2015年03月10日

焼鳥 市松@北新地 ラーメンはやめてしまいましたが、焼き物は一段と加速しています。

訪問日時:2015/02/19

大阪の友人を強引に連れてきました。
これで3回目の訪問。
今日もKOEDOからスタート。


今日の付きだしは豆腐。


ではなくて、これはなんとリコッタチーズのおでん。
不思議ですが、めちゃくちゃおいしいです。
今日もつかまれました!

比内鶏たたき フィンンガーライム添え

醤油のムースが敷かれていて、
パウダー状のごま油がかかっている。


フィンガーライムのアップ。


プチプチで確かにライムの香りの果汁。
粒が入ってる鞘が細長いライムみたいなので、
この名前がついたらしいですよ。

ここは竹鶴酒造の全てがあります。


今日も酸味一体から。


おいしいんだ、これ。
初めて飲んだときは衝撃だったし。

ささみ わさび焼き

店によって微妙に違う焼き加減。
ここのは身体に合う感じがします。
抵抗なくおいしい。

ずりのえんがわ

関西では砂肝のことを
砂ずり あるいは ずりと呼びます。
その端っこの部分ですね。
しこしこ独特の食感がくせになりそう。

ちょうちん

「これ、鳥の〇ん〇まだぜ」

と、となりのカップルが盛り上がってました(^^;

私は静かにかじらないで、口に運びます。
極上の黄身がはじけてたまらん。。

小笹大和雄町にしましょう。


また変わった飲み口。
いいですねー竹鶴。

せりと春菊のとろろがけ

粒マスタードが面白いです。

河内鴨 ハラミ焼き お酢かけ

玉ねぎのネギマになってます。
これ、抜群においしいです!

手羽先

すばらしいです。
骨にしゃぶりつきます。

里芋の唐揚げ

里芋って揚げるとおいしいですよね。
西京味噌が合います。

竹鶴 合鴨農法もいきます。



いつもながらすばらしい。

加賀レンコン

ただ焼いただけの素朴なものですが、
これがいやになるほどおいしかったです。

レバーの低温煮

リエットですね。
パンとワインがほしくなります。
ってことで、


北イタリアのレボスコ。
メルロみたいな味わいです。
うまうまです。

卵管焼きポン酢

こりこりの食感がおもしろいですね。
味付けもポン酢がベストかも。

河内鴨の山椒焼き 柚子餡かけ

鴨のローストみたいなのが入ってます。


柚子餡がすごいです。

皮付きせせり

うまいよなー
たまらないよ。。。

つくね塩

つくねも店によって違いますよね。
これも私の好みなんです。

岡山の吉田牧場のチーズ焼き

ワインがいくらあっても足りないほどの
おいしさの攻撃に降参寸前です。

柚子餅

そして、〆の鶏飯。

https://lh5.googleusercontent.com/-2KQZbKzv9bw/VOhATNCy1ZI/AAAAAAABIEs/PMInRb3v0tU/w560-h420-no/DSC07954.JPG

いつものように鶏油をかけて
まぜてあります。
これほんとにおいしい。。。

フルーツ盛り ヨーグルトパウダー添え

パウダーの方が食べやすいですかね。
風味はまったくヨーグルトだし。

今宵も煎り番茶でクールダウン。


燻製のような香りが愉しいお茶です。

ところで、、、
焼きに専念するためにラーメンをいったんやめたそうです。
ても残念ですが、焼き物のおいしさに惹かれてまた来ることでしょう。
ごちそうさまでした。



posted by ぼぶ at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 焼き鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/415373590
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック