2018年04月22日

不動前 すし 岩澤@不動前 さすがの一言・・・

訪問日時:2018/03/29 20:00

一昨年3月によく通りかかる道に
いかにもなオーラを放つ寿司屋ができました。
すし匠さいとうの出身となれば、
間違いないです。

https://lh3.googleusercontent.com/_BeujJib7tntiCfImd_WcATqtzO80LUbrKBBkklMRo1G-C2hLlEarnjHrAHIz8CL1I3_ozLBFwXbM3wvEAllGxwdJ29RTcpxhS7a5A2qXmTKIbebH9n_SD0EUKBY6Ah-S3meJ7aCPhaYVL4crabMAFZ-FNn1UJBdVwDb_AYE2-OKwK0CnRrvJeruVcE38dwRMCok5UvE6Bxtqggn9fneswZv057PH1vSPt5Uum102jPedXZTWXpz2zhng0I4qmJPJEKsg9TosM9N2rx_N9bVQwQv9cfBC1i1DDRLsA-keQ63BSqkZjcG-WgEfMPCH5oHCm3C5--p3Rl36SRUQyT_-fAm9Zn0lBlIGvtRKvuOkvjQFvh8jobtOfZIheMxx6q_TMgZJrDz2JCZkisaYQo20U9QrxjPVGXBetN47QCF5OuSLwG4TJviRnAO6VBvVp_ZoEwpnhG6v2vpk8WX8gPQ0meHUeRDXgWwPBd6FFReuQ-l92Voo09mR_WxAdiKm3cVjuLxk1j_iwxMkpTDvps8RgB1bnO6_If5ZnbmJk3qinATiuUVp6w0Biv_56XRPr2DX4ICMrqBkEe0T6SGpMcfW7LD1kaJH0OWQu31l4nP=w420-h560-no

店内に入っても静かで、
凛とした空気ですね。


店主、岩澤さんの物腰の柔らかい
お出迎えを受けると、
少しの緊張がすっと解けていきました。

まずはわかめと海ぶどうが並びます。


で、ビールを当然いただきますね。


すると、大将が握りを・・・


春子鯛。
一番最初に握りをいただくのは
うれしいです。
お腹が少し落ち着きます。

のれそれ

品の良い出汁に
白くなったのれそれが。。。
これは美味しい。

淡路の鯛
https://lh3.googleusercontent.com/ICMLtoIecbpRUSi3ToASWEfaaFfAmkSuLHAKlVoCJUV19NYI29VDzCPIQ80BUzfKplo_VXvCb9ie08zxA_5WDxO52gQiILBd3XJhs0wJrwrj_ftRxZqwt1rQYtAszhl3JCjl2hEbQicuKVxZv2NAveyWZDd965Nt7DH4Il1A9KE-6DoD8WJm4r0hGItG7ZvUDp-BvaXVcVpmXOLFoDtwXr_3c2wrqMsCsidryRITfvSF1G4qJTvIZD7rKwqDqbuS1NFIGKlff548eD3UrHeNSzvBv-QYjyG-z0w8pJCVeUulM_0DuRzq4jqT0GY1okjri7j-6N4T3cXrMgfoTmITBx2ROPgiWbQm0eS5mTQ1a24s4PQr0I3EyPOfSPaBIjmHms3kDjPtIKiLze_E589LuwjhefP4YHvzM_UxgZIu9L5wsjmqrarEuETsJUxR2pvtLYLMfLCZ5yQs7GXMrgEAkz-WXJUHnBD0LD_5cruMn93EDy9JIsNcjowFDHy_K8vDLNxYgUf1tUAZ_DgPMBmcYzD6aD5FOIZad2-NBIvQes66VaDrpMa-eM-Zsxx-DYlJtXuGapfSaImKibBMBot926mQ24d89PCF1uXJ4NDr=w560-h420-no

塩をふってあり、
その旨さがすごい。

諫早の牡蠣

胡椒をかけただけ。
これが異常に合います。
すげー。

お酒を所望すると、
大将が選んでくれます。


酒器も渋い。


毛蟹

ポン酢で味付けて上質な海苔で巻いてあります。
これ、初めていただく食べ方。
いいですね〜。

しじみの茶碗蒸し
https://lh3.googleusercontent.com/ZZQpbpXoXUYJRabUf8ijfcKkzoxEHqsYzynRp1KF5VfzQ2WFaur49JXJqiyjKYJ_tB4HEwwaQ5io9YiDPRHAHLyQKDucpJGhbA3zXFE0QCfm8YRRnVdjvCITTSzvKim8xGKzdIV-MNG7mE6CpmTOr8KE1mqjMf0iA-IFlL1E9uuLIj4JFglui610J3ZV1tJZXUpxCqCcIToDOX3UM1ra9TkZc-Q92Re9vi4Ghf-L0HuM1EUaq9aF6dECrhxmCYe7hZuJ-ZkveEM08MtwLX9AnvSekC4cqtGZv9whjkfEtu96f-VEDni3befVL3lOpeNSRy-osWvBCpJtnDN2NwJ6S037lxB_BKfcOdi-mNdUxuyfXvhA0iC8lAbCnHWap45FKT91fbJ5DxanwT3DvVgNH0Fpu10vv1vRBOOTgj9zHs50ClDR-h4I1L0eZ5nMINS9Gqjbe1MzQ_WwlsG1OkKEQ67VqIlYjJluzCAfNrTWQo3H98Y0OXCd3gwpW6fByGmdWjOwXTiG1EU5vv4mM9BT56FIPsF2ydLdGaCk7CS8b19_Nyeq07y8mT_iIzeQbLucUgnSLYgFl3ZmwG4hSQ-q_ByWvUNmQsyy_jhahiov=w560-h420-no

量がかわいくていいですね。

とろたく

大将が握り担当なのですね。
二番さんがアテ担当。

このあと撮り忘れのアオリイカ。

炙りとろ

たまらん食べ物です。
めっちゃうまい!

お口直し

べったらと瓜。

帆立のひも

このあとえぼ鯛、
鯵の炙り玉ねぎ醤油。

金目鯛しゃぶしゃぶ

温かくて美味しい!


連れは白ワイン発注。


ピューターの酒器が贅沢。


ここからは握りメイン。

小肌

すばらしい小肌です。
シャリは赤酢と米酢を使い分けてます。
このこだわりはすごい。

子持ちヤリイカ

甘辛い煮付けは大好き。
これ、美味しかったなー。

青ザーサイ

赤身漬け

んまい!

焼き蛤

なんという香り・・・
楽しくて仕方ないです。

さくらます

さくら漬けだそうです。
香りもすごい。

タチウオ

ふわっとした身が美味。

塩漬け鯵

緑の辛味が乗ってます。


久しぶりの醸し人。

あん肝大根

あん肝と大根を煮たものです。


ほんのひとくちなのですが、
余韻がすばらしい。

車海老

出汁漬けだそうです。
わらっちゃう美味しさ。

うに

羅臼のうに。

大トロ

勝浦産の香りがよいものでした。


でっかいボタンエビ。
これは写真だけ(^^;

玉子

甘うま!

ここまでで終わりでしたが、
このあとはもう少し、、


トリ貝うまし!

金目鯛も最高。

お椀、いただきます。


穴子

上品です。
〆にして満足。

アイスをもらって、


ごちそうさまでした。
絶対にまた来ます。


夜総合点★★★★★ 5.0

posted by ぼぶ at 17:07| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。