2018年06月20日

中国料理 豊栄@茗荷谷 月世界のDNAはしっかりと受け継がれ、進化していました。

訪問日時:2018/06/18 19:00

美味しいです。
やっぱり素晴らしかったです。
中国料理 豊栄。

ランチをいただいて、夜の楽しさがすぐに
想像されたので、いつか行きたかったのです。
痺れ会でおじゃましました。

今日もおつかれちゃーん!

IMG_3765.JPG

ぷっはー。

さてと、今日の黒板を見つつ、
IMG_3764.JPG

いろいろ頼みましょう。
グランドメニューはこちら
まとめてあります。

四川ピクルス
IMG_3766.JPG

「独特の味がしますが、大丈夫ですか」
とスタッフ女子に言われたけど、
むしろそういうのを望んでるんで、
ダイジです、と伝えましたよ。

内容は生姜、キャベツ、蕪ですかな。
確かに発酵した乳酸感があり、独特。
でもこれはうまい。

パクチーのアツアツねぎ油がけ
IMG_3767.JPG

月世界でもあるやつです。
パクチーの美味しさが最も楽しめる
調理法かもしれない・・・

アボカドのセイロ蒸し
IMG_3771.JPG

孤独のグルメで五郎が食べていましたね。
彼はご飯のおかずにしていましたが、
そりゃ合うでしょ!
シンプルな料理ですが、タレがうまい!

皮付きヤングコーンのセイロ蒸し
IMG_3772.JPG

かなり成長したヤングコーンです。
長さ20cmほどありましたが、
クミン塩と生姜ダレで美味しくいただきました。

IMG_3773.JPG

ハイボールにスイッチ。
IMG_3774.JPG

口水鶏
IMG_3776.JPG

目的の一つ、よだれ鶏。
これも月世界を彷彿とさせる
素晴らしいお味。

鶏がなくなっても
タレを残しておいてもらいました。

IMG_3784.JPG

この残渣をつまむだけでも
紹興酒が進みますぜ。

ってことで、
IMG_3781.JPG

これうまい。
都合2本飲みました。

ハモの青山椒蒸し
IMG_3777.JPG

ハモのふわふわの食感が
この料理に抜群の相性です。

IMG_3778.JPG

青山椒の爽やかな風味の痺れが
襲ってきますが、なんと心地よいこと。

水煮牛肉
IMG_3779.JPG

牛肉はバラ肉で、甘めの味付けが
施されてます。

IMG_3782.JPG

この水煮は珍しいですが、
たいそう気に入りました。
これでご飯ガツガツ食べたいです。

紹興酒次のやつ。
IMG_3785.JPG

少しの酸味が特徴的。
これまたいいですね。
次の料理によく合いました。

黄橙籠豆腐
IMG_3786.JPG

黄色い激辛豆腐煮。
それほど激辛でもないですが、
酸味が面白いです。

IMG_3787.JPG

黄色い発酵唐辛子醤が由来ですかね。
うまいっすねー。

海老とマコモ茸の豊栄醤炒め
IMG_3788.JPG

これも月世界譲り。
なんて美味しい醤でしょうか。
この醤にまみれて生活したい(^^;

茄子のサクサク揚げスパイスソルト炒め
IMG_3797.JPG

クミン塩が付いてますが、
最強の取り合わせですね。

コクエレでいただいて以来、
大好きになったメニューですが、
こちらは茄子が大きくて
本来の味がよくわかりました。

3本目。
IMG_3798.JPG

10年ものです。
少し高級な感じでした。

先ほどのハモの青山椒蒸しに
麺が入って戻ってきました。
IMG_3799.JPG

じゃくじゃくの香港麺!

IMG_3800.JPG


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


単独でこの麺メニューがあってもいいくらい!
「青山椒和え麺」として商品化を望みます。。。

四川漬物レタスチャーハン
IMG_3801.JPG

風味の良いチャーハンですねえ。
レタスのしゃきしゃきも塩梅良く、
うなってしまうチャーハンでした。


お腹一杯です。
遠いですが、また是非来たいと思います。
進藤シェフ、ありがとうございました。


中国料理 豊栄


店情報など
ラベル:豊栄
posted by ぼぶ at 17:00| Comment(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

ベイ・ビュー@横浜 横浜港の眺めを楽しみながらのランチ。

訪問日時:2018/06/07 12:00

午後の会議の前に打ち合わせに、
横浜ベイシェラトンホテルの最上階の
レストランに誘われました。


まあ一杯くらいなら大丈夫でしょう。

ランチのメニューはコース一択。

大分県産ヒラマサのタルタルと季節野菜のシーザーサラダ仕立て

ひゃー、美しいですー。

https://lh3.googleusercontent.com/BEURlKcFGSXY7cInIi9lpK4iv7GRGp4E121HzVnBxqCs8ylMyVJt6UDzZBq0s5CevaKaXMc-R4sb6zqZAzxQIs_YdW4wKxD6fghNGDFQTrru5k4mYkE-xlnjpmspLjs8EXO9TLFZoEfI30j_9HgvpBQhy3BBCY0RpL-s9OBAhQ8yiY5rsD3DfLbVTGydNFdbh-OVWDVNh-gh4Zl2H_uwhkBa_CVcz-dsnMyVwcZlFbPBMFmNYOEHVJ3RwU3k_S4mI1CwZNVE5ni0Iec-Jr0h7ieuLMt4qUdBbpd_435dvpYCsLDZl1skO6hcAiPJ0STZ2No9kxXXDUWcj0v80f7vvducAZZ6HT05QDb21etN_FaD6-nnnQpc1n9zDD_xRoU8Fh8Fa-jc0F0BhnI9N5rvoznSmGeLD_y4_Qq0S3iC-MbNE6X42Lw61CH5X8qoNoYwHQpkfnW1WEPE54glUjDBGiaod-vM72PniiUo5GihhdSH_wa_W83zxu2kpGNEb1-F1YhIHYdBze9XuaQYGVl7lyC_MRpyd7Kc02sqRghYQH72nqT47jN036qbmz-Kga3gSW-bTZ_65vIygbNYRyWURdcN2KN9Wwds5AI8MGqI=w560-h420-no

ヒラマサは脂がのってますね。
シーザードレッシングがうまく全体をまとめてます。

パン

しっかり美味しいです。

大分県産パプリカを使用したマンハッタンクラムチャウダー

クラムの味がよく出ています。
ナイスなスープ。

大分県産真鯛に味一葱とちりめんじゃこをのせて ごまだし風味の白ワインソース

ごまの香りが。。。


真鯛のポワレに実に合いますね。
ごま、いい仕事です。

大分県産夢ポークのロースト 柑橘と生姜のドレッシング

メインは豚と鶏から選べます。
2860円追加すれば、
国産牛サーロインとフォアグラのロッシーニ
も選べますよ。

しかし、この肉は美味しい。
柔らかで甘くて最高。

同行の先生の鶏。
大分県産冠地鶏モモ肉とフォアグラのバロティーヌ 塩熟トマトとハーブのジュドヴォライユ

おいしそう。。。

クレームブリュレ ラズベリーとマスカルポーネのジェラート

もう一つの選択肢は
大分 安心院葡萄酒工房 ブランデー台与のエスプーマ カボスの香り
赤い果実のマリネとエキゾチックフルーツのソルベ
カボスのパンドジェーンヌと共に
です。

最後はコーヒーで打ち合わせランチを
終えました。


有意義な時間と食事でした。


ベイ・ビュー




ラベル:ベイ・ビュー
posted by ぼぶ at 21:59| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うなまんもん@宮崎 宮崎に来たら必ず行きたい店になりました。

訪問日時:2018/05/21 18:30

出張で宮崎に来ました。
大変勉強になる仕事を済ませ、
夜はご接待いただきました。

店の名前が「?」だったのですが、
店主坂本氏が宮崎の宇納間(うなま)地区出身
というで、「宇納間のもの」という意味ですって。

今日はありがとうございました。
カッチン。


コースでいただきました。

お通し

かぼちゃ豆腐。
自然の甘さがいいですね。

お造り
https://lh3.googleusercontent.com/FJi3LhW5nGdCJlLwo52swfdSMq4RxFh5dLHyb39Z7iKmXk9M_NjJ8IinNc2BV4Wb42onKTZwLoKdP9Cr_Yggut1y3SMy7IarzH1c20nt7LlrAlhPX_L91durCsxrIMoJ2X81S_xG8Em_zyhD7vDXbql6MpiPKhXaV_exJZQIBz3ZmSsIuhx5EEIrBocM8w-LWR_cSUfuekAbGNQJDqzSCLDNAOtcUZy8I2P5h2zGPSYDLlU3R9qaSa7EWK6HZp2JAEF86yfqiPi0rEj5Qa9lxcZF3Cxa8g7GMg5NM8OZ7ndCK0Mo0qTo94lo7OhUmd99MzSdi6uGVJr-4omxMIQC6O3aqvBdhDo0esO93T7Un1WE5m-Kvc-vvkXGSAin3o45QiK7w_0xlv4OJv_NdDpswnlT_MBWjulBEbICP7pgAuqDO0gCDee-A8rvUqS6UKxmCm4rTad3l1TZ6dCLCIgnoXLyclNxzOA6-5JVXtZ7qEv6XvqQKbV6tBHQohO3DxbcrJvZ-jssi8kfzGX2jbSiz1YaklmF9qhwXfSq94PVq_f84fXBZX4Jvo5ORVWhpucerfL1O5VZ-FSsyBMa_7-O4R1B3FWsNGvzray4nZIv=w560-h420-no

かつお、炙りかます、水いか、たい、いぎす
ここで驚きました。
どれもすごく美味しい・・・
一つ一つうなってしまうほど。
いぎすはハタの仲間らしいですが、
薄いピンクのきれいな切り身でした。

甘鯛揚げ甘酢あんかけ

甘鯛をなんとも上手に揚げてあります。
餡がまた美味しい。

アラカルト
ヤングコーンと大姫竹の皮焼き

出始めですね。
今年も生き物の息吹をいただいた感じです。
美味しい!

メイン
沢どれクレソンと黒豚しゃぶしゃぶ

たっぷりのクレソンと豚肉。
これを出汁でいただきます。


豚の出汁しゃぶ、最高ですね。
えのき茸とクレソンだけ、
というのがシンプルながら、
最高の相性です。

アラカルト
宮崎牛イチボ焼き
https://lh3.googleusercontent.com/P0OjUBX5698cARpHOIJcbA5FMFevbTIygMIRM1mbTQBWFQC0XFqeEMSrPdrSskzUtPriWzEathKoe3pezSXtlyle2reilUMQ1FYzsOsPGfLw-Ix7pTHrEqegU90rNnlKm943q1Im-BG-2ASQI25oLpemlPbGdjGzsX5IOI4nVGBYvkLykt6QQcWfY6GnO-7-cz3BMqRW8A_k86Fj9oj-tUNYjPlMrcvdQHX3ypcLtPxppVaA-i--XUfSRNm8129BAwHz_pfnqpTohZ_nogOjGhqtAzVMwoSob_FDCYTOouuEYjO27jHmyQTfWr-1vZyqLN7HcJjsMNwqurkH-N6viTOJGys5v_1WMYeduKRgNpLzNCrK8RGqXSAYWWIubEuKTwM3c7ifvyelPGqyhFmu4yBV9N-Q5HPiYy06aluHayRLXkQHF9wJ-mcqi3o54aESiRuhoNlRHXVSBXR0NeuGU71T7ZlkUXxar11cDwWKKgKWO8CVW8NxZjmFHmAb4P9C6Bb0VA9nQWZtYk4mlf9pc66yzSq2YGcdoKOzxrYTADBhrltNqWFDRKMgOj6Q1KbjWL5UFQSLHa-chk5_MIdnItOq9zkQfr8WUX85TflK=w560-h420-no

やらか!
うま!
やはり宮崎の牛はよかです。

八寸

島らっきょ、小さな貝、さめ軟骨明太子、生姜。
いい箸休めっつーか、
芋焼酎すすんでしまいますー。

アラカルト
地鶏岩塩焼き

私は宮崎と言えばこの料理。
弾力ある鶏が美味しくて美味しくて。

食事

焼きとうもろこしご飯。
この食事はおにぎりでいただくことで
完成するような気がしました。
実に美味しい。


お出汁のすばらしい味噌汁も見事。

デザート

濃厚なアイスでした。


とてもすばらしい店をご紹介いただきました。
プライベートで行くときも一番の夕食候補に
なりました。



店情報など
ラベル:うなまんもん
posted by ぼぶ at 21:04| Comment(0) | 宮崎料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DA MASSA@沼部 ある日のダマッサ

訪問日時:2018/05/20 18:00

早くも再訪問です。
レギュラーメニューもいただきたかったし。

メニューを眺めて、


いろいろ注文しましたよ。


おつかれちゃん。


前菜盛り合わせ。

おお、豪勢ですね。
イタリアンでアラカルトで頼むときは
前菜盛り合わせがその店のいろいろを表すので、
ほぼ頼みます。
いや、もうこちらのシェフは信頼していますが。

・24ヶ月熟成サンダニエーレ産生ハム
・江戸前スミイカの炙り大麦と
・北海道産白貝とピゼッリ
・青森産アイナメの焼霜カルパッチョ
・宮崎トマトと水牛のモッツアレラ

これだけでワイン何杯もいけますね。


スパゲティ 江戸前スミイカとカラスミ。

カラスミはこの前のよりは
優しい生に近いタイプ。
これもすばらしい。

山形豚ロース肉タリアータ。

ルッコラとパルミジャーノたっぷり。
豚の甘さが際立つ焼き加減です。
これ、大好き。

今度はランチに来てみようかな。




ラベル:ダ・マッサ
posted by ぼぶ at 20:35| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

旬熟成 GINZA GRILL@銀座 熟成肉の美味しさを楽しく堪能しました。

訪問日時:2018/05/17 19:00

GINZA6もあっという間に
一年経ったのですねえ。
行く機会に恵まれなかったけど、
招待を受けて行ってきました。

店は13階の旬熟成。
熟成肉の素敵なレストランとか。


旬熟成GRILLコースをいただきました。


アミューズ
発酵熟成牛のミニハンバーガー

!!
ひえー、楽しいですねー。
ピンセットを使って、
自分でバーガーに作り上げます。


直系はメンズの腕時計ほど。
はっきり言って、味がどうのこうのではありません。
ただ楽しい!

添えられたポテトチップスのフィルムも楽しいです。


前菜1
ホワイトアスパラの冷製スープと発酵熟成牛の炙り

これは外ももだそうです。


少し固かったけど、
甘みがあり香りも良い肉です。

パン

温かなパン、嬉しいです。
バターには岩塩が添えてあります。

ビールもいただきます。


前菜2
発酵熟成牛のタルタル~エシャロットソース~

これは内ももだそうで。


柔らかで熟成感を感じて、
かなり美味しいです!
パルミジャーノチーズもたっぷり。

またもフィルムがありますが、
これは牛肉のフィルムですって。
面白いっすね。

前菜3
発酵熟成牛の牛カツ~ヴィンサントとビーツの2種ソース~

まだ前菜が続くのですか!
でも、牛カツ、大歓迎!


薄いキャベツのフィルム。
またしてもフィルム。
でも、めっちゃうまい!!

かっこいいカトラリーがセットされ、
やっとメインディッシュ。


メインディッシュ
発酵熟成肉の炭火焼き~三元豚and極上サーロイン~

サーロインは30ヶ月熟成、
三元豚は群馬赤城豚。


この赤身、すばらしいです。
豚も甘みがあって、極上。

〆のご飯
発酵熟成肉の牛すじ一口カレー

なんだか、全体を焼き付けたかのような
デザインのお皿。

でも、真ん中に黒いカレーと
揚げたライスボールが。


これが笑っちゃうほどの味わい。
もっともっとたくさん食べたいです!

ドルチェ
苺のティラミス 酒粕のジェラート

チョコレートビスケットが
散りばめられていて、
ティラミスは口の中で完成させます。
酒粕のジェラートは大変気に入りました。

コーヒーで食後談。


プチフールもあります。


楽しい店でした。
また誰か一緒に行ってください。


旬熟成 GINZA GRILL


ラベル:旬熟成
posted by ぼぶ at 18:00| Comment(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

旬熟成 GINZA GRILL@銀座 熟成肉の美味しさを楽しく堪能しました。

訪問日時:2018/05/17 19:00

GINZA6もあっという間に
一年経った。
行く機会に恵まれなかったけど、
招待を受けて行ってきました。

店は13階の旬熟成。
熟成肉の素敵なレストランとか。


旬熟成GRILLコースをいただきました。


アミューズ
発酵熟成牛のミニハンバーガー

!!
ひえー、楽しいですねー。
ピンセットを使って、
自分でバーガーに作り上げます。


直系はメンズの腕時計ほど。
はっきり言って、味がどうのこうのではありません。
ただ楽しい!

添えられたポテトチップスのフィルムも楽しいです。


前菜1
ホワイトアスパラの冷製スープと発酵熟成牛の炙り

これは外ももだそうです。


少し固かったけど、
甘みがあり香りも良い肉です。

パン

温かなパン、嬉しいです。
バターには岩塩が添えてあります。

ビールもいただきます。


前菜2
発酵熟成牛のタルタル~エシャロットソース~

これは内ももだそうで。


柔らかで熟成感を感じて、
かなり美味しいです!
パルミジャーノチーズもたっぷり。

またもフィルムがありますが、
これは牛肉のフィルムですって。
面白いっすね。

前菜3
発酵熟成牛の牛カツ~ヴィンサントとビーツの2種ソース~

まだ前菜が続くのですか!
でも、牛カツ、大歓迎!


薄いキャベツのフィルム。
またしてもフィルム。
でも、めっちゃうまい!!

かっこいいカトラリーがセットされ、
やっとメインディッシュ。


メインディッシュ
発酵熟成肉の炭火焼き~三元豚and極上サーロイン~

サーロインは30ヶ月熟成、
三元豚は群馬赤城豚。


この赤身、すばらしいです。
豚も甘みがあって、極上。

〆のご飯
発酵熟成肉の牛すじ一口カレー

なんだか、全体を焼き付けたかのような
デザインのお皿。

でも、真ん中に黒いカレーと
揚げたライスボールが。


これが笑っちゃうほどの味わい。
もっともっとたくさん食べたいです!

ドルチェ
苺のティラミス 酒粕のジェラート

チョコレートビスケットが
散りばめられていて、
ティラミスは口の中で完成させます。
酒粕のジェラートは大変気に入りました。

コーヒーで食後談。


プチフールもあります。


楽しい店でした。
また誰か一緒に行ってください。


旬熟成 GINZA GRILL


ラベル:旬熟成
posted by ぼぶ at 18:00| Comment(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

RESTAURANT YAMAUCHI GINZA@銀座 レストランよねむらのDNAをくむ新たな味です。

訪問日時:2018/06/15 18:45

とても楽しく、感動したのはよく覚えています。
お客様との会食で、久しぶりに行こうと思って
電話したのは5月末。

すると よねむらは3月で閉店してしまい、
現在は弟子の山内シェフが
そのまま独立しているとのこと。
その場で予約を成立させ、行ってきました。


店は居抜きですが、
お皿やカトラリーは一新されてますね。
お箸を置くスタイルは同じですが。

グラスシャンパンで杯を合わせます。


メニューは15000円のコースのみ。
まずは見事な前菜が出てきました。


上段左から
汲み上げ湯葉 大徳寺納豆乗せ
新牛蒡と茗荷のマリネ
茹で新ジャガ モッツァレラチーズ、フォアグラ乗せ
泉州水なす
かますの幽庵焼き
鯵焼きおにぎり寿司
水蛸刺身

なんと楽しい。
ワインが合うは自明の理。
それぞれグラスワインをいただきます。

https://lh3.googleusercontent.com/5P8DWpCF75Eb4holuwc41ug5A7S6a1D73VlQ7R6Yn_mSEh1jPfcx2h4A27CWMGA2vKFlG6oATwpy7XTZj7qBuoktpMXRkBOqsFOg_Y0gu1tUbQmsXVwPcYchTcw9an5OmuHx_kq9TK21D-Nvl7-zdQzVQ4QmwBwmmzGMWjDA3TVqJ8SgdjcU1KNu4V4yHl6k8Kw0ID1tp-BeG-gOZHH4vJyggALNfE-eV7x8_wqExFRd-Xl1G_EqaFDwqW_YeLLO1yNU7M-9YzzauC6cr922gzmRJWMncXBCFmPCpepOqg8vgAhodYxGaarkaH5js2ko590UaUQ2iRNWhDxNLB0Oh-7Kp3RV75qkC-QDvexchjJbekavO4gkmT0AqU_tMnJGetQX7FdJSYZM3jZsvIRD1JHIVKY8MFyc2Xou--s3xrygzuEmXtFfJbq49kVlb9KKCexiY4qmyFqqqmqcU8vWSZL9TAbIEE0fds0kuz0IxRkHmNKj5g2Zv7ak9aE_1apRr228old-5erlnFi_2aoRBlwc8GZ_xVYUfYrDLrlo0EoOlGhJsqvtzsi_hbn07y9Q1vzkTK6TJG9fYEC6Gawzd6kDMMap5Ict2pJM7xcK=w420-h560-no

パンもすばらしい。


続いてはスープと一品。
https://lh3.googleusercontent.com/_LhkH3PKqq7YjnR3a3TcKFH9S_iAlMc3MaJGz5iCUzqU2dUishdQ2FwVn5sUcz52GahW1T8TsgGz12-iHxogBxqoL7AKynSwhAt0PDAVNOFbqquFBaGgNSRPNTQlpK4GonScmt5hPURb1x3OVEB0q9nF14uY8O2UH5xyxRTQrCbSjqnwgXHWj1-RI8xr1zloDMkFSyP0mCMhpDw5JUzV_JONc7JF5ceDbOmh-a_vQ17NrkbCIDJ6_RXhLwcUYboeRapl7tY0gxcEiciRIRiGHdGh-83WR3cwQn1s_VbOjpsDnbzmimqTiJkpiNQkt7ejHkIhgxT_aHKsQ1Jfu6wb5yFXjWTwCFd8tVIqF_ddFGtzfrRqDeHB83ofliYSOTzMU4uRSQPk-t5PRU-4ncCeonTGcUaeQig6LOqrziywq4NJ6tQ15QNJK3XYJ3AYk25s-ILFUoY1gVw5wu-I50VD3Ix_MeBpIUeJYIZB09BjG2wb7SQm2th5tZjiNfpFYnv6WFgUHjRybLtTa-w2UMTlMW7rKYmf5lYBwc_AbB6iryS9T9Q1sI39z78IK1-JOvB6nl0O1vBLQlsTdQyylXYuEgmsbsQ6RzvN1DESXTwp=w560-h420-no

ガスパチョと
稚鮎のとうもろこしクレープ包み揚げ。

ガスパチョはコンソメゼリー入りです。


洗練されたガスパチョです。
冷たくて美味しい。

稚鮎の下にはタデ酢に見立てた、
バジルソースです。


苦味がいいですなあ。

蛤香草バター焼き。

大きな蛤。
これうまいでーす!


蛤とバターはよく合います。

鱧料理。

焼き霜と落とし。
梅ソースとポン酢でいただきます。
玉ねぎときゅうりの添え物も見事。


たまらず日本酒にスイッチ。


穴子丼。

ご飯はとうもろこしのリゾット。
ヤングコーンの天ぷらも添えてあり、
これは大好きな料理ですよ。

すずきのムニエル。

甘味噌のようなソースがナイスです。
大きな万願寺唐辛子も京都らしくていいですね。

アイスプラントの先っちょがピンク。


花ではないようですが・・
可愛いです。

パスタ。

毛蟹と海ぶどうの冷製パスタ。


めっちゃ贅沢な味がしました。
すごいなー。

メイン。

京都黒毛和牛のフィレとサーロイン。
甘さと香りが印象的な肉です。
葉玉ねぎのローストと九条ねぎも
いい脇役でした。

しかし量が多いです。
かなりここまででお腹も膨らみましたが、
食事は
・カレーライス
・ちりめんじゃこご飯
・すっぽんスープのパスタラーメン
から選べるって言うじゃないすか。

名物のカレーライスが健在と知って
嬉しかったですが、
やはり


ラーメン、と聞いてはね・・・


餡の強い上質すっぽんスープが美味しおす・・・

麺はパスタですが、


お店がラーメン、というのでこれはラーメンですっ。


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


デザートは私はチーズケーキ。

なんとチーズケーキの上に白カビ系チーズ。
こうすると当然ですが、チーズの香りがすごい。
これは良いアイデアです。

お客様はフルーツゼリー。

千疋屋だといくらするかな・・・

エスプレッソでクールダウン。


美味しかったです。
よねむらの感動はそのままでした。
新たにYAMAUCHIの味と色を徐々に
生み出していくことでしょう。


RESTAURANT YAMAUCHI GINZA


店情報など
posted by ぼぶ at 18:23| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする