2022年01月05日

割烹 駒弥 提供時間がかかっても、遠くから来る価値はあります。

訪問日時:2021/01/05 12:00

あいさつ回りで入間まで来ました。
正月だから、とうなぎ屋に入ることにしました。
ネットで検索するとこちらがヒット。
予め電話をすると、

「注文後さばくので1時間くらいかかります」

と言われました。

なるほど。
そういう店なら間違いない、
ということで即座に商品こみで予約しました。

電話の15分後お店に到着。

扉を開けると、渋い。。。
いい意味で年月を感じます。

小上がりにはテーブル席をしつらえてあり、
そちらに案内されました。

周りには古くからの色紙の数々。
これだけでも歴史を感じます。

うな重
(並)1/2匹 2400円
(中)3/4匹 3400円
(上)1匹 4400円
いずれも外税。
上をお願いしてあります。

その他のメニューは蒲焼き、白焼き、
海老天重、親子重、天重、うな玉重があります。
要予約でいるま茶御膳、すっぽん鍋もあります。

待ちました。
待ちました。
待ちました。

50分後サービスのお漬物をお椀がやってきます。

本体はこれ!

ふわっふわです。
タレに頼らない正統派のうなぎ。
参りました。
美味しすぎます。
こちら方面への出張時には必ず寄りたいです。

お椀もきちんと肝吸い。

「遅くなったので御飯多めにしておきました」

すみません。
でもさすがにお腹きついです( ̄▽ ̄;)

とっても素敵な大女将と若女将です。
人気のわけがわかりました。



ラベル:駒弥
posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | 割烹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする