2019年12月27日

海鮮旬鮮 久六@銚子 生マグロ専門店はすごかった。

訪問日時:2019/12/27 12:30

銚子に重要な仕事があり、
その帰りに魚を欲して寄りました。

海鮮旬鮮 久六。

には来ましたが、新たに店を探しました。

金目鯛の料理もあると書いてありましたが、
この日はまぐろ料理だけでした。

生めばち鮪 上中トロ 上赤身 おとしづけ定食
IMG_5277.JPG

ひゃー、大ぶりな身ですよ。

小鉢にはお漬物、鮪のフレークがあります。

見事に色分けされている2種の鮪。
IMG_5279.JPG

温かいごはんに乗せます。
IMG_5280.JPG

美(≧▽≦)味!!

まぐろ好きな人は心から
楽しめそうです。

まぐろカツも頼みました。
IMG_5278.JPG

食感が肉に近く、
とても美味しいです。


またまた銚子の魅力を知り得ました。


店情報など
ラベル:久六
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

魚料理 みうら@銚子 銚子のつり金目を堪能できます。

訪問日時:2016/11/27 12:00

銚子までドライブがてら、
猿田神社でお参りをしてランチタイムとなりました。
DSC_1896.JPG

やっぱり銚子まで来たらお魚ですかな。

つり金目が有名なので、
検索してこちらに決定。
DSC_1905.JPG

魚料理みうら。

DSC_1897.JPG

いろいろありますよ。
DSC_1898.JPG

一品料理をいろいろ頼んで
宴会したいですよ。
DSC_1899.JPG

入るとまずまずの混み具合。
観光の人がほとんどですね。

金目づくし膳にしました。
DSC_1900.JPG

金目づけ丼、刺し身、あら汁、
天ぷら、塩焼き、という豪華なお膳。

でも、やはり金目は煮物が欲しいなあ、
ということで金目姿煮も追加しました。
DSC_1904.JPG

最高です。
ガツガツと楽しみ、
全て食べつくしました。

銚子、いいところです。


店情報など
ラベル:みうら
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月25日

市場の食堂 金目亭@伊豆急下田 金目鯛料理専門店です。

訪問日時:2016/7/24 11:30

下田にある道の駅、開国下田みなと。
その中にはおいしいお魚の定食屋が2軒あります。
1軒は「さかなや」。

もう1軒が比較的新しい「金目亭」。
その名の通り金目鯛に特化して店です。


どちらも土日は行列するのですが、
今日は早めに来たのでOK。

何にしましょうかね。


すぐに券売機に向かいます。


金目三色丼にしました。


地金目鯛の生と漬け、
もう1種類は珍しい平金目鯛だそうです。


美味しいとは思います。
ただ、期待ほどではなく、
満足度は今ひとつでした。






ラベル:金目亭
posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

地魚食事処 さかなや@伊豆急下田 安くて美味しいお魚定食の名店です。

訪問日時:2015/07/19

学生時代から旅慣れた伊豆下田。
立ち寄る食事処も決まっています。
そんな一つがこちらのお店。

道の駅 開国下田みなと
の中にあります。

私は休日しか行くことができないですが、
お昼時は常に満席をキープしています。
店の外側から並び、注文を聞かれるまで待ちます。

注文をすませると席をキープして更に待ちます。
やがて名前を呼ばれて商品を取りに行きます。


脂金目づけ丼
20151123085820873.JPG

適度に脂の乗った金目が最高です。
ごはんもおいしいし、いつ来ても
これを頼んでしまう娘。
脂金目刺身定食。
20151123085901822.JPG

漬けでない金目も外せません。
なんとおいしい魚でしょうか。
小鉢はもずく酢、ほうれん草お浸し。

私はこの日カンパチづけ丼。
DSC_4243.JPG

金目ほどの香りはありませんが、
こちらも絶品の丼です。

写真にはないですが、
金目の煮付け定食も抜群。
作りたてでふわふわの食感なのです。


さて、こちらの店は

時間がかかりすぎ、
要領悪すぎ、
愛想なさすぎ、

などと言われることもありますが、
そんなことを凌駕する美味しさだと私は思います。
なので、そう言うのが嫌いな人は
行ってはいけません。

私はこれからも行き続けます。


posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 魚料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする