2011年06月24日

稚加栄 福岡本店 パフォーマンス抜群の生け簀料理

訪問日時:2011/06/10


稚加栄と言えば、明太子。

とんねるずの貴さんがテレビでしゃべって、一気にブレイクしましたよね。


その稚加栄さんの福岡本店に連れて行ってもらいました。

雨がかなり降っていたので、タクシーから降りて玄関にとびこむと、


!!!


DSC03340.JPG


きれいなヤリイカの舞い踊り!!

これをあとでいただけるのね。。

博多のイカはおいしいからなー。


そして中に入ってまたびっくり。


DSC03341.JPG


巨大な生け簀を囲んでカウンター、

その周りに100人分の小上がり席。

なんかこの雰囲気だけで圧倒されました。


小上がり席にあがり、

早速乾杯して会食のスタートです。


DSC03342.JPG


いきなり明太子ありますね〜

やっぱりおいしいですね〜


黄金アジと黒鯛の薄造り。

DSC03343.JPG

豪華です。

黒鯛の食感がすごい。

3枚くらいザッと箸ですくって

いただきたかったですが・・・


鰯のお造り。

DSC03346.JPG

脂がのってます。

美味しいです。


イカのお造り。

DSC03348.JPG


「動きますよー」

と仲居さん。

レモンをしぼると、、、、




まあ、こういうパフォーマンスもいいでしょう。

イカ明太も添えられています。


これらを3種類の醤油でいただきます。


DSC03345.JPG


イカはパリッとした食感で、

噛んでいると甘みを存分に感じます。


やはり博多なら焼酎なのですが、

お刺身はやっぱり日本酒でしょうね。


DSC03351.JPG


いいですねーーー。


イカはエンペラの部分と足をどうするか聞いてきます。

エンペラはそのまま刺しで、足は唐揚げにしてもらいました。


DSC03352.JPGDSC03354.JPG


ウマー!!!ですな。


鰯の味噌煮。

DSC03353.JPG


それなりにおいしいんですが、

家庭的で料亭の味ではないような、、、、

この日は常連さんに料理を選んでもらったのですが、

どうもこの辺からあやしくなってきます。


DSC03355.JPG


名物の肉まんです。

確かにおいしいです。こんな肉まん食べたことありません。

が、和食の途中で出す料理ではありません。


DSC03356.JPG


先ほどの黄金アジの唐揚げです。

はっきりいってまだ揚げが不十分。


DSC03357.JPG


さざえの唐揚げです。

これは全員に不評でした。

さざえの独特の苦み、磯の香りがまったくありません。

これを唐揚げにしてしまうセンスがよくわかりません。



お魚そのものはおいしいので、文句ないです。

でも、@12000円でした。

高いです。

ここでは料理は自分で選びたいです。





posted by ぼぶ at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 割烹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック