2017年12月13日

レストラン パッションPACHON@代官山 優雅な気分で古典フレンチです。

訪問日時:2017/11/23

家族のお祝いごとでPACHONです。
今日もマントルピースの暖かな炎に癒やされます。


私は10800円のMENU SAISONのコースにしました。

シャンパンで乾杯。

アミューズ・ブーシュ シェフからのプレオードブル

豚のゼリー寄せ ロックフォールのシュー

これが楽しいんですよ。
シュー生地にロックフォールが入っていて、
予想通りの味です。
豚肉も見事な風味です。

アミューズ2

サーモンと柿のマリネ 豆・帆立・コンソメジュレにほたての身

アミューズで引き込まれるのは
いつも同じ・・・

白ワインをもらいます。

やはりラングドック地方のやつにしました。

パンも普通以上に美味しい。


季節の一皿季節の食材を使った一品

エビのポタージュ

ビスクもいいですが、
こう言うオーソドックスなスープは落ち着きます。

ブイヤベースのゼリー寄せ サフラン風味 アイオリ クルトンとタプナード

ブイヤベースのゼリー寄せは
ピラミッド型になっていて楽しいです。

クルトンにはタプナードが乗っていてこれは嬉しい。
アンチョビも添えてあって素敵な一皿です。
アイオリソースもかなり効果的なアクセント。

蕪のポタージュ

きれいです。


ピンクは蕪から天然の色。

仔羊肉のローストハーブのクルートプロヴァンス風野菜の重ね焼き添えバジルソース

マントルピースでパッションさんが焼いてくれたものです。
なんと柔らかくで激旨なのでしょうか。。。

お腹一杯になりました。
食後にコーヒーをいただきましたが、
砂糖とミルクの容器はアンドレ・パッションさんのイニシャル入り。


デザート

リンゴの赤ワインコンポート、
バニラビーンズたっぷりのアイス。

その後、プティフールがワゴンでやってきます。
選び放題です。


最後の最後まで楽しませてくれる店です。
パッションさんの笑顔で和めるし、
スタッフ一人ひとりがすばらしい。

また何かの機会に来たいと思います。




ラベル:Pachon
posted by ぼぶ at 16:29| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。