2017年05月11日

松乃鮨@大森 大森の老舗寿司屋は仕込みがすごかった。。。

訪問日時:2017/03/28 19:00

誘われて、大森の寿司屋に行きました。
一度来てみたかったです。
明治43年創業です。

店内はすごい喧騒。
三代目ご主人と四代目若主人がカウンター内に立ってます。
若主人はあの大学卒なの。。。
で、ソムリエなんだ。。。

よろしくおねがいします。

ホタルイカ酢味噌和え

まだ3月だけど、走りなんですね。
美味しい。

活け〆シマアジ 2週間熟成トロ

シマアジはシコシコで甘みがありますね。
トロは熟成感たっぷり。

カワハギ肝醤油 宮城の岩海苔

肝醤油、ありがたい。
ヤバイくらい美味しい。

お酒は船中八策から。

四国の赤貝

トリ貝

北寄貝

貝の3連チャン。
どれもすばらしい。

今や希少な磯自慢。


かつお

うまーい。

のどぐろ焼き

脂のってます。

握ります。
鮪のヨロイ

熟成感がすごいです。
うなります。

きれいですよね。


コハダの食べ比べ

左熊本4日熟成 右江戸前。
江戸前の方がはるかにおいしいですね。

自家製西京味噌の銀だら焼き

焼き物はのどぐろと どちらにするか言われましたが、
選べませんでした(^^;

赤身

普通です。

メゴチ

塩で頂きました。

車海老食べ比べ

茹でと生。
どちらもあまりそそりませんでした。

これは美味しかったです。


真鯛

ごま醤油の漬けになってました。
香りがいいですね。

うに

海苔が香りがなかったですが、
雲丹は美味しいです。

穴子食べ比べ

デフォルトと山椒をふったもの。
すみません。生来継ぎ足しのツメが好みでなかったです。

あさり味噌汁

あさりの出汁は今いちです。
塩辛い感じがしました。

私はここでギブでしたが、
友人がトロタクを頼んでいて、
その製作行程で気になった削りたての鰹節をいただきました。


下には子持ち昆布。
すばらしい香りです。
美味しいですね〜〜〜

ワインも少しいただいて、


ごちそうさまでした.




ラベル:松乃鮨
posted by ぼぶ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

弘寿司@仙台 決して創作寿司というだけでは語れない素晴らしいお寿司屋さんです。

訪問日時:2017/03/26 20:00

仙台最後の夜はまたまた寿司屋に来ました。
こちらも一度訪れたかったのですよ。

のれんをくぐると、感じのいいご主人が
カウンター内からご挨拶。
女将さんに案内されて、カウンターの一番端に座ります。

まずはビールください。


お通し

くじらの皮・鹿の子を燻製し、
酢味噌をかけたもの。
すごく美味しいものですね。。

「わさびをどうぞ」


って、一本丸ごと!?
でも、わさびはたいてい お代わりするので、
こういうのは素敵です。

お任せでお願いしてます。
刺盛り

はた、鯵、鮪赤身、志津川のタコ。
飾り付けが可愛いです。
魚の新鮮さ、味の濃さ、素晴らしいですね。

お酒をもらいます。


毛蟹

筒に入って蟹が来ました。


意外と食べやすいです。
つっつきやすかったです。


この可愛さ、なんでしょ。
笑っちゃいますね。

ヤナギダコの卵、カラスミ、ワカメ酢です。

ヤナギダコの卵はのれそれみたい。


珍味です。

ここで握りに移行。


赤身に中落ちを乗せ、そこに行者ニンニク。
全ての赤身をこうしてほしいほどの驚き。
行者ニンニクって合いますね〜〜


はたに生しらすの生海苔和えが乗ってます。
素晴らしいアイデアです。


帆立に帆立の卵巣乗せ。

うはー。
こんな食べ方あるんですね。
淡白な帆立がねっとりと美味しくなります。


アオリイカ 青と赤の紀州の梅が乗ってます。
イカ、うまい〜〜〜


コハダを2種類のシャリで。
ゴマをかけるといいですね。
生臭みがさっと取れる感じです。


白魚に出汁醤油につけた黄身が乗ってます。
ねっとりの白魚が余計にねっとり。
しかも美味しさの相乗効果です。


あわびにウニ乗せ。
これは違反です。
美味ししぎます。


ホンビノスを焼いて、軍艦で巻いてます。
これはヤバイ食べ物。。。


またまた可愛い。
鱒に辛味大根おろしを乗せ、紫玉ねぎを挟んでます。
みかんは鱒の土臭さを消す役割とか。。。


桜海老 とろろ芋乗せ。
桜海老にとろろなんて普通考えつかんですよねえ。。。
うまいです〜〜〜


子持ち昆布にギバサ乗せ。
昆布にギバサ。海藻繋がりで合いますね。


穴子は王道の姿。。
なんかホッとしました(^^;


鯵に焼き米をかけてます。
これが寿司の初めのスタイルとか。。

お酒は八仙、阿部勘、綿屋、墨廼江と
東北で攻めました。

いやいやいや、すごかったです。
美味しかったし、とても楽しかったです。
また是非訪れたいです。



店情報など
ラベル:弘寿司
posted by ぼぶ at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶寮宗園@秋保温泉 数寄屋造りの素敵な和風旅館。一生に一度の贅沢です。

2017/3/25〜26

すばらしい旅館に来ました。
外観、内観の写真はないのですが、
これ以上ないくつろぎを得ました。。。

夕食のレポートだけ。。
優雅なお風呂をいただいて、部屋に戻ると
夕餉の支度が始まります。


向付 春の摘草

酢味噌ののった菜花などです。

膳菜 七味七菜 花八菜

2人分です。
あわびや海老天など、とても楽しいです。

風呂あがりにビールはたくさん飲んだので
早くも日本酒へ。


椀盛り はまぐりのふかし

きれいな塗り物です。


蛤出汁で蛤の真丈が入ってます。
実にお上品なお出汁です。
麺を入れたい、なんて思いもしません(^^;

清菜 蟹サラダ ちぎり菜 鯛・帆立

右が蟹サラダ。
帆立と鯛の身も入ってます。

お造り 鮮魚いろいろ あしらい一式

変わった盛り付けでした。
烏賊、ミル貝、サーモンなど。

蓋物 穴子逢豆腐
https://lh3.googleusercontent.com/un4_RNeZAhngbQzOAgvBOOopNR7bsa_hV22RhfOEfnGVewXbmEIi7IfYIfFZd4QHD3ui9WDAZpzat1Cl-lW0jhj_tXox_tCiKfB1GxFC344cYCYXBkEhM3BtMJaoO_ZtG_Ufm6zgaitUEPfM2i47pHNBCiUsqC1qWMKxwMDV4l6pyQ-WxzIhgRbIe1HRK5GD6Wi9huSTuhKZEjiRmBLk2x4LaP7Z7Z6BAd87ZtCzJNLwnlBUN9QJt1zqp7IQpnGxo_Y-mc0wYhX-4d_hNmCN_d0DF5Nk9EAiRJdAjST4LMDiNDrm4znjE30hIdcC3syi6riD7iSmxmrnmRTLBMKqhed9o6TqrmBSoARjwLHj5LRG7dXLhb6FWNNBwtYHMIvb7qJVTgS0HplmI-RCfZ9l8MlXxuwnGYiuOaSjDYWMe7G_tD1V3LTDAuwiB9jMqCu9GkrKWfN8myjlrp0RszvVrEI8VRpwM-cGk1ATDMBJ7RWL2jtVy04KDmYXX8fH1O5z8uWdUzHbAIm5ICyF81nrlM9FAv_TyEl85QOU0DUFYDeCNqfs1nWI3s5XfhRH_d_oHoUyA0xDhAiQyyljukJkGLt1CPYCHECwq7bgmwXM9i0o0rzMLVrSMw=w560-h420-no

またまた渋い器です。


煮穴子が抜群。
下の生麩みたいな豆腐も美味しいです。

盛り合わせ 黒毛和牛

タケノコも添えられ、木の芽ソースで肉をいただきます。
何とも和風なステーキです!

御飯 鯛茶漬け

鯛は軽く火が通ってます。
心が落ちつくお出汁の味わい。
〆にはすばらしい。

水菓子 苺のムース

ちょっと洋風で、ブラマンジェの上に苺ソースです。
苺が甘い、酸っぱい、ちょうどいい!


ゆったりと夕食をいただき、
また部屋付きのお風呂に入ったりして、
秋保の夜を満喫しました。

翌日の朝食も満足でした。

支配人、女将、中居さん、車番、
全ての人の暖かさに触れました。
筆舌に尽くしがたいホスピタリティでした。




ラベル:茶寮宗園
posted by ぼぶ at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅館・ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松島さかな市場@松島 焼き牡蠣食べ放題が有名です。

訪問日時:2017/03/25 12:00

仙台2日目は仕事を午前中にすませ、
松島まで足を伸ばしました。

松島は大震災の前年の秋に来ています。
あれから6年経った今は、
以前と同じ空気です。
やはり、何度行ってもいいところです。。。

遊覧船で観光し、ランチはさかな市場に来てみました。
焼き牡蠣の食堂は満席で、1時間待ち。
別にそちらには興味ないので、
2階の食堂でいただきます。


松島かきバーガーです。
牡蠣のミンチがたくさん入っていて、
風味豊かな海鮮バーガーです。
とても気に入りました。

まぐろつくね焼きも食べました。


まぐろの風味、甘辛のタレ、マヨネーズがベストマッチです。
これはいい食べ物です。

連れが食べていた寿司が美味しそうでした。




posted by ぼぶ at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする