2011年07月25日

和食 きよみず@学芸大学 日本酒の会に参加しました。

訪問日時:2011/07/20 19:40

お気に入りの和食店、きよみずで日本酒の会が開かれ、
またまた、参加してきました。

五反田から下馬に移転すると同時に、
きれいな女将が現れるようになりました。
先日店主の清水さんとご入籍されたとのことで、おめでとうございます。

お二人ともきき酒師ということで、
このような会はお手のもの。
日本酒を仕入れて、料理を考えるパターンのようです。

店主ご本人のブログから、お酒と料理名は転用させていただきます。


1.貴 夏発泡純米 山 口県宇部    永山本家 
    提供温度5度  シャンパングラス系にて

DSC03792.JPGDSC03791.JPG

なんとさわやかな微発砲酒でしょう。
軽い甘味がなんとも言えません。

◆前菜  蓬葛寄せ豆腐、鰻寿司、天然鯛皮煮凍り
     よしだ自然農場有機枝豆塩ゆで
     京豆腐味噌漬け
DSC03793.JPG

ひとつひとつがすごいです。
特に豆腐の粕漬けが美味。     

2.山本 ドキドキ夏生 純米吟醸 秋田 白瀧酒造
   提供温度5度  切子や漆貼りグラス
DSC03795.JPGDSC03794.JPG

これを飲んだとたん、お造り〜〜〜〜早く〜〜〜!
という感じです。

◆造り 淡路産鱧湯引き 梅肉
    縞鯵焼き霜造り 
DSC03796.JPG

あはは。
笑っちゃうくらい合いますね〜

それにしても、縞鰺のおいしいこと!

3.百樂間 吟造り 純米生原酒 奈良 葛城酒店
   奈良の酒造米使用
   提供温度5度 ロックグラス
DSC03798.JPG

少し甘口になりました。
どっしりして、これまたおいしい。

◆温物 賀茂茄子と生麩の揚げだし
DSC03799.JPG

極上出汁に泳ぐ、軽く揚げた茄子が最高ですね。

4.明鏡止水 夏純米  長野県佐久 大澤酒造
   提供温度 8度  ガラス猪口
DSC03800.JPG

ラベルが可愛いです。
すっきりした飲み口のお酒でした。

◆油物 豆腐ととうもろこしのコロッケ
    白瓜の雷干し
DSC03801.JPG

このコロッケがすばらしいです。
コロッケと言っていますが、じゃがいもではなく、豆腐がつなぎ。
しんじょうみたいなイメージでしょうか。
甘辛のソースもおいしく、ご飯を欲しました。
でも、日本酒も抜群の相性。

5.萬壽 久保田 (純米大吟醸)新潟 朝日酒造
   提供温度 8度 ガラス高台猪口など
DSC03803.JPG

この日、私は一番気に入りました。
やはり萬寿はおいしい。。。

◆酢の物 阿波尾鶏胸肉のサラダ仕立て
      青柚子の寒天ジュレがけ
DSC03802.JPG

ご主人が作る、このジュレ仕立ての酢の物が私は大好きです。
鶏もおいしいし、野菜も生きています!

6.車坂  純米大吟醸 3年熟成 和歌山
   提供温度 8度  備前焼きフリーカップまたは     
            萩焼ぐい呑みなど
DSC03805.JPG

この酒もすごいです。
3年熟成というだけあって、重くて上質な甘さがあとをひきます。

◆焚き合わせ
  淡路産天然真鯛あら煮、三浦の冬瓜含め煮、針新生姜
DSC03804.JPG

これ、激ウマです!
骨を長いことしゃぶって、身をとりつくしました。

これで、日本酒の会としての7000円のコースは終了です。

締めにお願いしたのは、新たに始めた鯛そば。



あら煮でも使った天然鯛を使った贅沢な塩味スープに、しなやかな麺。
和食の締めとしては最高ですね。
具の海苔、油揚げ、半熟玉子がそれぞれやけにおいしいです。
もちろん無言で食べ続け、あっという間の完食でした。

今宵も大満足でした。
次回は10月だそうです。どなたか一緒に参加します?

和食きよみず 割烹・小料理 / 学芸大学駅

※鯛そばですが、お店によるとこれに鯛の切り身が入っているようです。
  最初にいただいてしまったのかもしれません。
  酔っていたので記憶が定かでないので、すみません。

posted by ぼぶ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック