2017年11月23日

Wine & mustard A@新宿三丁目 2度めでも初めてのようにワインとマスタード料理を楽しめます。

訪問日時:2017/11/22 20:00

前回行って以来、
何度も再訪問することを画策していたけど、
やっと2度めの訪問がかなった。

マスターに歓迎を受け店内へ。
ただいま〜〜〜

和歌山のビールがあったので、それを。

https://lh3.googleusercontent.com/NcmKc0xhF6iXdX9OBFncs_4hDUqVNzxIi3VMMcD-eznst7P_DYXTwJquer6ghLFOoT0maE-wmrr6Gka7fXUGGR1_kh2Tzv2cBEw1lTkDxq4mKozmbkwIbzl7O2KG_BZpG0RBH9SyD3t43gO299VQLJ_pTxIBuh02dnHxVt5CEdjA6YLyDGCSMSXBQRkPU_YQa3IlL9_7CX5OBzsYtrkrfTtaTCertAvb0ytq2tVQMXHPcSyP3NsihpiX6c8vfNO_UU8kLhsg4oM7-JdXBNnnxb1kiB3dPi7xMBwJwOqv6tmiXfcgfjyT-BuujFJ9KqHDVUolAORldjmRsxrybhuT7HZVOfI4_-QWN2tYF74PSc2QX0r1gp7RDgyIrJaDbFDbOyV7iN2O9g5kB0VHqBzZ4mkDHlu0kqLjCiZiRnmGuFcxD7Ehpg5v1AXYZ2jSSNZnzEK7bxEMa3QkA3nNow6NvGnXPo_C6kFmoKfWZSCKzJJIops4O-ZieQp2Wzl2ylSGkp98GtIXycqpHfLchcpAkLX4210lPGiYeH0EdqnAO7OCM7lZZ2bRkWA49lL-fVvS8HDtQAC9d5GoMw9Rb6C7D8ZlQG4_DNe6kE65clHbfFA=w420-h560-no

ゴールド、おいしいねえ。
コパは今度の楽しみにしておこう。

本日のメニューね。


グランメニューと見比べながら、
いろいろオーダーを済ませ、宴スタート。

タスマニアマスタード 10種のティスティング

1種類増えましたね。
やはりこれは楽しい一皿です。
マスタードでワインをあわせる、いいですよー。


ゲビュルツ好きなので頼んだけど、
こりゃたまげた!
めっちゃおいしい。
ニュージーランド恐るべし。。。

大人のポテトサラダ

マスタードたっぷり。
今宵もうまし!


リースリング。
これも香りがすばらしいね。

PIKESのロゼ

この前は飲まなかったやつ。
ロゼとは思えない深さ。

柿の白和え

滑らかな白和えですこと。
柿が甘くておいしい。

SMALL FORESTのロゼも。
https://lh3.googleusercontent.com/9Wx-r4aPcHt7FghpAvSVcV4K28-yTKPqpks7kvSMglAdRcUW4CYCBzX7DxuucXNIBxD6PBymaDY5c8WAgltfvat0zhXgl728f-WSQ2YhME270z9TktPXgqO3lqn0uHcvj_HCDST_uwFuJo4JbeoUW990ZVtns3BHXSmmUW8ua_XzI7etvqNr8jnEZA6xw5PT-mhdKpWphbmeSDPmHanwBx8wwPCPiKvcBKiroMk9zgTE8sJ5YklLwnyN1j7G-hKwaY6WdB7xA91gx_7WqFEPgaoZ_3OHyeCA5QTVQCrXV3P3tLzYPQSiSUnpyk5oeWCHHvnJBMkwNn2RbJyc8-r2qdsSoUv0Rs-3RpT4hDLza7l9jtWqjDdW0-_3ZGbKYsmnPqQIKhL5zPEsNawpc4sgNdk__AW0UYuBKg4KoT4HXhBgZ3kaJ_QlKjNcgtZOX3EbKZghl8KissHCRfveNXD2m5ULeJ78PDEzg8_25I0ivV5RecDo7OQSCljEe0mvHkgu7eCHTYQKgG1_lisPRmta7YxgGj3S2_cWNDNOUQmipxfCAEu8evLL4mXzfwSlIpa4rqxcaaJqphsVqY3VJTmLRhDgZwK4BLk8lc9ga2DttJ8=w420-h560-no

シャルキュトリー

メニュー落ちしたやつだけど、
パテ・ド・カンパーニュにサラミを添えて
作ってくれました。
これがマスタードが合うのは条理。

ワインもガンガンいきます。


きれいなピノです。


濃いメルロですねー。
これはすごい。

ムサカ

ナイスな料理です。
これは大好きな味です。

Windowrie SAKURA Shiraz


これをグラスを違えて飲ませてくれました。
香りが違うのにびっくり。

和牛ハツのステーキ

わさびマスタードの風味です。
これはうまかったなー。

食後酒としてまたまたジンをいただきました。


右から2番めにしました。
やはりジンも奥深いです。

締めはいつものマスタードラーメン。


スープをいただいて、

お!


鮮魚系ですぜ。
聞けば、スジアラとマクブという魚を使ったとのこと。
こりゃびっくりです。
すごくおいしい。

麺は気づきました。


カッペリーニですかね。
つるつると立派にラーメンになってます。
これはいつまででもすすっていられるなあ。

はー、今日も大満足。
お腹いっぱいで店をあとにしました。
また来ます。




ラベル:WINE&MUSTARD A
posted by ぼぶ at 13:44| Comment(0) | ワインバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

フレンチ串揚げ BEIGNET@梅田 フレンチスタイルの串揚げは魅力充分!

訪問日時:2017/10/19 18:00

串揚げは大好きなジャンルです。
東京でも大阪でもいろいろ行きました

今年2月にできた、大阪は梅田駅のそばの串揚げ屋さんは
その店名で一発で惹かれました。

フレンチ串揚げ BEIGNET(ベニエ)

ベニエとはフランス語で「揚げた生地」だそうで、
ソムリエさんもいはる串揚げ屋さん、いうことやね。

場所は最近発展中の ウメキタ 辺り。


奥まっているので少し迷った。

席はカウンターと個室もある。
私は仕事仲間とカウンターに予約して陣取る。


串揚げ屋のセットとは思えないですね。

私はビール、同行者は泡で杯を合わせます。


今日はワインのペアリング付きのコースでお願いしてあります。

先附

栗のスープ 揚げ安納芋添え
これはびっくり。
栗のスープの何と芳醇な香り。

安納芋の甘さも引き立ちます。


アールグレイ茶葉の鰹スモーク 玉ねぎサラダ

煙が出る瞬間を撮ろうと思ってカメラを構えたら、
黒い背景を持ってスタンバイしてくれました。

せ〜の、


いわゆる瞬間スモークですが、
玉ねぎサラダのかかった鰹が見事な風味。


これはうまいです。

そして、串揚げスタート。

オマール エストラゴンマヨネーズ

海老から始まる、というのが
何か日本ぽくていいですね。

サラダはお代わり自由です。


美味しいドレッシングです。

ブレましたが、最初のワインはFUMEでした。


さすがのチョイスです。

お冷のタンブラーもかっこいい。


帆立銀杏 あさり出汁と牛乳のふわふわ添え

いやはー、美味しいですね〜〜〜
貝には貝の出汁、ナイス!

豚バラと豚足 きゅうりと卵ソース

豚の脂にさっぱりソースが抜群に合いますね。

マッシュルーム ツブ貝バターソース

マッシュルームにツブ貝の餡を詰めて揚げてあります。
ニンニクもきいて、すばらしいです。

甘鯛 ごぼうソース

甘鯛に牛蒡が合うのですね。
刻んでバルサミコで風味付けした牛蒡と
紫蘇の穂が素敵です。

シャルドネです。

感動の美味しさです。
チリのLafond Vineyard Chardonnay
覚えておきます。

鱧 ポルチーニコンソメ

鱧とポルチーニ。
そりゃ合いますよ。
最高ですよ。

蓮根かき揚げ

蟹肉を蟹味噌で和え、
オレンジピール、チャービル、ディルを共に。
香りがすごいです。

サントネーが来ました。
これはうれしい。

秋刀魚 肝ソース

秋刀魚と言ったら大根おろしですが、
これは二十日大根が添えてあります。
おしゃれ。。。

原木椎茸肉詰め

椎茸の肉詰めは家庭料理でも
よくあると思うのですが、
全く別物です。

牛肉の香りがヤバイです。
参りましたよ、これ。。。


ワインも進みます。

国産牛 ロッシーニ風

フォアグラとトリュフ。
何ですか、これ。
もうノックアウト寸前です。。。

でもワインは次から次へとこなしていきます。

ドルンフェルダーが出てくるのも気に入りました。

食事はミネストローネベースのスープパスタ。

リゾーリが入り、エビオイルが綺麗です。


お代わりしたいくらいです。

デザート

洋梨のコンポート 梨のエスプーマ
ライムの皮を擦ってあります。
香りも甘さも笑顔爆発レベル。

最後はお茶。


すばらしい晩餐でした。
また必ず来たいです。

さて、2次会いきますか!


フレンチ串揚げ BEIGNET



店情報など
ラベル:BEIGNET
posted by ぼぶ at 17:44| Comment(1) | 串揚げ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラ・ブリアンツァ@六本木 念願だったイタリアンはやはり期待通りでした。

訪問日時:2017/10/17 19:00

ここへ来るのは念願でした。
自分で来ればいいのですが、
よく知っている人と来たいな、と思っていました。

念ずれば通ず です。
その通りになりました。


このセッティング、西麻布でも見ましたね。
可愛いですね。
でも、この蝶ネクタイ部分は食べられますよ!

まずはビール、いただきます。


この物体はパン生地です。


これから焼いてきます!
だそうです。

今日はコースで頼んでくれていました。


この他にも気になるものがたくさん。


生牡蠣を薦められたので、
素直に従いました。

アミューズがいくつか。


ゼッポリーニっすね!
大好きですよ、これ。

広島産牡蠣も到着。


に合わせて白ワイン。


Inizio


北海道産牛乳から作ったチーズの上にウニ!
たまらん!

Inizio

青森県産ブリ。
下には静岡産トマトです。


炙りカルパッチョです。
やや燻香があり、塩だけでいただくもの。
シンプルですが、今宵のブリを一番美味しく食べる方法かも。


水 with gas もらいます。


Antipato

ヨーロッパ産 野生の茸。


ポルチーニ、ジロール茸などイタリア茸4種を
蝦夷鹿のコンソメで合わせたもの。
これ、究極のシンプル料理じゃないでしょか。

奥野シェフは時折客席に現れて、
すべてのお客に挨拶と会話を交わしています。
彼によると、

「うちはインスタ映えする料理はない」

とおっしゃいます。
美味しさの追求が実にわかりやすくて
感銘を受けました。

そろそろ赤ワインを欲したので、
ソムリエさんに相談し、
これにしました。


このピノグリ、よかったです。

Antipato

オーストラリア産黒トリュフ、卵
卵のグラタンなのですが、
来た瞬間におっくんこと奥野シェフが現れ、
カンナがけです。


勢い余って、飛び散ります。


これももちろんいただきました。

で、これ、なんと美味しいですか!!!


中は卵だけなんですよ。
こんなに美味しくなるんですね。

先ほどのパンが焼き上がり、


卵にバッチリの相性でした。

次のワインはバルバレスコで。


久しぶりのバルバレでしたが、
期待通りの香りと味わい。

Primo

エゾ鹿、ジロール茸、フォンティーナチーズ

素敵な器ですこと。


北海道産仔牛のラグーが最高です。
白ワインと蝦夷鹿のコンソメで煮込むそうですよ。

口直し

イチジクのジェラートです。

https://lh3.googleusercontent.com/709uz4aWfjiahqFtiOx3p7MD6IoP85Wxz-FLTonRNuU7QQeTCbok16JQ3TRlZMxbkDig0HTByd-FaH2dAR4ATr_OtjqLbctpFGNaqs78apslykCxbry5I9nzh-QnB612RaPrq6LDZ8e53eHeWgGPY901PLbN_etwnFbCvZPf6tZz0EzjmQFEMLEitBxwZImHfXfdJDPQ-rEjP1stFKKlRQdP4rf8vUNWxnFj_BBA7EF1dvPuvB0SrmPkZDsNklSeWYKf0EFsUMi3HFof6KC-J2j7dqFo7kH5Uu4JWup5EVYt5BXKoEEHgpZBehqyNjMBNoSFKk5isqEW1BZRbl3XB8bAOY3LrDnhNtm8tiKN0pbAsoM5Atx6baGHagVsSMc3R3d1Mx-XmGImg-KKVyJG_8NmitA1nLoZaYF4c6iEYFxr4aoPoxeQjSkGscvoW1O7z_EGa1ZIN1W-VdH61rRCPqpFy98klaxSm_WgYa4PGAHKgq-vSGYiwMLtmuJgsayeJMFDQYpx1T5Q4k2T-2sXDSfLNVgWAXjLs4FY_d_TpdtVpIKkLjsnWiF0eaRD0RJzEdByAr2R6Vygtb-clt_QxzeNyiGCrvIRNeivBbxoNuw=w560-h420-no

Secondo

上富良野産牛のもも肉ロースト。


なんつーか、
噛みしめていると旨味と香りが広がります。
この固さはすばらしいです。

Dolce

ティラミス。
これ以上でもこれ以下でもない普通なのですが、
素晴らしくおいしいのです。

これに合わせてグラッパ所望。


茶色いやつ、
と言ったらたくさん出てきました。

ロッカニーヴォ グラッパ ディ バルベーラ ダスティ
にしました。


もう最高の気分です。

なんと楽しい宴でしょう。
あっという間に時間は過ぎ、
次の予約をして帰りました。

名店です・・・





posted by ぼぶ at 15:36| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

CHEF'S(シェフス)@新宿御苑前 何度でも行きたい店です。同じものでもいいのです。

訪問日時:2017/11/10 19:30

この店美味しい!とは思っても
何が何でもまた行きたいな、
と思う店はあまり多くはありません。

ここシェフスはそんな店になりました。
素敵なマダムにもお会いしたいのですよ。
今日は上海蟹も堪能しにまいりました。


ああ、上海蟹メニューがたくさん。。。
どれも気になる。。。

まずはランブルスコで。


マダムにも手伝ってもらって、
メニューを決めてスタートです。

赤ピーマンのマリネ

これ、果物みたいなんですよね。
甘くて、香りがよくて、
2度めでも新鮮に感ずる。
実においしい。

小アジ素揚げアニスソース

小アジが組み体操してます。
これも2度め。
アニスソースがすばらしい。
これでご飯3杯食える。


上海ソーセージ

これも2度め。
たまらんコクの深さ。。。

紹興酒5年。

幸せですなあ・・・

黄ニラ干糸炒め

干し豆腐は今日も素敵な食感。
黄ニラの香りもいいなあ。

上海蟹味噌シューマイ


来ました。
今期初上海蟹。
まずは味噌を乗せたシューマッハ。

大きいです。
うまいです。
幸せです。

生姜酢が実に合います。


そしてきましたよ。


雄と雌一匹ずつ。


むさぼり食いました。
酒飲みもとも忘れました。

リストを見るのも面倒だったので、
赤ワイン カベルネソーヴィニヨンをグラスで。


うま。

そして足がきました。


信じられません。
きちんとさばいて、身を少し出して、
食べやすくしてくれてます。
もう参りました。。。

車海老香り蒸し

取り分けて、
汁はライス割りしてサーブしてくれます。


しかしおいしい海老です。
海老本来の香りが抜群。
ライスもすばらしい美味しさ。

ほぼおなか一杯ですが
ねぎラーメン(S)。


これを食べずにいられますかってんだ。


もう神々しいレベル。
うす塩なんだけど、
スープの美味しさで麺をずいずい食べさせる。


しかしうまいわ。
今日はスープまで完食してしまうのを禁じ得なかった。


満喫しました。
ああ、すでにまた行きたくなっている。。。

posted by ぼぶ at 16:40| Comment(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

SAKEstory@五反田 すばらしいコンセプトの日本酒バーです。

訪問日時:2017/09/17

奥(?)五反田に8月にオープンした店です。
3ヶ月ごとに地方を変え、
そこの酒蔵のお酒をラインナップするという。。。
そして、最初は福島からいくとあっては
行かねばなるまい、です。

食べ物も力が入っていて、
お重のお通しがまず出てきます。

これが泣かせるような内容。
福島豚角煮、にしんの山椒煮、桃の白和え、会津の馬刺しですぜ。

お品書き。

最初はクラフトビア
「みちのく福島路ビール」をいただいてましたが、


すぐに飲み干し、日本酒を頼みます。

花春

こんなのもくれました。


悪酔いしませんように・・・

蓮根蒸しくず餡

実に繊細な日本料理ですよ。
これ、美味しい。。。

どんどんいきましょ。


ひりゅうず

がんもどき の方がしっくりきます(^^;

のどぐろ刺し

脂のってます。

すき焼きコロッケ

これ、バカウマです。
傑作ですよ。

https://lh3.googleusercontent.com/OZR0p95vUq0gniM8smf4bgN-SsazRV-z4lqtwGsZ_QFIJOqRd-vHNrVvfHS5exsLlaerG5AOICgb3TIV86_a0QmsVIAb4glxo321ArIwaObKBGHquwxtmYVcJU4DN3g6CUB5_ElYhPUK_9qVS4tSkrMb-xxuqpXWqduEOK0t8tQSa__YjqSo2v9W3C6M2lN7NlNol_kUCg4SvAw93X5l8SzOrbROvAHQOFa40UEftm-5fUkEgR13IN7lLZMXa7wOEX8wbT19ROYFFEo0CoVueaDvplJ0IeIr9ABeXIHvrAOgQbGg-v2zwXQf_xDoFTfpmHhvOXgtAl6Q9AXuL0eRZwfXa2c4CFzFdb_7J9BZqmf-Mlcu_W8ZESHnq9CpmB7WZE_SULN-y-GGVrK8tFhQfgFoek0v0oUEW0LdBLbP7N4GbD7YgzMQf9xyImcALhbyUszvHMJB274Ti-przprvErQtym-jMVWNMZO6WHhAwfRgT8QIQeOkM561qr855IlZRBLUOwn0k8cNNfoytvRJiHjmjY65BbHSDJvwEZSZt3t6vY7a_J0_G9iJchR-Vc_CG9bKSmK0BCGbPVGmozbbqP9v9LWiGpnh8_a80-gVjW0=w420-h560-no


この日はあまりゆっくり出来なかったので、
日を改めて、日本酒仲間を誘って
再訪問です。




訪問日時:2017/10/16 19:00

うわばみ会と称する仲間の集まりは
危険この上ない。
でも、今日もノーブレーキで突っ走りましょうぞ。


お店も我らを歓迎してくれました。


7500円の日本酒一人4合付きという
とんでもないコースでお願いしてます。

今日もくれました。


悪酔いしませんように・・・

今日はクラフトビールが届かない、
ということで赤星。


全然、これでOKですよ。

今宵もお重のお通しから。

いかにんじん、にしんの山椒漬け、福島豚角煮
ヤングコーンお浸し、柿の白和え

このスタイル大好きだな。。


焼酎はサービス?かと思ったら、


追い水のサーバー代わりでした。
この使い方ナイス。

まずは奈良萬のスパークリングから。


へ?

泡立ってる・・・


うまい!
聞けばあとから炭酸注入だそうで。
この飲み方は初めてだ。
なんでも炭酸入りにできるね。

セミドライトマトの茶碗蒸し

ほのかな酸味がいいですね。


さ、本格的にいきますか。


この日は奈良萬勢揃い。
中垂れ、とてもおいしいけど、
酒未来という酒米を使った3種飲み比べはたまげた。


激ウマのひりゅうず。

今日もお出汁がしみて素敵です。

そして、もっと酒飲め というアテが。

豆腐の味噌漬け、いぶりがっこ、あげがらし、ふき味噌
こりゃたまらん。。。

そして、コースに入れてくれるように
頼んでおいたすき焼きコロッケ。

あけると激しい湯気で曇ったので、
もう一枚。


この至高の料理は
毎回食べないといけません。

橋野オーナーはもともと笹塚の「兎屋」の出身で、
このメニューはそこから続くものなのらしい。

香味野菜のきのこサラダ

食用菊もあしらって、
彩りもきれいです。

会津娘はすばらしかった。


磐城壽

このラベルはかっこいいですよね。
浪江町から山形に移転を余儀なくされてしまったけど、
製品に対する愛は変わらない、のがよく伝わる酒。
大好きです。

トロ鯵の開き高温コンフィ焼き

ガイアの夜明けでやっていたのを見たけど、
Dr.FLYという高温のコンフィを作る革新的な機会で
仕込んでいるそうだ。
干物を揚げる、かなりアリですね。

どこんじょう


すばらしい、が続きます。

口直し?のバイスサワー。


野うさぎの走り、で作るという暴挙。


ポテトサラダ

マヨネーズを使わないタイプ。
めちゃくちゃおいしい。


会津中将もよかったなあーーー。

そろそろへべれけになってきた。
しめはうどんだ。


稲庭うどんの最高峰「佐藤養助商店」のもの
夏の思い出風味 だそうだ。
冷たいおつゆにおろし大根と生姜。
そこにつるつるシコシコの麺。
最高ですよ。

デザートもあるです。

栗の渋皮煮と胡麻プリン。
うれしい水菓子です。

やはりいい店です。
メンバーも気に入ってくれました。
3ヶ月ことにやりましょうかね。


SAKE story



ラベル:SAKEstory
posted by ぼぶ at 16:54| Comment(0) | 居酒屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HYTOKYO@六本木 六本木っぽいレストランです。

訪問日時:2017/10/13 19:00

お誘いを受けていきました。
前から通る度に気になっていた店でもありました。

シェフはアメリカ歴代3大統領就任晩餐会の総料理長を
務めたこともあるとか。
HYはイニシャルですね。


この日はコースでいただきました。

前菜6種の盛り合わせ

たくさんあってうれしいですね。
・糖度8.0ロッソトマトとロビオラチーズの極上カプレーゼ
・"とろける旨み"国内最高峰の神威豚を使用した贅沢なパテ・ド・カンパーニュ  
・鮮魚のカルパッチョ 〜シャンパンヴィネガー〜
・天使の海老とズッキーニのフリット
・18ヶ月熟成パルマ産生ハム&グリッシーニ
・小さなブリニ フランス産キャビアと

どれもシャンパンによく合います。

じっくり煮込んだ牛テールのスープ

こりゃおいしい!


牛テールが柔らかく煮こまれて、ほろほろ。
旨味が十分でています。

グラスで赤ワイン2種


シラーとピノ・ノワール。
グラスにしてはかなりのものです。

雲丹のカルボナーラ 花穂の香り 生パスタタリオリーニ

これもかなりの美味しさです!
量的にもちょうどいい。

白身魚のポワレ 特製ケッカソース 季節の焼野菜と

香ばしく焼きあげてます。
魚は鯛。
ふわふわでした。

特選国産黒毛和牛のフィレ肉のロースト
ポーチドエッグを添えたロッシーニスタイルで

肉ウマ!
ロッシーニソースが古典的ですが、
王道の美味しさです。

デザート
https://lh3.googleusercontent.com/LxVv_gyytruINLAKXop09wkHQj8XmNG1HnMPFGc-bw22UZfagJHRR8liIQzdacCZ8vXhNEFRb2wfpS2pdXqh5vMdyRyYXCU91oPhKcZp2jPGgDxSv7VIvdG-iymVfn7swAAfhYBpRe1g1H70mHR03-fKcJv_YsAJUoQPJow9FIl4ZzsiMXczTZpIfFc-ieRUOd8M-HXETZ0GuOXtWNw1Iz66G9UlRnkrPxFN6sO5_y32R_XurT7M7rrTVSUIh_ID2xct64Vn2H16cLrMwdSNE5_FgnivJPrmUR2luQnYsPxYeiXT60bx8cnVuk3MB2sqcX0xJQw4x9Kqweq2E_r_SlDuR3at0CfmcOH83pZ6ukrVDbFrCCFTIVWoQOL9zBzPOA_814l6IaNxoJ_ME-cARXbZHfdKsa1MUj1ze9HjZMGjwnQrfZGBSlJqcBM98Us6u7Yzc4rumiD2xknxtL1YUejofo86d_lPN4yGyt5nGj9FzJBgFeBFGqxFzuw4_KHFvI4_OfkiiXRif66M_AqDEAgLoMFwn19wPdXwH0PYX7QAnBtRBGdF9jOdz0-JHpAscDw_Y1upsnQjaRcd9t8_-a3Nx1PDHcmy1Y2aPYdTSkA=w560-h420-no

ジェラート4種盛合せ
ピスタチオ、レモンシャーベット、いちご、ミルク


クールダウンして宴を終えました。

イタリアンもフレンチも、アジア料理も楽しめる
いい店です。
個室も半個室もあり、
いろいろなシチュエーションで使えそうです。


HYTOKYO


ラベル:HYTOKYO
posted by ぼぶ at 15:18| Comment(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥と手打ち蕎麦 とり数寄 東急プラザ銀座店@銀座 焼鳥の締めに日本蕎麦。最高です。

訪問日時:2017/10/09 18:15

映画を見たあとに夕食です。
東急プラザを散策して、ここに決めました。
焼鳥とお蕎麦、いいじゃんってことで。


グランドメニューを見ると迷いに迷いましたが、
いくつかアラカルトで注文をすませ、
まずはビールを。


白富士地ビールです。


おいしいです。

季節野菜の胡麻クリーム

おろしはついてきます。
胡麻ソースがいいですね。

香味料などもわかりやすい。


焼鳥をはずす道具もあります。


おまかせおばんざい5種盛り

楽しい一皿です。

おつまみからすみ蕎麦

少量です。
確かにおつまみになります!
これはおいしい!!!

アズパラ焼き

大きいです。
ふっくらです。

つくね
奥久慈卵の黄身たれ付き

おいしいですね〜

比内地鶏の串焼きは
ねぎま、肝、はつ

これまたおいしい=。

連れのせいろ蕎麦

蕎麦、うまい!
香りが豊かです。

紀州梅鬼おろし蕎麦

冷たいそば。
これも香りがよく、つゆの出汁も重厚で
素敵でした。


季節によってジビエがあったり、
内容が少し変わるようですね。
またゆっくりと飲んでみたい店です。


鳥と手打ち蕎麦 とり数寄


店情報など
ラベル:とり数寄
posted by ぼぶ at 15:00| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四五六菜館別館@横浜中華街 ワイン会に参加しました。素晴らしい料理とワインのマリアージュでした。

訪問日時:2017/10/06 19:00

四五六菜館。
その本館には、昔よく行っていました。
その頃は「スーウーロー」と呼んでいましたが、
いまは「しごろくさいかん」に統一したようです。

今日は四五六菜館オーナーさんの監修で、
ワイン会です。


ワインも楽しみですが、
久しぶりの四五六菜館の料理が何より楽しみ。


彩り前菜

干し豆腐麺とか、チャーシューとか。。
スターターとしてはどれも引き込まれる味です。

これに合わせてシャンパン。


フロマンタン・レクラパール

香りよく、バランスの取れたすばらしい飲み口です。

ふわふわ玉子のしろミサカなチリソースかけ

やさしい味わい。
ピリッと加減が心地よい仕上がりです。
ふわっとした白身魚が引き立ちます。

続いて見事な飾り切りを施したプレートが。


帆立とイカ、レンコンのさっぱり炒め

ほんとにさっぱり。
これぞ上海料理という感じですね。

ふと窓の外に目をやると、
香港を思い出す光景。


カニ味噌入りフカヒレと大根の煮込み

これは絶品。


想像通りの味でしたが、
余韻はそれを上回りました。
すばらしくおいしい。

金賞受賞 四五六小籠包

当然熱々ですが、
私のポリシーとして一口でいきます。
火傷はしないくらいでした。
さすが金賞のおいしさ。

スペアリブのくろし煮込み かぼちゃ添え

黒酢酢豚ですね。
それのスペアリブバージョン。
身離れがよく、トロトロの肉が最高。

どなたかのおごりでチャーシューが。


うまい。

四五六麻婆豆腐

一般的に言えば、すごく辛いやつです。
でも、このくらい辛いのが麻婆豆腐と思うのです。

きのこ炒飯竹筒入り

この炒飯に麻婆を合わせれば、
最高の食べ物に。


杏仁豆腐とマンゴープリン 棒餅

棒餅がおいしいです。


月餅みたいなものです。
これほしいのでお土産に買いました。

ワインはいろいろ楽しませてもらいました。


すてきな会でした。


四五六菜館



ラベル:四五六菜館
posted by ぼぶ at 14:32| Comment(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする