2019年05月22日

鮨 りんか@自由が丘 グループの中の1店舗なれど、素敵な店でした。

訪問日時:2019/05/21 18:00

鮨りんか。
自由が丘、城南信用金庫の交差点そばに
昨年8月8日にオープンしました。

株式会社NATOMICSという和食中心の店舗を
数店展開するグループの新店です。

グループ店とは言え、気になっていましたので、
また、寿司難民(謎)なので、
友人と突入してきました。


日本酒の品揃えも豊富でいいですねえ。

今日は最上級7000円のコース(安い!)で
予約してあります。


ビールは好きな赤星。
すでに飲んべの心を捉えます。

モロヘイヤのおひたし

モロヘイヤって一時期すごく流行りましたね。
かなり久しぶりに口にしました。
で、これ、出汁が美味しい!

真鯛

塩とわさびで、ですって。
心得てますねい。

炙りホタルイカ

たまらん。
日本酒プリーズ。


夏酒が出揃い始めていました。

浜名湖アサリのスープ

じゅんさいも忍ばせています。
アサリの濃い出汁加減がすばらしい。


勝浦の鰹を少し炙って、しゃりに乗せ、
ネギとしょうがとワサビでアクセント付け。



ホワイトアスパラに雲丹とトリュフ。
贅沢ですが喜んでいただきますよ。

お酒も進むってもんです。



いさきの焼き物。
こごみと行者にんにくもいいお供です。

ポテトサラダ。

贅沢トリュフの大人のポテトサラダ
というタイトル。
香りがすごいひと品です。

これはコースの中の一つを
トレードしてもらいました。

握りに備えて下駄代わりの台が。


すてきな焼き物です。

真鯛

塩でいただきます。
うまい。

いか

これも塩で。
さくっとスミイカです。
大瀬崎産らしいです。


脂がよくのってます。
2枚漬けが嬉しいです。


炙ってから錦胡麻を散らしました。
おしゃれ〜

帆立

これも炙り。
炙りが多いですが、
実にうまく素材の味を引き出しています。


赤身の漬け。
すばらしい。

口直し

沖縄もずく酢。
さっぱりします。


海老

黄身酢おぼろ乗せ。
香りがいいですねえ。

穴子

見事です。

うに

味が濃いです。

茶碗蒸し

これもコースの中に組み込んでもらったものです。

ひもきゅう

これも久しぶりにいただいた感じです。
昔はひもきゅう、よく食べました。

玉子

甘くて美味しいやつ。

これでコースは終了。
最後は赤だし。


いい店です。
川又料理長はとても人当たりがよく、
また来たい、という気に自然となります。
実際、また来ることでしょう。

店情報など
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

鮨 からく@銀座 ワインとのマリアージュをうたう寿司屋さんです。

訪問日時:2019/04/30 18:00

クレジットカード会社の
ゴールデンウィーク銀座企画で、
比較的リーズナブルに楽しめそうと、
予約してやってきました。

店主家族をちょっと知っているので、
ご挨拶もしたかったし。

結果、さすがのクオリティでした。


こちらの大将はワインと江戸前寿司の相性を探求している方で、
ソムリエでもあります。
このアンリオのグランドサポーターらしいです。


一品料理も魅力的ですが、
今日はおまかせコース仕立てです。

雲丹あえ下足

うま〜〜〜!!

賀茂茄子揚げびたし

丁寧な仕事です。

かいわれ菜

シンプルですが、
ほのかにツンとくるのがいいですよね。

ヤリイカつけ焼き

これ、美味しかったですー。
日本酒を呼びましたが、
ワインを続けましたw


握りに入ります。

すみいか

サクッと美味しいです。

こはだ

中にえびおぼろが仕込んであります。
酢の具合がベストです。

鯛の昆布締め

まぐろ漬け

とろ海苔巻き
https://lh3.googleusercontent.com/BNA6ZQy1KmyFB8qoU1teV01PwFUw87_UyuvIzQGCXD-jIN7hwHlfVzaj6V4AVqMvvooGqifQOQxjBrJ-vWXLvTzslmlPOuze4MpDMxyYTOiR1BrKC1EC5yNSbRqMXf7VgPbQnfahK6AVWhsR7naWT0PhtZ-MCKh1IysufJjo3hBPDKuyWibs5J3mENdp5aTro6zSPgdaaZBm-O78pW8dRznoTe5bxD8pyMnY3DOF5shryRDzS0MioksYXTxxdsgurDngy9P_6TWirtF2DpihgRa1nQi-wrXnJ7QSS2JuHAz1BgpQKx-Xp_Ihu_IG2_PNUQqvsOmNgPcl2O04Zq66uum54LWYLqOXRys8bLiUuJaP1YIrQsQSiNgayoAYbALyRaPuNXS6-1_3bsRCIgcWfDAPRxxb9JxxfuoABwiryIRo1VoA2s5TWuOlDE8nricupha-AXb5lltS8_uH2r5FFpwSCkGJjJ-cd4ncNQq06-ALBujVIZTGK1Q0ByTD5pPqdYxFWTgLu_VSYI8CrCz_V7XGamYhB_kzg_5juRLzr8Hn2U6_DDdxAaXBY0UGAPEZQ50UQo62M2EuFN8o6ylix94ppuRWUw1k1wSQxD_0Bg-xoLTlNSN-eGceHPQr-Gvj5EpstHLbS8LAkUaGBVwZCxVvBGR_2dZc=w420-h560-no

めちゃうまい!

いくら

玉子の香りが濃いです。

もういっちょ

鯛の皮

鯛の皮だけを炙ってあります。
初めて味わう美味しさよ!

鯛のごま醤油

これも衝撃的に美味しい!

穴子

さより

ふっくらと身が厚いです。

イカキャビア

お隣に釣られてお願いしました。

最後は玉子焼き。

美味しかったです。


仕事で使いやすそうなので、
また来ることにします。


鮨 からく

ラベル:鮨からく
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

丁未 坂@恵比寿 和食とフレンチの融合でが見事です。

訪問日時:2019/04/20 13:00


ランチで貸し切りの食事会でした。
夕食が主体の店ですが、
貸し切りでランチは対応してくれるようです。

ノーマークのお店でしたが、
すばらしかったです。

欲張りな大人の隠れ家「丁未 坂(ひのとひつじ さか)」
店主は全国130余りの蕎麦屋を回り、和食で3年、
フレンチで5年修業しました。和食とフレンチの粋を超えて、
四季折々の旬素材の和食、メインのフレンチエッセンス・・・

とのことです。
楽しみです。

店主さんは 坂さん。
丁未の生まれでしょうか。
優しそうな方です。

まずは先付け

春キャベツと桜海老の和えもの
いかにも春らしい優しい味わいです。

前菜

自家製牛タンのハム。
今度はフレンチテイストできました。

これ抜群に美味しいですね。
ワイン欲します。


昼なので、これだけにしておきました。
そういう席でもなかったので。。

お造り

いなだ、黒ソイです。
赤ワインでも問題なかったです。

お椀

玉子豆腐、菜ばな、筍のお吸い物。
ほーっとするお澄ましです。

メイン

スペアリブ。
赤ワインで柔らかく煮こまれています。
本当に美味しいです。

蕎麦

締めは手打ち蕎麦です。
香り高くて実に美味しいですね。
和仏混在の料理の締めとしては
最適だと思います。

デザート

バナナのパンプディング、キャラメルアイス添え
ゆったりとしたお食事を楽しみながら、
午後のひとときは過ぎて行きました。
有意義で素敵な集まりになりました。

いつか夜におじゃましてみたいです。

丁未 坂


店情報など
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

すし高野@馬込 思った通り、夜は楽しかったです。

訪問日時:2019/04/13 19:30

ランチに偵察に行って以来、
いつか夜に来たい、と思いつつ、
もう4ヶ月が過ぎていた・・・


後輩を誘い、夕餉スタート。

先付け

かなり楽しいものが出てきました。
キャベツの出汁、
菜の花と里芋のチーズがけ、
ホタルイカ酢味噌、
つぶ貝とホタテ肝のミルク和え。

日本酒を呼びますな、これは。
なので素直にそうしておきました。。。

前菜

先日も出たやつ。
ミズダコの天ぷらに
出汁をかけてくれます。


これ、美味しいねえ。
出汁もとても上品。

お造り

かつお、美味しかった。
青柳もしかり。

キンメ鯛の焼き物

劇的に美味しいです。
キンメは何しても美味しいです。

たまご

おしゃれな切り方でサーブ。
甘い伊達巻のようで、美味しいです。

握りに行こうか、
というところでしたが、
もう少しつまみたいので、


平貝を焼いてくれました。
いいね!

そしてネタ箱の登場。


こちらのご主人はだみ声でよくしゃべります。
ですが、仕事はすばらしいです。
ネタ箱を見て、楽しくなります。

つまみもう一品。


穴子白焼き。
これは涙モノ。

握りスタート。

小鰭から出されるの、好きです。
自信の現れでしょうし。
で、もちろん上級の美味しさ。


えび、最高。
頭も揚げてだしてくれました。


みそが・・・

鱚昆布締め

うにはこれです。


おがわのしか使わないとか。
おがわ、知りませんけど・・・(^^;


あまうま!!!

煮蛤

この前も個人的に目立っていた煮蛤。
これはほんとに美味しい。

金目鯛

ひらめ

しゃこ

2枚漬け!
これも美味しいなあ。
ツメが絶妙の味わいですわ。

すみいか

さくっと噛み切れる。
美味しい。

干瓢巻

仕込みの丁寧さが
ここでもにじみでます。

お母様特製のお味噌汁

これがまたしみじみと美味しいです。
お母様は寿司以外の呂入り担当。
さすがに歴史ある寿司屋の
女将さんですねえ。

現在は裏方だけど、
きっちり息子さんを支えていて、
とてもほのぼのします。

この日はおまかせ以外に、
いろいろ頼んで飲んだせいか、
@20000円でした。

楽しい旦那さんと優しいお母様と、
可愛らしいバイトさん。
また来ますね。

ラベル:すし高野
posted by ぼぶ at 17:26| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

紫光匠 寿司@天文館通 器までこだわり抜いたすばらしい料理と握りを堪能しました。

訪問日時:2019/03/22 18:00

鹿児島にて保養と
焼き物探求の旅です。

薩摩焼きに興味があったので、
美術館等を訪れ、いろいろ勉強すると、
沈壽官という蔵元に行き着き、
訪問しました。

ここが薩摩焼のルーツかと思うと、
感慨深いものがありました。

さて、その夜訪れた寿司匠 紫光。
自分で調べて訪れましたが、
その偶然に驚きました。


店内は明るくて清潔感があふれます。


この器の裏側に「壽官」とあったのです。
恐る恐る効いてみると、
こちらの器は全部 沈壽官十五代目のものだとか!
さっきまで体感していた器が次々と
出てくるのには感激しました。

何も言わなくても自動的に始まります。

〆小鯛

きゅうりが巻いてあります。
ほどよく酢じめしているので、
胃にほどよい刺激が加わりますね。

ホタルイカ

旬の先取り。
うまいす!

きゅうりも一緒に。

見るからに緑あざやかです。
ただのきゅうりではない香りと甘さ。


少し炙ってあります。
種子島の塩がいいのか、
香りがよくて実に美味しい。

松葉ガニ

すごい。
ポン酢のジュレもセンスよし!

中トロ握り

こちらはアテと握りがランダムに出されます。
このマグロはびっくりするほど美味。

鹿児島ですからお芋さんをいただきますよ。


銘柄はおまかせすると、
好きな三岳でした。

小鰭握り

仕事の丁寧さがうかがえます。

地鯵

美しいです。。
青のりの刻みがとても良いアクセント。


ウニとネギと紫蘇を巻いています。
たまらん一品です。


フライドガーリックがまぶされています。
めちゃ美味しい!

鯛握り

なんと黒胡椒が乗っています。
こんなの初めてでしたが、
実に合うものですねえ。。。

さより

甘さがあり、
確かな食感がナイスです。

鰆山椒焼き

すごい。。
この焼き物はうなりました。
手前の茎わさびも絶品。

うに軍艦

甘いのと海苔が美味しい!

さより皮焼き

さよりがあると、
皮を焼いてもらえるか聞いてしまいますが、
今夜も聞いてみました(^^;
身の残し方が絶妙です。

次のお芋さんは南泉。

種子島のもので、大変好みでした。

小柱握り

香りが春を感じさせます。
贅沢です。

車海老握り

これ、絶品の極みです。
車海老を少しだけ湯通ししたそうです。
甘さが抜けずに海老の美味しさを
100%味わえる、そんな握りです。

頭は焼いてくれます。


素敵な醤油皿です。


ご主人が考案されたロゴマークが
醤油を入れると浮き出ます。
沈壽官、素晴らしいです。

あおりいか握り

食感がしっかりしていて
甘みもあります。
生姜のアクセントも見逃せない。

穴子握り

海苔で巻いたスタイルは珍しいですが、
非常に好みの味わいです。
ツメも好きなタイプ。

玉子

甘いですー♡

お味噌汁をいただきます。

出汁が深い!

もう少しいただきたかったので、
鯖握り

昆布が載せられているので
ばってらの様な味わい。
感動するほど美味しい。


お遊びで鯖に奈良漬を巻いてくれました。
驚愕の味!
これ真似した方がいいです。


鹿児島の味と器を堪能して
ごちそうさまでした。
鹿児島は来ることは少ないですが、
ぜひとも再訪問したいお店です。



店情報など
posted by ぼぶ at 10:32| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

鮨よしかわ@恵比寿 恵比寿の新しい寿司屋さん。全てにおいて満足しました。

訪問日時:2019/03/19 18:00

クラウドファンディングを見ていると、
ときどき魅力的なものがあります。
ここはその一つ、鮨よしかわ。

何となく支援したくなり、少し協力させてもらいました。
その後、昨年10月29日にオープンしましたが、
行く機会がなく、半年ほど時間が経ってからの訪問。


今日はそのリターンでオールインクルーシブの
大将おまかせのコースです。
まずは水芭蕉のスパークリングから。

お通しはのれそれ。

ポン酢もさわやか。


本マグロ切り身からスタートです。

こちらのゲタは大谷石。

好きな石なので
これは少し嬉しいです。

で、マグロ、うみゃいO(≧▽≦)O

三重の桜ぶり おろし玉ねぎ

甘さのあるおろし玉ねぎがバッチリ。
美味しい鰤です。

千葉カツオ 揚大蒜ポン酢

この鰹、素晴らしく美味しかったです。
ガーリックチップポン酢が非常に合います。

焼酎をもらいました。

連れは「和ひーと」

モヒートに大葉が入ってる和風仕立て。

ボタンエビ

甘さ際立ちます。

鰆西京焼き 鰆スープ

下にはシャリがあります。


スープをかけてお茶漬け風にするのかと思ったら、
口の中でマリアージュだそうです。
まずは鰆が美味しい!
そしてスープをいただくと至福のとき・・・

多くの人がおかわりをするガリ。

これも脇役として一役買ってます。

握りが始まります。
中トロ

エシャロット醤油がかけてあります。
美味しいなあ。

ハタ

穂紫蘇と煮切りで味付け。
すばらしい食感と香りでした。

日本酒ももらいます。

車海老

オセトラのキャビア乗せ。
贅沢!

鰯炙り

自家製の米麹醤油を乗せてます。
6週間熟成させているそうですが、
これがめちゃくちゃ美味しいです。

大将が巻物をはじめましたが、
キンカンの醤油漬けを並べてますよ。


赤だしが出され、
またもやマリアージュだそうです。


巻物の正体は
マグロ赤身とキンカンでした。

これ単体ですごいですが、
赤だしとのマリアージュが最高。

うなぎドッグ

すごいもの来ました。
もう満腹に近いですが、
これはガツガツいきました。
わさびはちみつ醤油がすばらしい。

続いて手巻きもの

キンメダイ天ぷらにうにとキャビア。
こんなの違反です。
うますぎる。。。

今度は芽ネギを用意してます。

握ってからスポンジを切り落としてました。


なるほど。
芽ネギがばらけない工夫ですねえ。

最後はお茶を自分で。

茶の湯も心得があるのでしょうか。
最初の一煎は水出しで。
その後冷めたお湯でいただきます。

デザートはガトーショコラ

チョコが濃い。
美味しい!


とても満足しました。
今後も会員として使わせてもらいます。


鮨よしかわ



posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

CRONY@表参道 数々の有名店で修行を重ねたシェフのセンスが光る店です。

訪問日時:2019/02/02

家族での食事会です。
私の誕生祝でこちらを予約してくれました。


つくづく、いい店でした。
ずっと印象に残る店でした。

店に入ると薄暗い空間。
なんともいえない凛とした空気感です。


ロゼシャンパン。
お祝いありがとう。。。


アミューズが4品出ます!?


石っころです。
こんなん食えん!
とか言わないの。
黒いプチコロッケがあるのです。

のっけからこの遊び心に笑顔になります。


コシアブラです。
舞茸ソテに乗ってます。


温かいチーズパイみたいなもの。


しいたけの下にタラの芽です。
すごいなー。

前菜

ボタンエビカルパッチョ イタリアキャビア

じっくりとちぎれないように潰したそうです。
甘くて美味しいし、キャビアの塩っけがたまらんです。

赤をもらいます。



キノコと雲丹の焼き物

なんかすごいのばかり。
楽しーですねー。


家人の白。


これも美味しかった。


パンは焼き立て。
手でちぎってあります。
このパン、絶品!
ホイップバターも最高。


次の赤はボルドー。
楽しいですー。


鰤のローストですって。


鰤の火の入れ方も見事なら、
甘めのソースがいやってほど美味しい。
うなる逸品です。


シンシンのロースト。


柔らか赤身肉の極地です。
なんと贅沢な、、、

次の料理は箱に入ってきました。


・一口で食べる
・口を閉じて噛む

などの注意があり、その通りにかぶりつくと、

!!!

暖かなチーズが溢れ出ます。
うまーい!!

そしてデザート。


チョコブラウニー。
なんと美味しい。


ありがと。

最後にまた石っころ。


ガリガリ食べました(^^;
チーズでしたけどね。


シェフとディレクトールは
カンテサンスにもいらした方。
ゲストを楽しませる技と心を知り尽くしている、
そんな風に感じました。


Crony


posted by ぼぶ at 21:54| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

すし高野@馬込 きれい好きなご主人のセンスと腕が光ります。

訪問日時:2018/12/28 12:00

2017年4月にオープンしたお寿司屋です。
千成 というリーズナブルな寿司屋の1軒隣とは大胆な、
とは思っていました。

ただ、このご主人のきれい好きがいつも気になっていました。
ここは私の通勤路なのですが、毎日扉を開けて掃除をし、
まな板を天日に当てたり、椅子などをきれいにしている姿が
とても印象的でした。

で、一度ランチに行ってみるか、
ということになりました。

店に入ると、当然のように清潔な空間。
香りもいいですね。

お品書きは
にぎり10貫(先付け、にぎり、料理2品、お椀)3,000円(税抜)
ばらちらし(先付け、ちらし、お椀)3,000円(税抜)
鉄火丼(先付け、鉄火丼、お椀)3,000円

ばらちらし3,000円はちょっと高いかな、
とも思いましたが、注文。

するといろいろ出てきます。

IMG_20181228_115925.jpg

たこの天ぷらに出汁をかけてくれました。

IMG_20181228_115932.jpg

これがかなりヒット。
美味しいです。

先付けは続きます。

IMG_20181228_120021.jpg

イカの塩辛、菜ばなと里芋のチーズがけ、
鱚一夜干し、白子のすりながし。
こりゃ昼間から飲みたくなりますわい。。

目の前には大きな毛蟹が鎮座。

IMG_20181228_120704.jpg

食べたいなあ。。。
まあ、今日はいいですけど。。。


そして、悠然と手を動かす店主さん。
目の前に煮蛤があったので、物欲しそうな顔をしてたら、

「入れましょうか!」

お願いしまっす!

ご飯の量も聞いてくれました

「大盛りにしますか?」

いやいや、普通で良いです(^^;

そして到着。

IMG_20181228_121604.jpg

これね、間違いなく美味しいです。
種類も豊富、15種類くらいじゃないでしょうか。
彩りもきれいですよ。

お母様が作られるお味噌汁も最高です。

00100lPORTRAIT_00100_BURST20181228121823319_COVER.jpg

卵焼きで食事は終わり。

IMG_20181228_122727.jpg

デザートもありきたりでないものが
でてきます。

IMG_20181228_123503.jpg

甘酒のソルベをフルーツにかけます。
これ美味しい!

おしゃべりも面白いご主人。
夜に来てみましょうかね。


すし高野


ラベル:高野
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

鮨 五徳@渋谷 寡黙な店主ですが、腕だけで楽しませてくれます。

訪問日時:2018/12/7 18:30

鮨 五徳。
オープンのころから行っていました。
知人の女性が店主に嫁入りしたのが
知ったきっかけ。

当時は彼女も女将としてお店に立っていましたが、
それよりも私は、店主、上野さんの腕に惚れました。
それから何度か通いました。

以前は宇田川町からNHKへと続く、
遊歩道沿いにありましたが、
2017年9月に現在の場所に移転しました。

移転してからは初になります。


劇場型寿司屋の走り、と言ってもいいと思います。
当時からおまかせのコースのみ。

上野さん、お久しぶりでした。

そうそう。
この箸置きです。


友との再会を祝して、


ますはお出汁。


たけのこが入ってます。

かわはぎ肝ソース

いきなり涙もの。
うまい〜〜〜

私はお酒をいただきますよ。


北海しまえび

ねっとり甘い。
美味しい。

鹿児島戻りカツオ

脂のってます。
木の芽の香りがナイス。

むかご棒寿司

むかごが棒寿司になるのですねえ。
美味しいですねえ。

タチウオ酒蒸し

ふわふわの身。
見事です。

噴火湾あん肝

日本酒70度での低温調理だそうです。
出汁で炊いた大根もいい脇役。
めちゃくちゃ美味しいですー。

石川県香箱蟹

時期ですからね。
楽しいですね。


酒も進みます。


そして、こちらの名物、
焼き白子

鉄器で焼いてきます。
実はこれ、修行先の等々力の會で習得したもの。
こちらでは酢飯を別皿にしてあります。
間違いない逸品です。


握り開始。
ガリは輪切りになってます。


鹿児島すみいか

シコっと美味しい。

和歌山のクエ

上品な脂のうまさったらない。
これは食べられてホントによかったです。

大分さより

肉厚です。
大好きな旬の肴。

根室いくら

出汁の風味がすごい。
これ、ただただ美味しい・・・

車海老

甘さが美味しさの証し。
食感もすばらしい。

こちらはお茶にもこだわりを見せます。
水出しの冷茶が多種あります。


たくあんの一切れすら
気合が入ってます。


赤身

熟成感あります。
こりゃいいね。

中トロ

大トロ

まぐろの贅沢な食べ比べ。
笑顔が続きます。

こはだ

味も含めて美しい。

吉岡紫うに。

根室バフンうに

これまた食べ比べ。
どちらも最高においしい。
もうたまりませんな。

穴子

つめの味、最も好きなタイプ。
ふわふわの炙った穴子に甘いつめ。
しめにふさわしいです。

デザートは玉子

カステラですね。

お味噌汁をいただき、
フィニッシュ。


一段とすばらしくなりました。
またきますね。


鮨 五徳


店情報など
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

すしの壽々丸@伊東 地のネタが豊富で、素朴な美味しさを味わえます。

訪問日時:2018/11/20 18:00

伊東に泊まるにあたり、
ここなら間違いない、と直感した寿司屋に
仲間を連れて行きました。

大将たちに挨拶をすませ、
2階の広間に集まります。

地ビールいただきます。


伊豆の地ビール、usamiのゴールデンエール。
美味しいです。

お通し

大根のきんぴら、鮪の煮凝り、マンボウの腸酢味噌和え。
ここで、この店美味しい!を確信しました。

刺盛り

豪華です。
石垣鯛、飛び魚、かんぱち、さわら、
かつお、さば、いか、真鯛、 めじまぐろ。
お魚はもちろんなのですが、さすがに静岡県、
わさびが極上です。

お店の名前を冠した焼酎をもらいます。


煮物

いろいろな魚のあら煮です。
これ、味が濃くてめっちゃ、、、めっちゃうま!!

ワインを欲しました。


これも地元、中伊豆ワイナリーのワイン。
白赤、両方美味しいですねー。

日本酒もいっておきます。


英君、初亀、天虹
全部伊豆のお酒です。
それぞれの特徴がはっきり違って面白いです。

蒸し物

茶碗蒸しは落ち着く味です。

焼物

カンパチの幽庵焼きです。
甘くて美味しい。

握り
壽々丸

見た目普通ですが、
シャリの具合が絶妙で、
かなり高レベルな握りでした。


エビのお出汁のお味噌汁。


楽しくも美味しい宴でした。
今度は個人的に来たいです。
美味しい以外の理由もありますが・・・


すしの壽々丸


店情報など
ラベル:壽々丸
posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

築地寿司清 伊勢丹会館店@新宿 変わらぬ握りの旨さです。

訪問日時:2018/10/02

客先で話をしていて、夜になってしまったので、
そのまま軽く夕食ということになり、
伊勢丹会館の寿司清にきました。

築地寿司清は今から30年以上も前、
場外市場の本店にはよく行きました。
元気な大将にいろいろ寿司を教わったものでした。
その後他店舗展開を始め、今ではグループで30店舗を越す
一大勢力となりましたね。


お通しの酢の物、おいしいですねえ。


いか、鮭、まぐろ、根昆布が爽やか。

カニサラダ

ドレッシングも美味しいじゃないですか。

目光り唐揚げ

ふわふわです。
久しぶりにいただきました。

お造り盛り合わせ

ひょー、結構豪華ですぜ。
赤海老、とろ、赤身、あわび、肝、ホタテ、鯛、ぶり。
どれもかなり新鮮な美味しさ。

ほたて磯辺焼き

ほたてが大きい!
これ、今ではいろいろな寿司屋で見かけるけど、
一番最初に知ったのは寿司清だったです。
ほんとに感動したのを覚えています。

握り

ウニがすばらしく美味しいので、
この店はいい店です。
という私なりの尺度です。
もちろん、小肌も穴子もすばらしい。
さくっとごちそうさまでした。

築地寿司清


ラベル:築地寿司清
posted by ぼぶ at 21:59| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿司番屋 銀座本店@銀座 銀座でもリーズナブルに美味しい寿司が楽しめます。

2018/10/03 18:00

この値段でいいの?
信じられない寿司屋を発見しました。


いかにもなチェーンの居酒屋っぽいのです。
階段を降りて、店に入ってもその印象は同じです。

ですが、その印象はすぐに崩れることになります。


箸置きはモリのオブジェですね。
かっこいいです。

社長、いつもお世話になります。


今日は板前おまかせコース6000円を頼んであります。
日によって違うようですが、はたして。。。


このお造りでぶっ飛びました。
めっちゃ美味しい!

とろ、真鯛、赤身、赤貝。
特にとろは泣かせます。


塩で食べさせるとこなんぞ、にくいです。


酒飲みましょう。

干瓢巻き

ここで干瓢巻きですか。
自分で巻くですか。

ここでは肴が終わって握り、
ではなく、ほぼ交互に出てきます。


いいね。
栃木の干瓢を上手に炊いてあります。
空腹のお腹が落ち着きますね。

本まぐろレアカツ

これ、

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!

塩とわさびが合います。
食べ物として大好きです。


とろ握りウニ・キャビアのせ

夢のような取り合わせ。。。
一口でいただくのが実にもったいない。。。

ミル貝

ばってらが一緒にくるところがいいですねえ。
これも美味しい。

お椀

今日は松茸の土瓶蒸しですって。
きゃー。


鱧も入ってしあわせ・・・

小肌
https://lh3.googleusercontent.com/mKMQuAVN15Lselj6dgNTNqey7lflGIqniz0EsIbKWwrj_27f2IWMqRanyP2rdP1qbFueaBtxJ0gJuZuhy_4nO89AAVa7wcuToiqFZeo9XrnBloKqIArr_gp9Pcf8jWC9wUGPyRPUKEpH-z7-2oNP9a3a3imdns4tQk563-1SwsGlB08KIQD-nkGwkmvOxBZEHzTTClnapG6lRgg_i0JuTdH0PCHkVmIQhPCgPXC-Awit9HGlZXuBXM630hq_qWfA5KHLu-AHrtUkgUt1yu3Ln9z9jFTboQsb05W6a9aIgWaGQqhN6TW1zWHWLUwkWH-VRywAkP28qSD9Ea5zjmCZaYVuM--awMFSDh-u9LpWqbsjv5q2GmifMTKjtJZ5dc-3Ka55cQVZuhAW5nXWFyFOcFDT71PAkMxbHi17-gzU6EtPK1ESyRjj6HGgnISKEaqFiYO9yCgMLe1lZVkkRLxjzINBnvJkwnUY5XNVf5ozEIGqydDhRhSvO3e_1WSMOZp4kG4oNDIRlpJLF7ZWA5hKKg6Wl2FA5uUPPTPYc7k9HVA8FX9SKLTUXURh3GiA9dech_I-eLZx9H14PtK5X2SIdFzBD7zaRhsvlNAQ5KOoE3yZ88yzp-4DyIWyh1QRADvMnOCjimOZ6XToPuJC-n6Q8NAr7g=w560-h420-no

いい仕事してまっせ。

金目鯛漬け

しかし、美味しいなあ。
その辺の高い寿司屋も真っ青。

車海老

文句なし。
あそこのよりはるかに美味しい。

コースはこれでおしまい。
6000円、破格すぎる。

最後は目の前に貼ってあったこいつを。


すっげーうまいよ、これ!
甘酒のプリンって感じ。
自然な甘さがナイス。

良い店見つけました。
公私共にいろいろなシーンで使えそうです。


寿司番屋 銀座本店


店情報など
ラベル:寿司番屋
posted by ぼぶ at 20:01| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

鮨芳@武蔵新田 街に溶け込む粋な寿司屋。

訪問日時:2018/07/11 18:00

地元の寿司屋です。
いいよ、と聞いていたです。

DSC_0463.JPG

自宅兼お店。
下町ではよくある風情です。

座ると、

「今日はどうしましょう!」

と大将。
劇場型全盛の昨今、
こういう空気の寿司屋、好きです♫

おつまみを軽くお願いします!

ということで、

DSC_0464.JPG

突き出しです。
これ、すばらしいですね。
げそ、サツマイモ煮、しゃこ、明太子、たこ。
お造りレベルですよ。

なんだかんだと喋っていると、

DSC_0465.JPG

鯛のかまを焼いてくれましたよ。


お造りきました。

DSC_0466.JPG

美味し!
うまし!
酒すすむ!

そろそろ握り、と言うと
まずお椀がきます。

DSC_0467.JPG

お好みで四貫のみ。

DSC_0468.JPG

コハダ。
いい仕事してます。

DSC_0469.JPG

赤身は柔らかでかなりおいしいです。

DSC_0470.JPG

雲丹いいですねえ。

DSC_0471.JPG

江戸前穴子は欠かせません。


いい店です。
また来ます。


鮨芳


ラベル:鮨芳
posted by ぼぶ at 21:05| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

鮨かみやま@赤坂見附 気軽なお寿司屋さんです。

訪問日時:2018/09/06 18:30

従姉妹の子供が相談があるというので、
赤坂の寿司屋を用意しました。

https://lh3.googleusercontent.com/QT0dhgOyS_0i3WUXehg17Afp4GFFov5_BfPjAMpVLkKxG9LH3fMyaqhsTIEN6bPhQnXJBPljXzJzFSjRXci9EfXbx7xWUfCK7AFfXVlI3TzbFnMt0VjQ5xUsL0EZjABRJPqUZ6smWNxHv2-0r0Oufvb7o2VH1UUwJ7FEVBzznl7n2opB5W4CflrJZSbzo2E87Yc9h2tFVYytaNiDo8hGvA3jhDBm4qLx8Qz3rGivE05ediK0kMAU1ubGjgxcnSXuCDvEiah-uFLIXvD4fOnhtaBXL8q6LEPCzCCRe2luZVlARI7xyuyUP30k5Zhf3-UosYE6U6AMd5pFHgftSp8b07vhcskuTUTZzAZlHJ0icBQRMA3O8LcuCS4rZj_6gbxPoBVKt9wR4rP8TXldmX3vgBPZ2r_MfnQDPJif6smULtg7oR0YqwaoAwdGGtDRrhoJRcPJxkfa-kN2JmZGtisdyvisIjr2bh91IyVOF3JrznmKGYBbsmsf8QZwkuXX32fGRfsOW-G2E25BOidvOeLcZKwVRkTozavjYFI_cdLTf9k77RqUSzwRp4HxRv36LM_JGjhcIKlONd5zHBk8iphYe4J4W4PzoITFBlNu4nDiJSg6mbOM6WA_893_We4umv3C=w420-h560-no

鮨かみやま。
2012年オープン。
敷居がそれほど高くなさそうだし、
私の好みの店と感じていました。

店に入ると明るいです。
白木のカウンターがきれいです。



乾杯をすませると大将が

「今日はどうしましょ!」

おつまみ、いろいろお願いしますよ。

こういうやり取りが
私にとっては寿司屋の醍醐味。

先附

イカのワタ焼き、昆布佃煮、わさび漬け。

すでに酒飲めシリーズで来ましたよ。

お造り

縞鯵炙り、インドマグロ赤身、こち、しまえび、たこ。
みんなナイスですが、
特に縞鯵のあぶりは印象的です!


ミズダコの吸盤を炙って
醤油がかかってます。
これはおいしいやね。


白子焼きですぞ。
これ、大好きなやつです。


納豆、イカ、ウニ、鮪たたき、いくら。
混ぜて海苔に巻いていただきます。
よくわかってらっしゃるスタイル。

日本酒、進んじゃいます。


新種の落花生、おおまさりの茹でたやつ。


これ、すばらしく美味しいですよね。

握ってもらいます。


ミズダコ。
噛み切りやすくて甘いですね。


鯵。
生姜も素晴らしい香り。


漬けイサキ。
甘さ際立ちます。


鱚に練り梅を乗せてます。
これ、アイデアですねー。
淡白な鱚が生き生きします。


漬け白魚。
これまた漬けもの。
白魚も漬けにすると印象変わりますね。
おいしいですね。

そろそろ終わりかな、
とつぶやくと、玉子が。


最後は穴子をお願いしました。


ふわふわです。
ツメの好みはうるさい私でも、
これは大満足。


有意義な話もできたし、
それぞれ食を堪能し、いいい夜でした。
それほどお高くないし、
普段使いで利用したいです。


鮨かみやま


ラベル:鮨かみやま
posted by ぼぶ at 22:59| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

鮨綴@西小山 いい空気の街の寿司屋さんです。

訪問日時:2018/08/09 20:00

いろいろ理由があって、
近場でグッドなお寿司屋さんを探してます。
今日は西小山の鮨綴(すしてつ)。
何かで見かけて、いい店だと直感がありました。

DSC_3979.JPG

大将は可愛い目をした方ですね。
寡黙そうですが、確実な仕事をしそうに見えます。

お通しはマリネ。
DSC_3980.JPG

きれいですねえ。
で、下足がうまい。。

こちらは劇場型ではないので、
自分の好きなように頼みます。
と思っていたら、私の目を見て
黙って鱧が。

DSC_3981.JPG

夏だよねー。
美味しいですねー。

お刺身を適当に頼みました。
DSC_3982.JPG

シマアジ、甘エビ、赤貝、ヒラメ、鯛、
まぐろ、小柱。
生姜醬油のセットと風味豊かな海苔も付いてきました。
これはうれしい。
小柱は海苔で巻くと美味しいですよね。

タコの柔らか煮。
DSC_3983.JPG

とても丁寧な仕事かを感じます。
素晴らしく美味しい。

焼物2種。
DSC_3984.JPG

鵡川のししゃもとなんだっけ?

DSC_3985.JPG

ししゃも、美味しかったなあ。

日本酒も豊富で、
いろいろ頼みました。

そして、握り。

DSC_3986.JPG

コハダ、文句なし。

DSC_3987.JPG

いくらは鶏卵の黄身みたい。

DSC_3988.JPG

穴子はツメと塩で。
ふわふわですよ。

DSC_3989.JPG

トロたく。
赤酢のしゃりがいいなあ。

漬物をくれました。

DSC_3990.JPG

最後はうに。

DSC_3991.JPG

ああ、こう来ましたか。

DSC_3992.JPG

軍艦もいいけど、
自分で手巻きするの、楽しいです。

美味しかったです。
気に入りました。


鮨綴


ラベル:鮨綴
posted by ぼぶ at 16:04| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

鮨 杉澤@銀座 凛とした空気の店内です。

訪問日時:2018/06/15 12:00

鮨 青木からの独立で今年の4/1に
開店されたそうです。


ランチでうかがいました。
ランチは3000円と5000円のコースがあるのですが、
訪問したときはそれを知らずに、
おまかせにぎり、でお願いしました。

その結果、@15000円になってしまいました。。。
まあ、それでも美味しかったのでよかったですが。


まず、ガリが出されました。
適度な大きさがあって食感が良いです。


真子鰈昆布締め

昆布の旨味がきいてます。


さわやかです。

小肌

味が濃いです。

とろ、中とろ

どちらもすばらしい。


身が厚くて満足。

まぐろ漬け巻

青木さんでも名物のやつです。
これ、美味しい。

烏賊

烏賊の細切りを積み上げた感じです。
見た目より烏賊が濃いです。

本ミル貝

香り、食感、たまりません。

トリ貝

大きい!

海老

黄身酢がいいアクセント。

お椀

金目鯛のお吸い物です。


雲丹

馬ふんと紫。
食べ比べもおもしろい。

大蛤

でっかい煮蛤です。
薄味で好みです。

穴子

ふっくらとかなり美味しいやつです。

最後は卵焼き

出汁と甘みのコントラストが秀逸。


美味しかったです。
今度は夜にうかがいます。


鮨 杉澤

ラベル:杉澤
posted by ぼぶ at 13:03| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

寿司割烹きよみず@本吉原 全て満足しました。すばらしいお寿司屋です。

訪問日時:2018/07/09

富士市で仕事をして、
そのままお連れいただきました。

黒造りのすごい一軒家。


寿司割烹きよみずです。


こちらは2014年9月に開店しています。
店主さんはベテラン。
こちらで独立という形のようです。

玄関扉を開け、奥に進みますと、
きれいで、広い空間が現れます。
きれいな分厚い一枚板のカウンターが
どっしりとしています。

天井は枡格子天井で、
修行していた店のオマージュだそうです。

おまかせすると、
何品か料理が出てきます。

先附

うに豆腐と茹で落花生。


これうまい!

茹で落花生、関東以外でいただいたのは
初めてかも。


ビールがずんずん進みます。


吸い物

揚げ真丈 じゅんさい。
すばらしいお出汁です。

かつおたたき

いいかつおです。
手技もすばらしい。


日本酒もらいます。


なんか、久保田の特別なものだそうです。


きりっと冷えて、ずしんとくる旨味。
これはすごい。

お造り

いやいや、これは美味しい!
ここまででこの店の大将、清水さんの腕が
よくわかりました。

牛肉

静岡の和牛ローストです。
ここは肉にもこだわりがあります。

煮物
https://lh3.googleusercontent.com/6VkLqCUSNdfiHZfhzqqYPz6OYNcxWRDuNRya4K0H8aIh-3An7acBvbObJ71lst5t8CjqASSbjpZ8U7BaOYusn7NYpIDhIBYJHGksOEv8ZWE1OJB_0wWvo0eobN9ife8ChqNhQOVsRN427X3qjdyaYJCmlNL6Sut5FmEQrXHfAVAZ_NO1LuzEn7ttZa2906mVvG_L10rjzT7dbSYYd0mSxG8IC5CLiBdnsJNS-OsQEXgL2C7vv-PzFXKlOQrOZYmuSUpPa6KLRBeUOChHPZsIk5M5t7edBKdk74HtxA3VwKWK3wplg57P7IFPFMX5yNt2xg-Q5MDG7vKjTFTtJd7f_LKqq0mcb2dExanWRWRqOxvIpBfg-Pc8S7Uk6jDpjQkH0XEHlcAKnPtWzmmuc0ioETjkxFq5Vd5c32fytWh7njTz8-yZMI0lN8bHoaIH8nY0ixD4fY_QxM3PLnkuLuRCjkBL-kijRixLmzEmV77dIyIZqwPC_qEZP0FV8aeagem87qkJJG7IgqHQpPsSpnAy32slHExn3820CRCSi4r_tUxtxAHxabA0tIR8M6tGd6PnhK0C-LidHRcOC0qirJjcJCbnOlhr57Wf0ia6oJer=w560-h420-no

冷製です。
アワビ、茄子、蓮根など。
さわやかです。
こういう料理好きです。

焼物

笹かれいです。
かれいにしては厚味もあり、
しっかりした食べごたえ。
とうもろこしの天ぷらも嬉しいです。

そして、握りです。


真鯛。
奉書で包んで一晩寝かせたそうです。
甘みがあります。


この赤身はすごかった。
焼津からだそうです。


白ミル貝。
しこしこで風味もナイスです。


血合いぎし、と言われました。
ねっとりと濃い旨味に包まれます。


甘いやつです。
美味しいです。


中とろ。
いちいちうなります。

https://lh3.googleusercontent.com/dkwFOMKmqz8FgObVt8ZAtNkKTWmNuXjiU9_FNYsVEat5rJkodE9cyYHhcsZOqn1Znc_hqslkLe_ibXknFPeIF2FTeY76yhT2Qt0SNj-pGOWvFDTzik0Q6HfIN_yr960k4isS83Xug4whpZkvtznTTIMpumGkeHObOG6xP_RBZxr89pZWaiqO4gEb3RTAZtVed75-b9557PWnnxaLRE6yd_qJc0oiFD3z3vaIwylEObiVEDPa32XaYtCnVG-b8pw3XUdiU1YW2552cHnkUpqr3M4jukbSi1ct_c6OpVAGtEEonQak8lXnSmK6laz6lWk2z1fv41CBvT_6ym27MOpfUkGCOlaUQT96JgvKETFwSuR1oZMRx01k4XtrqzPM5mOuVdRFUqXXtH2gpy9Z8LpAnMZkll0fXF6uKzlPzaFlCZvVmqozi1mg3DeE2etjgYnoySZvjCu6GKDEoexrV-iyEdxV64gB00Iqqjf4VfjeglMuLsUIfYRK9RaMHl5de4OK34XQH2gkX9XmAp8QiuHpoBOxyfxV09zczpgtet4ToXECkY2eCb6MyQ1NJi_9RDa3abIORHbMV1mQuqzblvvH86N9tqavuKt3Zl98CpZZ=w560-h420-no

うにもすばらしい見立て。
感動すらおぼえます。


最後はいつものように穴子。
肉厚でふわふわでした。
ツメの味も好み!

お腹一杯です。
お茶ください。


さすが静岡。
粉茶なんか使いません。
香り豊かなお茶がかなり嬉しいです。

水菓子

これまたさすが静岡。
メロン、美味しすぎます。

ごちそうさまでした。
聞きしに勝る素晴らしい店でした。
また来られるかなー。
posted by ぼぶ at 21:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

不動前 すし 岩澤@不動前 さすがの一言・・・

訪問日時:2018/03/29 20:00

一昨年3月によく通りかかる道に
いかにもなオーラを放つ寿司屋ができました。
すし匠さいとうの出身となれば、
間違いないです。

https://lh3.googleusercontent.com/_BeujJib7tntiCfImd_WcATqtzO80LUbrKBBkklMRo1G-C2hLlEarnjHrAHIz8CL1I3_ozLBFwXbM3wvEAllGxwdJ29RTcpxhS7a5A2qXmTKIbebH9n_SD0EUKBY6Ah-S3meJ7aCPhaYVL4crabMAFZ-FNn1UJBdVwDb_AYE2-OKwK0CnRrvJeruVcE38dwRMCok5UvE6Bxtqggn9fneswZv057PH1vSPt5Uum102jPedXZTWXpz2zhng0I4qmJPJEKsg9TosM9N2rx_N9bVQwQv9cfBC1i1DDRLsA-keQ63BSqkZjcG-WgEfMPCH5oHCm3C5--p3Rl36SRUQyT_-fAm9Zn0lBlIGvtRKvuOkvjQFvh8jobtOfZIheMxx6q_TMgZJrDz2JCZkisaYQo20U9QrxjPVGXBetN47QCF5OuSLwG4TJviRnAO6VBvVp_ZoEwpnhG6v2vpk8WX8gPQ0meHUeRDXgWwPBd6FFReuQ-l92Voo09mR_WxAdiKm3cVjuLxk1j_iwxMkpTDvps8RgB1bnO6_If5ZnbmJk3qinATiuUVp6w0Biv_56XRPr2DX4ICMrqBkEe0T6SGpMcfW7LD1kaJH0OWQu31l4nP=w420-h560-no

店内に入っても静かで、
凛とした空気ですね。


店主、岩澤さんの物腰の柔らかい
お出迎えを受けると、
少しの緊張がすっと解けていきました。

まずはわかめと海ぶどうが並びます。


で、ビールを当然いただきますね。


すると、大将が握りを・・・


春子鯛。
一番最初に握りをいただくのは
うれしいです。
お腹が少し落ち着きます。

のれそれ

品の良い出汁に
白くなったのれそれが。。。
これは美味しい。

淡路の鯛
https://lh3.googleusercontent.com/ICMLtoIecbpRUSi3ToASWEfaaFfAmkSuLHAKlVoCJUV19NYI29VDzCPIQ80BUzfKplo_VXvCb9ie08zxA_5WDxO52gQiILBd3XJhs0wJrwrj_ftRxZqwt1rQYtAszhl3JCjl2hEbQicuKVxZv2NAveyWZDd965Nt7DH4Il1A9KE-6DoD8WJm4r0hGItG7ZvUDp-BvaXVcVpmXOLFoDtwXr_3c2wrqMsCsidryRITfvSF1G4qJTvIZD7rKwqDqbuS1NFIGKlff548eD3UrHeNSzvBv-QYjyG-z0w8pJCVeUulM_0DuRzq4jqT0GY1okjri7j-6N4T3cXrMgfoTmITBx2ROPgiWbQm0eS5mTQ1a24s4PQr0I3EyPOfSPaBIjmHms3kDjPtIKiLze_E589LuwjhefP4YHvzM_UxgZIu9L5wsjmqrarEuETsJUxR2pvtLYLMfLCZ5yQs7GXMrgEAkz-WXJUHnBD0LD_5cruMn93EDy9JIsNcjowFDHy_K8vDLNxYgUf1tUAZ_DgPMBmcYzD6aD5FOIZad2-NBIvQes66VaDrpMa-eM-Zsxx-DYlJtXuGapfSaImKibBMBot926mQ24d89PCF1uXJ4NDr=w560-h420-no

塩をふってあり、
その旨さがすごい。

諫早の牡蠣

胡椒をかけただけ。
これが異常に合います。
すげー。

お酒を所望すると、
大将が選んでくれます。


酒器も渋い。


毛蟹

ポン酢で味付けて上質な海苔で巻いてあります。
これ、初めていただく食べ方。
いいですね〜。

しじみの茶碗蒸し
https://lh3.googleusercontent.com/ZZQpbpXoXUYJRabUf8ijfcKkzoxEHqsYzynRp1KF5VfzQ2WFaur49JXJqiyjKYJ_tB4HEwwaQ5io9YiDPRHAHLyQKDucpJGhbA3zXFE0QCfm8YRRnVdjvCITTSzvKim8xGKzdIV-MNG7mE6CpmTOr8KE1mqjMf0iA-IFlL1E9uuLIj4JFglui610J3ZV1tJZXUpxCqCcIToDOX3UM1ra9TkZc-Q92Re9vi4Ghf-L0HuM1EUaq9aF6dECrhxmCYe7hZuJ-ZkveEM08MtwLX9AnvSekC4cqtGZv9whjkfEtu96f-VEDni3befVL3lOpeNSRy-osWvBCpJtnDN2NwJ6S037lxB_BKfcOdi-mNdUxuyfXvhA0iC8lAbCnHWap45FKT91fbJ5DxanwT3DvVgNH0Fpu10vv1vRBOOTgj9zHs50ClDR-h4I1L0eZ5nMINS9Gqjbe1MzQ_WwlsG1OkKEQ67VqIlYjJluzCAfNrTWQo3H98Y0OXCd3gwpW6fByGmdWjOwXTiG1EU5vv4mM9BT56FIPsF2ydLdGaCk7CS8b19_Nyeq07y8mT_iIzeQbLucUgnSLYgFl3ZmwG4hSQ-q_ByWvUNmQsyy_jhahiov=w560-h420-no

量がかわいくていいですね。

とろたく

大将が握り担当なのですね。
二番さんがアテ担当。

このあと撮り忘れのアオリイカ。

炙りとろ

たまらん食べ物です。
めっちゃうまい!

お口直し

べったらと瓜。

帆立のひも

このあとえぼ鯛、
鯵の炙り玉ねぎ醤油。

金目鯛しゃぶしゃぶ

温かくて美味しい!


連れは白ワイン発注。


ピューターの酒器が贅沢。


ここからは握りメイン。

小肌

すばらしい小肌です。
シャリは赤酢と米酢を使い分けてます。
このこだわりはすごい。

子持ちヤリイカ

甘辛い煮付けは大好き。
これ、美味しかったなー。

青ザーサイ

赤身漬け

んまい!

焼き蛤

なんという香り・・・
楽しくて仕方ないです。

さくらます

さくら漬けだそうです。
香りもすごい。

タチウオ

ふわっとした身が美味。

塩漬け鯵

緑の辛味が乗ってます。


久しぶりの醸し人。

あん肝大根

あん肝と大根を煮たものです。


ほんのひとくちなのですが、
余韻がすばらしい。

車海老

出汁漬けだそうです。
わらっちゃう美味しさ。

うに

羅臼のうに。

大トロ

勝浦産の香りがよいものでした。


でっかいボタンエビ。
これは写真だけ(^^;

玉子

甘うま!

ここまでで終わりでしたが、
このあとはもう少し、、


トリ貝うまし!

金目鯛も最高。

お椀、いただきます。


穴子

上品です。
〆にして満足。

アイスをもらって、


ごちそうさまでした。
絶対にまた来ます。


店情報など
ラベル:岩澤
posted by ぼぶ at 17:07| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

ゆうなパーラー@石垣空港 空港内でも目立たないところにある穴場レストラン。

訪問日時:2018/04/04 

石垣島に仕事とは。。。
今後の参考になりそうではありました。

帰り際に空港でランチとなりました。

地元の人に案内されて、空港の奥にある
ゆうなパーラーへ。

IMG_2506.JPG
IMG_2507.JPG

なんでも美味しいそうですよ。
まずはお別れの一杯。。。

IMG_2508.JPG

美味しい♫

頼んだのはロコモコプレート。

IMG_2511.JPG

味噌汁もついて、かなり美味しいですよ。

同行者のハヤシライス、ピリ辛野菜ラーメン。

IMG_2509.JPG
IMG_2510.JPG

野菜ラーメンは味噌風味。
麺もよく美味しかったです。

石垣島に行ったら必ず寄ることに
なるでしょう。


ゆうなパーラー


posted by ぼぶ at 10:00| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

鮨 でですけ@新橋 居酒屋風ですが、ネタは間違いありません。

訪問日時:2018/03/02 19:30

2日続けて寿司屋さん。
別に困りません。
むしろうれしーです!

こちらは知り合いが営むグループ店のひとつ。
何度もおじゃましています。


今日は仕事仲間になりそうな方と商談を兼ねて
お連れしました。

豊富なメニューの中からあれやこれや選びました。


よろしくお願いします。


お通し

白身魚の昆布締めっぽいもの。
海水晶と共にポン酢で和えられています。
なんとトリュフの香りが!

毛蟹甲羅詰め

これはやばいもの頼んじゃいました。
楽しすぎます。
やっぱり毛蟹って美味しい!

なめろう

海苔が付いてきます。
海苔で巻くと香りが加わっていいですねえ。

刺盛り

ウニが箱入りでっせ。


箱うに、サーモン、さあば、鰆、中トロ、初鰹、寒ブリ、鯛。
どれも標準以上の美味しさ。
ここの魚は間違いない。

お酒いきます。

満寿泉 純米吟醸うすにごり。
本日の特別なやつです。

ほや塩辛

酒進む。

穴子天ぷら

ツメが上品でいいな。

握りは
穴子と

芽ネギ

もうこれで私は打ち止め。

氏はもっと食べていた。


美味しかったそうです(^^;

普段使いにちょうどいいので、
また来まーす。


鮨でですけ




ラベル:でですけ
posted by ぼぶ at 16:15| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする