2016年11月12日

手打ちそば 千本桜@上田 真田家の本丸はすばらしかった。六文銭そばも美味しかった。

訪問日時:2016/10/09

上田城にどうしても行きたかったのです。
この門をどうしても見たかったのです。


感激しました。
やっぱり来てよかった。

やはり大河ドラマの影響は凄まじく、
城内も含め、周辺の道路は激混みでした。
そればかりでなく、蕎麦屋はどこもすごい人。
信州上田と言えば 蕎麦と考えるのは皆同じなのでしょうか。。

上田に詳しい人に教えてもらった、草笛は
100人くらい待っていたので、回避。
もう一つの情報は刀屋でしたが、こちらは定休日。

といういことでこちら千本桜に来ました。
ここも1時間くらい待ちまして、ありついたのが
六文銭かき揚げ天ざるそば。

直径30cmはありそうなかき揚げです。
ちくわの輪切りで真田のしるしの六文銭を描いています。


可愛いです。

かき揚げを持ち上げると大量のそばが現れます。


ほんとに多いです。


あとで知ったのですが、
上田の蕎麦屋は量が多いのだそうです。

まずはかき揚げをやっつけます。


サックサク。
これは美味しいぞー。

塩とそばつゆで交互に楽しみました。

かき揚げもかなりのボリュームなので、
そばを完食すると、
お腹が満杯です。


そば湯で割って、ごちそうさま。

その後、柳町 と呼ばれる
石畳の旧街道を散策。


旅のもう一つの目的、岡崎酒造さんにも行きました。

亀齢を買い込みました。

上田、いいところです。



posted by ぼぶ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本蕎麦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443826338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック