2018年08月07日

やきとり半どん@関内 アットホームな焼鳥屋です。

訪問日時:2018/05/29 18:30

関内でご招待をいただき、
おじゃましました。


とても居心地良い焼鳥屋さんです。

豚汁と焼きおにぎりでしめる
コースもありますが、
おばちゃまと相談し、アラカルトで。

DSC_0274.JPG
DSC_0275.JPG
DSC_0001_BURST20180529195015131.JPG


お通し

ふきの煮方がジャスト好み。
柔らかでほの甘くて。

野菜も摂りなさいね、と。


仕事の話もあったので、
適当に頷いたら、野菜類が2種きた。
どちらかで良かったですね。

焼きものいきます。
牛タン

よく焼きでいい感じ。


脂が美味しいです。

大山鶏もも肉

確かな食感、これはうまい!

つくね、銀杏

つくね、いいですねー。
タレが好みです。

あまり時間がなかったのですが、
次回はゆっくりとお酒も攻めたいと思います。



posted by ぼぶ at 16:33| Comment(0) | 焼き鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月29日

銀座ささもと@銀座 箸を置いていないもつ焼きともつ煮込みの店です。

訪問日時:2018/07/18 18:00

銀座の中心に美味しいもつ焼き屋があるから
行こうと誘われました。

西五番街にその店はありました。
よく前を通るけど、まさか来ることになるとは
思っていませんでした。


そしてコースのメニューを見て、
Aコースでお願いしました。
単品もすごい品揃え。

まずは串煮込み2本

ここはお箸を置いていません。
串で充分ですね。

で、これうまいな〜〜〜!
汁も飲んでしまいましたよ。

牛ハラミ

食感最高。
ジューシーで味が濃いです。

ビールを卒業してキンミヤ系にしましょ。
メニューを見て、
葡萄割りと梅割り

3種類のキンミヤ系は一人3杯までだそうです。
葡萄割りは甘さがなくて、やばいヤツ。
梅割りは適度な甘さで進むやつ。

ネギマ

豚ハラミとねぎ。
肉ねぎ肉ねぎねぎ肉という並びが珍しい。

タン

柔らかいですねー。
上質な豚タンです。

刺し身が欲しくなって、
センマイ刺し

ひゃ。
刺しも串打ちなの。。
これに醤油をかけていただきました ♫


豚トマト

楽しくてぶれた。
トマト熱々!

ナンコツ

声帯だそうです。
コリコリですごくおいしい。

最後はキャベツ串

これすごいですね。
キャベツがいいのでしょうが、
甘いです。
またしても汁まで飲んでしまいました〜


あー、素敵な店でした。
今度一人で来てみましょうかね。


銀座ささもと


ラベル:ささもと
posted by ぼぶ at 11:00| Comment(0) | もつ焼き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

DIYA 東京ミッドタウン日比谷店@有楽町 インディアンタパスにビリヤニで笑顔連続の夜。

訪問日時:2018/07/12 20:00

日比谷ミッドタウンに初潜入です。
憧れのSTAR BARにてハイボールを一杯。
立方体の氷が美しい。


グラスと氷の隙間が狭いので、
泡がゆっくり上がっていく。

その後ワインの試飲などを楽しみ、
インド料理のDIYAでディナーとなりました。


インド料理だけに、
インディアンペールエールで杯を合わせます。

ひよこ豆のココナッツサラダ

いかにもインドなスパイス感。
サイズも可愛いし、
先付けとして良いチョイスでした。

シークカバブのインディアンアヒージョ

これが信じられないくらい美味しかった!
シークカバブの味が素晴らしいし、
スパイスがばっちり効いた味わいが、
なんとも言えないです。

こういうのは赤ワインが合うよね。


タンドリープローン

いいっすね。
エビがぷりぷり。

パクチーとシーフードのアヒージョ

これは美味しいんだけど、
インディアン感がなくて
面白くはなかったかな。

最後はビリヤニで〆。


久しぶりにいただいたけど、
ビリヤニって好きだ。


インディカ米はこういう
炊き込みご飯にもモチモチしないのが魅力。

さらさらといただき、
ごちそうさまでした。
インド料理に目覚めたかもしれません。

DIYA



ラベル:Diya
posted by ぼぶ at 21:53| Comment(0) | インド料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月22日

山の茶屋@溜池山王 土用の入りに鰻フルコース!

訪問日時:2018/07/20 11:45

大学の大先輩とのランチ会食にあたり、
土用にちなんで、うなぎ料理の店を選びました。


赤坂の日枝神社の裏側にあります。
前から一度来てみたかったのです。
場所柄、政治家さんも利用なさるとか。

門をくぐると、木々に囲まれた環境。
暑い日でしたがすーっと涼しくなる感じです。

通された部屋は はなれ と呼ばれていました。


お軸も品があります。

Hot Pepperグルメを使って、
9000円のコースを予約してあります。


楽しみすぎます。

胡麻豆腐

胡麻が濃いです。


美味しいです。
でも、お通しとしては
うざくあたりをいただきたかったですかな。

肝焼き

大きいです。


そして、抜群の焼き加減。
ムニっとした部分とモサっとした部分、
すばらしく美味しい。
あと5,6本ほしい。。。

くりからの塩焼き

くりから焼きは鰻居酒屋ですと、
タレ焼きがほとんどですが、
白焼きは初。


うまい・・・
究極のふわふわ。
塩をつけていただくと
幸せが襲ってきます。
なんと美味しい。。

蒲焼き

赤出汁、ご飯も同時に配膳。


この蒲焼きは私史上もっとも
ふわふわで美味しい!


タレで食べさせるやつではなく、
鰻そのものの味がよくわかります。
そして、ご飯を呼びます。

タレもいただいたので、


少し足しましたよ。
元々が上品な味付けなので。。。
しかし素晴らしいタレです。

こちらは嘉永2年開業以来390年の歴史を誇り、
タレは継ぎ足しを続けてきていて、
戦時中は、タレを地中へ埋めて戦災を免れたそうです。
なんかすごすぎて、陳腐な言葉はでてきません。

赤出汁は茄子と麸と三つ葉。


私は赤味噌派なので、嬉しいです。

お漬物も手抜きなし。


ご飯は一度お代わりしましたが、
一人で話す相手も無しだったら、
4杯はいっていたと思います。

水菓子

あま〜いスイカです。
塩を出してもらいましたが、
まるで必要なし。


すばらしい鰻会席でした。
さすがはミシュラン☆
今度は夜の接待で使いたいです。


山の茶屋


ラベル:山の茶屋
posted by ぼぶ at 21:00| Comment(0) | うなぎ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月16日

四五六菜館別館@横浜中華街 特別コースで楽しみました。

訪問日時:2018/06/07 18:00

15名の団体で予約しました。
美味しいものを食べさせて、
と社長にお願いしておきました♪

前菜

叉焼、揚げ春巻き、蒸し鶏、
ハチノス炒め、野菜の酢漬け、
クラゲの冷菜。

どれもすばらしく美味しいですねえ。
さすがは四五六。

イカとホタテの塩炒め、エビチリ。

飾り切りが見事。
そのきゅうりと人参は食べられないそうです。

双方、ありきたりの味ではないです。
ホタテの甘さが印象的。
海老はフリットにしてあります。

フカヒレ姿煮込み

この皿の直径は60cmくらいだと思います。
こんなに巨大なの初めて見ました。
15人分だそうです(≧▽≦)

一人分は普通です。。。


ただ、味がすごい。
食感が豊かで、脂も乗っている感じ。
これはすばらしい。

北京ダック

美味しいですが、
3〜4本食べたかった。

四五六シューマイ

お土産にもなっている逸品。
大きくて特別に美味しいです。

麻婆豆腐

リクエストしておいたものです。
辛くて甘くて本当に美味しい。
今日はチャーハンに乗せてくれました。
最高!

鶏スープ

鶏の切り身が美味しい、
玉子スープでした。

名物棒餅

ごま油の香りが甘さを引き立てる感じ。
これ大好きです。

ホストとして皆さんに喜んでいただいて
ホッとしました。
社長様、お世話になりました!


四五六菜館



posted by ぼぶ at 15:51| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鮨 杉澤@銀座 凛とした空気の店内です。

訪問日時:2018/06/15 12:00

鮨 青木からの独立で今年の4/1に
開店されたそうです。


ランチでうかがいました。
ランチは3000円と5000円のコースがあるのですが、
訪問したときはそれを知らずに、
おまかせにぎり、でお願いしました。

その結果、@15000円になってしまいました。。。
まあ、それでも美味しかったのでよかったですが。


まず、ガリが出されました。
適度な大きさがあって食感が良いです。


真子鰈昆布締め

昆布の旨味がきいてます。


さわやかです。

小肌

味が濃いです。

とろ、中とろ

どちらもすばらしい。


身が厚くて満足。

まぐろ漬け巻

青木さんでも名物のやつです。
これ、美味しい。

烏賊

烏賊の細切りを積み上げた感じです。
見た目より烏賊が濃いです。

本ミル貝

香り、食感、たまりません。

トリ貝

大きい!

海老

黄身酢がいいアクセント。

お椀

金目鯛のお吸い物です。


雲丹

馬ふんと紫。
食べ比べもおもしろい。

大蛤

でっかい煮蛤です。
薄味で好みです。

穴子

ふっくらとかなり美味しいやつです。

最後は卵焼き

出汁と甘みのコントラストが秀逸。


美味しかったです。
今度は夜にうかがいます。


鮨 杉澤

ラベル:杉澤
posted by ぼぶ at 13:03| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

中国料理 豊栄@茗荷谷 月世界のDNAはしっかりと受け継がれ、進化していました。

訪問日時:2018/06/18 19:00

美味しいです。
やっぱり素晴らしかったです。
中国料理 豊栄。

ランチをいただいて、夜の楽しさがすぐに
想像されたので、いつか行きたかったのです。
痺れ会でおじゃましました。

今日もおつかれちゃーん!

IMG_3765.JPG

ぷっはー。

さてと、今日の黒板を見つつ、
IMG_3764.JPG

いろいろ頼みましょう。
グランドメニューはこちら
まとめてあります。

四川ピクルス
IMG_3766.JPG

「独特の味がしますが、大丈夫ですか」
とスタッフ女子に言われたけど、
むしろそういうのを望んでるんで、
ダイジです、と伝えましたよ。

内容は生姜、キャベツ、蕪ですかな。
確かに発酵した乳酸感があり、独特。
でもこれはうまい。

パクチーのアツアツねぎ油がけ
IMG_3767.JPG

月世界でもあるやつです。
パクチーの美味しさが最も楽しめる
調理法かもしれない・・・

アボカドのセイロ蒸し
IMG_3771.JPG

孤独のグルメで五郎が食べていましたね。
彼はご飯のおかずにしていましたが、
そりゃ合うでしょ!
シンプルな料理ですが、タレがうまい!

皮付きヤングコーンのセイロ蒸し
IMG_3772.JPG

かなり成長したヤングコーンです。
長さ20cmほどありましたが、
クミン塩と生姜ダレで美味しくいただきました。

IMG_3773.JPG

ハイボールにスイッチ。
IMG_3774.JPG

口水鶏
IMG_3776.JPG

目的の一つ、よだれ鶏。
これも月世界を彷彿とさせる
素晴らしいお味。

鶏がなくなっても
タレを残しておいてもらいました。

IMG_3784.JPG

この残渣をつまむだけでも
紹興酒が進みますぜ。

ってことで、
IMG_3781.JPG

これうまい。
都合2本飲みました。

ハモの青山椒蒸し
IMG_3777.JPG

ハモのふわふわの食感が
この料理に抜群の相性です。

IMG_3778.JPG

青山椒の爽やかな風味の痺れが
襲ってきますが、なんと心地よいこと。

水煮牛肉
IMG_3779.JPG

牛肉はバラ肉で、甘めの味付けが
施されてます。

IMG_3782.JPG

この水煮は珍しいですが、
たいそう気に入りました。
これでご飯ガツガツ食べたいです。

紹興酒次のやつ。
IMG_3785.JPG

少しの酸味が特徴的。
これまたいいですね。
次の料理によく合いました。

黄橙籠豆腐
IMG_3786.JPG

黄色い激辛豆腐煮。
それほど激辛でもないですが、
酸味が面白いです。

IMG_3787.JPG

黄色い発酵唐辛子醤が由来ですかね。
うまいっすねー。

海老とマコモ茸の豊栄醤炒め
IMG_3788.JPG

これも月世界譲り。
なんて美味しい醤でしょうか。
この醤にまみれて生活したい(^^;

茄子のサクサク揚げスパイスソルト炒め
IMG_3797.JPG

クミン塩が付いてますが、
最強の取り合わせですね。

コクエレでいただいて以来、
大好きになったメニューですが、
こちらは茄子が大きくて
本来の味がよくわかりました。

3本目。
IMG_3798.JPG

10年ものです。
少し高級な感じでした。

先ほどのハモの青山椒蒸しに
麺が入って戻ってきました。
IMG_3799.JPG

じゃくじゃくの香港麺!

IMG_3800.JPG


ウ(⦿⦿)マ〜〜〜!!!


単独でこの麺メニューがあってもいいくらい!
「青山椒和え麺」として商品化を望みます。。。

四川漬物レタスチャーハン
IMG_3801.JPG

風味の良いチャーハンですねえ。
レタスのしゃきしゃきも塩梅良く、
うなってしまうチャーハンでした。


お腹一杯です。
遠いですが、また是非来たいと思います。
進藤シェフ、ありがとうございました。


中国料理 豊栄


店情報など
ラベル:豊栄
posted by ぼぶ at 17:00| Comment(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

ベイ・ビュー@横浜 横浜港の眺めを楽しみながらのランチ。

訪問日時:2018/06/07 12:00

午後の会議の前に打ち合わせに、
横浜ベイシェラトンホテルの最上階の
レストランに誘われました。


まあ一杯くらいなら大丈夫でしょう。

ランチのメニューはコース一択。

大分県産ヒラマサのタルタルと季節野菜のシーザーサラダ仕立て

ひゃー、美しいですー。

https://lh3.googleusercontent.com/BEURlKcFGSXY7cInIi9lpK4iv7GRGp4E121HzVnBxqCs8ylMyVJt6UDzZBq0s5CevaKaXMc-R4sb6zqZAzxQIs_YdW4wKxD6fghNGDFQTrru5k4mYkE-xlnjpmspLjs8EXO9TLFZoEfI30j_9HgvpBQhy3BBCY0RpL-s9OBAhQ8yiY5rsD3DfLbVTGydNFdbh-OVWDVNh-gh4Zl2H_uwhkBa_CVcz-dsnMyVwcZlFbPBMFmNYOEHVJ3RwU3k_S4mI1CwZNVE5ni0Iec-Jr0h7ieuLMt4qUdBbpd_435dvpYCsLDZl1skO6hcAiPJ0STZ2No9kxXXDUWcj0v80f7vvducAZZ6HT05QDb21etN_FaD6-nnnQpc1n9zDD_xRoU8Fh8Fa-jc0F0BhnI9N5rvoznSmGeLD_y4_Qq0S3iC-MbNE6X42Lw61CH5X8qoNoYwHQpkfnW1WEPE54glUjDBGiaod-vM72PniiUo5GihhdSH_wa_W83zxu2kpGNEb1-F1YhIHYdBze9XuaQYGVl7lyC_MRpyd7Kc02sqRghYQH72nqT47jN036qbmz-Kga3gSW-bTZ_65vIygbNYRyWURdcN2KN9Wwds5AI8MGqI=w560-h420-no

ヒラマサは脂がのってますね。
シーザードレッシングがうまく全体をまとめてます。

パン

しっかり美味しいです。

大分県産パプリカを使用したマンハッタンクラムチャウダー

クラムの味がよく出ています。
ナイスなスープ。

大分県産真鯛に味一葱とちりめんじゃこをのせて ごまだし風味の白ワインソース

ごまの香りが。。。


真鯛のポワレに実に合いますね。
ごま、いい仕事です。

大分県産夢ポークのロースト 柑橘と生姜のドレッシング

メインは豚と鶏から選べます。
2860円追加すれば、
国産牛サーロインとフォアグラのロッシーニ
も選べますよ。

しかし、この肉は美味しい。
柔らかで甘くて最高。

同行の先生の鶏。
大分県産冠地鶏モモ肉とフォアグラのバロティーヌ 塩熟トマトとハーブのジュドヴォライユ

おいしそう。。。

クレームブリュレ ラズベリーとマスカルポーネのジェラート

もう一つの選択肢は
大分 安心院葡萄酒工房 ブランデー台与のエスプーマ カボスの香り
赤い果実のマリネとエキゾチックフルーツのソルベ
カボスのパンドジェーンヌと共に
です。

最後はコーヒーで打ち合わせランチを
終えました。


有意義な時間と食事でした。


ベイ・ビュー




ラベル:ベイ・ビュー
posted by ぼぶ at 21:59| Comment(0) | フランス料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うなまんもん@宮崎 宮崎に来たら必ず行きたい店になりました。

訪問日時:2018/05/21 18:30

出張で宮崎に来ました。
大変勉強になる仕事を済ませ、
夜はご接待いただきました。

店の名前が「?」だったのですが、
店主坂本氏が宮崎の宇納間(うなま)地区出身
というで、「宇納間のもの」という意味ですって。

今日はありがとうございました。
カッチン。


コースでいただきました。

お通し

かぼちゃ豆腐。
自然の甘さがいいですね。

お造り
https://lh3.googleusercontent.com/FJi3LhW5nGdCJlLwo52swfdSMq4RxFh5dLHyb39Z7iKmXk9M_NjJ8IinNc2BV4Wb42onKTZwLoKdP9Cr_Yggut1y3SMy7IarzH1c20nt7LlrAlhPX_L91durCsxrIMoJ2X81S_xG8Em_zyhD7vDXbql6MpiPKhXaV_exJZQIBz3ZmSsIuhx5EEIrBocM8w-LWR_cSUfuekAbGNQJDqzSCLDNAOtcUZy8I2P5h2zGPSYDLlU3R9qaSa7EWK6HZp2JAEF86yfqiPi0rEj5Qa9lxcZF3Cxa8g7GMg5NM8OZ7ndCK0Mo0qTo94lo7OhUmd99MzSdi6uGVJr-4omxMIQC6O3aqvBdhDo0esO93T7Un1WE5m-Kvc-vvkXGSAin3o45QiK7w_0xlv4OJv_NdDpswnlT_MBWjulBEbICP7pgAuqDO0gCDee-A8rvUqS6UKxmCm4rTad3l1TZ6dCLCIgnoXLyclNxzOA6-5JVXtZ7qEv6XvqQKbV6tBHQohO3DxbcrJvZ-jssi8kfzGX2jbSiz1YaklmF9qhwXfSq94PVq_f84fXBZX4Jvo5ORVWhpucerfL1O5VZ-FSsyBMa_7-O4R1B3FWsNGvzray4nZIv=w560-h420-no

かつお、炙りかます、水いか、たい、いぎす
ここで驚きました。
どれもすごく美味しい・・・
一つ一つうなってしまうほど。
いぎすはハタの仲間らしいですが、
薄いピンクのきれいな切り身でした。

甘鯛揚げ甘酢あんかけ

甘鯛をなんとも上手に揚げてあります。
餡がまた美味しい。

アラカルト
ヤングコーンと大姫竹の皮焼き

出始めですね。
今年も生き物の息吹をいただいた感じです。
美味しい!

メイン
沢どれクレソンと黒豚しゃぶしゃぶ

たっぷりのクレソンと豚肉。
これを出汁でいただきます。


豚の出汁しゃぶ、最高ですね。
えのき茸とクレソンだけ、
というのがシンプルながら、
最高の相性です。

アラカルト
宮崎牛イチボ焼き
https://lh3.googleusercontent.com/P0OjUBX5698cARpHOIJcbA5FMFevbTIygMIRM1mbTQBWFQC0XFqeEMSrPdrSskzUtPriWzEathKoe3pezSXtlyle2reilUMQ1FYzsOsPGfLw-Ix7pTHrEqegU90rNnlKm943q1Im-BG-2ASQI25oLpemlPbGdjGzsX5IOI4nVGBYvkLykt6QQcWfY6GnO-7-cz3BMqRW8A_k86Fj9oj-tUNYjPlMrcvdQHX3ypcLtPxppVaA-i--XUfSRNm8129BAwHz_pfnqpTohZ_nogOjGhqtAzVMwoSob_FDCYTOouuEYjO27jHmyQTfWr-1vZyqLN7HcJjsMNwqurkH-N6viTOJGys5v_1WMYeduKRgNpLzNCrK8RGqXSAYWWIubEuKTwM3c7ifvyelPGqyhFmu4yBV9N-Q5HPiYy06aluHayRLXkQHF9wJ-mcqi3o54aESiRuhoNlRHXVSBXR0NeuGU71T7ZlkUXxar11cDwWKKgKWO8CVW8NxZjmFHmAb4P9C6Bb0VA9nQWZtYk4mlf9pc66yzSq2YGcdoKOzxrYTADBhrltNqWFDRKMgOj6Q1KbjWL5UFQSLHa-chk5_MIdnItOq9zkQfr8WUX85TflK=w560-h420-no

やらか!
うま!
やはり宮崎の牛はよかです。

八寸

島らっきょ、小さな貝、さめ軟骨明太子、生姜。
いい箸休めっつーか、
芋焼酎すすんでしまいますー。

アラカルト
地鶏岩塩焼き

私は宮崎と言えばこの料理。
弾力ある鶏が美味しくて美味しくて。

食事

焼きとうもろこしご飯。
この食事はおにぎりでいただくことで
完成するような気がしました。
実に美味しい。


お出汁のすばらしい味噌汁も見事。

デザート

濃厚なアイスでした。


とてもすばらしい店をご紹介いただきました。
プライベートで行くときも一番の夕食候補に
なりました。



店情報など
ラベル:うなまんもん
posted by ぼぶ at 21:04| Comment(0) | 宮崎料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DA MASSA@沼部 ある日のダマッサ

訪問日時:2018/05/20 18:00

早くも再訪問です。
レギュラーメニューもいただきたかったし。

メニューを眺めて、


いろいろ注文しましたよ。


おつかれちゃん。


前菜盛り合わせ。

おお、豪勢ですね。
イタリアンでアラカルトで頼むときは
前菜盛り合わせがその店のいろいろを表すので、
ほぼ頼みます。
いや、もうこちらのシェフは信頼していますが。

・24ヶ月熟成サンダニエーレ産生ハム
・江戸前スミイカの炙り大麦と
・北海道産白貝とピゼッリ
・青森産アイナメの焼霜カルパッチョ
・宮崎トマトと水牛のモッツアレラ

これだけでワイン何杯もいけますね。


スパゲティ 江戸前スミイカとカラスミ。

カラスミはこの前のよりは
優しい生に近いタイプ。
これもすばらしい。

山形豚ロース肉タリアータ。

ルッコラとパルミジャーノたっぷり。
豚の甘さが際立つ焼き加減です。
これ、大好き。

今度はランチに来てみようかな。




posted by ぼぶ at 20:35| Comment(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする