2020年03月08日

とんかつカンティーヌ ゆめみるこぶた@下丸子 フレンチシェフが自身のとんかつ好きが高じて開店。すばらしいです。

訪問日時:2020/03/08 18:30

とんかつが食べたいね、
と嫁と話していたけど、行きつけの店が休みだったので、
近場で検索したら、魅力的な店が引っかかりました。

昨年4月9日に地元にオープンしていた、
「とんかつカンティーヌ ゆめみるこぶた」

とんかつ好きの元フレンチシェフが開いたとか。
それを知るに至り、猛烈に行きたくなり、行ってみました。

手前のアグリュームにはたまに来るけど、
ここまでは来なかったなーーー。


公式サイトを見ると、コンセプトは、

近所にある、ちょっと上質な食堂であるため、
気が向いたときにさっとお食事に立ち寄ってもらえる店

ということで、予約に関しては
いろいろと制約がありますが、
現在の空き情報がリアルタイムでわかるので、
それを見ながら行きました。


ドアを開けると、
とてもやさしそうな店主さんに
歓待を受け席に着きました。


6席の直線カウンターのみです。


箸置き可愛いです。

お品書きを見ます。

いろいろな説明もあります。

ご主人の意欲と思いが伝わります。
いい店・・・・

はみだしメニューもいくつか。

小さいので拡大。

要するに、「定食」と称するミニコース仕立てが基本。
とんかつは、ロース、ヒレ、コルドンブルー、の3種。
オプションのアラカルトもいくつかあり、
現在のはみだしにはカジキフライの定食もありますよ。

クラフトビールをいただきます。

このくらいの量を入れて、
少しずつ楽しんでください、と。
美味しい!

まずは野菜のマリネ。

大根と紫キャベツ。
上質な味です。

スープ。

野菜のやさしいスープ。
体が温まってきます。

日本酒があったのでいただきました。

長野 仙醸 こんな夜に 特別純米
これは90ml。
サイズは120ml、180mlもあります。
うまいっすね!

そして、本体到着!

コルドンブルー・・・。
昔、イタトマでよくいただきました。
でも、あれはトマトソースだったな、
と思って店主さんに聞いてみたら、
鶏胸肉でチーズとハムを巻いて揚げ、
塩味のみでソースがないのが本物なんだとか。

ご飯は十六穀米。

とんかつというとソースをかけて
ガツガツいくイメージですが、
このカツは味がついています。
ご飯のおかずとしてちょうどいい塩分ではあります。

添えられたマスタードと
カツの下にあるポテトサラダが
いいアクセントになります。
ご飯が進む〜〜〜

野菜は焼き野菜がメインで、
それはそれは種類があります。
契約農家もあるようで、
野菜にはかなりの拘り。
素晴らしく美味しい野菜たちに
食のバランスを満たした感いっぱいです。

嫁のロースカツ。

一口もらいましたが、
さすがはとんかつ好きのシェフ。
抜群です。

食後は小さなデザートもありますが、
おなかいっぱいなので割愛。


満足度高い夕食でした。

予約がいろいろ面倒だったりしますが、
でも、その辺の事情は
一人営業だし、この業態では仕方ないな、
と行ってみればよくわかります。

通います。
シェフのファンになりました。


とんかつカンティーヌ ゆめみるこぶた
posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | トンカツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする