2022年04月16日

IL GHIOTTONE 京都本店@祇園四条 美しくも遊び心あるイタリア料理の名店です。

2022年4月16日 13:40

京都、イル・ギオットーネの本店に行ってきました。

今回はランチ。
Pranzo A \6000で予約しました。

窓の無効には法眼寺が見えます。

素敵なロケーションです。
高くて景色が良い、
というのと違って
やはり落ち着きますよね。

笹島シェフの口上。

もしイタリアに京都という州があったら?
こんな考えから今のイルギオットーネの料理は生まれました。

だそうです。

本日のメニューはこんな感じ。

原材料だけで、詳しくは書いてないのね。

大阪の店も相当楽しかったので、
ランチも楽しみです。

Ca'del Bosco

大阪でもいただきましたが
やはり上等なスプマンテですよお。
美味しい!

自家製グリッシーニ。

カーブを描いているのがいいすね。

宝石箱がきました。

開けるとパンが。

アンティパスト1

炭を混ぜ込んだクリームで
空豆をコーティングしてあります。

アンティパスト2

水ダコと山菜。
酸味の効いた味付けです。
インサラータと言えますかな。

更にこれにサーブされるのは、

抹茶のアイス。

液体窒素で固めていて、
パウダー状です。

大きな水だこは丁寧な隠し包丁入り。

白ワインにしましょう。

相方は違うの。

前菜

桜鱒の低温調理とでもいいましょうか。
ふわふわの食感で実に美味しいです。
サフランのソースが香り豊か。

パスタ

甘海老とボッタルガのスパゲティ。
もっとたくさんいただきたい美味しさ!

メイン

京都産豚の炭火焼き。
いろいろなキャベツをサクッと乾燥させたものが
乗っています。
豚の柔らかい食感とそのコントラストが面白いです。

相方は宮崎産牛肉。

ドルチェ

苺とマスカルポーネのアイス。


しかしこちらは
お皿の端に盛り付けるのが好きですね。
まあ、おしゃれですが。


笹島シェフも陣頭指揮を取っておられ、
その姿に安心さを感じました。
いい店はトップの背中が違います。

東京の店がなくなってしまって残念です。
あるうちに行っておけはよかったな。


IL GHIOTTONE
posted by ぼぶ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする