2008年04月16日

喜川 有尾@大阪  しっとりとカウンター割烹

大阪に1泊出張。
大学の先輩に連れられ、カウンター割烹へ。

大阪にはこの手のお店が多い。
東京にももっとこういった、気軽なカウンタ割烹が増えてももいいと思う。

お店は北新地の喜川 有尾。

IMG_0372

ミナミにある、喜川からののれん分けと聞いた。

まずは20人は座れるかという圧倒的なカウンターの長さに目を見張る。
その中で6〜7人が常時調理している様はなんとも言えずいい。

オープンキッチンのルーツは、寿司屋やこういうスタイルの店にあると思う。
板さん達がまるでアクターのような振る舞いに見える。
やはりカウンターに座って、そう言う所作を見ながらの食事は楽しい。

まずはお通し。

IMG_0342

きゅうりのとろろがけ、とミズのお浸し
ミズとは珍しいが、ぬるっとしておいしい。
山菜好きの私には一気にひきこまれるお通し。

空豆のすり流し。

IMG_0343

大島桜の塩つけが乗り、
身は生麩。
何とも言えない春の香りのお吸い物。

お造り

IMG_0344

赤貝、桜鯛、ヒラメ、さより。
いや、お見事な新鮮さ。
みんなおいしいけど、特に赤貝の肝がうまかったなあ。

トコブシと筍の煮物。

IMG_0345

トコブシ、うまいね〜〜〜
特にこいつ、

IMG_0346

トコブシの肝。
これ、たまらんす。。。。

芋焼酎きろくが引き立つ。

IMG_0347

鰹のたたき。

IMG_0348

鰹はもちろんのこと、ポン酢がいい。
自家製かしらん。

おしのぎ

IMG_0349

美しい。。
左上から時計回りに、太刀魚の焼き物、穴子寿司、飾りきり百合根、
わらび、空豆、すり身のあられ揚げ、稚鮎の香り焼き。
わらびが太くておいしかった。

はまぐりと筍のガーリック仕立て。

IMG_0350

ガーリックバターの味付けが、洋風っぽい。
パンに合いそう。
かかり気に入った。

和風コロッケ。

IMG_0351 

コロッケって日本の食べ物だと思ったけど、まあいいや。
クリークコロッケみたいにふわっとした中身。
抜群の揚げ物ですなあ。

梅干しの茶碗蒸し。

IMG_0352

梅干しの酸味がめちゃくちゃ合う。
こんな茶碗蒸し食べたことなかった。
家でも作ってもらお。。

冷たい青海苔うどん。

IMG_0353

すっきり冷たくてのりの香りがすばらしく、
〆にふさわしかった。

デザートの焼きイチゴ
 
IMG_0354

下にはプリンが隠れている。
こりゃいいな。

それにしても料理が出るわ出るわ。
料理に釣られて焼酎もぐいぐいいってしまいましたがな。
へべれけですよ。。。

満足の食事でした。
大阪にきたら、また来てみたいなあ。
今度は自腹で。。。
先輩、ごちそうさまでした。

---------------------------------------------------------------------------------------

喜川 有尾
大阪府帰宅曽根崎新地1−7−6
06-6344-5616

posted by ぼぶ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック