2018年07月22日

山の茶屋@溜池山王 土用の入りに鰻フルコース!

訪問日時:2018/07/20 11:45

大学の大先輩とのランチ会食にあたり、
土用にちなんで、うなぎ料理の店を選びました。


赤坂の日枝神社の裏側にあります。
前から一度来てみたかったのです。
場所柄、政治家さんも利用なさるとか。

門をくぐると、木々に囲まれた環境。
暑い日でしたがすーっと涼しくなる感じです。

通された部屋は はなれ と呼ばれていました。


お軸も品があります。

Hot Pepperグルメを使って、
9000円のコースを予約してあります。


楽しみすぎます。

胡麻豆腐

胡麻が濃いです。


美味しいです。
でも、お通しとしては
うざくあたりをいただきたかったですかな。

肝焼き

大きいです。


そして、抜群の焼き加減。
ムニっとした部分とモサっとした部分、
すばらしく美味しい。
あと5,6本ほしい。。。

くりからの塩焼き

くりから焼きは鰻居酒屋ですと、
タレ焼きがほとんどですが、
白焼きは初。


うまい・・・
究極のふわふわ。
塩をつけていただくと
幸せが襲ってきます。
なんと美味しい。。

蒲焼き

赤出汁、ご飯も同時に配膳。


この蒲焼きは私史上もっとも
ふわふわで美味しい!


タレで食べさせるやつではなく、
鰻そのものの味がよくわかります。
そして、ご飯を呼びます。

タレもいただいたので、


少し足しましたよ。
元々が上品な味付けなので。。。
しかし素晴らしいタレです。

こちらは嘉永2年開業以来390年の歴史を誇り、
タレは継ぎ足しを続けてきていて、
戦時中は、タレを地中へ埋めて戦災を免れたそうです。
なんかすごすぎて、陳腐な言葉はでてきません。

赤出汁は茄子と麸と三つ葉。


私は赤味噌派なので、嬉しいです。

お漬物も手抜きなし。


ご飯は一度お代わりしましたが、
一人で話す相手も無しだったら、
4杯はいっていたと思います。

水菓子

あま〜いスイカです。
塩を出してもらいましたが、
まるで必要なし。


すばらしい鰻会席でした。
さすがはミシュラン☆
今度は夜の接待で使いたいです。


山の茶屋


ラベル:山の茶屋
posted by ぼぶ at 21:00| Comment(0) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。