2022年08月09日

王ろじ@新宿 とん丼、すばらしいです。今も愛される味を堪能しました。

訪問日時:2022/08/09 11:43

王ろじ

創業大正10年、とんかつの超有名店。
「とんかつ発祥の店」とも
「とんかつというワードを初めて使った店」
とも言われているようです。

やっと来ることができました。

11時15分に開店なんだね。

あまり混んでいなくてよかったです。
席に座ってすぐにとん丼をお願いしました。

こちらで言うとん丼はいわゆるカツカレー。
「カツカレー」と頼む人もいました。

からし、塩、唐辛子、ソースがおいてあります。

オーダーがすむと、
すぐにお茶と王ろじ漬けが出てきます。

これをアテにビールを飲むお客も複数。。


王ろじ
とは路地の王様ということらしいです。
こちらは昭和の有名人もたくさん訪れたようで、
柴田錬三郎の色紙がありました。

来ました。

揚げるのに13分かかるとんかつが
カレーライスの上に乗り、
かつにはソースがかけらていますs.


まずはお箸でとんかつと
ライスをしずしずと楽しみました。


美(≧▽≦)味!!!


とんかつは柔らかで
サクッと揚がっていて
とても好きなタイプ。

ソースがかかっているのが泣かせます。
カレーソースもスパイシー&ホットで、
古くささは全くありません。

からしもたっぷり使いました。

最後はスプーンを使ってかきこみました。
器を持とうとしたら、
受け皿もくっついてきました。
一体型なのですね(;・∀・)


カレーソースが単体であったり、
エビフライもあるので、
いろいろ楽しめそうです。
機会があったら来てみたいです。


王ろじ



ラベル:王ろじ
posted by ぼぶ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トンカツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月02日

#カツ丼は人を幸せにする@水天宮前 瑞兆インスパイアの#とじないカツ丼、うまい!

訪問日時:2022/08/02 11:35

瑞兆のカツ丼は感動しました。
今度はそのインスパイアを公言する店にやってきました。


2月1日にOPEN、
#カツ丼は人を幸せにする

店名に#を入れるのはいいアイデアだよね。

店頭の券売機を見て、


基本の とじないカツ丼ロースを購入しました。
たまごダブルを推奨してますが、
まあ、今回はいいです。

店内はL字型カウンター8席。
先客は3名でした。

卓上には一味唐辛子と漬物。


瑞兆にはなくて、あるといいなあ、
と思ったものがあるとは!
さすがは瑞兆好きでカツ丼好きの店主です。

ご飯の量とタレの量は
調節してくれます。


提供直前にお澄ましが出されます。
お冷はセルフだけどお茶碗を使ってるし、
この辺もきちんとインスパイアしています。


ただ、お澄ましにそうめんはありませんでした(^^;

座って9分後に到着しました。


いやー、わくわくします。

蓋を取ると、揚げ物と甘いタレの香りが
ブワッときます。


三つ葉が乗っていてビジュアルもいいですね。

すぐに端っこからいただきますと、

美(≧▽≦)味!!

サクッと揚がっていて
柔らかい三元豚のカツがすばらしいです。

そして瑞兆に良く似ている甘からのタレ。
天丼のように最後にかけていましたが、
天丼にも通ずるような甘みがモロに好みです。

ふわふわのたまごも最高。
やはりダブルにするべきかも。。

漬物はたくさんいいただきました。


抜群の箸休めです。

一味も楽しみます。


夢中で食べ続けました。
一粒も残さずにごちそうさま。

食べ終わると、これが出てきます。
はい、幸せになりました♡


#カツ丼は人を幸せにする


posted by ぼぶ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トンカツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月28日

トーキョーアジフライ@市ヶ谷 ふわふわの優しいアジフライは抜群の美味しさ。

訪問日時:2022/07/28 11:23

ラーメンを欲しない日もあります。
アジフライを欲する日があります。

今年3月にOPENした
トーキョーアジフライにやってきました。

フライものはなんでも好きですが、
トンカツ>エビフライ>アジフライ
という順でしょうか。
その他コロッケ、メンチカツも大好きときてます。

階段を降りていくと、
揚げ物のいい香りがします。
店に入ると、カウンターに通されました。

こちらは
日本一の漁獲量を誇る長崎県の
松浦漁港で水揚げされた新鮮なもの
を使っているそうです。
鯵と言えば、長崎か三浦ですね。

手仕込みアジフライ定食を頼みました。

調味料類(こちらでは薬味というようです)も8種類あり、
様々に楽しめます。
醤油、九州醤油、ウスターソース、
粉チーズ、雪塩が常備され、
月替りとしてスイートチリソースがありました。

読んで待ちます。

お米もこだわりみたい。
今月は岩手の銀河のしずく。

光って読みづらいんだけど、
今日の鯵は紀州田辺港揚がりみたいね。

まずはごはんセットが到着。

醤油漬け卵黄とわさびおろし大根が加わり、
これで7種類。

アジフライは4枚。

2尾ということかな?

このタルタルソースを入れると
8種類ということで
月替りのはカウントしていないみたい。

さっそくいただいてみると、
定食屋などにあるアジフライとは別物です。
ふわふわで魚臭さは全くなし。

揚がり具合も優しくサクッとしていて、
鯵を丁寧に仕込み、大事に揚げた感じが
つたわります。

調味料はソースがやはり好きかな。
醤油も九州醤油もよかったですが、
顆粒状の雪塩はあまりピンときませんでした。
雪塩ならパウダー状の方がいいと思いました。

あと、タルタルソースがかなりナイス。

ご飯は真っ白ですばらしく美味しいです。
すぐに一杯目はなくなったので、
お代わりしました。

そして、指南書通りに
鯵を乗せて卵黄を落としてチーズをかけて、、、

こりゃうまい。
醤油を少し垂らすと更にうまい!


やっと来ることができて良かったです。
胡麻鯵も気になるし、
また来たいと思います。


トーキョーアジフライ





posted by ぼぶ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アジフライ専門店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月18日

カレーの花子さん@糀谷 中華ソバ ちゃるめの定休日の絶品カレー。

訪問日時:2022/07/18 11:15

糀谷の中華ソバ ちゃるめは月曜が定休日ですが、
その月曜日に二毛作として
カレーの花子さんを6月6日より営業しています。

今日は初めての祝日の月曜営業ということで、
行ってみました。

店に着くと、10名以上の待ちが!
まあ、カレーだし、ハケはいいだろうと、
最後尾に接続です。

今日は店主の岩瀬さんがホールの係で、
しょっちゅう表に出てきて、
お客を案内していました。
丁寧な言葉の数々で待っている辛さも忘れますよ。

15分後入り口の目の前に。


それでもラーメン目当てで来るお客は複数いて、
その度に列を離れる人もいました。

「今日はカレーですが、ダイジョブですか?」

と岩瀬さんが驚いた顔をしています(^^;
カレーも好きなんですよー。

やがて店内へ案内され、
券売機で、


チキンカレーとキーマカレーの
あいがけ1000円を購入しました。

厨房は二人の女性スタッフさん。
一人は奥様?

店内客と同時にテイクアウト分も
作っているので、少し時間がかかり、
座って10分後にやってきました。


きれいです。
手前にはズッキーニ、
奥には玉ネギの酢漬けと茄子があります。

カレーソースは両方美味しい!
キーマはややあまめで、
チキンはスパイシーでホットです。

笑顔で食べ進め、
最後は双方のソースをMIXして
楽しく食べ終えました。

やはりこちらのラーメンスープを使ったカレーは
絶品でした。


カレーの花子さん


posted by ぼぶ at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | カレー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月04日

Sagaway@那須 イギリスの空気を感ずるカフェレストランです。

訪問日時:2022/05/04 12:00

GWの那須はどのレストランも混んでます。
前から気になっていたこちらのお店に行ってみると、
空いていたので飛び込みました。

中に入ると、
イギリスの雑貨とか、紅茶とか、いっぱい。
それを見てるだけでも楽しいです。

ランチを選びます。

お酒類も多種多様。

ビール、ワインもですが、
スコッチがたくさんあります。
これは夜に来てみないといけません。。

スイーツもあります。


私は大人のビーフカレー。

ほんのりスパイシーで少し辛い。
カレーとしてかなり好みです。

家人はコトコト煮込んだビーフシチュー。

煮込み十分にて
すばらしく美味しいです。

同行者の鶏もも塩麹焼きプレート。

ポークチャッププレート。

全部いい感じ。
料理は全部店主さんの奥様が
一人で調理されているそうです。

窓外の庭を眺めながら、
ゆっくりしました。


今度は夜に来て、
シングルモルトを楽しみたいですね。


SAGAWAY


posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月27日

香港園@目黒 仕事でもプライベートでも使いやすい店です。

2022/04/27 18:00

目黒駅から近いビル一棟の中華料理店です。
1955年創業。

昔は今のビルではなく、平屋の家屋でした。
子供の頃、そこで法事が催されたのを
覚えています。
年がばれます。。。( ̄▽ ̄)

今でも仕事でよく使っています。
この日はある団体の会議がありました。
その後は夕食会。

こちらは四川、上海が中心です。
乾杯が済み、料理が出ます。

大皿で席までサーブされますが、
すべて銘々皿に盛り分けられます。

前菜

あわび、ゴーヤ、叉焼に
春雨やもやしなどを巻いた湯葉巻き揚げ。
スターターとして落ち着きます。

牛肉のオイスターソース炒め

当たり前の味付けながら、上品です。

海老フリット甘辛炒め

甘辛のソースが絡んでいながらも
カリッとした食感で海老はプリプリ。

フカヒレ茶碗蒸し

こちらの名物です。
これをいただかないとここに来たとは言えません。
今日も美味しいです。

北京ダック

香ばしく、最高です。

イカの塩炒め

いかにも上海料理ですよね。
王道の味わい。

わたり蟹のチソース炒め

食べるのに難儀しますが、
これは美味しい!

上海焼きそば

醤油風味です。
締めとしてさっぱりいただけました。

ごま団子

これ、大好きな料理です。
揚げたて、パリパリ。
餡も甘さ控えめでナイスです。

杏仁豆腐

杏仁は濃いですが、昔風の味わいです。


奇をてらった料理はないですが、
会合や宴会で安心できる内容だと想います。


香港園



ラベル:香港園
posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 中華料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月22日

鮨処 山口@矢口渡 アットホームでネタも確かな美味しさです。

訪問日時:2022/04/22 18:30

お一人様夕食です。
寿司どころを求めて、矢口渡まできました。

鮨処 山口。
以前は旭寿司という屋号だったそうです。

お店に入ると、こじんまりとして、
清潔感が漂い、いい感じです。
ここは・・・いいぞ。

カウンターはL字型で5席。
店主さんの手元が見える奥のアリーナ席に座りました。

お品書きを見ます。

にぎり一貫の値段も書いてあり、
良心的ですよ。

まずはビールから始めますか。

一番搾り生。

寿司屋として正しいです(持論です)。

付き出しはきびなご。

東京では珍しいですね。
酢味噌も美味しく、細かな食感確かで、
これは美味しい。

刺身盛り合わせ。

まぐろ、ヒラメ芽葱巻き、赤貝、さば、生蛸、鯛
全部いいですが、特にまぐろと蛸が美味しかったです。

日本酒にします。

どんな商品かわからなかった、
魚介類の素焼(もとやき)というのを頼んでみました。

しめじ、イカなどが入り、
和風のグラタンです。
これは美味しい。

酒も進みます。

素焼が美味しかったので、
シャリをいただき、残ったタレに入れました。

これ、正解。
今度行ったら、またいただきたいです。

握りにします。

コハダ

丁寧に仕込んでます。

当店自慢というネギトロ巻き

ねぎをくたくたになるまでたたき、
その後昆布醤油で煮たという
ねぎ醤油を乗せてありますが、
これがナイスな美味しさ。
これ、絶品。

最後に穴子。

大きかったので、2貫にしてくれました。
煮切り醤油とツメをかけてあります。
両方美味しいですが、醤油の方は新鮮な美味しさでした。
醤油も合いますね。


美味しかったです。
品の良い女将さんも感じがよく、
また来たいと思わせてくれます。


鮨処 山口


ラベル:鮨処山口
posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月16日

IL GHIOTTONE 京都本店@祇園四条 美しくも遊び心あるイタリア料理の名店です。

2022年4月16日 13:40

京都、イル・ギオットーネの本店に行ってきました。

今回はランチ。
Pranzo A \6000で予約しました。

窓の無効には法眼寺が見えます。

素敵なロケーションです。
高くて景色が良い、
というのと違って
やはり落ち着きますよね。

笹島シェフの口上。

もしイタリアに京都という州があったら?
こんな考えから今のイルギオットーネの料理は生まれました。

だそうです。

本日のメニューはこんな感じ。

原材料だけで、詳しくは書いてないのね。

大阪の店も相当楽しかったので、
ランチも楽しみです。

Ca'del Bosco

大阪でもいただきましたが
やはり上等なスプマンテですよお。
美味しい!

自家製グリッシーニ。

カーブを描いているのがいいすね。

宝石箱がきました。

開けるとパンが。

アンティパスト1

炭を混ぜ込んだクリームで
空豆をコーティングしてあります。

アンティパスト2

水ダコと山菜。
酸味の効いた味付けです。
インサラータと言えますかな。

更にこれにサーブされるのは、

抹茶のアイス。

液体窒素で固めていて、
パウダー状です。

大きな水だこは丁寧な隠し包丁入り。

白ワインにしましょう。

相方は違うの。

前菜

桜鱒の低温調理とでもいいましょうか。
ふわふわの食感で実に美味しいです。
サフランのソースが香り豊か。

パスタ

甘海老とボッタルガのスパゲティ。
もっとたくさんいただきたい美味しさ!

メイン

京都産豚の炭火焼き。
いろいろなキャベツをサクッと乾燥させたものが
乗っています。
豚の柔らかい食感とそのコントラストが面白いです。

相方は宮崎産牛肉。

ドルチェ

苺とマスカルポーネのアイス。


しかしこちらは
お皿の端に盛り付けるのが好きですね。
まあ、おしゃれですが。


笹島シェフも陣頭指揮を取っておられ、
その姿に安心さを感じました。
いい店はトップの背中が違います。

東京の店がなくなってしまって残念です。
あるうちに行っておけはよかったな。


IL GHIOTTONE
posted by ぼぶ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年04月02日

UNION SQUARE TOKYO@六本木 おしゃれなお店で花見ランチ。

訪問日時:2022/04/02 11:45

六本木ミッドタウンの庭の桜が見たくて、
満開なころを見計らって予約しておきました。

少し盛りは過ぎましたが、
まずまず楽しめます。

暖かな日でよかった。

【Prefix 3 Plate】 新緑・桜Lunchコース
を予約済みです。

前菜、メイン、デザートを
2つから選べます。

一杯だけいただきますかね。

まずはパンが来ます。

香りの良いパンですこと。

Appetizer

苺とフルーツトマト ピスタチオ ブッラータチーズ。

苺とトマトってサラダ仕立てにすると
合いますよね。
見事に美味しい。

Main

USプライム チャックアイロールステーキ。

少し硬いですが、良きお味です。

嫁の加藤ポーククリスピーソテー。

あまり見栄えはしませんが、
柔らかな豚肉でした。

コーヒーをいただきます。

Dessert

桜ティラミス
さくらんぼ&フロマージュブラン

美味しいです!

ゆったりと時を過ごし、
家路につきました。
夜に来てみたい店でした。


UNION SQUARE TOKYO



ラベル:Union Square Tokyo
posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年03月27日

とめ丸ブルース@武蔵新田 アットホームな居酒屋です。

訪問日時:2022/03/27 18:00

一人の夕食。
前から来てみたかった近場のこちらに
初訪問しました。


小料理とめ丸ブルース
確か店主のお祖母様のお名前とか、
ブルースが好きだとか、
そんな店名由来だったと記憶。。

予約してうかがいました。
実は以前も一人で行こうとして
電話してみたら、
日曜でモノがあまりない、
みたいに言われて、
それならと諦めた経緯があります。
実直ですよね。
なので、必ず行きたいと思っていました。

まずは赤星。

何にしますかね。

お刺身三点盛りをまず。

さくら鰤。
出汁に浸かってますが、なんと美味しい!
もうこの店のファンになりました。

ほたて、しめ鯖。

いやー、間違いない

日本酒は何があるかなと
壁の貼り紙を見ていたら、
女将さんが、この他にもありますと、
いろいろと話しかけてくれました。

それにしても店主さん、女将さん、
親しみやすい〜

で、濁り酒を

揚出し豆腐。

お出汁が美味しいですわ。
この店いいです。

お刺身のクオリティが高かったので、
5点盛りにしてもらいました。

あん肝は80度で酒煮だそうです。
とろっとしておいしいこと。
鯛もぷりぷりです。

ここで携帯電池切れ。
このあとは
「和牛としんじゃがいもの春巻き」
をいただいてます。
それもすごく美味しかったです。

そこでお腹が膨れたので終わりにしましたが、
名物のたまめしまでいただきにまた来たいと思います。


小料理とめ丸ブルース




posted by ぼぶ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小料理屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする