2017年02月27日

Restaurant MAY@五反田 モナリザの遺伝子が進化しました。

2017/02/05 18:00

恵比寿のモナリザ。
私は未だ未訪問ですが、
その出身者のモノリスはすばらしかったです。

そして、またまたモナリザ出身のお店に。


ぽるこの手前。
いつもこの外観が気になっていました。

今日はコースで予約してあります。



モノリスでもあった、
水を注ぐとおしぼりになるサービスから始まります。


泡から始めましょ。


アミューズ1

ポテトのピュレのコロネ。
軽い感じでいいですね。
料理が楽しみになります。

アミューズ2

天蕪のポタージュ、ゆりね饅頭+白菜のソースゆりね、
わかさぎフリット。
なんと楽しいアミューズのオンパレードでしょうか。
こんなにたくさんいいのでしょうか。

って、まだあるの!?

アミューズ3

生ハム、一口キッシュ オリーブ。
うれしいんですが、
なんかお腹膨れてきましたよ・・・

おいしいパンもきました。


鳥居平のワインにしました。


entree froide

カリフラワーのババロア トマトジュレよせ ズワイ蟹 毛蟹 雲丹と一緒に

すごい贅沢なパフェをいただいている感じです。
これも楽しいですね〜


赤ワインにしましょう。

foie grats
フォアグラのポワレと天蕪の2時間ロースト 鶏のジュレを注いで

拡大!


笑っちゃいました。
美味しすぎる。。。

poisson

ヒゲダラのムニエル 菜の花ソース

拡大!


皮目の焼き方、ベストです。
カリッとして身はふわりと。
菜の花ソースのほのかな苦味がさわやかでさえあります。

ワインが進みます。


メインは2種類から選びますが、
私は蝦夷鹿にしました。

これをお切りしますと。


plat

北海道産蝦夷鹿のロティ ソースグランヴヌール

拡大!


なんという柔らかさ。
野生っぽい獣感は皆無です。
ひたすら美味しさ、甘さの共演です。

パルマンティエが付いてきます。


フランスの家庭料理ですが、
かなりおしゃれバージョンです。
すばらしい付け合せ。

肉料理、もう一つは
黒毛和牛のポワレ ソースピカンテ

一切れもらいましたが、
これも絶品ですね。
なお、こちらにはミニバーガーが付いてきます。


ほんとにミニ。
おいしそう・・・・

avant dessert

青リンゴの冷たいスープ

ひゃー。
これ爽やかですねー。
肉の油がすっきりなくなりました。

dessert

柑橘類のフルーツとフロマージュブランのムースのマリアージュ


フロマージュブランが濃厚です。
金柑が甘くてよく合ってます。


この日は誕生日祝いだったので、
お祝いのケーキをいただきました。


レストラン・メイ。
全てに大満足でした。
岩田オーナーシェフの遊び心が自然に伝わり、
とっても素敵な店です。




店情報など
posted by ぼぶ at 16:26| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

22@銀座 シェフが変わっても全く変わらないクオリティです。

訪問日時:2016/09/20 19:00

銀座の22(トゥートゥー)。
以前連れて来てもらって、
ラーメンもあるのに感激したお店です。

その22がこの夏に麺屋=+=を4日間オープンさせたのは
私にとってかなりのセンセーショナルな出来事でした。

改めてディナーに訪問です。


メニューは黒板のみ。
何にしましょうかね。
ビール飲んで考えますか。


今日もおいしい晩餐を迎えられて幸せだ。

フォアグラのたまり醤油漬け

看板メニューです。
ヴイヨンで炊いた とろとろの蕪が添えてあります。
旨みの強いフォアグラがたまり醤油でさらに
美味しくなっているイメージ。
絶品。

パンも来ました。

パテ・ド・カンパーニュ

ここに来たら、これを頼まなくてはいけません、、、

え。

方向逆?


お店の人が直してくれましたよ。

そして、衝撃の美味しさに笑顔になります。

泡を1本頼みました。

https://lh3.googleusercontent.com/GzUsZN_LN137OKqvs6mTx-QfAqTul_Rj0MIrGeGwO2idQ6kbLCo5kTJLenf_z15LhNEpJ46kk8YScMrraUC8HWQG0GDZkjgHF_H9H0xuDxxdaqHnSg2jsgcJc9L98FMcSX1nFFeEsxgjqMTQ6GGyveWW7qRCnRbTAqjhvlGCJsTbTPa26s2X6BVslKww6KM6VwTIJYqXcnHhKQz12gncjXsebWcNoonuq5hkESFFdaYN3wpsUKJDT5tgEHaSiLDDnJOQXyzsWl6UrfTKXcw1Yzfo9w5tpeaumJ2laQlVY6XOyN-fpTr1wQE4SLolHFJye9HFrXhO_6-cBfrkolaeR89G4bM_qHZlkPj0iLaTxKF6-kc3-Srs12iO6G3UeYybWZqgoJ9sKiFZDwSWgT_cjLFZoupBKBmO4BGZSkql6Td0e6P5ZA3j25PlQUv_Pa3KVablv_6yur6F8wkRWWtUzzqGA0_iTaCa6Q8h7RRJeir6LlX-jCJC-ieCXOutO8wb3O9cujDBq-maaDNKiZhnDnsO7x7JrOPyIW-200fEkgWeAiO40LXCRnXDyh4ZQBXu0HW5z3y13g8l9mEV7D-7dg04-O3HN8bpre8udIAIXwCSrhmg-Q=w420-h560-no

DRAPPIERにしました。
久しぶりの味にテンションあがります。
って、初めてのときもDRAPPIERでした(^^;

水蛸と茄子の冷製

サラダ仕立てになっています。
水蛸が甘くて美味しかった。。。

鱧と夏野菜のフリット

鱧、うまいっすね〜〜〜
和食だけでいただくのはもったいないです。
フリット最高!

飲みも進んで赤ワイン。

ピノ・ノワール好きです。

ズワイガニとアボカドのトマトファルシー

注文忘れされていましたが、
お詫びに中身を大盛りにしてくれました。
カニの身がぎっしり。
これ、気に入りました!

ビーフハツカツ

なんと、ハツのカツレツです。
初めていただく味に感激しました。
これは凄く美味しいです!

ここで、ラーメンを頼もうと思って聞いみたら、

「あれ。もうやってませんけど・・・」

聞けばラーメンを作ってくれていたたシェフは辞めて、
新しいシェフなんだとか。。。

なーんだ。
この前の麺屋さんは何だったのでしょう。
どうりで以前とは全く違うラーメンだったわ。

でも!

予約の際にお願いしておけば、
ラーメンかつけ麺は用意してくれるそうです。
今度はそーしよっと。

で、麺類が欲しかったので相談すると、
パスタを作ってくれました。


オマールのペペロンチーノですかね。
とっても美味しく、満足しました。

雰囲気が明るくて やはりいい店です。
今度は親の方のアンテリブルに行ってみますかな。



posted by ぼぶ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

肉ビストロ ランタン@武蔵小杉@武蔵小杉 さすがは成田さんの弟子。とても良い店です。

訪問日時:2016/09/15 19:00

煮込みやなりたさんでは
何度も素敵な思いをさせてもらいました。
一時期そちらで勤めていた、ケンタさんが
武蔵小杉に店を出したのは2015/6/29。
やっと行く機会が訪れました。


広くてきれいで素敵な店ですねー。
19時集合でしたが、徐々に満席になっていき、
人気のほどがわかります。


この日は5000円10品、2時間飲み放題のコースに
プレミアムフリードリンク+1500円でお願いしてあります。


プレミアムはこれに下記が追加されます。


ボトルワインがいただけると知って、
すぐにこちらを選びました。
ケンタ氏が選ぶボトルワインなら
安心この上ないですから。

まずは泡からいきましょいう。


さわやかー。

前菜。

おつまみ5点盛りです。。
お楽しみタイムの始まり。


グラスも特注。
良いデザインです。
こう言っちゃ悪いけど、全体的にかなり金かかってる雰囲気が謎。

サーモンのカルパッチョ

ディルの香りがさわやか。

ブラータチーズとトマトの豪華サラダ

バジルのソースが極上。

ワインお願いしまっす。

ソーヴィニヨン・ブラン、いいですね〜〜〜

しらすのアヒージョ

大盛りバケット(お代わり自由!)

鶏もも肉のコンフィとポテト

これ、めちゃくちゃ美味しいです。
ポテトも熱々です。


カリッと歯が入り、そしてジューシー。

赤いきましょう。

ムール貝の白ワイン蒸し

身が大きくて満足です。

ぶどうみたいなトマト

すごいです。
赤ワイン漬け。
甘いけど、ワインのお供に最適。

豚バラ赤ワイン煮込み

とろとろです。
これは美味しい!!

赤もう一本。

あはー。
楽しいです〜〜〜

最後はティラミス。
https://lh3.googleusercontent.com/encjqpSy3gneJ_TFqcO6iiAye-rE0Urzp8MkfBjd2tALT35mj7Xbf1vb7n8frRlSmN8FpF26l54Pe9tZK1-cLsDmAffU3dbyl0zj6Qcqg09KwXrbh95k2z3OI_7tyLCcGOmflRi4btwDivnhxcc7Y3aPNMQ7_DmITw4iNxZAo4t3Mxm5ziP-9lAsyWAOzGc7_sQpU0BdJCVmSlvmwz_N-qbYWfbzoN6v9z9V3rSJ719f7bR7WTAX4tRk7nEEHlql65Kk6T5BqXrnyVVp3wrWYiwB070lbqazaYewYVF-EczrGYYJadBGlQmdFayJA8f1-cxq6jNl5kkUTpNWZFANe3VGtuuNCkwSkoOSWft1Mi0re6S27eKDDiik4-OPiBT-2pH0XqpM7JLIniRy2yW8V5S9Fx64nvwaIXnMn5IJ2nn0FwvriPfvckbdaPkStPDrugQ4_KyaLcNDS8pbg2-siT0iygisltrG4e9Nqyutcbdk0288OKGjgkKeJ-YsCCgHsUw2pRdw-YxGgDr7OSb8B_2YGhLUjYOQaJiT8KQqVHDD-T4ajAEzCX7uBKu3I3PKxQaQpPEVpb6ABcgMRG9rHfFbjx2zPp1xmfTLdDJ_jroLs6_vbQ=w560-h420-no

特別感ある美味しさ。
これでもワインいけますね。

食後酒はグラッパを蛇口から!?


初めて見ました。
ボトルに蛇口がついた巨大グラッパ。


調子に乗ってかなりへべれけになりました。
また行きたいです。

肉ビストロランタンさん、武蔵小杉にようこそ!




posted by ぼぶ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

レストラン よねむら 銀座店@銀座 米村さんが目の前で調理。味も演出も素晴らしかったです。

訪問日時:2016/09/07 18:00

京都の本店は一度おじゃましました。
銀座交詢社ビルにに店を出したのは2004年。
その直後にそちらも行き、
大変おいしかったのを覚えています。

そして、昨年の6月に現在の場所に移転しました。
今度はこじんまりした空間なのですね。

それにしてもこの銀座745ビルは
行きたい店の集合体。
私にとってグルメビルです。
先日は天ぷらいわ井に行きましたし、
たん焼き松下も行きました。
あとはrengeも行かなくてはいけません。。。

さて、店に入ってカウンター奥の席に
2人で腰掛けます。
今日は仕事の大事な話もあります。


美味しそうなフィンガーボウルの水(^^;
暑いしのど乾いてますので、
ビールプリーズ。


目の前には米村オーナーシェフ。
よろしくお願いします。

松茸のコンソメ、いちじくとカンパチと生ハム。

松茸コンソメ、美味しすぎ!


上質なコンソメにこれでもかと、
松茸が泳いでいます。
すばらしい。。。

いちじくとカンパチと生ハムを
一口でいってくださいとのこと。
複雑に絡み合う味のマトリックス。
徐々にこなれてくるとパラダイスです。

サクサクのパンがかなり美味しい。

冷製かぼちゃスープと抹茶アイス オマール海老カダイフ揚げ
https://lh3.googleusercontent.com/r9k9hWseGqzwpIrnVQqj7w6uYt1PynlLYt5WhKzuEwZN5jvtYShDO_VWK3K2jfo8oYF1qeCKwFCnHJYQE03bhuZDH3Vb6-6tWrVAkBq-4X2m7Ap3pW0198OtC-FHTg2XcvpeQSQDoivZJko071JUFLJ-F8LiEhJqHgMrj1BINuH5SMJSgETeHDC932kNm8BxBA3Gs44hyOAKYIABkcyvRbTHSe2SsJO__-mm0EfRT8CZTlpn-yDJjZqbddo8Ki-pDQD_wEFaRXfM_2mE2p2WpMbeXZ65L-pgPtvtdIBKeP10ffAbmnBQde9F2AY7YVDJXPTwCbIphY5DMeEbV4UhPhDgY8s7_8jzH75J5yrivf2FSb8uGZd64uVmcTqbVXILTWlhr6Dw5pPvtU0qIeAFqoO4EOnuRYe3pyEEgSkr-jzab7uqUpNbYx4DwMoR_AK4_fC7S5yEtbp3JrGa8kNMuZwxt5iC-0-s395-J22Lv6mWR_KrQ__LseKFprkaxvsM2UrzvqP1AM8wt4-qw-DEkLMslCJ9NxLKKGlS5GAixLHMiGn5dBB5v09AFdfxKJgAzpYMIKkYIjKbe1A_if_dxgkARd_HcTU9LKpyLJAIOAG2dbPOeA=w560-h420-no

なんと抹茶アイスの上にかぼちゃの冷製スープ。
暑い夏になんとも京都らしい一品です。
オマールのカダイフ巻き揚げもすごい。


チリのアルマヴィーヴァ。
美味しいですよね。

牡蠣とはまぐりのグラタン。

いいですねえ。
こういう料理の流れ。
古典的でありながら、斬新な味わいの連続で
徐々に引き込まれていきます。

鱧、たまねぎとキュウリをのせてトマトおろしポン酢で。

鱧は米村シェフが目の前で骨切り。
ライブ感も楽しいです。

鱧がトマトおろしポン酢とベストマッチ。
透明なスプーンにはごまのソース。


また違った風味で鱧がいきます。

ちょっとシェフ、何してんすか!

サンマのリゾット。

トリュフを細かく擦ってくれました。
すごい料理です。
下の野菜マリネもさっぱり合います。

ウニイクラ海老

和の素材がフレンチしてます。
パスタも隠れてます。
参った。


鶏と牛。

牛と鶏のグリルの共演。
贅沢です。


最後は食事ですが、
カレーライスか炊き込みご飯を選べます。
ここは名物のカレーで!


これがおいしいのです。


うまは〜〜〜

デザートはパッションフルーツのシャーベット。

きれいなお皿。
よく見る高そうなやつ。。。

まだ出るの?


キャラメルアイス、白桃、ぶどう。
いちいち美味しすぎます。

コーヒーも特別感あります。


やはりとても素敵な店でした。
広くはないですが、その分シェフのライブ感がたまりませんね。
また来てみたいです。




posted by ぼぶ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

マッカリーナ@真狩村 羊蹄山の麓にあるオーベルジュ。北海道ならではの食材ですばらしい食事が楽しめました。

訪問日時:2016/07/30~31

新千歳空港から車で90分くらい。
ニセコ近くの真狩村にあるオーベルジュに行きました。


あまり予備知識もなく連れて行ってもらったのですが、
着いてびっくりしました。
なんと素敵な・・・・・

手前が宿泊棟。


奥がフロントとレストランマッカリーナ。


隣には真狩村村営の温泉設備があり、
これ以上ない環境ですねー。

到着した日はゴルフを楽しんで、
その汗を温泉で流して、
そして夕食です。


こちらは畑もやっていて、
北海道産の食材にこだわってます。

しつらえも見事。


なんだろう、
と思ったら、陶器の器におしぼりです。

やはり日本ですから、
食事の前には手を拭きたいですよね。

パンは地元のブーランジェリー・ジン製。

前菜。

なんと美しい・・・
めじまぐろ、あんこう湯引きキモ乗せ、アワビ肝ソース、
北海しまえび。
地の野菜がふんだんに添えられています。

あんこうの肝のせ、おいしかったー

めじまぐろも見事な火の通し方と味付け。

アワビ肝ソース。

もうこの一皿でやられました。

このエビがおいしい!

次のお皿には驚愕しました。

茹でたブロッコリだけ。。。
しかし、深みのある甘さが前面に出た
見事な味わいのものでした。

ベーコンソースもまたよく合います。

1年寝かせのメークインのスープ。

すごいです。

甘い・・・・んです。
じゃがいもってこんな甘いですか。。

アルザスいきましょう。

我ながら良いチョイスでした。

函館のヒラメ トマトソース フグだしなどのふりかけ。

普通のグリルなんですが、
添えられた野菜とふりかけの味がすばらしい。
アルザス、合います。

次は肉なので

奮発してジュブレシャンベルタン。

乳飲み牛のグリル。

すごい肉でした。
ワインと合いまくり。

ワインが余ったので、
チーズをもらいます。

全て道産。
新得 共働学舎のカマンベール、
ニセコ 二世古のブルーチーズ「空Ku:」
根室 チカプのハードチーズ「シマフクロウ」
どれも驚愕しました。
こんなにおいしいチーズが日本で作られているのですね。
でも、調べたら高い。。。。

その後デザートです。

仲間があるお祝いをしてくれました。
まあ、もうどうでもいいのですが、
嬉しかったですよ。

プチフールも出て、

コーヒーでフィニッシュ。

大満足の食事でした。
そして、その後ワインセラーを見せていただくことに。


言葉を失いました。
ものすごいビンテージがたくさん。。。

そして、自家製生ハム。


・・・・・
これをいただきに、いつか再訪問したいものです。


さあ、二次会しますか。


宿泊棟にはバーカウンターがあり、
すべて飲み放題。


シェーカーもメジャーカップもあるじゃないすか。
お酒もスピリッツも甘いのもたくさん。
ではでは、得意のカクテルを作りましょう。
マティーニっから始まり、ダイキリなど
何種類作ったでしょうか。
いやいや飲みました。

ってことで、深夜まで語り合いましたよ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
翌朝。

晴天とはいきませんでしたが、
まあまあの天気。


昨夜の余韻が残っているようです。

さ。朝食です。


冷たい濃厚ミルクと甘いトマトジュースで
体が目覚めていきます。

パンはたくさん!

ブーランジェリー ジンのパンは
すごいですね。
パン好きとしてはたまらないものです。

前菜。

サラダ。

クグロフもめっちゃおいしい。

モッツァレラチーズには
オリーブオイルと蜂蜜をかけて。

スープがおいしいです。

朝からおなかいっぱい。


ジャムは使わなかったので、
持ち帰りました。

マンゴーとキウイ。

これまでの旅行でも
かなり楽しいものでした。
セッティングしてくれたメンバーに
心から感謝しました。

いずれ家族で来てみたいです。





posted by ぼぶ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月22日

Bistro SYU@白金台 日本の素材をフレンチに生かす、という当たり前のことを妥協せず追求する若きシャフです。

訪問日時:2016/06/23

LUXAで知った店です。
コース料理にワインと日本酒を合わせるというところに惹かれました。咄嗟にチケットを購入しましたよ。予約は20時。店に入ると、我々の貸切状態でした。最初は泡から。アミューズ。タンシチューのパン粉焼き。こういう温かいのがアミューズだとテンションあがります。熱々、おいしいですー。パンが出て、サラダまで出たところで、日本酒がサーブされます。リコッタチーズが存在感のあるサラダによく合いました。トマトと小玉ねぎのファルシー。プチサイズのファルシー。スープもおいしく、白ワインを欲します。と思ったところへ。キンキンに冷えておいしいでーす。鯛と海老 アメリケーヌソース。いいですねー。王道のフレンチ料理ながら、新鮮な技術を感じます。尾崎牛ミンチのパイ包焼き。これ、最高!!赤ワインが欲しいです。このネロダーヴォラ、やけにおいしかったです!デザート。ヌガーですね。冷たくて美味でした。いいお店です。メニュー名がわかりやすいし、比較的リーズナブルだし、楽しく使えそうです。


posted by ぼぶ at 14:33| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

Cinq Sens@六本木 和の要素も盛り込んだビストロ。リーズナブルに楽しめます!

訪問日時:2016/03/24 20:30

今年の3月5日にオープンしたこちらの店。
サンクサンス と読みます。
なんと3月いっぱいは料理が0円で提供されます。
それを知り得て、仲間を誘って予約しましたよ。
(3月分の予約は終了)

六本木の裏の新しいビルの2階に店はありますが、
時間が早いので、目の前の「一億」で腹ごしらえしてから、
店に入りました。


しっかりとフルコース。
これが無料とは嬉しい限り。

ワインは泡1.白2.赤2のペアリングコース4300円でお願いしました。
料理に合わせて出してくれるそうです。

アミューズ

シュー生地にチーズとベーコンが練り込まれてます。
下には蕎麦の実を揚げたものが敷いてあります。

前菜
グリーンアスパラのムースと
そのサラダ、生ウニとヤリイカ

ムースは豚足とグリーンアスパラだそうです。
底にはウニとイカが沈んでます。

いろいろな味と香りが楽しい一品です。
ナイフ・フォーク類は引き出しに。

中村屋エッセンスやMISTを思い出します。
最初のスパークリングはジュラのシャンパンでした。

白の1番目。

オーストラリアのシャルドネ。
これがかなり評判良かったですね。
しっかりしたシャルドネの濃い味が抜群です。

温かいパン、おいしいです。

フォアグラのロースト トンカ豆とマニゲット 蜂蜜風味

豆のムースが添えられてます。
めちゃくちゃおいしい!

白2番目はアルザス。

フルーティ〜〜〜
最近リースリングが好きです。

鰆 春香るフキノトウのブルーテ
山菜のマリニエール レモングラスの香り

鰆そのものがおいしいのですが、
フキノトウを使ったソースが絶妙。
レモングラスの香りも手伝って、
多国籍な味わいです。

赤1番目。

ボルドーらしい飲み口。

国産和牛イチボのロースト
藁とナッツ エッセンスで

ほのかに藁を炊いた香りがついてます。
大変おいしく、これはすばらしいです。

赤2番目。

こちらはブルゴーニュ。
ピノの香りが浅いですが、悪くないです。

デザートはいろいろ。

チョコレートのフリット、ココナッツアイス、
パッションフルーツのボール、砕いたチョコレートクッキー、
楽しくもおいしい一皿でした。

コーヒーをゆっくりいただいて、フィニッシュ。

ワインの品揃えがリーズナブルですし、
料理はおいしいですし、
いい店になると思います。
次回は厨房を囲むオープンカウンターで
楽しみたいです。

今日のコースは7500円らしいですが、
4月もサービス月間として半額でいただけるそうです。
ランチも半額だそうですよ。


店情報など
posted by ぼぶ at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月05日

NARITAYUTAKA@中目黒 やはりいいです。時々来たくなります。

訪問日時:2015/11/25

半年ぶりにNARITAYUTAKAへ来ました。
家族の誕生日を祝うため。。。

まずはアンリジローから。


誕生日おめでとう。

突き出し的な一品。
この前と同じコカと唐辛子バター。


前菜1

白子をメインにきゅうり、シブレットを添えた
和食で言う酢の物ですかな。
赤大根のパウダーアイスが面白いです。

前菜2

この日、一番驚いたものです。
イカとカリフラワーの和え物。
カリフワラーも薄切りすれば生でおいしくいただけますね。

白はリースリング

https://lh3.googleusercontent.com/yACOnf-r0uwdgtRsjAfzjN8Q42Y_aDlInOPRkWWwtjP5gtSvo2n8cFHLiWygvRJ02mCy8YIYmgQjAL4ydVGS_xT8t9pHKMKy_te1hxziWaZEZXBQOcNFZUKocfwAf1D-5ojhXhTPv02b-AW5TSsQ4WK_5N4DQr1zfBcyYHytDu_fx4S6Hc1aDT9P7PvH2fXeOgoMI3ZnW4nvqZay3PlIDyVnb8dn9YpTWyZzeQKx6NON13w78NcprwBYSByrA4dQ66z5Bt-mXZrMd1U5grr9LQX79iyB_m3-nflurilWCZdaAplw0okznHNWtMDDgJ2I7SGRXamN1y6sPx2Aq9ym1Xq5u1b3TzB6xQ796caXOdaNgdmbs5PQVfrIkBl4q2UzaeJIklR4nBjXzIelkdMuxHc9UFiweooerRmOPDV1mCIbuOE_BzcEULoDNG3xGcrAs7dXNAj6VCTvt2nr47jNksAnFqNNg_t3MaIo5UrYD03rYqsEh6QS1B-eB7-I4DVbQhfhCff_b9VT3qzvYKtqFrD2RPy3kkPD05p33v9yTll2=w420-h560-no

ここのグラスワインはハズレがないですね。

温菜

緑の朴葉に魚の切り身。
ほのかな香りがいいです。

魚料理

金目鯛のコロッケなど。
生海苔のソースが抜群
うずらの温玉が泣かせます。

肉料理

鹿肉のソテーの燻製。
目の前で取り出してくれました。


五線譜のような楽しさ。
鹿肉が抜群においしかったです。


デザート

マンゴ−のアイス、おいしいー。

やはり素敵な店です。
また来たくなりました。


posted by ぼぶ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

Cote & Ciel@東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山 オーベルジュのように食事、休息。ゆったり過ごしました。

訪問日時:2015/08/13

東急ハーベストクラブの比較的新しい施設、
熱海伊豆山に行ってきました。

新しい、というだけでなく、
施設全体が清潔で素敵な空間でした。


露天風呂も極上の癒し空間。。


夕食は和食、鉄板フレンチ、ブッフェを選べます。
今宵はフレンチを選びました。


目の前が鉄板のカウンター席でした。
オーシャンビューの席もありますが、
食いしん坊の私はこの席のライブ感が楽しかったです。

メニュー構成。


まずは熱海の地ビールで杯を合わせます。


富士山グラスが可愛い。
持ちにくいですが。。

シェフからの贈り物 アミューズ

スモークサーモンの中には
茄子をキャビアに見立てて詰めています。
下はシェーブルチーズのカナッペ。

鯛の薄切りサラダ仕立て 貽貝のクリームソース

鯛がおいしいこと!
刺身で食べたいくらいですが、
このイガイのソースが絶品でした。

焼きたてのパンがきます。


バターに加え、タプナードがうれしいです。


オリーブオイルと塩もあります。


このループでワインボトル半分はいけそうです。

シャンピニオンのフランにフォアグラ 香草バター

フォアグラだけでもおいしいのに、
下にはキノコ風味のフラン。
その取り合わせの妙にうなりました。

ピノノワールが合います。


冷たいとうものこしのポタージュ

冷たいスープ、おいしいです。
ポップコーンが浮き身でついてきました。
合わないわけがありません。

鱸のポワレ プロヴァンス風

王道のフレンチが来たな、
と思いましたが、添えられたトランペットなるキノコが
ネオフレンチのようなテイストを添えます。
トランペット、独特の食感と香りが気に入りました。

違うワインにしましょう。


お口直しのグラニテ

シャンパン風味です。

次は肉料理ですが、
まずはソースを選ぶように言われます。
メニューの左側に書いてあります。

迷っていたら、

「いくつでもどうぞ」

と神の声。
私はブール・ド・メートルとゲランド産の塩とガーリックを選びました。

相州牛フィレステーキ

柔らかくて、香りがいいです。

ブール・ド・メートルもいいのですが、


肉の旨味を味わうにはやはり塩。


鉄板焼きステーキですので、
やはりガーリックチップは鉄板(^^;

アヴァンデセール

こちらはデザートがハンパない充実ぶりです。
まずはアヴァンデセール。
デザートの前菜です。
パッションフルーツのソースがかかった
チョコレートムース。

そして、眺めの良いラウンジに移動し、
ゆっくりデザートを楽しみます。


これが食べ放題ですぜ。
そんなに食べられませんったら。。
でも、ちょっとだけ。。




大大満足のディナーを終えて、
その晩はゆっくり休めました。

翌朝はセミのお見送り。


いい休息でした。


-

posted by ぼぶ at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

NARITAYUTAKA@中目黒 おしゃれな店内、和と洋の融合がテーマの美しい料理がいただけます。

訪問日時:2015/04/08

中目黒。
桜の見物客もピークを過ぎたころ、
駒沢通りを渡った目黒川あたりでは
八重桜が咲き誇る。

店内から見る様が何とも言えません。


NARITAYUTAKAは新進気鋭のフレンチレストラン。
この周辺の雰囲気が気に入っているので、
2年ほど前の開店したてのころから知ってはいました。

器がやたらおしゃれです。


大事なことです。

アンリジロー、いただきます。



スペインのパン、コカ。
唐辛子練り込みバターが添えられています。
香ばしく、固いパンです。

前菜

魚介のカクテル
と称されています。
鰆、大根、きゅうりなどがグラスに入り、
きゅうりジュレがかけられています。
日本の酢の物を意識していると思われます。

前菜2

フォアグラ キャラメリゼ。
みかんのソースがかけられ、


ピメンテでピリ辛にしてあります。
美味しい!

ガス入りの水をもらったら、
グラスが星型。


温菜

きく芋のソテーに、ほっけのほぐしが乗ってる
粒マスタードの酸味がきいたソース。
これうなります。

白ワインがいいですね。


リースリングがよく合います。

コカがなくなると
パンが来ます。


魚料理

鯛のポワレ
グリンピース生姜ソース タプナード添え。

おいしいですねー。
ここまでくると、和と洋の融合が
かなり洗練されているのに気づきます。


肉料理

山形牛の低温ロースト
蛤バター、山椒の香り。

筍が泣かせます。
肉もおいしいですが、筍がかなりおいしい!

デザート

ライチと薔薇のアイス
フランボワースの泡が面白いです。

デザートワイン欲しました。


シャトーディケムの隣の畑だそうです。
ばっちり好み!

デザート2

なんか、どこかのパティシエが来たとかで、
特別なデザートを勧められ、頼んでみました。

きれいです。


女性にうける、素敵な店ですね。
和と洋の融合が見事に具現化され、
楽しい食事でした。


posted by ぼぶ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

Restaurant Le joujou(ル・ジュジュ)@自由が丘 人気は定着しました。すばらしい店になりました。

訪問日時:2015/03/13

久しぶりに
ル・ジュジュに来ました。


今日は6800円、6皿のコースです。

アミューズ

えびのカダイフ巻き揚げ 。

下にはオリーブオイルとマヨネーズのエスプーマ。


はあ〜〜
なんとおいしい。
カダイフ巻き揚げって好きです。

前菜

雲丹と温泉卵のロワイヤル。


こちらの名物ですね。
これ、やばいですよ。。

前菜2

いかのカプチーノ仕立て。


さわやかです。

魚料理
ホタテソテー ふきのとうのリゾット。

ホタテ、おいしい!
ベタだけど、おいしい!
ふきのとうリゾットもおいしい!

ワインもすすむってもんです。


魚料理2

鯛のポワレ。
山菜がいいアクセント。

口直し

ラズベリーのソルベ。
さっぱりします。

肉料理
鴨のロースト。
うまいっす〜〜!
鴨好きだな〜〜

黄色人参、紫芋などの色とりどりの野菜もきれいです。

デザート

コーヒープリンのキャラメリゼ。
ナイスです。
食事の締めにバッチリです。


今日も楽しくおいしかったです!



店情報など
posted by ぼぶ at 15:15| Comment(5) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

煮ジル 五反田店@五反田 大衆ビストロですが、料理がおいしい!

訪問日時:2015/04/04

クラフトビールで勢いをつけたあとは
これまた五反田では新しいビストロへ。
学芸大学店が良かったので、
五反田も来たいと思っていました。

あふれスパークリングで改めて乾杯。


いろいろ食べましょう。

カリフラワーのムース 蟹のゼリーとともに

ああ、カリフラワーのムースいい!
これはかなり気に入りましたぞ。

初ガツオと菜の花の煮ジル風なめろう 柚子胡椒のルイユ

かつおが大きいので、
なめろうという感じではないけど、
めっちゃうまい!
白ワインに合いまくりです。

とろとろ豚のシェリービネガー煮込み

煮ジルに来たら、
煮込み料理を食べなくてはいけません。
これは確かにとろとろ。。
少し酸味があるのがいい感じです。
赤ワインにしましょうかね。


マルベックですが、まあ普通。
ここはワインは大衆的です。

5種類のキノコマリネ

健康的ですね〜〜

鶏レバー・ササミのカルパッチョ

これ、衝撃的においしかったなぁ。
もっとたくさん食べたいくらい。

でも、焼きパテカンがなかったのが残念。
あれは学大限定なのだそうです。


団体さんが大盛り上がりしてましたが、
そんなに騒がしいとは感じません。
楽しい店だからですかね。

スタッフさんも感じいいし、
また来たいです。



posted by ぼぶ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

ビストロ メランジェ@五反田 五反田フレンチの新しい顔になり得ます。

訪問日時:2015/02/24

昨年9月に新しいフレンチビストロが五反田にオープンしました。
店の前の小さなフランス国旗がずっと気になっていました。

そして、行ってきました。


入り口は小さいですが、
店は奥行きのある作り。


今日はLUXAで予めチケットを買っての訪問です。
グラスシャンパーニュ付フルコースです。



アミューズ

キタアカリのポタージュです。
じゃがいもの香りが上品。

パンは近くのパン・オ・フウというパン屋さんの
四角いクロワッサンだそうです。


これ、すっごくおいしかった。
買いに行きます!

前菜

オマール海老とマンゴーマリネのコンソメジュレ 
下にカリフラワームースが沈んでます。


これはすごい料理ですね。
うなります。

ワインを呼びますね。


グラスワインが豊富です。


きりっと冷えておいしいです。
質のいいシャルドネはたまりません。



フォアグラのポワレ。
タケノコがおいしいです
オータムポエムという野菜も珍しい。

肉料理

鶉のパイ包み焼き 

断面も美しく。


鶉の身はおいしいですよね。
マデラソースが抜群です。

デザートは撮り忘れ_| ̄|〇
ライチのクレームブリュレとパイナップルのソルベでした。
苺、キウイが添えてありました。

お茶はコーヒー、エスプレッソ、紅茶、ハーブティから選べます。


これはハーブティ。

その後口直しに、
と ミントティまで。


はー、いい店ですねー。
コストパフォーマンスも高いし、
かなり満足しました。

お一人のお客様も多いし、
職場の仲間的な団体もいたし、
いろいろな使い方ができますね。


posted by ぼぶ at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

麺や 一途@武蔵小山 定期的に訪れて楽しみたい夜のコース。

訪問日時:2014/09/18 19:00

麺や一途のコース料理堪能の会。
2回目であります。


一番乗り。
みんなを待ちます。


当然飲んで待ちます。
すると、

「これでもつまんでください」


仲田社長、すんません。。

みんなも到着して
スタートです。


この生ハム、異常においしかったな。

ワインも楽しみますよ。


焼きたてのパンもおいしいです。


スープは野菜の冷たいポタージュ。


魚料理は甘鯛。


カリカリのポワレ。
王道ながらすばらしいおいしさ。


肉料理は薄切りで。


佐賀牛。
すっごいおいしいです。


〆は4種類のラーメン。

まぜそばアンリ。





卓(醤油ラーメン)

デザートはくるみとアイス。


ごちそうさまでした。
また来ます!
posted by ぼぶ at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

煮こみや なりた@代々木 いつ行っても心もお腹も肝臓も大満足。

訪問日時:2014/11/22 19:30
  
1年半ぶりに連れて行ってもらいました。

成田さん、相変わらず汗まみれで忙しそう。

まずは泡から。


https://lh4.googleusercontent.com/DWrPOtufbSgOhyXVl29fKCNhEDwZ6X3l7uMv1bnqMK_N=w420-h560-no

パンが出されますが、
ちびちびやります。
あとで満腹になるのはわかっているので。。


おいしいパンですけどね。

今日のラインナップはこちら。


最初はサラダと思い、
エビとトレビスとイチジクのサラダを。
ってことで来たのがこれ。。。(^^;


誰がどうみてもサラダには見えん。。。
大きなエビにはカダイフを巻かれて揚げてある。

クレソンを配り、
エビをどけるとこんな感じ。


めっちゃおいしいです。
たまらんです。。

白いきましょう。


新たなスタッフ
まことっちの見たて。
おいしいっす。

次は
フォアグラとキノコのパイ包み

大きさにびっくりして
ブレた〜〜

入刀!


ぐはー。
この香りななんだ。。。
鼻孔から全身に突き抜けるおいしいパワー。


なんでこんなにおいしいの。
芽キャベツもすばらしい。

続いて
カニマカロニグラタン

いや、これはすごい。
ベシャメルソースのグラタンは大好きだけど、
これは最高峰だね。

常連さんによると
以前はこれが肉料理の付け合わせに出てきたそうだよ。
なんちゅうこっちゃ。。。

そろそろ赤ですかね。


香りがいいっす。
おいしい。

鴨ムネ肉のポワレ

いつものようにマンゴーが挟まれている。
これが極楽の味わい。

参った。

もう少しワインほしい。


オレゴンのやつ。
なりたでフランスワイン以外をいただくのは初めてだ。

最後はピスタチオとヘーゼルナッツのアイス。


濃厚おいしい。

今日も大満足。
次はいつ来られるのかな〜〜


-
店情報など
posted by ぼぶ at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

帝國食堂@西麻布 使い勝手の良いビストロ。

麻布十番のお店に予約したつもりが手違いでできていなかった。
やべ。
どうしよう。
ということで近場のクラフトハンズで作戦会議。



おいしいビールを2杯いただき、
作戦がまとまり、西麻布へ移動。

先日、うしごろの付近をうろうろしていて、
見つけていたよさそうな店へ行くことに。
手頃なフレンチのようでした。

まずは白ワインをいただきながら、
メニューの相談。


ダンディなオーナー?とシェフと相談しながら決めました。
まずはお通し。


3時間コンフィしたオリーブ。
やわらかでかおりもよくおいしかったなー。

馬肉のカルパッチョ。


柔らかで癖のない馬肉に
ディジョンマスタードを使ったソース。
これはうまい。
赤ワインください。


こちらの店はレバノンワインが豊富です。
扱っている方と知り合いだとか。
このワインはシラー、カベルネとレバノン土着のブドウのブレンド。
どっしりしたボディながら、あまりないタイプで
独特の香りがすばらしかったです。

他にもフランス、イタリアのワインも多くありますが、
そのどれもがリーズナブルです。

フランス産ムースロンのスクランブルエッグ。


一見ほしたナメコのようなきのこ。
これが実にいいです。
しゃりっとした食感、香りも高い。
そして少し感じる苦味。
スクランブルエッグで大正解ですね。

パンも抜かりなくおいしい。


メインはバベットステーキです。


ハラミです。
厚く切られていて、
食感と本来の旨みが良く味わえます。


いい店でした。
また来たいですね。



-
帝國食堂
夜総合点★★★★ 4.0

関連ランキング:ビストロ | 乃木坂駅六本木駅表参道駅

posted by ぼぶ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月24日

アグリューム@下丸子 料理は味もボリュームも満足、ワインのこだわりも私好みでした!

訪問日時:2014/03/22

地元 下丸子に素敵なビストロを見つけました。


外観も可愛いです。
入りたくなる風情です。

店は小さいです。
女性のシェフが1人でやってます。

奥のテーブルに通されました。
不安定な椅子が怖いです。


小学校の椅子みたいなのに、
本の形をした木が積み重ねられて、
高さを調整しています。
酔ってきたらヤバイですかね。。

メニューは壁に手書き。


ボリュームが多いのは知ってましたので、
その辺を考えながら頼みました。

グラスワインも豊富です。


クレマンドアルザスで乾杯。


まず、パンが2種類きました。


暖かくして提供されます。
プチカンとフォカッチャ両方かなりおいしいです!

前菜盛り合わせ

パテカン、エスカベッシュ、豚のリエット、人参サラダ、ピクルス。
こりゃおいしい。
完璧な盛り合わせですよ、これは。

ボトルワインはそれぞれ説明書きと価格が書いてあります。

一般的に言って安いと思います。

今日はグラスで赤を2種。


じゃがいもと鶏レバー、砂肝の温製サラダ

これはワインに抜群に合う皿です。
飽きることなく食べつくしました。
実においしい料理です。

子羊のロースト

柔らかくて美味〜〜!!
敷かれたリゾットもすばらしい。

2人でこれでおなかパンパンです。
今度ここでワイン会やれるかな〜


店情報など
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

リベルタン@渋谷 ボリュームたっぷり、しかも絶品料理のビストロ。

訪問日時:2013/11/06

代々木の「煮こみやなりた」、
高田馬場のラミティエなど
ボリュームが半端ないビストロは
一つの流れになっている気がします。

そんな流れの新たな店、リベルタン。
オーナーシェフ紫藤氏、ソムリエの柴山氏が2011年に作ったアットホームなお店。
紫藤氏はビストロ「ル・キャバレ」、「レジドア」のシェフを歴任。
「レジドア」の閉店をきかっけに同店の同僚だった柴山さんと自分の店を渋谷に作り上げた。
きままに自由に楽しんでほしい、という思いから、「自由人」の意味の「リベルタン」
と名付けたとのこと。

今日は大切な飲み仲間と訪問。
グラススパークリングで再会を祝します。



メニューはすべて黒板に書かれています。
ボリュームがあるのは承知済み。
ですが、ソムリエさんが注文の仕方を教えてくれます。

前菜2種、メイン1種でいかがでしょう、
ということで素直にそうすることに。

まずはパテ・ド・カンパーニュ。


少な目にカットしれくてました。
気が利いてます。
そして、固めに仕上がったパテカンのおいしいこと。

パンも進んでしまう。。


焼鯖のキッシュ、サラダ添え。


鯖のキッシュなんて初めてです。
しかも分厚い!

焼鯖が実においしい。


シソの葉がいい仕事ぶり。

サラダの味付けも見事ですが、
ニンジンのラペがすばらしくおいしいです。

この一皿は実に楽しかったです。

赤ワインを推薦してもらいました。



きれいなルビー色。
インパクトはないものの、
飲み続けていると不思議においしく思えてきます。



ピノ・ノワール、ピノ・ブーロ(ピノ・グリ)、ガメイのブレンド。
鯖キッシュにも、このあとの肉にもバッチリ合いました。

山形牛の厚切りステーキ。


肉でか!



下にjはインゲンが敷き詰められている。
たくさんのフレンチフライもうれしい。

そして、油たっぷりの中で注意深く焼かれた
牛のおいしいこと!



上には玉ねぎみじんとパセリみじん。
この味付けがすばらしい。
肉の甘みとか香りを最大限生かしています。


ここまででおなか一杯になります。
なりた ほどのボリュームではないものの、
確かな質感をもった料理の数々を堪能しました。
もっといろいろな料理を食べてみたいです。
また来ることでしょう。

ごちそうさまでした。



リベルタン

夜総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:ビストロ | 渋谷駅明治神宮前駅原宿駅

posted by ぼぶ at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

Restaurant Le joujou(ル・ジュジュ)@自由が丘 鈴木シェフの繊細な料理に魅了されます。

お前の好きそうないい店知ってるから、行こうぜ。

ってことで自由が丘のル・ジュジュへ行ってきました。
雑居ビルの三階にあります。
もとはじゅじゅ亭という焼肉屋でしたが、
2011年12月にこの店になりました。
「じゅじゅ」がかぶってますが、全く関係ないそうです。

ドアを開けると、清潔で清楚な空間が広がります。
カウンター5席と4人卓テーブル席が3つの
こじんまりした店内。

鈴木シェフはこんな経歴
伝説の地中海料理、池尻のドマーニにもいたことがあるそうですよ。

メニューはおまかせコースのみ。
5250円〜となってます。



ゆるりと食事スタート。



あたたかいバゲット。


バターには結晶状の塩がかかってます。

はまぐりの冷製


はまぐり、甘皮までも丁寧に剥いた枝豆の上に、
トマトの透明なジュレをかけてあります。
はまぐりの旨みとトマトの香りがなんとも言えませんね。

ビールは一気になくなったので、
シャンパンを。


昨日入りたてのバイトちゃんが入れてくれたのですが、
あとでシェフがあわててました。

「ちょっと入れすぎ・・・あせあせ(飛び散る汗)

と小声で言ってましたが、
本人はあまり感じてない様子。
その表情がかわいいのでゆるしてあげて。。。
いや、こっちは歓迎ですがね。。

そして、次の一皿に感嘆の声をあげました。


鮮烈な赤が印象的。。

ビーツの中にブルーチーズが入ってます。
ナッツとかクルトンも加わり、味わったことのない感覚。



これはすばらしい料理です。
やはり間違いないお店と、確信しました。

赤ワインくださいな。


今度はシェフがしっかり注視してました。

「はい。そこまで!」

(^^;

次はこちらの名物らしい料理。


上から、ウニ、コンソメジュレ、温泉玉子。
コンソメがなければ、日本料理だな。。
会話も止まるおいしさ。。。



イカに黄色ズッキーニなどをつめたもの。


遊び心あるけど、手の込んだメニュー。
イカも柔らかくておいしいですねー。

魚料理はスズキ。


上にかケイパーやら、いろいろなもので味付けしてあります。
わさび菜とルッコラがいいアクセント。

「お肉はどうしますか?」

と聞かれたので、少なめでお願いしました。
その前にアニス風味のグラニテ。


中華で使う、八角ですね。
さっぱりいただきました。

そして、メインは北海道産仔牛肉。


柔らかいですねー。
香りも最高ですねー。

デザート。


フランボワーズのアイスとホワイトチョコレートのムース。
生クリームだったら、残すところでした。。。
これはおいしかった!


いやいや、堪能しました。

この日はビール、シャンパン、グラス赤ワイン2杯で
@8000円くらい。
肉がなければもう少し安いと思います。

それにしても
来たい店が またできてしまいました。(^^;
カウンターに置いてあったパスタマシーンで作られたパスタを
今度はいただいてみたいですね。


Restaurant Le joujou
不定休なので、必ず予約を。
posted by ぼぶ at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月09日

レストラン パッションPACHON@代官山 

訪問日時:2012/11/25

家族のお祝いごとで、レストランパッションへ行きました。
ドアを開けてくれて、中に入ると、
素晴らしい空間が広がります。

なんといっても一番奥にあるマントルピースが素敵です。
この日も暖かい炎があがってます。



この日はオタンティックというプリフィクスのメニューにしました。

乾杯。


みんなよくがんばった。


アミューズ。


ポークのリエット、キッシュ。

アミューズその2。


この時点でみんな、あまりのおいしさと洗練されたセンスに引き込まれました。

前菜。


オマール海老と柑橘類のサラダ仕立て。
フルーツが実に効果的に使われてます。
まわりのフランボワーズソースの飾りつけも見事。


こちらのシェフ、アンドレ・パッションさんは
フランス ラングドック地方の出身だけに、
ワインラングドックが主体。



2種類いただき、ご満悦。

そして、メイン。
嫁の魚料理。


すばらしい。

暖炉で焼き上げた牛フィレ肉のグリエ。


うなっちゃいました。
肉のうまさを最大限引き出す焼き加減。。。
これはめちゃくちゃおいしい。。

塩、胡椒が添えられているのもうれしいです。
ソースも抜群ですが、シンプルに塩でいただくと、
ますます肉のおいしさがわかります。


チーズを少し切ってもらいました。


そして、ポートワイン発注です。


それぞれのチーズの味わいを引き立てる甘いワイン。
最高のひととき。。。

デザート。


自家製マカロンがとっても気に入りました。



最高の時間を過ごせました。
アンドレさんが席まであいさつに来てくれましたが、
あの暖かい笑顔に癒されます。


心まで満足しました。
さすがは3年連続ミシュラン☆


PACHON

-
posted by ぼぶ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする