2017年03月29日

GAB 恵比寿@恵比寿 一品一品手抜きのないイタリアン居酒屋です。

訪問日時:2017/02/14 19:00

こんな日に仕事の打ち合わせだって。
まあ、家に買えればチョコレート貰える・・・ハズ。


初めて入りましたが、
良い店だと体でわかりますね。
メニューもたくさんで、かなりリーズナブルです。


適当に頼みましょう。

モルタデッラ

一番好きなソーセージ。
ここでも満足。

ワインに合うポテトサラダ

燻香がついていて、ナイスですね〜〜
これは気に入りました。

平目のカルパッチョ タプナードソース

平目に少し難ありだけど、まあそれよりも
タプナードソースがかなりいいですね。

白ワインが合いますよ。


採れたて野菜の温野菜サラダ アンチョビソース

野菜蒸しって好きです。
アンチョビソースが合います。


鹿児島産空豆の石窯焼き

ピザ窯で焼かれた空豆はホクホク。
甘皮ごといただきました。

ワカサギのフリット

ワカサギは天ぷらでも唐揚げでも
揚げるのが1番だと思います。

シラーズいきましょう。

それにしてもここは居心地良すぎですね。
全ての席がソファだし。


生ハムとルッコラのサラダ ハーフサイズ

ピッツァはたくさんあって選ぶのに難儀ですが、
ハーフ&ハーフもハーフサイズもやってくれるので
ありがたいですね。

もっちりの生地が上等でした。

いい店です。
今度は飲み会をやりたいものです。



-
店情報など
タグ:GAB
posted by ぼぶ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

フレンチレストラン カザマ@札幌 王道の古典フレンチを楽しみました。

訪問日時:2017/02/11 19:00

札幌観光2日めの夜はフレンチを選びました。
ホテルはプリンスだったので、
そこから歩いていけるこちらを選びました。


メニューはディナーC 8500円のコースの
魚料理をエゾ鮑にグレードアップしてもらいました。


アミューズ

キッシュ・ロレーヌです。
古典的アミューズですが、暖かくて実に美味しいです。

ホカホカのパン。


真冬の海の幸盛り合わせプラトー パリのブラッスリー風に

WEBサイトの写真を見たときから
これをいただきたかったのです。

牡蠣2種、タラバガニ、ムール貝、ホタテ、ボタンエビのフリットが
所狭しと盛りつけられてます。


全部新鮮ですばらしいプラトーです。


北寄貝おいしいです。


ボタンエビをフリットにすると
また違う美味しさです。

グラスワイン白

道産のもの。
あっさりでした。

札幌黄玉葱のオニオングラタンスープ

久しぶりに口にしたメニューですが、
これは大好きな食べ物です。

赤ワイン

余市のワイン。
ふくよかでエレガントでした。

函館産エゾ鮑のソテー 鮑の肝風味のバターソースとソース・ショロン

あ・わ・び〜〜〜


王道のバターソースがやはり合います。

赤ワインもピッタリ。


白糠産エゾ鹿ロースのポワレ フォアグラ風味のグランウ゛ヌール

柔らかいです。
甘味のあるソースが抜群。

デザートかチーズが選べるので、
チーズにしました。


コンテとウオッシュ。


美味しかったですねー。
いい店です。
マダムが素晴らしいです。


寒い中歩いて来てよかったです。



-
posted by ぼぶ at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和喜智@札幌 ☆☆の寿司はやはりすごかった。。。

訪問日時:2017/02/10 20:00

雪まつり観光の際にミシュラン2つ星の寿司屋に行きました。
当日は店の前にも根雪が残っていて寒かったです。

18時と20時の2回転制。
一月ほど前に20時の方に予約できました。
20時ちょうどに店に入りましたが、
まだ前のお客様が少し残っていて、
ややあってから着座しました。


L字型檜のカウンター10席の店内。
写真は音のしない設定なら構わないそうです。

店主の田村さん、最初はわさびをおろす作業から
始まりましたが、お客のみなさん、静かに見つめてます。


ビールをいただきます。


最初は大きな鮑が蒸しあがり、
切り分けられて、食の始まり。


大きな鮑です。
肝もあり、嬉しくなります。
肝は先の方だけですが、根本の方は捨てているので、
聞いたところ、砂を喰んでるので出せない、とのことでした。

うにごはん

きれいなオレンジ。
釧路のうにです。
この時点でもうこの店の虜でした。
なんと甘いうにでしょう。

白子すりながし

白子と昆布出汁のみだそうです。


信じられない美味しさです。

白甘鯛

なんとこのわたをかけてあります。
すごい風味と鯛の甘味。

牡蠣とくみ湯葉の茶碗蒸し

なんていうんでしょうか。
ただただ絶品です。
牡蠣の火通りも完璧。

キンキ味噌

キンキの頭を煮込み、奈良漬と混ぜたものだそうです。
ヤバイです。
こんなの食べたことない。
これは酒飲めってことですね。

まる田大吟醸

北海道の日本酒、好きです。

キンキのお出汁

キンキのおつゆです。
キンキって旨みが濃い魚なんですね。

ホタテ磯辺焼き

よく見るアテですが、
大きなホタテが抜群に美味しいですねー。
大葉を挟んでいるのがナイスです。

そして握りがスタート。

アオリイカ

包丁の入れ方で味も変わりますね。
食感は豊かで柔らかい。

逗子金目鯛

昆布〆して、炙ってあります。
うなります。。。

野付半島の北寄貝

甘さとシャキシャキの食感がすごいです。

ふぐの白子めし

びっくりしました。
姿にもですが、味もです。


こんな食べ物食べたことがないです。
幸せこの上ないです。

礼文島ボタンエビ

砂糖に漬けたかってくらい甘くて絶品。
卵もいただきました。


銚子まぐろ

てっきり近場の大間とか戸田あたりかと思いましたが、
脂のノリがほどよく、シャリとも抜群に合いました。

キンキ出汁の味噌汁
https://lh3.googleusercontent.com/gXxqvDh-5nJQWAofpDZ77kXBiOQorFYzKD4fgLH0cKG49mVresWrMRYnt8CKi0EoJZy9M_ORJ-ZBBZZ8Hn3G_lBDEgpR7TEA0O99PnvHZW2jUqQoiWCcRPNrkwPpjw7BphnNf7QwHlgf0Wv_s9dyTnzDVbi1duT38erd05A40DVyk_CpEflwe_yC2K58c5TSRqIfb9Bsyhl3a5hZGXZ_NO7AnccpvLYm0LaCfYSApTihcQcskEhKpLj_0p3ChLcnSmHB4jNcuy6QdgKmTEASaK7YEv29AJSDYU6ZKRZwPI27Nx4XKxzrLGns5xBifeeJ2a-vRX6Zx1VGm8hK1mUKZXk1cu_y6rnPOdSLzaIk_hsw0xz7Oal_Rd42yARbju2zw0qdUsfINx0if8vpdKEqYSwkfEhoVgrKNezAL_WlQDqT75-Mmx6UBrNhCCquXsDG6retiKVVRWW02U0U_0ks7DdgUlTgnq5iNFI-l6EseKc8ZC_-UlPtcymOjJuYTRaHcUz-1SRP5aTYVuRFo1r1_WvV5n01LUI1rwYA4Z4bbOUQUODXpZ1rq6NlPZMVEVXaK5OoXpAV-YEcp6TN5C4amEUKmWedZD2GnJzv1sgFLszUg7L-fV9yMg=w560-h420-no

積丹半島の岩海苔が入ってます。
今日はキンキをあますところなく使ってますね。

対馬の穴子手巻き

参りました。
炙った穴子と海苔って合いますねー。

最後はカステラのような
甘い卵焼きでフィニッシュ。


お酒はその後、
ニセコ特別吟醸、羽根屋
と3種類を楽しみました。

たっぷりと和喜智を堪能しました。
機会があればまた来たいですね。


-
店情報など
posted by ぼぶ at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

Restaurant piu@東銀座 静かで落ち着くイタリアン。さすがビブグルマンです。

訪問日時:2017/02/09

東銀座のオシャレなビルにあるイタリアンに招かれました。
Restaurant piu レストランピウ。

最初は築地に「クッキアイノ」を2012年に開店するも2014年末に閉店し、
「クッキアイノ ピウ イプシロン」として、2015年にこの場所にて開店、
その後現在の店名になったらしいです。
クッキアイノは現在も営業していますが、経営、シェフは違います。

暗くて雰囲気のある店内。


楽しみです。



Amuse

左は 聖護院大根のポタージュ。
香りが蕪です。
クリーミーでやさしい味です。

右は 柿とスペックのフリット。
スペックって知りませんでしたが、
生ハムの一種だそうです。
加熱にも適しているとかで、
よくある生ハムとフルーツの取り合わせを
フリットにしたもの。
これがバカウマでした。

パンも最高においしい。

濃いオリーブオイルが嬉しいです。

Antipasuto

天然真鯛炙りカルパッチョ ハーブと金柑のサラダ添え

金柑の甘苦さが鯛と絶妙に合います。

1Pasta

春菊のピュレで和えたイタリア産からすみと小蕪の
ストロッツァプレッティ

ショートパスタです。
牧師の首をしめろ という名前の意味だとか。
恐ろしい名前ですが、プリッとして食感豊かです。
小蕪も春菊ピュレで緑に染まって、
健康的な色合いでいいですね。

Agnolotti dal plin

桜海老と里芋のアニョロッティーニ
菜の花と柚子のスープ仕立て

オシャレなネーミングです。
アニョロッティーニ はラビオリの一種ですね。
もっちりした生地にねっとりした里芋、
香り良い桜海老の取り合わせがすばらしい。

2Pasta

兵庫県産天然イノシシのラグー 竹炭のタリアテッレ
ごぼうのフリット添え

真っ黒なタリアテッレは食感がすばらしいです。
ラグ−も見事な仕上がりで、うなります。

グラスで赤ワインを。


そして、メインです。

Secondo Piatto

ベルギー産オリーブポーク肩ロース香草ロースト
12年熟成バルサミコソース

豚がすごいです。
焼き方もさることながら、
柔らかいし、甘味があるし。
ソースはシンプルなんですが、
この豚肉にベストマッチな味でした。

Dolce

マスカルポーネチーズのムース

カシスのソルベもあります。

最後はハーブティをいただき、
ごちそうさま。


素敵なレストランにご招待ありがとうございました。

またいつか来させてもらうと思います。





店情報など
タグ:Restaurant piu
posted by ぼぶ at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

餃子バル@赤坂見附 餃子の波状攻撃が楽しいです。

訪問日時:2017/03/06 19:30

餃子好きさんの知り合いのために、
その名も「餃子バル」に行きました。
私も行ってみたかったし。

まずは予行演習。


先日も0次会で利用した、
三六 赤坂店にて立ち飲み。

お通しが同じなのもあるけど、
また同じもの頼んじゃった。

がつ刺し

酢もつ

どて煮込み

どては美味しい!
やはりご飯がほしくなった。

そして、梅割りで締め。

シロップはセルフで入れる。
美味しかったぞ。

この店気に入った。
今度は別邸の方で座ってゆっくり楽しみたい。

そして、餃子バルに移動。
この「餃子バル」ってワードはこちらの登録商標なんだそうですよ。
2008年9月に高円寺にて開業し、
昨年5月30日に赤坂に移転したらしいです。

お酒はウーカーピーハイボールから。


ウーカーピーは五加皮と書き、
薬膳酒みたいなもの。
養命酒の炭酸割り、って言えばわかりやすいか。。

きゅうりの酢味噌和え

餃子が出るまでのしのぎ。。。
酢味噌が美味しい。

よだれ鶏

鶏が柔らかで、辛さはほどほど。
良いメニューだと思うです。

水餃子

餃子の味付は
醤油、酢、ラー油、柚子胡椒、香醋があります。
これは香醋だけでいただきました。
あっさり。

焼き餃子、シソ焼き餃子

手前が基本の焼き餃子。
小ぶりで一口サイズが女子ウケするのでしょうね。
皮も薄いので餡の美味しさがよくわかります。
これは美味しい。。

鶏皮餃子

これは大好きですぞ。
鶏皮にうまく餡が包まれていて、
カリッとした食感がナイス。

餃子にはロゼが合うので、


ドライなタイプで、
餃子の味とマッチしてました。

タイ風揚げ餃子

餃子そのものはデフォルトみたい。
スイートチリソースにパクチーでタイ、
ということか。

エスニック餃子

これも上と同じ理論ですね。

トムヤムクン餃子

クン
までついているけど、海老は入ってなかったな。。
トムヤム餃子でいいと思う。

麻辣餃子

このラー油いいですね。
よだれ鶏にも使われていたけど、
香りがとても良いです。

シソ揚げ餃子

揚げ餃子はそれほど好まないですが、
まあバリエーションで。。。

焼き餃子アゲイン

変化球が続いたので、
もう一度基本の味を確かめました。
やはり美味しい。

締めはやみつきそば

油そばですね。

和えます。


ちょっと温玉が固めなので、
全体に行き渡りませんでしたよ。。

でも味はよかったです。


マイルドなタレですね。
麺は少し弱いかな。。。
酢とラー油でかなりよくなりました。

お腹一杯です。
眠くなりました。。。




タグ:餃子バル
posted by ぼぶ at 09:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 餃子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする