2017年12月13日

食彩 きく直@武蔵小山 道場六三郎のDNAはしっかりと受け継がれています。

訪問日時:2017/11/18 18:30

やき鳥まさ吉に行くときにずっと気になっていたお店です。
2015年10月にオープンしたと思ったら、
店先には道場六三郎の文字が!
お弟子さんが武蔵小山に出すとは大歓迎であります。

行く時をねらっていたのですが、
ある日LUXAにチケットが出たので即買いしました。
12960円のコースが7560円。

で、予約しての本日となりました。

店の扉を開けると、白木のカウンターのみ。
店主、菊池直美氏が包丁をふるっています。

前菜

きのこの白和えです。
とろっと美味しいです。

前菜2

帆立のサラダ。
ポテトサラダの中に帆立のほぐし身が詰まってます。
いくらのほのかな塩味も味を後押し。


お造り
https://lh3.googleusercontent.com/7h0uGKabBrlII07oysdM6fPkV06tw12nXJYlOehU4Kqz6p68pGF7X_VaI0H7fIb1y2b5ZPlzlBcbQ74e11mIuRzBuOr8VUyT6OKWlQQfluhKpRjrsIag8yIaTAs9XinEvyS6LSr4tzOqqIPeBKcWLzTv10yEX-MwIbBHR1n0ELpzFDdf--R9VKObyQk8bdJz4hpERk4dSO__m8D9bg0ngew1exNETHu2sOaW7rqk_sCfDESYmiyqgqD5q_xIJNyNd_uegikWILUtTC-pn84wSCk56TkFc11un6Lq-lXSW_v86KwCq3BQxj3PRaTqqaIhHpXp_6oGJcOg-vm3dyzDhSr4RbPTFT5dXN3blmuMUhjRX8dSNTilM8NR14I4AMeVjgNWhGyvW-_T2v1troOYyZ3Tn1d3n-FdP0IK68pnRR72lEzF_8ZgJDlhZNMwUMzozkq56lpxLMX49IVoqTintw_gpanFzvEuvJ0ilrMSLOUUlc1J71czoRVAr9lXb5pGQeuLmb1ky4CkzCQQ_X5orM6FjP4T2WhYJwRd4jUaP1-XqAnVJ4f1HqRB7evS_RH5ZVolcXoty2RrXBFQUww1VDAyGWGj4E6o6oKpbYxcFtM=w560-h420-no

赤ふぐの薄造り。
中皿ですが、一皿を一人でいただけるのはうれしいです。

目の前にはとてもかわいい女将さん。
お酒のお勧めを聞いてみます。


南からいきました。


焼物

ぶりの照り焼き。
甘からのタレが極上。
定番の料理とは言え、さすがの味です。

続いてときしらず。


蒸物

白子の茶碗蒸しです。
お出汁の餡がひいてあります。


うまいわー!

主菜

和風ローストビーフ。
柔らかで香りの良い肉はもちろんですが、
ソースが実に美味しいです。

珍味

あん肝が反則的にうまい・・・
この仕込みはなんか違います。。。

食事

へしこのお茶漬けです。

https://lh3.googleusercontent.com/zQ8pPqw6t8QlrB_dpC-aXixsFiqIftGc491wsr3HtSpRktT3gHz9EATwwTQpwX-VKypR_ZCLitA1ORl1TGgM83HzIr0w1jKnVhxdzhr_yy1luOAwkiNG11i75n6WfcPpz7lUpH0fhB3pshyVRy4j3Af5fhula5paSZ-MSKoC4NPFVeYXrKqvw62mIRRiV7FpnHOrWOo2Xwkb4dA6DDUlKeKvoI9wkHuKJyV3-uEQ1ieAm1khWFMcHNEJCKf9dp3_8BfVl3t5nupA53_izPZcjTYGP21E0hzq86_JTQDJf0aUiGQQ5g4yrGVo_bRrPmsC4wRr3bneqj7X_7ztJPU2lZWO-sNNWj7xmxrnTosmDYJupCTYT5VEi-NsSiTJZcCZA8Gl89ar9bAcmQbwtnH3Q1xhMF-4vbUity7lvYYoNdDutZ8txZGkiJBFCo2HpPnm4-4tMxjky3Dmb5n_1TAiyfVuWaGdwSKOAWcTieGQRzvZbe_pWpul1z3opxm-09F5JuLrpk0CGqPgGPJKYHPkFfrGokyPq2q10NeFDA6mqxzAtQaTnW5s1Km4pw1UM12NCkuK15naJHZ_kvpnzSRomjgbqjFQIIAO4gD5lA1VmwM=w560-h420-no

へしこの塩味が全体を引き立たせてます。
こりゃ絶品!

水菓子

洋梨のコンポート。
ヨーグルトがナイスです。
甘い洋梨ですこと。

以上でごちそうさま。

しっかりと日本料理の伝統を守りつつ、
抜群のバランス感のある料理の数々は
まだまだ可能性を秘めていると感じました。

かわいい女将さんにもお会いしたいし、
またくることにいたしましょう。


食彩 きく直




ラベル:きく直
posted by ぼぶ at 16:06| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。