2017年10月30日

銀座 すが家@東銀座 地下の静かな料理屋は味もホスピタリティも器も最高でした。

訪問日時:2017/10/04 19:00

友人のお誘いで連れて行ってもらいました。


地下への階段を降りて行くと、
静かで凛とした空間が現れました。


店主、菅谷氏は加賀屋で総料理長を務めたお方。
間違いないのは折り紙つきです。

器も100年前の物とか、訳わかりませんでした(^^;

今宵は4人で楽しみます。


明治初期のお盆に乗って先附。


ズワイガニの味噌豆腐 割山椒の器で

少量のズワイガニの存在感がすごかった。。

お酒もいろいろ揃ってます。


酒器は錫。


前菜

昭和初期の器だそうです。
柿半分の上に柿の白和えが乗ってます。
そのまま残りの柿も食べられます。

お椀

渋いお椀です。
輪島塗の最高峰です。

岩手産松茸 海老真丈

素晴らしい香り。

松茸はこいつらだそうです。


八寸

いかにも秋です。

わさび菜漬け

砂糖で揉んでから漬けるそうです。
鮮烈な辛さがいいですね。

お造り

天然ふぐ刺し。


おいしい!!

いか塩辛

抜群ですね。
こういう濃厚なのが好きです。

いちいち器にもうなります。


焼物

のどぐろつけ焼き。


めっちゃおいしい!

さっきから気になっていた、
カウンター端の甕雫をもらいました。


大理石甕雫は初めて見ました。
甕雫極みという高級なやつ!
うまい!


炊合せ

もち米のおまんじゅう、生木耳。

食事

のどぐろと栗のごはん。


贅沢な味です。

最後は水菓子。


柿もぶどうも甘かった〜〜


菅谷さん、ごちそうさまでした。
堪能させていただきました。


すが家





店情報など
ラベル:すが家
posted by ぼぶ at 15:16| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホルモン千葉 渋谷店@渋谷 ある日のホルモン千葉。やっぱり好きだわ。

訪問日時:2017/09/11 18:00

ほんとはもっと頻繁に行きたい店、
ホルモン千葉。


今日はビールをすっ飛ばして、
レモンサワーから。

いつものように千葉のコースでお願いしました。

単品で水なす。


コク塩の部。


中落ち、マルチョウ、豚舌、のど、首。

焼けたらもやしをドサッと。


いただきます。

ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


たまらん。
食感と味の深さがすばらしい。

続いて黒ダレの部。


心臓は刺身にできるほどの新鮮さ。
このあとはほほ肉、ホソ、アカセン。

ワイワイと楽しんで、
しめはやはりうどん。


今日もウマウマ!
この濃い味がたまらんのです。。

食後はマンゴージュース。


これがまた泣かせるおいしさ。


また来ます。



ホルモン千葉公式サイト


posted by ぼぶ at 14:48| Comment(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

四季旬菜NAKANO@三軒茶屋 2回目も更に満足しました。

訪問日時:2017/09/13

初回訪問で感動し、早く再訪したかったけど、
いろいろ事情が重なり、今日になった。

日本酒メインにしたいので、
最初は軽く赤星から。


今日もお任せします。

先附

セロリとエリンギのお浸し、胡桃麩の田楽、
薩摩芋レモン煮、タコの柔らか煮、
すっぽんの煮凍り、新銀杏

一つ一つが、驚くほどおいしい。
そして、秋ですねー。

揚げ物

ハモの万願寺射込みと玉蜀黍の天ぷら。
万願寺は大好きな食材だけど、
それに鱧を入れ込むなんて、それは違反的に

旨!

とうもろこしも甘いな〜〜〜


酒いきますか。


あかぶ、うまし!

蒸し物

雲丹と赤茄子のプリン

冷たい茶碗蒸しですかね。
名前で感ずる以上の絶品です。

お造り

戻り鰹のたたき 藁燻製 辛子麹

目の前で藁で炙ります。
ほのかな薫製香が見事。

酒もお任せです。


酔鯨、全部好きです。

お造り2

天然真鯛 かんずり ポン酢 舞茸 オクラ

鯛にかんずりが合いますね!
すばらしい。

揚げ物2

毛蟹とマスカルポーネを詰めた花ズッキーニ パルミジャーノがけ

花ズッキーニの料理はリコッタチーズを詰めたフリットは
よくありますが、毛蟹を詰めるとは・・・
新感覚です。
めちゃうまい!

これ、ワインを呼びました。


お椀

蝦夷鹿のハリハリ仕立て

なんと、蝦夷鹿ですぜ。
これを椀物にする発想がすごいです。
悶絶。。

焼きもの

鰻蒲焼きとモロヘイヤ

シンプルですが、素晴らしい出来。
うなぎ好きとしては満足です。


お酒も進む。

食事

熊本あか牛と松茸の土鍋ご飯

これを混ぜますね。


柔らかくておいしい赤牛。
松茸風味と共にご飯を合わせると
異次元の味わい。


今日もすばらしかった。
時折来たい店になりました。

そういえば助手の櫻木さんが
お辞めになるのが残念です。
お店としても痛手でしょうが、
彼の旅立ちをお祝いします。



ラベル:nakano
posted by ぼぶ at 16:44| Comment(0) | 和食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

DCBBQ@麻布十番 薪だけで長時間スモークした肉がおいしい。

訪問日時:2017/09/14

2016年12月に開店したときから
気になっていました、
DCBBQ。

ある日LUXAにチケットが出ていたので、
即買いし、後輩を連れて突入。

店内はアメリカンな居酒屋的です。
開放的な空気です。


LUXA独自のコース仕立てになっています。

コールスローとピクルスから。


最近、コールスローが好きです。
これも店によって違いが顕著で面白いです。
これはシャキシャキが強く残り、
さわやかな味わい。

ピクルスは普通においしいです。

前菜2種盛り合わせ

鶏胸肉の蒸したものとデビルエッグ。

グリーンサラダ

レモンのドレッシング。

オニオンリング、フライドポテト。

アメリカンですね〜〜
ビールがあるうちに
最初に出してほしいですよお。

白ワインにしちゃったじゃないか。。


メイン

Beef、Pork、Chicken、Sausage

薪だけを使い、専用の窯(PIT)で12時間以上、スモークして作ります。
完成した真っ黒い肉は長時間の低温調理で柔らかく、スモークフレーバーを楽しんで頂けます。
BBQの主役は「ブリスケット」という牛の胸肉。また牛以外にも豚、ソーセージ、鳥、魚など
さまざまな食材が調理可能です。

とのこと。
どれも柔らかでスモーキーでいいですねえ。

ソースは5種類。


・BBQソース甘口
・同辛口
・アップルビネガー
・ハニーマスタード
・マヨネーズベース

アップルビネガー、甘口ソースがよかったかな。
どれも味わいが変わって、いろいろ楽しめてよかったですよ。

肉を燻している間、煙もカットしているとか。
肉は見た目地味なのに、
どれも味わったことのない美味しさでした。

これは楽しい店です。
大勢で行ってみたいです。


DCBBQ

店情報など
ラベル:DCBBQ
posted by ぼぶ at 15:43| Comment(0) | 肉料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

カラペティ バトゥバ(QUAND L'APPETIT VA TOUT VA!)@麻布十番 明るく楽しいカウンターフレンチ。

訪問日時:2017/09/07 19:00

友人との定例食事会。
それぞれが知っている店を紹介し合うのだけど、
その都度新鮮な驚きがあります。

今回は麻布十番のカラペティ バトゥバ。
お腹が空くなら大丈夫 という仏語だとか。

シャンパーニュでア杯を合わせたいところだけど
喉が乾いていたのでホワイトビールを。

そして落ち着いて、
何を頼むか相談します。

前菜、前菜、魚、肉でいくか、
前菜、前菜、肉、肉でいくかで迷いましたが、
それぞれ、主張が強すぎないので、
いつもすんなり決まります。

まずはアミューズ

ホカホカのキッシュ。
これでお腹いっぱいにしたいくらい。

前菜

佐島産真ダコのコンフィ コリアンダー香るパプリカとタプナード

すごい料理ですな。
タコの美味しさが際立つような。。

すぐに白ワイン発注。


前菜2

ズワイガニとアボカドのムース コンソメジュレとウニ

これ、全員が笑顔になりましたよ。
ズワイガニ、おいしいですね〜〜〜
ウニとのコントラストもはっきりしています。

赤にスイッチしますが、
いろいろ悩みます。。


説明にしたがって、
この3種。


どれも楽しいです。

肉料理

北海道産鴨のロースト根セロリのピューレ

鴨、美味しい。


つくづく美味しい。

パンも温かくていいですね。


赤ワインは瞬殺でしたので、
次行ってみよう。


フィクサン、最高です。

肉料理2

軽くスモークした仔羊 腰雲農園の野菜ロースト

これはすばらしい。


軽い燻製香が羊肉の香りとマッチ。

「最後はデザートでなく、チーズにしますか?」

よくわかってらっしゃる。


盛り合わせてもらいました。
ありきたりのチーズは揃えないコンセプトだそうです。
確かにそれぞれあまりないタイプですごいです。
これは大満足のチーズプレート。

再訪問することでしょう。
良い店教えてもらいました。


カラペティ バトゥバ(QUAND L'APPETIT VA TOUT VA!)


店情報など
posted by ぼぶ at 11:26| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする