肴になると思ったのです。

まあ、自分で作ってみればいいんですけど、
プロに頼んでみたわけです。
でも、うまく伝わらなかったりしました。
(これはこれでめちゃくちゃおいしかったですが)

で、そのホタルイカを使った一口いかめしが、
26日に伊勢丹相模原で限定販売するというではないですか!

行っちゃいました。。

伊勢丹にシャッターすると、すでにたくさんの人が並んでます。
開店と同時に早足で5階の催事場に向かい、
いかめし屋さんを探し、2番目でゲットしました。


一人一個限定50食。

私のあと、続々と人がつめかけ、
あっという間に大行列に。
よかったー、早く来て。


普通のいかめしとセットね。


うん、おいしい。
おいしいけど、すぐになくなっちゃった。

面倒なのでしょうが、
この料理、すごくいいと思います。
串に刺さなくてもいいので、
日本料理の八寸なんかに入っていたらテンションあがります。


所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ

阿部商店

posted by ぼぶ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

ちょうつがひ@梅田 夜景抜群、おいしい和食。

2012/02/15

大阪出張の際、阪急梅田の阪急グランドビルのグルメ街、
32番街28Fに昨年オープンしたお店に連れて行ってもらいました。

入り口を入ってびっくり。
ほとんどが窓側を向いたカップルシート。。

いや、私は仕事先の方に案内されただけです。
4名くらい入る個室でしたが、そこも夜景はきれいに見えます。
大阪は高い建物が少ないので、夜景もはえますね。

お品書きを見ると、コースがとてもリーズナブルな設定。
微妙に違う2980円のコースと3980円のコースに、
海老芋をプラスして注文しました。

ピューターグラスの生ビールで乾杯。


先附は丸吸いとフォアグラとバケット。
スッポンの吸い物ですね。
よく出汁がでていて、こりゃーうまい。
これだけでおいしい店なんだとわかりました。

フォアグラバゲットはそのまんま名前の通りです。
一口だけど、もっとほしい感じ。。

本日の前菜五種。


あん肝にあわびに、、、
なんすか、これ。
おいしくてすごく楽しいんですけど!


お造りは近海鮪の“きんつば”と真鯛の昆布〆


マグロがたたきになっていて、きんつばを模した、ということですね。
鯛もおいしい!

アナザーコースのお造りはこんな。


寒ブリと鯛の昆布〆とボタン海老。
寒ブリ、かなりおいしかった。。。

極みの“一番だし”の初雪仕立て


ちょっとした吸い物なんですが、
量も控えめでいいですねー。
大根おろしでみぞれ仕立てになっています。

日本酒にスイッチ。
シャンパングラスできます。


金沢の常きげん 風神です。
好みの甘口で上機嫌(^^;

エクストラで頼んだ海老芋の鉄板焼き。


海老芋って好きなんですよね−。
塩でいただくのですが、すばらしくおいしい。

金目鯛の鉄板焼。


およそ和食とは思えませぬ。
おしゃれな盛りつけですね。
金目鯛も脂がのってとってもいい感じ。

すずきの西京味噌のバターソース。



ソースが抜群においしいです。
すごいわ、これ。


鹿児島産霧島山麓豚のロースト


溶岩の上に乗せてあります。
歯ごたえがあり、おいしい豚です。

熊本産黒毛和牛 〜牛蒡のソース〜


ここはソースに他ならぬこだわりを見せますね。
牛蒡のソースなんて想像もつかないけど、そのおいしいこと。
添えられた岩塩もおいしかった。

んじゃー、ワインもですね♪


そろそろ締めますか。

京湯葉の餡かけご飯


こういうの大好き。
餡かけごはんっていいなあ。

鯛めしのリゾット 〜和の潮スープを添えて〜


リゾットが鉄板で焼き固められ、キューブ状になってます。
そのままでもいいし、奥の私出汁に浸してもいいし。
たのしい演出ですよね。


デザートです。

あかちゃん番茶のなめらかぷりんと とまとトかすてら



確かに番茶の味のプリンです。
面白い。。
とまとかすてらも面白い。。

男二人でしたが、
ここは大切な方と来るべきところという気がします。
でも、料理は本物です。
接客もかなり上級です。
いい店でした。




関連ランキング:創作和食 | 梅田駅(大阪市営)大阪駅梅田駅(阪神)

 

 

-

posted by ぼぶ at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

都内某和食店 ここに勝る店はないです。

訪問日時:2011/12/14 18:00

利き酒師、ソムリエ、その他いろいろの資格と
様々な経験を持つ店主が一人で営む店です。

店主さんの希望もあり、店名は伏せますが、
何しろ「すごい」が揃ってます。

・使う食材
旬を先取りしたごっつい食材がいつも揃ってます。
不思議なほどです。

・高価なワイン
ヴィンテージもの中心です。リストがないので怖いです。

・希少な日本酒
高価のものがそろってます。

・器
何百年も前の器を平気で使ってます。
お宝鑑定団にだしたらすごいことになりそうな。。

・店主の腕
和洋折衷、基本を離れない創作料理はすごいの一言。

ある日の献立です。

付きだし。

DSC05538.JPG

自家製カラスミ、イカ塩からがばっつぐん!
つるむらさきのおひたし、なまこも最高。

DSC05539.JPG

これが合いまくり。
まずは軽くジャブを受けた感じです。

かぼちゃのすり流し。

DSC05540.JPG

上にはなんとトリュフが浮かんでます。
すごい香り。。。

大間のまぐろのづけ。

DSC05541.JPG

やばい。
気絶しそうです。

アラのムニエル、ポルチーニソース。

DSC05538.JPG

赤ワインがばっちりこんと合います。
ボディブローがきいてきました。

佐賀牛の天火焼き。

DSC05543.JPG

写真を構えたら、

「じゃ、もっと追加しちゃいましょ−!」

とトリュフをどばっと。。。
すげえ。。こんな図は初めて見た。。

DSC05544.JPG

そして、特製のハーブ塩で肉を味わいます。
うーん。極上の味と香り。

ワインがずんずん進みます。

ムール貝のパスタ。

DSC05545.JPG

締めの一品です。
自家製手打ちもちもちパスタは異様なおいしさ。
ノックアウト寸前です。。。

こんなに大きなムール貝は初めて見ました。
おいしいですね〜〜〜。


いつもある方にごちそうになるのですが、
お値段は相当なものです。

いやはや、すごい店です。


-
posted by ぼぶ at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

食幹@渋谷 新らしい和食、美しさにも驚きます

訪問日時:2011/08/24 19:00

ふるけん星火を輩出した源の店、食幹に行ってきました。

ランチでは2回きていますが、夜は初めてです。
階段を下りていき、重たい大きなドアをあけると、、、
むむ、昼とはやはり空気がちがいますな。
同じにぎやかさではあるけど、どっしりした空気、と言いますか。。。

まずは乾杯し、この日はおまかせでお願いしました。

DSC04133.JPG

まずは名物のトマト味噌でいただく、新鮮野菜。

DSC04134.JPG

お土産でも売っているトマト味噌は生野菜のディップとしてばっちり。
ほかに豚肉のソテーとか、焼き鳥などにも合いそうです。
これはここに来ると買ってしまいます。

鰹の刺身 

DSC04136.JPG

いちじくが添えられています。
鰹はもちろんおいしいのですが、
いちじくの意外な組み合わせにびっくり。

鯵のマリネ。

DSC04137.JPG

マリネと言っても、ジュレポン酢の味付け。
夏にさわやかな逸品です。

八寸。

DSC04139.JPG

揚げ野菜、コールドビーフ、たこなど。
真ん中の物体は驚きの、ブドウの白和え。
これがびっくりするほどおいしかった!

白身魚と焼き野菜

DSC04142.JPG

みぞれ酢がかかっていて、さっぱりと。

たんしちゅう。

DSC04143.JPG

これ絶品です。
ライスほしい!

ってことで締めの和風ぱえりあ。

DSC04145.JPG

中には貝類、サーモン、桜海老、いくらなど豪華。
とりわけてもらって、がつがつほおばります。

DSC04144.JPG

ほえー、幸せですね〜
なんとおいしい。
2杯目はだしをかけてお茶漬けに。

けだし、満足でございます。

デザートは氷宇治金時。

DSC04146.JPG

さくさく冷たい。

噂の食幹はやはりすごかった!





関連ランキング:懐石・会席料理 | 渋谷駅表参道駅

 


posted by ぼぶ at 15:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月25日

和食 きよみず@学芸大学 日本酒の会に参加しました。

訪問日時:2011/07/20 19:40

お気に入りの和食店、きよみずで日本酒の会が開かれ、
またまた、参加してきました。

五反田から下馬に移転すると同時に、
きれいな女将が現れるようになりました。
先日店主の清水さんとご入籍されたとのことで、おめでとうございます。

お二人ともきき酒師ということで、
このような会はお手のもの。
日本酒を仕入れて、料理を考えるパターンのようです。

店主ご本人のブログから、お酒と料理名は転用させていただきます。


1.貴 夏発泡純米 山 口県宇部    永山本家 
    提供温度5度  シャンパングラス系にて

DSC03792.JPGDSC03791.JPG

なんとさわやかな微発砲酒でしょう。
軽い甘味がなんとも言えません。

◆前菜  蓬葛寄せ豆腐、鰻寿司、天然鯛皮煮凍り
     よしだ自然農場有機枝豆塩ゆで
     京豆腐味噌漬け
DSC03793.JPG

ひとつひとつがすごいです。
特に豆腐の粕漬けが美味。     

2.山本 ドキドキ夏生 純米吟醸 秋田 白瀧酒造
   提供温度5度  切子や漆貼りグラス
DSC03795.JPGDSC03794.JPG

これを飲んだとたん、お造り〜〜〜〜早く〜〜〜!
という感じです。

◆造り 淡路産鱧湯引き 梅肉
    縞鯵焼き霜造り 
DSC03796.JPG

あはは。
笑っちゃうくらい合いますね〜

それにしても、縞鰺のおいしいこと!

3.百樂間 吟造り 純米生原酒 奈良 葛城酒店
   奈良の酒造米使用
   提供温度5度 ロックグラス
DSC03798.JPG

少し甘口になりました。
どっしりして、これまたおいしい。

◆温物 賀茂茄子と生麩の揚げだし
DSC03799.JPG

極上出汁に泳ぐ、軽く揚げた茄子が最高ですね。

4.明鏡止水 夏純米  長野県佐久 大澤酒造
   提供温度 8度  ガラス猪口
DSC03800.JPG

ラベルが可愛いです。
すっきりした飲み口のお酒でした。

◆油物 豆腐ととうもろこしのコロッケ
    白瓜の雷干し
DSC03801.JPG

このコロッケがすばらしいです。
コロッケと言っていますが、じゃがいもではなく、豆腐がつなぎ。
しんじょうみたいなイメージでしょうか。
甘辛のソースもおいしく、ご飯を欲しました。
でも、日本酒も抜群の相性。

5.萬壽 久保田 (純米大吟醸)新潟 朝日酒造
   提供温度 8度 ガラス高台猪口など
DSC03803.JPG

この日、私は一番気に入りました。
やはり萬寿はおいしい。。。

◆酢の物 阿波尾鶏胸肉のサラダ仕立て
      青柚子の寒天ジュレがけ
DSC03802.JPG

ご主人が作る、このジュレ仕立ての酢の物が私は大好きです。
鶏もおいしいし、野菜も生きています!

6.車坂  純米大吟醸 3年熟成 和歌山
   提供温度 8度  備前焼きフリーカップまたは     
            萩焼ぐい呑みなど
DSC03805.JPG

この酒もすごいです。
3年熟成というだけあって、重くて上質な甘さがあとをひきます。

◆焚き合わせ
  淡路産天然真鯛あら煮、三浦の冬瓜含め煮、針新生姜
DSC03804.JPG

これ、激ウマです!
骨を長いことしゃぶって、身をとりつくしました。

これで、日本酒の会としての7000円のコースは終了です。

締めにお願いしたのは、新たに始めた鯛そば。



あら煮でも使った天然鯛を使った贅沢な塩味スープに、しなやかな麺。
和食の締めとしては最高ですね。
具の海苔、油揚げ、半熟玉子がそれぞれやけにおいしいです。
もちろん無言で食べ続け、あっという間の完食でした。

今宵も大満足でした。
次回は10月だそうです。どなたか一緒に参加します?

和食きよみず 割烹・小料理 / 学芸大学駅

※鯛そばですが、お店によるとこれに鯛の切り身が入っているようです。
  最初にいただいてしまったのかもしれません。
  酔っていたので記憶が定かでないので、すみません。

posted by ぼぶ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

和食きよみず@学芸大学 本格焼酎楽しむ会に参加しました。大満足。

訪問日時:2011/05/18 19:40

和食きよみず。
すご腕料理人でもあり、利き酒師でもあるご主人が催す
日本酒の会には2度ほど参加しましたが、
いつも驚いてばかりで、絶対毎回参加したいと思っています。

そして、今度ははじめてとなる、本格焼酎の会が催されることになりました。
あのご主人のことだ、これまで知らなかった焼酎の飲み方を教えてくれるだろうし、
友人2人を誘って行ってきました。

学芸大学の駅前のわたみん家でビールをひっかけ、
お店まで15分ほど歩きます。
ほんとに住宅街なんだよね。。

笑顔のご主人と女将さんに迎えられ、着座。
相変わらず女将さん、かわいい。

今日は焼酎に関する蘊蓄書付き。

DSC02987.JPG

右下、八丈島のくだりは1583年ではなく、1853年の間違いだそうです。


さーて、始まります。

食前酒
DSC02989.JPGDSC02991.JPG

黒糖焼酎  浜千鳥乃詩 (奄美大島)
黒糖ジンジャーエールハイ。
1対1で前日から割り水したものを使用です。

ジンジャーエールで割るのは初めて。
これはいいですねー。
この提案は早速家でもやってみます。

前菜  
DSC02988.JPG

鰻寿司2貫、隠元白和え、空豆のジュレ、蓬豆腐

空豆のジュレがさわやかー。
わたみん家で食べた空豆とは全然違うぞ。。

鰻寿司もすばらしい。。

壱岐焼酎(大麦) 村主
DSC02995.JPGDSC02994.JPG

常圧蒸留されている、日本初の麦焼酎。
産地指定された壱岐焼酎だそうです。

これも割水したものをハイボールとロックで飲み比べです。
このハイボールが実によかったです。
友人二人も絶賛!
これもすぐにでもまねしてみたいです。
  

椀物
DSC02996.JPG

あさりと天然行者にんにく玉子とじ椀。
行者にんにくと玉子が合いますね〜
ニラ玉みたい。。

薩摩芋焼酎 天狗櫻 春限定出荷バージョン
DSC02997.JPG

店に常在している天狗桜の特別版。
これまた割水したものと、それを屋久杉樽で1週間仕込んだものと飲み比べ。

屋久杉の樽は自前で持っているのですね。
正月の樽酒のようなすてきな香りです。
割り水しただけの方もかなりおいしいです。

お造り
DSC02998.JPG

千葉鴨川産活け締め鯵叩きと三重産活け締めあおりいか。
これはやばいです。
お造りには日本酒という図式が崩れます。
なんとおいしい。
これに合わせるのは

八丈島芋焼酎(芋、麦ブレンド)鬼ごろし
DSC03003.JPG

女将さんが写ってますけど、まあいいですよね。。
割り水したものを屋久島うりずん窯のカラカラでいただきます。

差しつ差されつ、、、
DSC03001.JPGDSC03000.JPG

ほんとにカラカラと音がします。
じょかはよく目にしますが、カラカラは初めてでした。
器にも凝っているのがすばらしい。

そして、すっげーうまい!


焼き物
DSC03002.JPG

八丈島産とび魚柚庵焼き、レモン添え 自家製山椒昆布

飛び魚を醤油につけこんで焼いた物です。
身がしっかりしていて、
醤油の甘い香りが実にいいです。


種子島焼酎 しまむらさき(種子島産紫イモ焼酎)
DSC03005.JPG

これも割水してあります。 
黒じょかにていただきました。 

金兵衛(種子島産安納芋、紫芋、白豊芋)
DSC03006.JPG

割水し、徳利にて50度にお燗してありました。
かなり熱い印象でしたが、
これまたおいしく。。。

酢の物 
DSC03004.JPG

徳島阿波尾鶏胸肉の蒸し煮と有機野菜のサラダ 寒天のジュレ

このご主人の作るジュレはどれもすばらしいですね。
すっぱいジュレ。
酢の物として成立しています。
鶏ももちろんおいしい!


泡盛 海乃那 10年古酒 43度
DSC03007.JPG

泡盛の10年古酒。
これも1対1に割り水したものをロックでいただきました。
最後にガツンときましたねー。

そして、やはり泡盛と言えばこれ。
DSC03008.JPG

岩中豚の角煮 実山椒仕立て 京都産筍の山椒煮添え

醤油醤油していないので、
塩の味付けかと思うほど、上品な角煮。
これも絶品です。


ここまで、普通に書いていますが、
最後はもうヘベレケでした。
やはり焼酎はきますねー。

でも、またまた大満足の夜なのでした。


和食きよみず 割烹・小料理 / 学芸大学駅
posted by ぼぶ at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

鰻家@雪谷大塚 ふわふわで香ばしい天然ウナギに舌鼓。

訪問日時:2011/03/07 19:00

雪谷大塚においしい鰻屋があるよ、
と聞いたのはずいぶん前のこと。。。

最初は駅の近くにあったけど、
五反田よりに移転したんだよ、とも聞いていました。

ウナギは大好きなので、いつか行きたいと思っていましたが、
やっと思いついて行ってきました。

お店はALPS電気から中原街道の坂を少し下った左側。
坂と建物の関係で、半地下みたいな入り口です。

「鰻家」

何の店かすぐにわかっていいですよね。
名は体を表しますね。

「じかんかかるよ」

と書かれた木札があります。
天然鰻を割いてから蒸して焼くので当然時間はかかるでしょう。
覚悟を決めてはいりました。

ドアを開けた瞬間、ウナギを焼くいい香り!
煙が充満しているわけではなく、ほんとに適度な感じ。
いい具合に換気している。

お品書きを見て、

DSC02234.JPGDSC02235.JPG

うな重の竹をお願いしました。

40分かかる旨書かれていますが、
それは折り込み済み。

ビールを飲んでゆっくり待つつもりだったので、
胆焼きを頼もうと思ったら、要予約。。。。

「ああ、予約なのか〜」

と思わずつぶやきました。。。

するとしばらくして、女将さんが再度現れて、

『ご用意できるそうです』




やった。ではお願いします!


お通しは糸こんにゃくを甘辛にたいて、ケシの実を和えたもの

DSC02229.JPG

箸置きがそれらしくてかわいい。

DSC02230.JPG

25分後胆焼き到着!

DSC02231.JPG

ふふ。
笑っちゃうほどおいしいです・・・・
タレのおいしさがズドンときますが、
かみしめると胆の歯ごたえ、まったりとした味わい、
何とも言えません。

そして、ビールが2本なくなったころ、真打ち登場。

DSC02232.JPG

ビールを飲み始めてから45分かかってやっときました。

ひとこと、


うまい!!!


うーむ、この鰻はすごい!
ほっこりと柔らかく、焼けた皮と実の香ばしさ、
濃すぎないタレの具合。

どこからどう見ても絶品ウナギです。。。

お椀とお新香もつきます。

DSC02233.JPG

お椀はおすましで、糸こんにゃくが入ってます。
肝吸いではない。。。

お新香は女将さんが漬けられたそうです。
ちょうどいいつかり具合でおいしいですねー。

うな重はがつがつ食べました。
ご飯の炊き具合もちょうどいいです。

もうすこしタレがほしいな、と思うお店もありますが、
タレで食べさせるわけではないうな重、最高です。

こんなにおいしいのは、以前、三島の桜家でいただいて以来です。


食べ終わるとオレンジがデザートで出てきました。
甘くて、口の中がリセットされますが、
いつまでもウナギの余韻を楽しんでいたい気もします。。。


今日は45分待ちましたが、
予約ができるようです。
次回はそうします。

また来ます。


食べログ
鰻家
うなぎ / 石川台駅雪が谷大塚駅

posted by ぼぶ at 10:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする