2010年12月10日

和食 きよみず@学芸大学 五反田より移転、洗練された和食に舌鼓!

訪問日時:2010/12/09 19:00

京の味きよみず。
会社の慰労会で最初に使って、料理のおいしさに感激しました。
その後日本酒の会に参加し、ますますこの店のとりこになっていきました。

そして、五反田での営業を10月末に終え、
11月7日より世田谷区下馬にて「和食きよみず」として移転再開しました。

やっと今日、行くことができました。

広い店になりましたね〜
白木のカウンターはL字型に12席ほど。
奥には最大9人が座れる半個室があります。

うーん、きれいでいい雰囲気ですね〜。

DSC00943.JPG

バックの白木のカウンターがいい背景。。。

今日は宴5950円のコースにしてみました。
まずは前菜盛合せ
DSC00944.JPG

小松菜とお上げの炊き合わせ、いくらの醤油漬け、かぼちゃ、揚げぎんなん、あなご寿司。
きれいです。
おいしいです!

お刺身
DSC00945.JPG

平目の昆布締め、カンパチ、ミンクくじらの漬け。

カンパチは皮目を炙ってあります。
DSC00947.JPG

むらさきは平目の胆醤油。
・・・
うーん、おいしい!
すごいですぞ。このお造り。
もうたまらず日本酒にスイッチ。
DSC00948.JPG

獺祭、黒龍、と飲み継ぎました。

焼き物
DSC00949.JPG

これ涙ものでした。
柔らかく炊いた大根にアンコウの胆味噌を塗り、サラマンダーで焼いた物。
頬もゆるむおいしさです。

酢の物。
DSC00950.JPG

酢のジュレがかかった鶏サラダ。
口の中がさっぱりしました。

煮物。
DSC00951.JPG

熱々の小さな土鍋が現れました。
ふたを開けると、

DSC00952.JPG

白子のポタージュです。
これまた最高です。
初めて経験する味わいです。
白子のいい香りはそのままに、実にいい食べ物になっています。
中身は京人参、ほうれん草、ゆず皮。

うーん、やはりこのご主人はすごい。

そして、最後の食事。
実はこちらに移転してきてから、和風らーめんを始めたのです。
それをいただきました。

DSC00954.JPG

完全無欠のきよみずの和風だしに中華麺が沈んでいます。
具は岩手の豚と石岡のちぢみほうれん草、ゆず皮がチラリ。

文句なくスープはおいしいです!
やや甘みを感ずるのは野菜由来でしょうか。

麺は細縮れ。

DSC00955.JPG

不思議とスープに合っています。
和食膳の締めには最適です。
特に私にはw

今宵もご主人の腕にやられました。
ほんとうにおいしかったです。

あ、それからこちらの店では女将さんが店に立つことになったようです。
とっても美人で萌えであります。

またきます!


和食きよみず 割烹・小料理 / 学芸大学駅
posted by ぼぶ at 15:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 小料理屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
垂涎モノですね!
Posted by MARK-1 at 2010年12月13日 11:02
☆MARK-1さん

お料理にですよね?( ̄∀ ̄)
でも、その通りです。
Posted by ぼぶ at 2010年12月13日 13:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック