2018年03月23日

かぼ茶庵@益子 窯元が経営するカフェでランチしました。

訪問日時:2018/03/11 12:15

焼物を求めて益子へ行きました。
益子焼はどっしりしているものが多く、
好みは別れると思いますが、
私は自由度が高くて好きな焼物です。

この日もいろいろショップをめぐる予定ですが、
その前にランチ。


よこやま と言う窯元が営むカフェです。

いろいろいただけるようです。


少し待って席に案内されました。
5人卓を2人で広々使いました。


お冷のグラスも素敵ですぞ。

メニューを眺めます。


ランチセットAはメインをチョイスして、
それに季節の野菜プレート4品が付きます。
Bはプレートが3品。

ランチセットA+プチデザート2品&ドリンクも付けました。
メインはオムライスのダブル海老にしました。
海老トマトクリームソースとデミグラがかかったものです。

デザートと飲み物も充実しています。


カトラリーがセットされ、


やがてプレート4品がきました。


ぎゃー。
これはワインを呼びますなあ・・・

かぼちゃのスープ、蓮根サラダ、かぼちゃのサラダ、パテ。
器も重厚でいかにも益子焼。

ちなみに嫁は3品。


内容が若干違うのがいいですね。

きました、ダブル海老オムライス。


ダブル っていうのは
海老をソースと具に使っている、という意味でしょうね。

ソースが2種類とは贅沢です。
きっとこれを考えた人は
食いしん坊ですね。

豚肉と野菜の和風パスタ。


あっさりしてます。

食べ終わるとデザートコーナーに行って
好きな器を選んで取ってきます。


で、これになりました。


いちごのミルフィーユとかぼちゃプリン。

コーヒーをいただきながら、
ゆったりします。


いい時間でした。


このあと、益子焼の歴史を学びたいと、
登り窯のモニュメントなどを見ました。


復活プロジェクトで
実際火を入れたみたいですよ。

しかし、すごい家です。


買い物もそこそこ楽しみ、
家路につきました。







店情報など
ラベル:かぼ茶庵
posted by ぼぶ at 16:58| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

ラトリエ・ムッシュー@那須 やっぱりすごいムッシュの腕とセンス。

訪問日時:2018/03/10 19:00

ようやく雪も溶けてきた那須へ。
夕食は昨年7月に行って感激したムッシュのお店。

ドアを開けるとマダムのお出迎え。
ムッシュ、こんばんは。
よろしくお願いします。


おしぼりは今日もローズマリーの香り。


那須高原ビールをいただきます。


愛子さまのおしるし、
ゴヨウツツジの画入り。

*食前に一口の安らぎを

これがいわゆるアミューズですよ。
すげーです。

キノコのスープ雉のコンフィ入り、
鴨のパテ、りんごのコンポート、
自家製マスタード。

ムッシュはジビエもお得意。
もうその季節は終わってしまったけど、
いつかいただいてみたいです。
その名残の雉のコンフィ。



山海の幸の出会い

蓮根、大根、ホッキ貝、紅鱒がミルフィーユ状に。
柑橘のソースがかけられてます。
周りの野菜は黒人参、白人参、うど、など
きれいに描かれています。

楽しいです!

白ワインはシャブリ。


温かい料理

梅山豚の角煮ですね。
でも、見事にフレンチしてます。


真岡の平飼い鶏の煮玉子も見事。

今日の蒸しパンはよもぎです。


好みなんですが、
私は固いパンの方がありがたいです・・・

本日のお魚料理

チヌのポワレです。


何ていうんでしょう。
フワフワな身がすばらしい。
木の芽を使ったソースも最高の相性。

本日のお肉料理

イノシシのロースト ブルーベリーソース。

きれいですねー。


これもジビエの名残。
ヒレとロースが同居してます。
柔らかくてソースの美味しさが際立ちます。

嫁は牛肉パイ包み。


これも美しく美味しいです。

春の甘み

またまたきれいなミルフィーユ。


紅玉のキャラメリゼが美味しい。

シルクスイートというさつまいものピュレが見事。


紅玉のシャーベットの上に紅玉のチップス。
巨峰の干しぶどうも甘味が濃いです。

最後はコーヒーをいただき、
和やかな晩餐はフィニッシュ。

ムッシュ、ありがとうございました。
また参ります。


ラトリエ・ムッシュー



posted by ぼぶ at 18:42| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Le Monde Gourmand(ル モンド グルマン)@自由が丘 一級品の料理を気軽に楽しめます。

訪問日時:2018/03/08 18:30

自由が丘にすばらしいビストロができたよ、
と知己に聞いたのはずいぶん前。
やっと行く機会に恵まれました。

店に入ると、温かな出迎えを受けます。
雨の中、歩いて来たことを忘れます。


今日はネットで、4800円のコースで予約済み。
まずはおビール♪。


もちろんコースもいいのですが、
黒板を見て思いました。
数人で来てアラカルトで、
というのも楽しいに違いないです。


グラスワインも多く取り揃えられてます。


コースの詳細。


スタート!

アミューズ

金目鯛のタルタル仕立て


軽くスモーキーですばらしいです。
泡の酸味がまた。。。

パンはもちもちです。


バゲットにしては珍しい食感。。

白ワインは
ヴェルメンティーノが良かったです。


前菜1

新玉ねぎと春菊のスープです。
玉ねぎの甘さが印象的です。
おいしいなあ・・・

ジョセフ・ドルーアン ピノノワール


王道のお味。

前菜2

地鶏とフォアグラのパテアンクルート。
このパテ、素晴らしいです!
伝統料理のはずですが、新しさを感じます。

レーズンのマスタードがナイスな付け合せです。

肉料理

バベットステーキ。

ハラミが柔らかいなあ。
このシェフの手にかかると、
ハラミすら高級肉の味わいになるんだな。。。
コーンのソースもいいお供。

あとタケノコのグリルがいいですね。
皮を向いて柔らかいところは全て食べましたよ。

魚料理

真鯛のポワレ。
味見させてもらいました。
これも古式フレンチの料理ですが、
古臭さは微塵もないです。

デザート

ガトーショコラです。
クリームチーズ入りなんだそうで、
まろやかです。

飲み物はエスプレッソ。


幸せになって晩餐を終えました。
予約は取りにくいですが、
必ずまた来ます。


ル モンド グルマン



店情報など
posted by ぼぶ at 17:46| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

串の坊 新宿伊勢丹会館店別室@新宿三丁目 馴染みの味はいついただいても変わらず美味しいです。

訪問日時:2018/02/27 18:00

たまには串揚げ行こうよ、
と友を引っ張ってきた。

串の坊に初めて連れて行ってもらったのは
もう40年ほど前。
銀座本店だったけど、おいしさはもちろん
その提供スタイルに驚いたものだ。

以来、いろいろな支店におじゃまするけど、
どこも同じ味で安心。

こちらの伊勢丹会館には8階と3階に店がある。
8階は喫煙可で、3階は禁煙。
ということで、3階を選んだ。

サービスの梅酒がきました。


かんぱいっす。

すぐにビアででも。


お代わり自由の野菜がセットされ、
揚げスタート!


おっと、マヨネーズをもらっておきましょね。


一回つけちゃった。。

こちらの味付け調味料類は、
特製ソース、ポン酢、ごまだれ、胡麻岩塩、
ケチャップ、からし、レモンがありますが、
野菜用にマヨネーズをいつも頼みます。
頼まないと出てきません。

懐かしのお皿。


いつも思います。
ちょっと浅い。。。

牛ヒレ肉と海老しそ巻きから。

これはソースだ、ポン酢だと、
自分で選べるのがいいです。

どんどん串がたまります。


これはハゼなんだそうですね。

牡蠣

うまし!

ズワイガニ鱚巻き

タラの芽

スペシャリテの子持ちこんぶうにのせ

じゃがいも、タコ

カリー春雨を欲しました。


揚げ物に泡盛は合います。

蓮根、車海老

アスパラ、うずら

アスパラ、美味しい。

小玉ねぎ、椎茸

穴子、えのきだけ

ストップをかけると、
あと2本くらいは出てきてしまいます。


このころになると
お腹は満タン。

デザートも出ます。


コーヒーゼリーと甘甘棒。
甘甘棒は五家宝みたいなもので、
こちらの名物です。
昔はよく買って帰りました。


ごちそうさまでした。

串の坊



posted by ぼぶ at 18:00| Comment(0) | 串揚げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鮨 でですけ@新橋 居酒屋風ですが、ネタは間違いありません。

訪問日時:2018/03/02 19:30

2日続けて寿司屋さん。
別に困りません。
むしろうれしーです!

こちらは知り合いが営むグループ店のひとつ。
何度もおじゃましています。


今日は仕事仲間になりそうな方と商談を兼ねて
お連れしました。

豊富なメニューの中からあれやこれや選びました。


よろしくお願いします。


お通し

白身魚の昆布締めっぽいもの。
海水晶と共にポン酢で和えられています。
なんとトリュフの香りが!

毛蟹甲羅詰め

これはやばいもの頼んじゃいました。
楽しすぎます。
やっぱり毛蟹って美味しい!

なめろう

海苔が付いてきます。
海苔で巻くと香りが加わっていいですねえ。

刺盛り

ウニが箱入りでっせ。


箱うに、サーモン、さあば、鰆、中トロ、初鰹、寒ブリ、鯛。
どれも標準以上の美味しさ。
ここの魚は間違いない。

お酒いきます。

満寿泉 純米吟醸うすにごり。
本日の特別なやつです。

ほや塩辛

酒進む。

穴子天ぷら

ツメが上品でいいな。

握りは
穴子と

芽ネギ

もうこれで私は打ち止め。

氏はもっと食べていた。


美味しかったそうです(^^;

普段使いにちょうどいいので、
また来まーす。


鮨でですけ




ラベル:でですけ
posted by ぼぶ at 16:15| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月12日

鮨 真@広尾 鈴木大将のセンスが光ります。すばらしい。

訪問日時:2018/03/01 19:00

お誘いを受けました。
2003年に開店し、ミシュラン日本上陸から
10年連続で ☆ の寿司屋さん。
楽しみにしてました。


プレミアムモルツの瓶で杯を合わせます。


お魚2種。

トリ貝は身が厚いです。
平目は包丁が入れてあります。


醤油、塩だれ、わさび。
重厚な器がいいですねー。
塩だれは塩、日本酒、にがりを煮詰め、
すだちで風味を加えたもの。
平目にぴったりの味わいになります。

太刀魚焼き

ふわふわです。
すばらしい火の入れ方です。

こちらの店も日本酒は豊富。
いろいろとオススメをもらいます。


これ美味しかったなー。


酒器も素敵なものが
たくさん用意されてます。


のれそれを軽く火を通して、
SSサイズの玉子の黄身も火を軽く通して
ポン酢をかけたもの。

すばらしい食べ物です。


お隣に出されていたものをこちらにも。


今日は相模灘の勝ち。

五橋もよかった。


握りはアオリイカから。


細かい仕事がしてあります。

お酒、本日のナンバーワン。


知り合いが作っているお酒に偶然出会えました。
蔵元第一号の日本酒感。
慨深いです。
馬場ちゃん、ついにやったね。

アオヤギ

なんと美しいオレンジ色でしょうか。

〆鯖

これも仕事が施してあります。

これもおいしい。


漬けまぐろ

めっちゃうまい。
いいまぐろです。

中トロ

これまた凄い。

小肌

やはり仕事の丁寧さが光ります。
小肌うめ~~~

白魚

この握りは初めての経験。
おいしいですー。

車海老

間違いないです。
最高。

生海苔のお味噌汁

風味がナイスですねー。
すごく美味しい。

うに

とろとろウマ!

穴子

ふわふわでツメがすばらしい。
これまでの経験でも最高位の穴子。

卵焼き

カステラです。
抜群のデザートです。

ごちそうさまでした!


鮨 真


店情報など
ラベル:鮨真
posted by ぼぶ at 17:24| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月01日

お好み焼き いまり 五反田店@五反田 恵比寿に次ぐ東京2号店も繁盛してまっせ!

訪問日時:2018/02/26 18:30

昨年4月にできた五反田のお好み焼き屋に
ようやく行く機会ができました。
恵比寿店には何度も行ってて、
おいしさはわかっています。

店内に入ると、恵比寿と同じく
暗い空間です。

男子ばかりの店員さんはみんな明るくていい感じ。

大きな鉄板カウンターに座り、
乾杯します。


こちらのメニューも恵比寿と同じ。


もう様子はわかっているので、
好きなものをアラカルトでいきたいのが本音ですが、
同伴者が初めてなので、
今日も、好きなものをいくつかリクエストしつつの
いまりのマル投げでお願いします。

先客のが焼かれ始めてます。


あごすじとニンニクの芽炒め

やたらとこれを推してくるんですよね。
やたらと美味しいですけどねっ。

早々と日本酒にしました。


これは鍋島でした。

いまりの豚平焼き

うまいね〜
実にうまいね〜
マヨを使ってないところが
自信の現れか。。

おかんねぎ焼き

言えば切ってくれます。


ねぎたっぷりで
醤油風味がナイスなんだよね。

昔ながらの大阪モダン

毎回、これは食べます。
中華麺も入ってボリュームもあります。

で、ここでいつも終わってしまうんよ。
焼きそばとかそばめしまでいきたいんだけどねえ。。

次回は好きなもの頼むぞ!


ラベル:いまり
posted by ぼぶ at 17:02| Comment(0) | 鉄板焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YAKIYAKIさんの家 AKASAKA@赤坂 ヨーロピアングリル、という名の通りのおしゃれな鉄板料理です。

訪問日時:2018/02/23 18:00

鉄板焼きって好きです。
肉料理でも、お好み焼きでも。

赤坂で打ち合わせを兼ねた会食で
こちらを選びました。
店名に若干の難ありとは思いますが、
料理は間違いないとふみました。

場所はTBSの裏手です。
表からの階段を上がって店に入ると、
満足を予感させる空間が広がります。


今日は檜坂コース9000円を予約してあります。

https://lh3.googleusercontent.com/FiE0Vcm7l48JVvEGodHOccqbELE3nplFM7qnHzlR2qenz8cidAIb-z0fyWx-DyaanhR_eY7npOiXyU-SRb5lJDNwuP9ubT-45Sy76WxpEQe-2l3wMurHH4CWsvn6OC-C4B-PAa-Ku9j6WZ-u7JvegXVQs44DeY0VvXuWEPOsZNVqCko6Nx5lL3TgwK4bCQzjUBZk8R6A9d-DTYAhD7rADJDdCx9VhFl9L-tDayKFN04UCcd-TRh9IzA5OKEpBsQVhbaW9GmJjc3xSxbJJuTLogPfC4qyRJKU-Q4uiEH3ZZQ_hiMu07WBz-0R1kFVD2njgmfF6NV_7SciCU7PW0g5CKZvUcYZ-mlSm4erksP-oa6oAgGkh_9vMrQUubbQueXS-oH8ucMlq_4B20x4vIrh0nbLkCKca90a_aH4DOM05EPYcZiiuwsTPcrTu6SItD7tnVuigKgwvlacg6f_83QB7QuGZ_NlOLcv1U-GjL9bFbc42KPVMixHajwZQ4KEJhEmxMxLQnT2_G47LTtfpZ3cBBuFkcrb8NwU8xof6WLQZO3ccMpeDicGvWzLgwe0uryIVSx7cPvjgUOuwqeC6VQXGifgUfjRznwYUBRduUao=w420-h560-no

打ち合わせでもビールは必要です。


アミューズ三種

フロマージュ・ド・テット、若さぎのエスカベッシュ、
カリフラワーのムース。

いずれもおいしく、楽しいスターターです。

フロマージュテットって知りませんでした。
豚の頭の煮凝りだそうです。
この場合のフロマージュはチーズのことではなく、
形成する とかいう意味だそうです。

パンは3種類あるそうで、


なくなったら次のを持ってきてくれます。
これはクルミのフォカッチャ。
温かくておいしくて、ついつい手が伸びます。
ただ、お腹がすいているからと
パンで飛ばすと後が苦しくなるので、
ちょっとずついただきます。

国産天然地蛤焼

大きくて立派な蛤は九十九産だそうです。


一口でいきましたが、
なんかもったいなかった。。。
海の香りがすばらしい。

白ワインにスイッチ。


鳥居平 今村 キュヴェ トラディション。
甘みがあり、サラダなどには合います。

YAKIYAKIさん特製サラダ

きれいです。
見るからに変わった野菜の盛り合わせ。
右の赤いのは紅くるり。
甘くておいしい大根の仲間。
他にはバターナッツ、赤からし菜、京人参など

フォアグラのグリル

やば!
これは・・・うまそう・・・

下の柑橘類はなんとデコポン。


オレンジよりも食感が楽しく、
濃厚なフォアグラをより引き立てます。

これは上級の美味しさ。
久々にフォアグラで興奮しました。

あわてて、赤ワインを追加。


アルプスワイン ミュゼ ドゥ ヴァン塩尻メルロー
最近、塩尻メルロにはまってます。


と、目の前では
シェフが変なものを鉄板に乗せてます。


特殊なセロハンに包んだブイヤベースとか!
これをグツグツと火を通して、到着。


上部を挟みでカットしてくれます。

特製鉄板ブイヤベース

衝撃的でした。
魚介の香りが一気に襲ってきます。
海老、金目鯛、あさりなどなど。
こんなに美味しいブイヤベースはお目にかかったことない。
初めてブイヤベースを心から美味しいと思いました。

できれば麺を入れたい(^^;

二つ目のパン。


ふわっとしてます。
これもいいですねー。

そして、肉が焼かれ始めます。


この網で休ませながら、
本当に丁寧に焼いてくれます。

このコースはサーロイン80gか、
フィレ60gが選べますが、これはフィレ。
シャトーブリアン (60g)も+1,200円で選べます。

金針菜も炒め始めました。


そしてやってきました。

特選黒毛和牛(A5) フィレ(60g)

ミデイアムレアでお願いしました。


わさびと山わさびが添えてあります。

フライドガーリック、薫製塩、おろしニンニク醤油が
供されます。


ひたすら楽しみました。
実においしい肉です!

私的には山わさびとニンニク醤油がよかったかな・・・

締めは鉄板焼きリゾットって書いてあるので、
てっきり鉄板の上でリゾットを仕上げるのかと
思いきや。


チーズリゾットを予め作って、
冷蔵庫で冷やし固めて、
切り分けて鉄板で焼く、ということでした。

本日の鉄板焼リゾット

これ、笑っちゃいますよ。
あまりにも見事な作品で。。

黒毛和牛の赤ワインソースもかかってますよ。


これ、お替わりを三回くらいしたいです!

本日のデザートプレート

キャラメルアイス、洋梨のソルベ、苺。
楽しい夕餉もクールダウン。


うなるほどの料理の数々。
やはり思った通りのお店でした。

YAKIYAKIさんの家は表参道にもあるようで、
そちらも近いので行ってみたいです。




店情報など
posted by ぼぶ at 16:36| Comment(0) | 牛肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庄ヤ@山中湖 湖を眼前に抱くお店。熱々のほうとうで温まりました。

訪問日時:2018/02/10 12:45

久しぶりに大きく結氷した山中湖へ観光です。
ランチはラーメンでなくw
ほうとうにしました。

この界隈では、やはり小作が有名ですが、
今日は別の店にしよう、ということで、
庄ヤという店にしました。

山中湖が目の前にあります。
靴を脱いで上がります。


いろいろありますねえ。
ほうとう専門店ではないようです。

なので、調味料類もたくさん。


ソース、醤油、七味唐辛子、胡麻南蛮。
胡麻南蛮はオリジナルの辛味です。

カレーほうとうにも惹かれながら、
わかさきフライが付く、
庄ヤセットを半麺で注文しました。


ほうとうを路面店でいただくのは久しぶり。


麺がハーフなせいか、
寂しく見えます。。

具はかぼちゃ、じゃがいも、人参、ねぎ、牛蒡、白菜など。
熱々で美味しいです。
麺は柔らかい仕上がり。
あっさりタイプなのですね。

好みから言うと、やはり小作が好きですかな。。。

わかさぎフライはいいですねー。


ビールほしくなりました。

あと、胡麻南蛮が香りがよくて辛くて
気に入りました。


この後は撮影大会。


今では全面結氷することはなくなりました。
昔は穴釣りをする人で賑わったものですが、
寂しいものです。

でも、凍った山中湖はきれいです。
大好きな風景なのです。



ラベル:庄ヤ
posted by ぼぶ at 15:39| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

道草庭@旗の台 我が家のような落ち着く空間で庭を愛でながらのステーキコース。

訪問日時:2018/02/03 18:30

知り合いの小川畜産が経営するステーキハウスです。
住宅街にあります。


と言うか、まんま住宅です。
こちらは現社長のお祖父様のご自宅だったところ。
それをリノベーションした店です。

靴を脱いであがります。
おじゃましまーす。

大きな鉄板カウンターと
庭が臨めるテーブル席があります。


ライトがきれいですが、
昼間の方がいいですね。

本日のお品書きです。


夕顔コース という9000円のコースです。

今日は家族で来ました。
いただきます!


鮪のスモークサラダ

アミューズです。
しっかりとスモークされていて、
我が家で流行中の薫製料理だけに
一瞬で盛り上がります。

鴨と葱のロースト

鴨のロースト具合がすばらしい。
柔らかくて、芳醇な鴨の香り。

黒ゴマと鶏つみれのスープ

濃厚な鶏出汁。
いいですね〜〜〜

一口ビーフシチュー

最高に美味しいです!!!!!
普通はメインになるビーフシチューが
このあとのステーキの序曲になるなんて。。。
さすがはお肉屋の経営。

鮮魚のフリット エスカベッシュ仕立て

鯵です。
さっぱりと口直し。

牛寿司

一番歓声があがったのがこれでした。

これでしたw


普通にお醤油に浸けていただくと、
牛の香り、甘みが口いっぱいに広がり、
もっと食べたくなります。

そして、メインのフィレ。

このコースはサーロインかフィレかを
予約時に申し出ます。
サーロインは180g、フィレは120gです。

私はレアでお願いしました。


柔らか美味しくて幸せです。
タレがまた良いお味でよく合います。

食事は
牛しぐれ出汁お茶漬け

かたわらの出汁を注ぐと、


とても上質なコンソメ茶漬けになります。
ひたすら旨い・・・

デザートは、、、、


家族が祝ってくれました。

素敵な晩餐でした。


小川さんのお店他にも何度も行っていますが、
どこも外しません。どこもいい店です。

また、西大井にある直営の肉屋さん、
小川畜産総本店もいいもの揃ってますよ。


店情報など
ラベル:道草庭
posted by ぼぶ at 15:18| Comment(0) | 牛肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする