2013年11月15日

【移転】なすび亭@恵比寿 やはりこの店の空気は好きです。

訪問日時:2013/11/13

記念日で訪問しました。
前日に電話してみたら奇跡的に予約が取れました。



今日も白穂乃香で杯を合わせます。



日本料理は器も楽しみですよね。
そのお店の趣味が問われるところですが、
なすび亭の器は主張が強すぎず、
とても品がいいと思います。

先付の器もきれい。


山茶茸の煮物です。
今日も暖かい先付がうれしいです。
そして、お出汁がすばらしくおいしい。。

お酒は2種いただきました。


それぞれにセンスあるとっくりでやってきます。

お椀。


金目鯛と天王寺かぶらのお椀。
金目鯛は焼き目がつけられています。
ふくよかな味が香ばしい香りで引き立てられています。
このお椀はすばらしい。。。

お造り。


平目、しめ鯖、鰤を
醤油と梅ダレでいただきます。
どの魚も両方の味でいただきました。
梅ダレもかなり魅力的ですね。

揚げ物。


マナガツオと海老芋の生海苔あんかけです。
海老芋を揚げたのって大好きです。
マナガツオの歯ごたえある味わいもおいしいですが、
この椀は海老芋がが主役と思えます。



鰆の炭火焼です。
遠火でじっくり焼かれていて、
ふっくらした身が絶妙。

お食事。
https://lh4.googleusercontent.com/-bBTa_m2awmY/UoYWgCEh3VI/AAAAAAAAZpk/DVNyzuJEfe8/s560/DSC00409.JPG

土鍋で炊きあげられた穴子ご飯です!

なんといい香り。。。



柔らかめに炊いてあります。
ふわふわの穴子との相性を狙ったでしょうか。
とにかく、ただただおいしい。。
お腹いっぱいでしたが、おかわりしました。

水菓子。


リンゴのブラマンジェ。
さわやかな酸味と甘みのリンゴが何とも言えません。


今宵も感激しました。
王道の和食ながら、
先進性も感ずる、不思議なお店です。

余計なことを口にしない、
いつも穏やかな表情で仕事をする
吉岡店主の醸し出す空気がなすび亭のすべてかもしれません。


公式サイト

-
ラベル:なすび亭
posted by ぼぶ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック