2018年05月09日

やきとり 児玉@三軒茶屋 まさ吉の児玉さん、第2章のスタートを祝福します。

訪問日時:2018/05/09 19:00

昨年末にまさ吉に行った時に聞いてびっくりしました。
コース料理主体の新店舗を作ると。
そして、まさ吉は弟子たちが運営すると。
正直大丈夫かな、と思いましたが、
多くの人を魅了してきた児玉さんなら
心配ないでしょう。

本日、やきとり児玉のレセプションにお呼ばれしました。


場所は三宿通り、世田谷公園の近く。


白基調の静かな暖簾が清潔感あふれます。

ドアを開けると、
児玉さんを中心として実にたくさんのスタッフさん!
厨房にはのりさんの姿も。
おめでとうございまーす!!

立派な神棚が神々しい。


カウンターはやはり白。
白木の天板がきれいです。


まさ吉に比べると格段に明るいです。
写真撮りやすい・・・(^^;

箸置きが可愛い。


今日は実践さながらのコース料理を
提供くださるそうです。
飲み物はフリー。


ありがたや。

3人で訪れました。
乾杯。


山椒、七味唐辛子、醤油。


こだわったに違いありません。
山椒の香りがすばらしい。

ケースには仕込みの終わった鶏さんたち。


そして、招待客がそろい、
児玉さんのご挨拶。


新たな女将は知り合い!
前の会社を辞めてのお勤めとか。
すごい。。。

調理開始。


前菜がサーブされました。
https://lh3.googleusercontent.com/pst72zWPNdgLjuvL16IyGAtxfP0xNiOOje3FAnweovu6Ddbi5qQ1KBWmpPjYkF7fjImien3lQJmUq1sJZ2ZEIi9MjzSSHfdxGVOVFcbjrz6wZxqjWA3Izsk8hPAGpEv4cMWQ8gw9UFcAg7j5YJczTNGMY4rd6yeewzY2_ssf8MR8CyX_0CUPyAy-3lZO1uLc3U6Z4fRldC2zD6Ntvo5o4p-VdQuu63HSadJA1TZAgGzAbkIXrDy8OG_-AElJQIZbcZhA72cLkSXKJje8RADweTeLyby-QF56Jw0PMY3wXtBcf-D1e3fcL3nsnNdctaEimLen5aE5cO5tLVylJtnKSdvKPON3Lbyh1OMXxm3ByA6aulEHU_Gzfd59BCfuZxv3a2w5Q5ewM5zokuqhEKPoFwiqgnsKxAXa-kDa2HjvAI3nD7K-Eo-nr08dZLNH2zKywKbVvQoVboE1VlJQyV2h3DQDf2kDgbpFA2gXH12SqrsSP5IlL7T29eIl5m4xZxV2KsmwXku5FQDvAu0ri5VpTX6Z_1oORh6iXDPHeG7KAeNL66Fikpi561c7LXDt0ewkiz_weYkncdwvoluMeUxIAWgyUabejMdYMEn_xGhF=w560-h420-no

お店で使われる器は合羽橋に何度も通って、
選んだそうです。
だし巻き卵、自家製胡麻豆腐、スナップえんどう、
鶏皮の煮浸し、フルートトマト。

胡麻豆腐は甘い!さすがこだわりの自家製。
鶏皮がすばらしく美味しい。
全部おいしいですー!!

シャンパン、いただきます。

焼鳥が始まります。


かわゆいお皿です。

最初はだき身。

胸肉焼きにわさび、梅、味噌の3種の味。
弾力があって、ジューシーでめっちゃうまい!O(≧▽≦)O

白ワインが合います。

こちらで使う鶏肉はにいがた地鶏
名古屋コーチンなどをかけあわせ、
平成16年に誕生した新種。
都内では初めてだそうです。

手取川、相変わらずいいねえ。

レバーパテ。

色がきれいです。


うまいなー。

たまらず赤ワイン発注。

リンカーンエステート久しぶり。
軽めのCSで美味しいです。

もも

こりゃすごい。
元気な鶏、という感じです。

お漬物とおろし。

なんか、まさ吉っぽくて安心。

つくね。

興奮しました。
人生一位のつくねです。。。

てば。

骨を抜いてあります。
仕上げにすだちをかけてくれました。
天国ですか、ここは。

栃尾揚げ。

抜群の火の通し方。
好きな食べ物だけに大事にいただきました。

ればー。

たまらんすね。
もう一度赤ワインを頼んでしまいましたよ。

ここまでで予定のコースは終了。
あとはアラカルトで、

せせり、

そり

を楽しくいただきました。


今日は楽しみにしていたラーメンはありませんでしたが、
13日のグランドオープン以降は
〆の塩かけそばとデザートが出るそうです。
料金は6000円と聞きました。

敬愛する児玉さんの新たな旅立ち、
心から祝福し、応援しています。

関係者のみなさん、ありがとうございました。


やきとり児玉


ラベル:児玉
posted by ぼぶ at 23:19| Comment(0) | 焼き鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする